パーソナリティ

  • 下田文代
  • 下田文代

  • 聞き手・プロデューサー
    RKBテレビ・ニュースワイドキャスター、報道記者として 地元経済や行政、医療・福祉分野の取材をしてきました。

「出会い」ブックスキューブリック 大井実さん

2017年3月26日

大井さん

けやき通りと箱崎(福岡市)に店舗を構えるブックスキューブリック主宰・大井実さんがゲスト。開業は2001年。大型化が進み、個人書店が厳しい時代に何故、「街の本屋さん」を開業したのでしょうか。「街の居場所」「出会いの本屋」「世界を広げる」そんな言葉が開業の動機を示しています。店舗はこじんまりとしたカフェのよう。人との出会いと同様、本との出会いが人生を世界を広げ、行動につなげて欲しいと大井さん。古書販売や著者と交流するイベント「ブックオカ」も12年目。「出会いの本屋さん」ブックスキューブリックへ足を運んではいかが。

大井実さんのビタミンチャージ

もちろん「本を読む」こと。テニス、そして車中での大音量の音楽。静と動でチャージですね!

このページのトップに戻る

デザインへの思い 富田一彦さん

2017年3月19日

富田さん作品1

先週に引き続き、デザイナー富田一彦さんに伺いました。幼少期の長崎の小学校は情操教育に美術を活用していて、「富田5人兄弟」で100枚以上の表彰状をもらったそうです。そこが原点だったのですね。イタリアでの20年の創作活動から作品は鮮やかです。工業デザインは生活に密接に関わっていて、作品も皿やカトラリー、ガラスの器、椅子、着物のデザインなどなど。福岡市中央区大手門にショップを開かれました。「トミタリア」の世界を是非体験してください。(福岡市中央区大手門2-3-13 新日本ホームズ福岡支店ビル2F)

富田一彦さんの日本でのビタミンチャージ

日本食材を活かしたイタリアンクッキング。レンコンでパスタのラグーソースなど。想像力が鍵でしょうか。ボナペティート!

このページのトップに戻る

「トミタリア」の世界に 富田一彦さん

2017年3月12日

富田さん1

長崎出身、20年間イタリアで創作活動を行い、現在福岡を拠点にするデザイナー富田一彦さんをお招きしました。「トミタリア」とはイタリアと富田さんの世界を象徴する言葉。美術と人が集う「国」をイメージしたのだそうです。富田さんの作品はカラフル。

富田さん2

日本とヨーロッパが融合した色彩に、人間工学に基づいた設計が施されています。それでいて機能的。千葉大学工業意匠科時代からのキャリアについて伺いました。

富田一彦さんのイタリア時代のビタミンチャージ

イタリアの市場で新鮮な魚を調達。「火曜日は寿司の日」だったそうです。食の国イタリア。料理でチャージされていたのですね。

このページのトップに戻る

博多座で宝塚月組の魅力を

2017年3月5日

IMG_1701

宝塚月組の珠城りょうさん、愛希れいかさんのおふたりは月組のトップ。背も高く麗しく輝いていらっしゃいました。月組の個性は「エネルギッシュ・パワフル・キラキラ」。しかしその舞台を支えるために「自分の代わりはいない」(珠城さん)というプレッシャーも。5月4日から博多座で公演される和物の「長崎しぐれ坂」とモン・パリ誕生90周年レヴューロマン「カルーセル輪舞曲」の魅力を語って頂きました。華やかさと哀愁が詰まった「長崎しぐれ坂」から、「これぞ宝塚!」のレヴューまで。月組の新しいトップスターに就任した珠城りょうさんの博多座お披露目公演ともなります。チケットは3月11日(土)午前10時から電話・インターネットで発売開始。お問い合わせは博多座092-263-5555まで。

ビタミンチャージ 

珠城りょうさんは「ドライブ」、愛希れいかさんは「外に出て太陽に手をかざし光を受けること」トップスターのチャージ法に頷きました。

このページのトップに戻る

充実した医療環境 九州医療センター森田茂樹副院長

2017年2月26日

森田医師2

現在、日本で行われている心臓外科手術は年間7万件。生活習慣の変化などで年々増加しているとか。しかし九州は九州医療センターを始め、九大、福大、こども病院といずれも世界レベルの医療技術を誇り、医療環境は大変充実しているそうです。九州医療センターでは救急体制が整っていて、脳梗塞や心臓発作などの予兆があるときは躊躇なく救急車を呼んでほしいとのこと。また進むがん治療についても伺いました。患者を迎えてから退院まで、個々のスタッフ、そして病院全体でベストが尽くすことをスタッフ全員で共有したいと語って頂きました。

