Monthly Archive for 10月, 2013

色パプリカとしめじの混ぜご飯・・・<10月27日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、

ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かした

おいしい料理のレシピをご紹介していただいています。
今回のテーマは、"混ぜご飯"です。

ご飯がおいしい時期ですよね。そのまま食べてもおいしいですけど、

「混ぜご飯」にして食べてみてはいかがでしょうか?
10月27日のお料理は・・・、『三色パプリカとしめじの混ぜご飯』

では、〈三色パプリカとしめじの混ぜご飯〉の作り方です。※2人分

 

■用意するもの

・炊きたてご飯        2杯(300グラム)

・パプリカ(赤・黄・緑) 各20グラム(各1/4個くらい)

・本しめじ         50グラム

(ぶなしめじでも可)

・塩            適量

・胡椒           適量

・淡口醤油       小さじ1

・サラダ油         少々


■作り方

1)パプリカは7ミリ~8ミリ角に刻む。

2)本しめじは石づきを取ってほぐしておく。

3)フライパンにサラダ油を敷いて熱し、1)と2)を炒め、

塩、胡椒、淡口醤油で味付けする。
4)3)をご飯と混ぜ合わせて器に盛る。


■野崎さんからのワンポイント・アドバイス

パプリカは水分を飛ばすようにしっかり炒める。

しめじは炒めすぎると水気が出て”べちゃっ”となるので、

火が通る程度がよい。

炒めたパプリカは甘みが出るから醤油ともよく合う。

■お味見くにまる

混ぜただけなのに、チャーハンのようなご飯。

パプリカからこんなに甘みが出てくるとは!

色合いも秋らしくてGOOD!!
※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、3色パプリカの色もきれいに出せます。

旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、創業、天正年間の

ヒガシマル醤油がお勧めです。

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で

10名様に、淡口醤油を使った料理本

『淡口しょうゆ ほんのり、うれしい。』「国産大豆・小麦を

使用したヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml」

1本をセットでプレゼントしております。
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ

ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、

ぜひご応募下さい!


次回もお楽しみに。

 

ベーコンと海苔の混ぜごはん・・・<10月20日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、

ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かした

おいしい料理のレシピをご紹介していただいています。
今回のテーマは、"混ぜご飯"です。
ご飯がおいしい時期ですよね。そのまま食べてもおいしいですけど、

「混ぜご飯」にして食べてみてはいかがでしょうか?
10月20日のお料理は・・・、『ベーコンと海苔の混ぜごはん』


では、〈ベーコンと海苔の混ぜごはん〉の作り方です。※2人分

■用意するもの

・炊きたてご飯    2杯 (300グラム)

・ベーコン     50グラム

・海苔       適量

・淡口醤油   小さじ1

・長ねぎの青い部分 2本

・青ねぎ 小口切り 適量

■作り方

1)ベーコンは2センチ~3センチの長さに切る。

2)海苔は手でちぎっておく。

3)フライパンにベーコンを入れて炒める。

脂が出てきたら長ねぎの青い部分を入れて香りを移し、

淡口醤油で味付けする。

4)1)と2)をごはんに混ぜ合わせる。

5)器に盛って青ねぎを散らす。


■野崎さんからのワンポイント・アドバイス

ベーコンは、だしにもなる食材。ベーコンの脂に

ねぎの香りを移し、淡口醤油で味をつけてごはんとの

味のなじみをよくする。ただし、焦がし過ぎには注意!

ベーコンと海苔は一緒に手早く混ぜる。ここで時間差が

生じるとごはんの湯気で海苔がしんなりしてしまい、

おいしく仕上がらないので注意。

■お味見くにまる

ネギの香りと甘さがうまくマッチして、きれいな色に

なっている。

ベーコンなので洋風かと思いきや、和食になっている

(ビックリ!)

日本酒に合いそうなご飯。
※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

見た目が美しく仕上がります。

普通の醤油だと色が濃くなってしまいます。淡口醤油だと

澄んでいて美しくなります。
旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、創業、天正年間の

ヒガシマル醤油がお勧めです。
◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で

10名様に、淡口醤油を使った料理本『淡口しょうゆ

ほんのり、うれしい。』「国産大豆・小麦を使用した

ヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml」

1本をセットでプレゼントしております。
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。
あて先は

〒814-8585 RKBラジオ

ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、

ぜひご応募下さい!


