Monthly Archive for 4月, 2016

豚玉ねぎの菜種寄せ<4月24日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、

ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かした

おいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、『春の卵とじ』です。

旬の食材を卵でとじた料理を、ぜひお試しください。

4月24日のお料理は・・・、『豚玉ねぎの菜種寄せ』です。

UsukuchiDojo201604_006820

では、〈豚玉ねぎの菜種寄せ〉の作り方です。 ※2人分

用意するもの

・卵           3個

・水          60cc

・淡口醤油       10cc

・胡椒         少々

・豚バラスライス   100g

・玉ねぎスライス    60g

・絹さや         3枚

・サラダ油     小さじ2(10cc)

UsukuchiDojo201604_006822

作り方

1)豚肉は3センチに切る。

2)絹さやは筋を取る。

3)水を沸し、絹さやをさっと茹で冷水に取り、2つに切る。

4)3)と同じお湯で豚肉を霜降りして、ザルに広げておく。

5)卵、水、淡口醤油、胡椒を全部ボウルに入れ、かき混ぜておく。

6)フライパンに、サラダ油を熱し3)豚肉を炒め、火が通ったら

玉ねぎをひと絡めさせ、5)溶き卵を全体にからませるようにかき混ぜる。

7)固まる前に火からはずし、余熱で固まるように仕上げ、

3)の絹さやを散らす。

UsukuchiDojo201604_006825

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

絹さやのグリーンが、ワンポイントで入るだけで料理が美しくなります。

絹さやの軽やかなサクっとした感じがアクセントになります。

素材の持ってる甘みを、淡口醤油が生かしてくれるんです。

UsukuchiDojo201604_006824

お味見くにまる

絹さやは重要ですね。

食感がサクッサクッとしますね。

玉ねぎの甘みもいいですね。

野菜の持ってる甘みを子供たちに伝えたいですね。

 

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、飽きの来ない味に仕上がります。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく

仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、

ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、

国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つ

フレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、新しいレシピ本

『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる

100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

さらに今回は特別にもう1冊。

煮魚は煮てはならない!など、目からうろこの新常識が満載!野崎さんの新刊

『和の達人野崎洋光が教える じつは知らない和食の常識』を抽選で10名様に

プレゼントいたします。

メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ 

ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係

 

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、ぜひご応募下さい!

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、

たくさんのメッセージをお待ちしています!

UsukuchiDojo201604_006821

来週もお楽しみに。

 

 

 

浅蜊(あさり)の菜種寄せ<4月17日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、

ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かした

おいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、『春の卵とじ』です。

旬の食材を卵でとじた料理を、ぜひお試しください。

4月17日のお料理は・・・、『浅蜊の菜種寄せ』

UsukuchiDojo201604_006813

では、〈浅蜊の菜種寄せ〉の作り方です。 ※2人分

用意するもの

・卵           3個

・水          60cc

・淡口醤油       10cc

・胡椒         少々

・浅蜊        200g

・水で戻した芽ひじき  20g

・ニラ          3本

・サラダ油     小さじ2(10cc)

UsukuchiDojo201604_006816

作り方

1)浅蜊は砂抜きし、水に3分浸してから茹でて、殻からはずしておく。

2)戻し芽ひじきは、熱湯にさっと入れ茹でる。

3)ニラは、生のまま5ミリに切る。

4)卵、水、淡口醤油、胡椒をボウルに合わせ溶きほぐしておく。

5)フライパンにサラダ油を熱し、1)の浅蜊、3)の芽ひじき、

3)のニラを入れ炒め、火が通ったら、4)の溶き卵を流し入れる。

6)しゃもじで手早くかき混ぜ、とろとろの状態で全体にからませ、

固まる寸前に火からはずし、余熱で仕上げる。

UsukuchiDojo201604_006818

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

ニラが良いポイントになってませんか?

淡口醤油だけで高貴な味になるんです。

いろいろ調味料を加えるから失敗するんです。

手を加えない技術を覚えることが大事なんです。

UsukuchiDojo201604_006817

お味見くにまる

今回も調味料は淡口醤油だけです。

それなのにこんなにコクが出るんですね。

浅蜊からいい味が出てますね。

芽ひじきの食感もいいですね。

 

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、卵とじの黄色が鮮やかに、

味がスッキリ仕上がります。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく

仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、

ヒガシマル醤油がおすすめです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、

国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つ

フレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、新しいレシピ本

『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる

100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

さらに今回は特別にもう1冊。

煮魚は煮てはならない!など、目からうろこの新常識が満載!野崎さんの新刊

『和の達人野崎洋光が教える じつは知らない和食の常識』を抽選で10名様に

プレゼントいたします。

メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ 

ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係

 

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、ぜひご応募下さい!

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、

たくさんのメッセージをお待ちしています!

