Monthly Archive for 3月, 2014

さつまいもとじゃこのきんぴら・・・<3月30日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、

ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かした

おいしい料理のレシピをご紹介していただいています。
今回のテーマは、"3・2・1で作るきんぴら"です。
淡口醤油、酒、砂糖を3:2:1の割合で入れるだけで、

簡単にきんぴらが作れます。
3月30日のお料理は・・・、『さつまいもとじゃこのきんぴら』

では、〈さつまいもとじゃこのきんぴら〉の作り方です。

※2人分

■用意するもの

・さつまいも    200グラム

・ちりめんじゃこ   60グラム

・いり白ごま   大さじ2

・サラダ油    小さじ1

【合わせ調味料】

・淡口醤油    大さじ3(45cc)

・酒       大さじ2(30cc)

・砂糖      大さじ1( 9グラム)

■作り方

1)さつまいもは、4センチの長さに切って、1センチ角に切る。

水にさらして、水気をきる。

2)フライパンにサラダ油を中火で熱し、1)を炒める。

3)さつまいもに透明感がでてきたら、淡口醤油、酒、砂糖を

合わせた調味料とじゃこを加えて強火にし、汁気がなくなるまで

手早く炒め煮にする。

4)仕上がり際にごまを加えて絡める。

■野崎さんからのワンポイント・アドバイス

ちりめんじゃこが水分を吸い過ぎると、

ぶよぶよになって美味しくない。

バリエーションを増やすには、カリフラワー、

ブロッコリー、ゴボウ、ネギなどと合わせてもよい。

■お味見くにまる

じゃこの塩分とさつまいもの甘さのバランスが絶妙!

じゃことさつまいもって、こんなに合うんですね。

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油、酒、砂糖を3:2:1と覚えておくだけで、

いろんなバリエーションのきんぴらを作ることができます。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり

美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、

淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から

毎月抽選で10名様に、

うすくち醤油を使った料理本

『うすくちしょうゆ ほんのり、うれしい。』と、

『国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆

うすくちしょうゆ500ml』1本をセットにして

プレゼントします。
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。
お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ

ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係

 

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、

ぜひご応募下さい!

次回もお楽しみに。

 

 

 

豚バラ肉とかぼちゃとアスパラガスのきんぴら・・・<3月23日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、

ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を

生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。
今回のテーマは、"3・2・1で作るきんぴら"です。
淡口醤油、酒、砂糖を3:2:1の割合で入れるだけで、

簡単にきんぴらが作れます。

3月23日のお料理は・・・、

『豚バラ肉とかぼちゃとアスパラガスのきんぴら』

では、〈豚バラ肉とかぼちゃとアスパラガスのきんぴら〉

作り方です。

※2人分

■用意するもの

・豚バラ肉      100グラム

・かぼちゃ      200グラム

・グリーンアスパラガス  3本

・サラダ油     大さじ1

【合わせ調味料】

・淡口醤油     大さじ3(45cc)

・酒        大さじ2(30cc)

・砂糖       大さじ1( 9グラム)

■作り方

1)豚バラ肉は3センチくらいの大きさに切り、

熱湯をかけて霜降りする。

2)アスパラガスは根元の硬い部分を切り落とし、

食べやすい大きさに切る。

3)かぼちゃは皮をむき、4センチの長さの薄切りにする。

4)2)、3)を水で洗い、キッチンペーパーで

水気をふき取る。

5)鍋にサラダ油を熱し、1)と4)を炒める。

6)かぼちゃ、アスパラに透明感がでたら、

淡口醤油、酒、砂糖を合わせた調味料を入れて、

混ぜ合わせて煮る。

※火加減は中火強

 

7)煮汁が少し残るぐらいで火を止める。

■野崎さんからのワンポイント・アドバイス

豚肉を霜降りにするのはアクが取れるのと、

ほぐれるからくっつかない。

バリエーションを増やすなら、コショウ、カレー粉、

豆板醤、七味などを合わせてもよい。

おにぎりと合わせて、春の行楽弁当にいかが。

■お味見くにまる

かぼちゃ、豚肉、アスパラの旨味が広がって、うまい!