次回もお楽しみに。

 

塩鮭と煎りごまの混ぜごはん・・・<10月13日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、
ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を
生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。
今回のテーマは、"混ぜご飯"です。
ご飯がおいしい時期ですよね。そのまま食べてもおいしいですけど、
「混ぜご飯」にして食べてみてはいかがでしょうか?
10月13日のお料理は・・・、『塩鮭と煎りごまの混ぜごはん』

では、〈塩鮭と煎りごまの混ぜごはん〉の作り方です。※2人分
■用意するもの
・炊きたてのご飯   2杯(300グラム)
・塩鮭の切り身    1切れ(80グラム)
※甘塩がオススメです。
・淡口醤油   小さじ1
・煎りゴマ     適量
・大葉 千切り   適量

■作り方
1)塩鮭を焼く。
焼き上がりに鮭の表面に刷毛で淡口醤油を塗り、
熱いうちに手でほぐす。
2)ごはんに2)と煎りごま、大葉を混ぜ込んで器に盛る。
■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
焼いた塩鮭に醤油を塗ると、醤油のうまみが加わるだけでなく、
塩気がまろやかになって風味も増します。
(塩鮭をほぐしてから醤油を垂らして混ぜても、醤油の水分が
じゃまをしておいしい混ぜご飯にならない。焼きたての塩鮭に
すぐに塗りつけるから醤油の水分が飛んで香ばしさが生まれる。)
お味見くにまる
鮭の香ばしさと大葉、煎りゴマの香りが絶妙!
お酒を飲んだ時、締めのご飯でもいいし、お茶漬けにしても最高!
おにぎりにして、お弁当にもいいですね。
※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
小さじ1の淡口醤油が、味のバランスを整えてくれます。
旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、創業、天正年間の
ヒガシマル醤油がお勧めです。
◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から
毎月抽選で10名様に、淡口醤油を使った料理本
『淡口しょうゆ ほんのり、うれしい。』と
「国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆
うすくちしょうゆ500ml」1本をセットで
プレゼントしております。
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。
お葉書でもご応募いただけます。
あて先は
〒814-8585 RKBラジオ
ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係
番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、
ぜひご応募下さい!

 

次回もお楽しみに。

しそ汁<10月6日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、

ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かした

おいしい料理のレシピをご紹介していただいています。
今回のテーマは、"簡単麺料理"です。
この時期、お家にそうめんや冷麦が余ってないですか?

今回はそんな余った麺と淡口醤油を使って、

簡単に食べられる麺料理をご紹介します。
10月6日のお料理は・・・、『しそ汁』


では、〈しそ汁〉の作り方です。※2人分

 

■用意するもの

・そうめん(乾麺) 200グラム

・水        300cc

・淡口醤油    小さじ2

・煮干し        3本

・出汁昆布  5センチ×5センチ

・大葉        10枚

・プチトマト      6個

・温泉卵        2個 ※市販のもので良い


■作り方

1)煮干しは頭と内臓を取り除き、縦半分に割く。
2)ボウルに水300ccと1)、出汁昆布を入れて2時間ほど浸ける。
3)大葉はみじん切りにして水で洗う。
4)プチトマトはへたをとって、4等分に切っておく。
5)2)を濾して、淡口醤油小さじ2を入れて味付けし、

3)を入れる。
6)5)をお椀に入れ、4)と温泉卵を入れる。
7)そうめんを茹でて、冷水に取って洗い、氷水で締めて

水気を切り、一口大にまとめて器に盛る。

8)7)を6)で召し上がれ。
■野崎さんからのワンポイント・アドバイス

煮干しは前の晩からつけておいてもよい。


■お味見くにまる

食欲のない夏のお昼や夕飯にもよい。

大葉がサッパリしていてうまいね!

お茶漬け風にたべてもいいかも。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油が、しそ汁の味のバランスを整えてくれる
旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、

創業、天正年間のヒガシマル醤油がお勧めです。
◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で

10名様に、淡口醤油を使った料理本

『淡口しょうゆ ほんのり、うれしい。』

「国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆

うすくちしょうゆ500ml」1本をセットで

プレゼントしております。
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。
あて先は

〒814-8585 RKBラジオ

「ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係」

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、

ぜひご応募下さい!


来週もお楽しみに。