UsukuchiDojo201604_006815

来週もお楽しみに。

 

 

 

キャベツベーコンの菜種寄せ<4月10日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、

ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かした

おいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、『春の卵とじ』です。

旬の食材を卵でとじた料理を、ぜひお試しください。

4月10日のお料理は・・・、『キャベツベーコンの菜種寄せ』です。

UsukuchiDojo201604_006808

では、〈キャベツベーコンの菜種寄せ〉の作り方です。 ※2人分

用意するもの

・卵           3個

・水          60cc

・淡口醤油       10cc

・胡椒         少々

・キャベツ      100g

・ベーコンスライス    2枚

・長ねぎ       1/2本

・サラダ油     小さじ2(10cc)

UsukuchiDojo201604_006810

作り方

1)キャベツは、葉をはずし、熱湯で1分茹で、ザルに取り、ザク切りにする。

2)ベーコンは、2センチに切る。

3)長ねぎは、小口に切る。

4)卵、水、淡口醤油、胡椒をボウルに合わせ溶きほぐしておく。

5)フライパンにサラダ油を熱し、キャベツ、ベーコンを炒め、火が通ったら、

3)の長ねぎ小口切りを入れ、4)溶き卵を流し入れる。

6)手早く全体をかき混ぜ、半熟状態でからませたら火からはずし、

混ぜ、余熱で火を通す。

UsukuchiDojo201604_006811

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

余分な味を付けなくても、淡口醤油があればおいしくなるんです。

キャベツの味、卵の味がすることが大事なんです。

奥ゆかしさの味がありますね。

ごはんやうどんにのせても美味しいです。

UsukuchiDojo201604_006812

お味見くにまる

ベーコンの香りも出てきますね。

キャベツも火を入れすぎないほうがいいんですね。

うどんを入れたらカルボナーラですね!

キャベツと淡口醤油の取り合わせもいいですね。

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、キャベツ、ベーコン、長ねぎの味を引き出しています。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので

出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、

ヒガシマル醤油がおすすめです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で

15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、

常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、

新しいレシピ本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、

ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにして

プレゼントします。

さらに今回は特別にもう1冊。

煮魚は煮てはならない!など、目からうろこの新常識が満載!

野崎さんの新刊『和の達人野崎洋光が教える じつは知らない和食の常識』を

抽選で10名様にプレゼントいたします。

メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ 

ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係

 

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、

ぜひご応募下さい!

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、

たくさんのメッセージをお待ちしています!

UsukuchiDojo201604_006809

来週もお楽しみに。

 

 

 

油揚げグリンピースの菜種寄せ<4月3日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、

ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かした

おいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、『春の卵とじ』です。

 

旬の食材を卵でとじた料理を、ぜひお試しください。

4月3日のお料理は・・・、『油揚げグリンピースの菜種寄せ』

UsukuchiDojo201604_006802

では、〈油揚げグリンピースの菜種寄せ〉の作り方です。 ※2人分

用意するもの

・卵                3個

・水               60cc

・淡口醤油            10cc

・胡椒              少々

・油揚げ              1枚

・グリンピース(茹で戻したもの) 50グラム

・長ねぎ            1/2本

・サラダ油          小さじ2(10cc)

UsukuchiDojo201604_006805

作り方

1)油揚げは、熱湯に入れ油抜きをし、半分に切ったあと、

1センチの幅に切って水気を絞る。

2)長ねぎは、小口に切っておく。

3)ボウルに卵、水、淡口醤油、胡椒を混ぜ合わせておく。

4)フライパンにサラダ油を熱し、グリンピースを軽く炒め、2)の長ねぎ、

1)の油揚げを入れる。5)4)に3)の溶き卵を流し入れ、しゃもじで

手早く全体をかき混ぜる。

6)具材に絡みついたら、火から外し、混ぜ、余熱で火を通す。

※この時、火を通しすぎないよう注意してください。

UsukuchiDojo201604_006807

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

出汁は使っていません。

4月のグリンピースはたまりませんね。

色も美しいですし、この料理を作らない手はないですよ。

「卵とじ」ではなく、黄色をイメージさせる「菜種寄せ」と言うと、

高尚な感じがしませんか?

ごはんに乗せて、丼ぶりにしてもいいです。

UsukuchiDojo201604_006806

お味見くにまる

卵がふっくらしてますね。

見た目が春色です。

グリンピースってこんなにおいしかったでしたっけ!?

淡口醤油だけでこんなにおいしくなるんですね。

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、卵の色も鮮やかに仕上がります。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく

仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、

ヒガシマル醤油がおすすめです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、

国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つ

フレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、新しいレシピ本

『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆで

つくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

さらに今回は特別にもう1冊。

煮魚は煮てはならない!など、目からうろこの新常識が満載!野崎さんの新刊

『和の達人野崎洋光が教える じつは知らない和食の常識』を抽選で10名様に

プレゼントいたします。

メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ 

ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、ぜひご応募下さい!

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、

たくさんのメッセージをお待ちしています!

UsukuchiDojo201604_006803

来週もお楽しみに。