Monthly Archive for 12月, 2017

ごぼう炊きおこわ〈12月31日〉

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、「おこわ」です。

淡口醤油と酒、それぞれ水の1/9を合わせてもち米を炊くことで、簡単においしいおこわが作れるレシピをご紹介します。

12月31日のお料理は・・・、『ごぼう炊きおこわ』

44hal_20171129_013107

では、〈ごぼう炊きおこわ〉の作り方です。※2合

用意するもの

・もち米        2合(300グラム)

・ごぼう       60グラム(1本の半分)

・白滝        50グラム(1/4パック)

・鶏ひき肉     100グラム

・三つ葉       10本

・胡椒         少々

<炊き汁>

・水        280cc

・淡口醤油      30cc(大さじ2)

・酒         30cc(大さじ2)

44hal_20171129_013125

作り方

1)もち米は洗って15分水に浸け、15分ザルに上げて水気を切る。

2)縦半分のごぼうを4センチの斜め切りにして水でサッと洗う。

3)白滝は3センチの長さに切り、熱湯で1分茹で、その中に鶏ひき肉を入れ、サッと湯通ししてザルに取り、水気を切る。

4)水、淡口醤油、酒を合わせ炊き汁をつくる。

5)炊飯器に、もち米、ごぼう、白滝、鶏ひき肉を入れて炊き汁を注ぎ、普通炊きで炊く。

6)炊き上がりに、3センチの長さに切った三つ葉と胡椒を入れて蒸らし、器に盛る。

44hal_20171129_013127

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

白滝が入っているのは、口離れが良くなるためです。

私のレシピは、どれも調味料の種類が少ないです。

淡口醤油1本で、たいていの料理はおいしく作れるんですから、使わない手はないんですよ。

44hal_20171129_013126

お味見くにまる

ごぼうは香りも良いです。

ごぼうのしゃきしゃき感がたまりませんね。

おこわがおもちみたいにならないように、白滝がほぐしてくれているんですね。

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油があれば、いろいろなおこわを作ることができます。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野﨑洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

44hal_20171129_013124

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係まで。

来週もお楽しみに!

 

にんじんしめじ炊きおこわ<12月24日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、「おこわ」です。

淡口醤油と酒、それぞれ水の1/9を合わせてもち米を炊くことで、簡単においしいおこわが作れるレシピをご紹介します。

12月24日のお料理は・・・、『にんじんしめじ炊きおこわ』

44hal_20171129_013106

では、〈にんじんしめじ炊きおこわ〉の作り方です。※2合

用意するもの

・もち米        2合(300グラム)

・にんじん     100グラム(1/2本)

・しめじ        1パック(100グラム)

・油揚げ        2枚

・柚子皮        適量

<炊き汁>

・水        280cc

・淡口醤油      30cc(大さじ2)

・酒         30cc(大さじ2)

44hal_20171129_013121

作り方

1)もち米は洗って15分水に浸け、15分ザルに上げて水気を切る。

2)にんじんは3センチの長さの粗めの繊切り、しめじは石突きを取りほぐし、熱湯でサッと霜降りをする。

3)油揚げは横半分に切り、細かく刻み、熱湯をかけて水気をよく絞る。

4)水、淡口醤油、酒を合わせ炊き汁をつくる。

5)炊飯器に、もち米、にんじん、油揚げを入れて炊き汁を注ぎ、普通炊きで炊く。

6)炊き上がる直前にしめじを入れる。

7)炊き上がったら器に盛り、柚子皮の繊切りを散らす。

44hal_20171129_013123

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

今回は、にんじんの赤としめじの白、紅白で縁起が良いですよね。

今月のレシピは、どれも余ったら冷凍しておけばいいんです。

暇な時に炊いておけば便利ですよね。

44hal_20171129_013122

お味見くにまる

柚子の香りが冬を感じますね。

にんじん、柚子皮が散らしてあって、優しい色合いですね。

味付けは淡口醤油だけなのに、こんなにうまみが出るんですね

これは定番料理にして欲しいです。

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油が、にんじん、しめじ、油揚げの味を引き出しています。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野﨑洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

44hal_20171129_013120

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係まで。

来週もお楽しみに!

 

鮭長芋炊きおこわ<12月17日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今のテーマは、「おこわ」です。

淡口醤油と酒、それぞれ水の1/9を合わせてもち米を炊くことで、簡単においしいおこわが作れるレシピをご紹介します。

12月17日のお料理は・・・、『鮭長芋炊きおこわ』

44hal_20171129_013105

では、〈鮭長芋炊きおこわ〉の作り方です。※2合

用意するもの

・もち米        2合(300グラム)

・甘塩鮭        2切れ

・長芋       130グラム(半バックぐらい)

・三つ葉       10本

・白炒り胡麻   大さじ2

<炊き汁>

・水        280cc

・淡口醤油      30cc(大さじ2)

・酒         30cc(大さじ2)