砂糖より、かぼちゃの甘みが強い!

豚バラの脂の旨味がかぼちゃにうつって、絶妙です!

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、アスパラガスやかぼちゃの色も鮮やか。

見た目が美しいから、食欲も増します。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく

仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、

淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から

毎月抽選で10名様に、
うすくち醤油を使った料理本

『うすくちしょうゆ ほんのり、うれしい。』と、
『国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆

うすくちしょうゆ500ml』1本をセットにして

プレゼントします。
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。
お葉書でもご応募いただけます。

 

あて先は
〒814-8585 RKBラジオ

ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係

 

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、

ぜひご応募下さい!

次回もお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

セロリとれんこんのきんぴら・・・<3月16日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、
ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を
生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。
今回のテーマは、"3・2・1で作るきんぴら"です。
淡口醤油、酒、砂糖を3:2:1の割合で入れるだけで、
簡単にきんぴらが作れます。
3月16日のお料理は・・・、『セロリとれんこんのきんぴら』
では、〈セロリとれんこんのきんぴら〉の作り方です。
※2人分
■用意するもの
・セロリ    150グラム
・れんこん   200グラム
※セロリ、れんこんは皮をむいた状態で
・ごま油   大さじ1
・赤唐辛子     2本
・長ねぎ      適量(青い部分)
・白ごま      適量
【合わせ調味料】
・淡口醤油  大さじ3(45cc)
・酒     大さじ2(30cc)
・砂糖    大さじ1( 9グラム)
■作り方
1)セロリは薄く皮をむき、4センチくらいの短冊切りにする。
2)れんこんは皮をむいて、縦半分に割り、薄切りにする。
3)ごま油で1)と2)、赤唐辛子を強火で炒め、
れんこんに透明感がでてきたら、
淡口醤油、酒、砂糖を合わせた調味料を煮絡める。
4)3)にねぎを入れてさらに炒める。
5)仕上げに白ごまをふって出来上がり。
■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
れんこんに、ほんのり色がついているくらいがオススメ。

 

■お味見くにまる
歯ごたえが美味しい!
セロリが苦手なんですけど、セロリって美味しんですね。
※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油だから、黒くないきれいな色が出せて、
味のバランスを整えてくれます。
だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく
仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、
淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。
◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で
10名様に、うすくち醤油を使った料理本
『うすくちしょうゆ ほんのり、うれしい。』と、
『国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆
うすくちしょうゆ500ml』1本をセットにして
プレゼントします。
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。
お葉書でもご応募いただけます。
あて先は
〒814-8585 RKBラジオ
ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係
番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、
ぜひご応募下さい!
次回もお楽しみに。

じゃがいもとベーコンのきんぴら・・・<3月9日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、

ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を

生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。
今回のテーマは、"3・2・1で作るきんぴら"です。
淡口醤油、酒、砂糖を3:2:1の割合で入れるだけで、

簡単にきんぴらが作れます。

3月9日のお料理は・・・、『じゃがいもとベーコンのきんぴら』


では、〈じゃがいもとベーコンのきんぴら〉の作り方です。

※2人分

■用意するもの

・じゃがいも  200グラム

・ベーコン   100グラム

・絹さや      8枚

・サラダ油  大さじ1

【合わせ調味料】

・淡口醤油  大さじ3(45cc)

・酒     大さじ2(30cc)

・砂糖    大さじ1( 9グラム)


■作り方

1)じゃがいもは皮をむき、拍子切りにする。

水にさらしてアクを抜いたら、水気をふき取る。

※直前に切って、さっと洗う。
2)ベーコンはひと口大に切り、熱湯をかけて霜降りする。
3)絹さやは、ゆでて斜め半分に切る。
4)鍋にサラダ油をひいて、1)を炒める。

