若竹煮<3月18日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、「干し貝柱で出汁を取ろう」です。
干し貝柱と淡口醤油を使うことで、美味しい出汁が作れます。今回はその出汁を使った料理レシピをご紹介します。

3月18日のお料理は・・・、『若竹煮』

まずは、基本となる『干し貝柱の出汁』の作り方です。
■用意するもの
・干し貝柱   30グラム
・水     500cc
・出汁昆布  5センチ×5センチ 
■作り方
1)干し貝柱、水、出汁昆布を合わせる。
2)1時間浸し、鍋に入れ、火にかける。沸騰したらごく弱火で5分煮る。

では、〈若竹煮〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・ゆで筍    1本
・戻し若布  60グラム
・蕗(ふき)  1本
・木の芽    6枚
・淡口醤油  15cc(大さじ1)
■作り方
1)ゆで筍はひと口大に切り、水から茹で、沸騰したらザルに上げ粗熱を冷ます。
2)蕗は鍋に入る大きさに切り、塩で板ずりして2~3分茹で、冷水に取る。皮をむき5センチに切る。
3)若布は8センチくらいに切る。
4)鍋に干し貝柱の汁、淡口醤油、筍を入れ、火にかける。煮立ったらごく弱火にして15分煮含め、若布を入れ3分、蕗を入れ1分煮含め、火を強くしてひと煮立ちしたら火を止める。
5)器に盛り、木の芽を添える。


■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
色も美しいですよね。
蕗の苦みが、筍の淡い味を引き立てています。
淡口醤油をちょっと垂らすだけで、味に深みが出ますよね。
簡単ですから、今年の春、皆さんに作っていただきたいです。


■お味見くにまる
筍がおいしいですね。
これ、わらび入れてもよさそうですね。
蕗にほのかな苦みを感じます。

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、筍や蕗の素材本来の味を引き出しています。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野﨑洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。


お葉書でもご応募いただけます。
あて先は
〒814-8585 RKBラジオ ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係まで。
来週もお楽しみに!