44hal_20171129_013117

作り方

1)もち米は洗って15分水に浸け、15分ザルに上げて水気を切る。

2)甘塩鮭は焼き、骨と皮を取り除き、ほぐしておく。

3)長芋を洗い、皮がついたまま火にかざして細い毛を焼き切り、皮付きのまま2センチ角に切る。

4)水、淡口醤油、酒を合わせ炊き汁をつくる。

5)炊飯器に、もち米と長芋を入れて炊き汁を注ぎ、普通炊きで炊く。

6)炊き上がりに、3㎝の長さに切った三つ葉と鮭を加えて蒸らす。

7)蒸らし上がったら白炒り胡麻を入れて混ぜ、器に盛る。(※蒸らす時間は5分~10分)

44hal_20171129_013119

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

長芋は苦みを少し持ってます。これが味を引き立たせます。

鮭の赤と長芋の白、紅白で縁起が良いですよね。

44hal_20171129_013118

お味見くにまる

長芋がホクホクしておいしいですね。

長芋は皮を残してますね。

この皮にもうまみがあるんですね。

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、飽きの来ない味に仕上がります。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野﨑洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

44hal_20171129_013116

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係まで。

来週もお楽しみに!

 

さつま芋炊きおこわ<12月10日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、「おこわ」です。

淡口醤油と酒、それぞれ水の1/9を合わせてもち米を炊くことで、簡単においしいおこわが作れるレシピをご紹介します。

12月10日のお料理は・・・、『さつま芋炊きおこわ』

44hal_20171129_013104

では、〈さつま芋炊きおこわ〉の作り方です。※2合

用意するもの

・もち米        2合(300グラム)

・さつま芋     150グラム(中ぐらいのもの半分)

・生姜        20グラム(大きめのひとかけ)

・桜海老       20グラム

・山椒         適宜

<炊き汁>

・水        280cc

・淡口醤油      30cc(大さじ2)

・酒         30cc(大さじ2)

44hal_20171129_013113

作り方

1)もち米は洗って15分水に浸け、15分ザルに上げて水気を切る。

2)さつま芋を洗い、皮ごと3センチの厚さに切り、更に1.5センチの角柱になるように切って水に放し水気を切る。

4)生姜は粗みじんに切る。

5)水、淡口醤油、酒を合わせ炊き汁をつくる。

6)炊飯器に、もち米とさつま芋を入れて炊き汁を注ぎ、普通炊きで炊く。

7)炊き上がりに、4)の生姜と桜海老を加えて蒸す。

8)蒸らし上がったら器に盛り、お好みで山椒をふる。(※蒸らす時間は5分~10分)

44hal_20171129_013115

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

蓮根、さつま芋の代わりにじゃがいもを入れても良いですよ。

淡口醤油が素材を生かしてくれてます。

おこわは買うものだというイメージがあるかもしれませんが、作るとおいしいんですよ。

44hal_20171129_013114

お味見くにまる

思ってたものと違っていました。

桜海老が入ることで彩りが豊かになりますね。

さつま芋と桜海老が食欲をそそります。

おこわで一杯やりたいですね。

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、味もすっきり仕上がって、くどくなりません。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野﨑洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

44hal_20171129_013112

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係まで。

来週もお楽しみに!

 

蓮根炊きおこわ<12月3日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、「おこわ」です。

淡口醤油と酒、それぞれ水の1/9を合わせてもち米を炊くことで、簡単においしいおこわが作れるレシピをご紹介します。

12月3日のお料理は・・・、『蓮根炊きおこわ』

44hal_20171129_013103

では、〈蓮根炊きおこわ〉の作り方です。※2合

用意するもの

・もち米        2合(300グラム)

・蓮根(皮むき)  150グラム(小さめの一節)

・豚バラ肉スライス  80グラム

・分葱         1本

・胡椒         少々

<炊き汁>

・水        280cc

・淡口醤油      30cc(大さじ2)

・酒         30cc(大さじ2)

44hal_20171129_013111

作り方

1)もち米は洗って15分水に浸け、15分ザルに上げて水気を切る。

2)蓮根は縦4つに切り2㎝の厚さのイチョウ切りにし、水洗いして水気を切る。分葱は小口切りにする。

3)豚バラ肉は3センチに切り、熱湯でサッと霜降りをする。

4)水、淡口醤油、酒を合わせ、炊き汁をつくる。

5)炊飯器に、もち米と蓮根を入れて、炊き汁を注ぎ、普通炊きで炊く。

6)炊き上がる直前に豚肉を入れ、炊き上げて蒸す。

7)蒸らし上がったら分葱、胡椒を入れて混ぜ、器に盛る。(※蒸らす時間は5分~10分)

44hal_20171129_013110

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

蓮根の歯ざわりが良いですよね。

早炊きだと芯が残ります。

そのため、普通炊きで炊いています。

44hal_20171129_013109

お味見くにまる

香りがいいですね。

蓮根や豚肉からいい味が出てますね。

蓮根はしゃきしゃきしてます。

お米がもちもちしてますね。

お箸が止まらないですよ。

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、炊き上がったおこわの色も美しく仕上がります。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野﨑洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

44hal_20171129_013108

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係まで。

来週もお楽しみに!