RKBラジオトップページ

 

普段なかなか口にできない感謝の言葉を140文字に込めた手紙、それが「ありがとう~こどもたちの世界一短い感謝状~」です。
感謝の気持ちを伝える相手は、お父さんやお母さん、友だちなどの「人」から、ランドセルのような「物」までさまざま。
こどもたちの感動的な「ありがとう」に涙、ユニークな「ありがとう」には思わず笑いがあふれること間違いありません。
作品は福岡県内各地の小中学校から募集しています。

今年は新型コロナウイルスの影響でこどもたちの生活も一変してしまい、長く続く休校と自粛生活は
こどもの心身にも大きな影響を与えたはずです。
30回目の節目を迎えた「ありがとう」は、子どもたちが日常とは大きく異なるコロナ禍で感じた「ありがとう」も紹介していきます。

応募作品はRKBラジオ「笑売繁盛!ウメ子食堂」の番組内とこちらのホームページで毎週ご紹介していきます。

また、応募作品の中から、10作品を「個人賞」として選び、番組内とホームページで発表します。

先週の作品紹介 先週の作品紹介
3月22日(月)

福岡市立西新小学校 1年2組

いしげ まりか

きゅうきゅうたいのみなさんへ。わたしがあたまをけがして、きゅうきゅうしゃにきてもらったとき、ちがいっぱいでて、いたくてこわくてびっくりしてないてたけど、だいじょうぶだよってやさしくいってくれたから、いたいのとこわいのが、どこかへとんでいったよ。きんメダルをあげます。ありがとう。

3月22日(月)

福岡市立玄界小学校 5年1組

井上 颯人

ぼくは、つりが大好きです。ウニ採りができる期間にたくさんウニを採って漁師のお父さんに売ってもらいました。その売上金でシーバスロッドを買いました。その竿で、おじいちゃんとつりに行くのが楽しみです。スズキをねらっています。ウニやサザエ、アワビにいろんな魚がとれる玄界島の海が大好きです。

3月23日(火)

福岡県立嘉穂高等学校附属中学校 1年A組

大渕 陽向

僕のおじいちゃんは、とても優しくて、とても器用だ。僕の学習机は、なんと、おじいちゃんの手作りだ。僕が勉強を頑張れるようにと、想いを込めて作ってくれたと思う。この世界に一つだけの机は、僕の宝物だ。ずっとずっと、大切にする。

おじいちゃん、いつもありがとう。僕、これからも、勉強頑張るよ。

3月23日(火)

粕屋町立大川小学校 4年4組

村上 陽脩

蝶ありがとう。

ぼくは、あなたを観察するのが大すきです。よう虫のあなたが、一生けん命に、花や葉を食べている所を見て、ぼくも負けないぐらい食べたいと思いました。成虫のあなたが、羽ばたいている姿を見てぼくは安らぎます。ぼくはかんきょうを守っていくのでこれからも元気でいてくださいね。

3月24日(水)

飯塚市立八木山小学校 2年1組

松尾 玲那

お母さんのしごとはかんごしです。お年よりをおふろに入れたり、ねつがある人をびょういんにつれていったりしているそうです。

おそ出の時は、すごくつかれて帰って来ます。「おつかれさま。」と言うと、にこっとわらう顔が大すきです。

お母さん、いつもありがとう。おしごと、むりしないでね。

3月24日(水)

照曜館中学校 3年A組

國廣 啓太

毎日、一番に声をかけてくれてありがとう。おかげで朝から元気が出ます。毎日、夜遅くまで家で待っていてくれてありがとう。おかげで一日の疲れが癒されます。日に日に成長していく私を見ていてくれてありがとう。いつの間にか母であるあなたの背丈を越していました。いつまでも私を見守ってください。

3月25日(木)

西南学院小学校 2年B組

かみすき おくと

ほね、ほね、ほね、ぼくのほね、ありがとう。いつも、ぼくをまもってくれて、ありがとう。

コロナで外出じしゅくの間に、ぼくは、2cmのびたよ。ぼくのほねが、がんばってのびたんだね。

ぼくが、おじいさんになってもよろしくね。ぼくもほねを大じにするよ、ありがとう。

3月25日(木)

春日市立春日原小学校 1年1組

須田 華衣

まま、いつもおしごとつかれてるのにどうしてそんなにおいしいごはんつくれるの?ごはんのなかで一ばんすきなのは、しおぱんだよ。うらのところがじゅわじゅしてて、ものすごくおいしいよ。2じかんでつくってるんでしょ。あさ4じにおきてねむくないの?きつかったらやすんでいいからね。はないより。

 

3月26日(金)

八女市立星野小学校 2年

山口 凛

ほしのの水さんありがとう。ほしのの水は、ふった雨が山にしみこんでおいしくなるとパパから聞いたよ。ほしのには、山がたくさんあるから水もおいしくなるんだね。水がおいしいからおちゃもおいしいんだね。わたしは、体いくのあとのどがかわくから、おちゃをごくごくのむよ。水、山、おちゃさんありがとう。

3月26日(金)

八女市立星野小学校 2年

栗秋 すみれ

わたしがすんでいるところは、星がとてもきれいで星の村というところです。よ空で、きらきら光る星、ぴかぴか光る星は、たくさんのほう石のようにきれいです。わたしは、そんな星たちを見ると、またあしたもがんばろうという気もちになります。

星のの星さんありがとう。