森田茂樹さんのビタミンチャージ

プールで泳ぐこと(出来れば週に2回)最初はクロール25メートル程度でしたが、今では1000メートル。水に浮かぶことでストレスや疲れがすーっと流れて行くそうです。

このページのトップに戻る

心臓移植 九州1例目に貢献 森田茂樹医師

2017年2月19日

森田医師1

九州医療センター副院長の森田茂樹医師をゲストに迎え、これまでのキャリアについて伺いました。九州大学医学部を卒業ののち、昭和61年にアメリカカリフォルニア州に留学。当時アメリカでは心臓手術は「日本の10倍の機会」がある環境でした。民間の病院では効率と集中を重視、
スタッフ総勢50人で「引っ越し」という名の「分裂」も経験し度肝を抜かれたとか。92年に九州大学医学部に戻り、2005年に九州で一例目となる心臓移植手術を成功させた当時の話を伺いました。患者さんは今も元気にお過ごしとのこと。日本で心臓移植が成功した意義などを伺いました。

森田茂樹医師のビタミンチャージ

アメリカで民間の心臓外科医として働いていた時は、当直でない限り「金曜の夜から月曜の朝まで」基本的にフリータイム。ガイドブックを手に週末ごとに出かけてリフレッシュされていたそうです。これぞアメリカ流でしょうか!

このページのトップに戻る

運輸と観光で元気に 九州運輸局 佐々木良局長

2017年2月12日

IMG_1603

昭和59年、当時の運輸局に入省。国鉄民営化チームに配属され税制などを担当したそうです。昨秋のJR九州上場には運輸局長として立ち会い、社員の30年の努力を感じ「感動した」とのこと。九州新幹線と観光について伺いました。また昨年春の地震で打撃を受けた熊本について、4月から始まる新しいキャンペーンについても話して頂きました。2020年には訪日観光客を4000万人にという目標も打ち出されました。九州での課題などについても指摘して頂きました。

九州運輸局 佐々木良局長のビタミンチャージ

ヨガ 瞑想や呼吸、ストレッチでリフレッシュ。好きなポーズは「シャバーサナ」。最後に身体を休めるポーズでまた魂が再生されるのでしょう!

このページのトップに戻る

NTTドコモ 髙木一裕 九州支社長

2017年2月5日

NTTdocomo

出身は愛媛。九州大学を卒業後、久しぶりの福岡生活です。思い出も伺いました。九州支社長に変化がめまぐるしい通信業界について伺いました。今や携帯電話なしの生活は考えられません。ドコモではネットワークの強化や「dポイント」、子育て世代や学生向けのサービスに力を入れています。さらに驚いたのは実証実験。九州大学での「自動運転バスの交通サービス」や「セルラードローン」を活用した能古島の「買い物代行サービス」など。ドローンが博多湾を渡って注文の品を運ぶなんて!SF映画だけかと思っていたらもう目の前のようです。驚くとともにわくわくしました!

髙木一裕さんのビタミンチャージ

大学時代から続ける「ゴルフ」そして3匹の可愛い犬たち(モコちゃん、ゴーちゃん、トラちゃん)。単身赴任でなかなか会えませんが、戻ったときにはベッドで枕の取り合いをするんですって!

このページのトップに戻る

薬院血管外科クリニック 和田至弘院長

2017年1月29日

IMG_1571

下肢静脈瘤に特化した治療に取り組む薬院血管外科クリニック(福岡市中央区)院長の和田至弘さんに伺いました。下肢静脈瘤は10人に1人が罹患すると言われているそうです。静脈の逆流防止弁機能が弱まると血液の逆流が生じ足全体に血液が貯まって静脈が拡大。瘤のように血管が表層に浮き出てくるというものです。最初は足のだるさを感じるといった程度だそうですが、重篤になる前に早めの受診を。薬院血管外科クリニックではレーザー治療機器2台、ラジオ波治療機器1台を備えて日帰り治療も可能な体制を取っています。詳しくHPをご覧ください。

和田至弘さんのビタミンチャージ

家族との時間、医師で同じ専門分野の兄と話をする時間で元気をチャージされるそうです。

このページのトップに戻る

トリゼンフーズ 河津善弘会長

2017年1月22日

トリゼン

銘柄鶏「華味鳥」でおなじみトリゼンフーズの河津善博会長に「酉年」にかける思いを伺いました。クリスマスのチキンから正月の「がめ煮」「博多雑煮」と福岡・博多では特に冬の食卓に欠かせない鶏。銘柄誕生からの28年を振り返りました。今や「水炊き」は全国、海外にも浸透、国内外に36店舗を展開されています。養鶏から加工、物流、卸、通販、飲食と「垂直に」管理・運営する強み、背景とは。羽ばたく酉年を祈念しました。

河津善博会長のビタミンチャージ

歌うこと。それはシャンソン。CDも3枚製作。艶のある歌声をお聞きください。

このページのトップに戻る