じゃがいもに透明感がでてきたら2)を入れる。
5)4)に淡口醤油、酒、砂糖を合わせた調味料を加えて煮ていく。
6)煮汁が少し残るくらいで火を止める。
7)3)を加えて混ぜ合わせたら出来上がり。

 

■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
じゃがいものの替わりにさつまいも、

ベーコンの替わりに豚バラでも美味しい。

できあがったきんぴらにパスタを混ぜても美味しくいただけます。
淡口醤油3、酒2、砂糖1の「合わせ調味料」は、ペットボトルに

入れて冷蔵庫にストックしておけば、さっと作れます。

■お味見くにまる
ベーコンだけど和風です。

じゃがいもの硬さが心地よい歯ごたえ。

コショウやカレー粉を混ぜてもいいですね。
※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だと、色が真っ黒にならずに澄んだ色が出せます。
だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく

仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、

淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で

10名様に、うすくち醤油を使った料理本

『うすくちしょうゆ ほんのり、うれしい。』と、

『国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆

うすくちしょうゆ500ml』1本をセットにして

プレゼントします。
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。
お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ

ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係

 

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、

ぜひご応募下さい!

次回もお楽しみに。

 

 

 

 

 

豆腐卵とじ丼・・・<3月2日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、

ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かした

おいしい料理のレシピをご紹介していただいています。
今回のテーマは、"簡単!豆腐料理"です。
3月2日のお料理は・・・、『豆腐卵とじ丼』

では、〈豆腐卵とじ丼〉の作り方です。※2人分
■用意するもの

・豆腐    1/2丁(120グラム)

※木綿でも絹ごしでもどちらでも良い
・長ねぎ   1/2本
・卵   1と1/2個(小さいものなら2個)
・三つ葉     適量
・出汁    120cc

※出汁の作り方は、ポットのお湯500ccをボウルに移し、

かつおぶし5グラム強(ひとつかみ)と4センチ四方の

出汁昆布を浸し1分間入れて濾す。
・淡口醤油 大さじ1(15cc)
・味醂   大さじ1(15cc)

※出汁と淡口醤油と味醂の割合は、8:1:1
・胡椒      適量
・焼き海苔    適量

■作り方

1)豆腐はひと口大に切る。
2)長ねぎは斜めに薄切りにする。
3)三つ葉はざく切りにする。
4)鍋(もしくは、小さなフライパン)に1)と2)を入れる。

5)4)に、出汁、淡口醤油、味醂を合わせたものを

注いで火にかける。
6)中火で豆腐、長ねぎに火が通るまで煮立たせる。
7)鍋に割りほぐした卵を半分の量だけ加える。

半熟状になったら、残り半分の卵を流し入れる。
8)さらに半熟状になったら、三つ葉を散らして火を止める。
9)ふたをして熱を通し、胡椒をふる。
10)器にごはんを盛り、ちぎった焼き海苔を散らして9)をのせる。

※焼き海苔は、ごはんの上でも、卵とじの上でもお好みで散らす。

■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
卵の黄色、三つ葉の緑が初春を思わせます。


■お味見くにまる

豆腐が卵とじにしただけで、こんなにごちそうになるとは!!
今月の4つの料理で、豆腐の底力に感服いたしました。
温かいお料理は、心の滋養になりますね。

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

卵の色が美しく仕上がり、味がくどくないので、

何杯でもおかわりできます!

旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、

創業、天正年間のヒガシマル醤油がお勧めです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から

毎月抽選で10名様に、

うすくち醤油を使った料理本

『うすくちしょうゆ ほんのり、うれしい。』と、

国産大豆・小麦を使用した

ヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml』1本を

セットにしてプレゼントします。

メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。

 

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ

ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係

 

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、

ぜひご応募下さい。


次回もお楽しみに。