Monthly Archive for 7月, 2013

くずし豆腐のサラダ・・・<7月28日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、

ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かした

おいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、"かさ増しダイエットレシピ"です。
一般的なダイエットは、少ない量で野菜を摂取することが中心。

この番組で紹介するのは、カロリーが低くておなかいっぱい

食べられるもので、脂肪と脂質を減らして、それを感じさせない

ように、野菜、キノコ、海藻類でかさ増しして、体に必要な繊維質や

ビタミン、ミネラルを取り入れます。

7月28日のお料理は・・・、『くずし豆腐のサラダ』

では、くずし豆腐のサラダの作り方です。

※2人分(1人分133キロカロリー)
■用意するもの

・絹ごし豆腐        100グラム

・もやし          150グラム

・キュウリ(7センチの千切り)80グラム

・長いも(7センチの千切り) 50グラム

・大葉             5枚

・淡口醤油          20cc

・かつお節           1グラム

※親指、人差し指、中指でふわっとひとつまみ

・出汁           100cc
※出汁の作り方

ポットのお湯500ccをボールに移し替え、

温度を70度~80度にし、かつおぶし5グラム強と

4センチくらいのだしこんぶを1分間入れるだけ。

■作り方

1)もやしは熱湯で10秒以内でさっと茹で、

冷水にとって水気をきる。
2)ボウルに1)、7センチに千切りにしたキュウリと長いも、

大葉を入れて混ぜる。

絹ごし豆腐はざっくり手でくずして、最後に混ぜる。

 

3)冷やした出汁に淡口醤油を加える。
4)2)を器に盛り、3)をかけ、かつお節をふんわり盛る。

■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
醤油が黒いと冬の感じがしてしまう。

淡口醤油を使うと味のキレがよくなる。

■お味見くにまる
野菜たっぷりで歯ごたえがあり、よく噛むのでいい。

もやし、キュウリ、大葉を豆腐がうまくつないでいる。

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

汁が濁らず、澄んでいるから見た目が美しく、食欲が増します。

旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、創業、天正年間の

ヒガシマル醤油がお勧めです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で

10名様に、淡口醤油を使った料理本『淡口しょうゆ

ほんのり、うれしい。』「国産大豆・小麦を使用した

ヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml」

1本をセットでプレゼントしております。

メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。
あて先は

〒814-8585 RKBラジオ

ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係

 

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、

ぜひご応募下さい!

野崎さんからのお知らせ


野崎 洋光(著)『野崎さんの おいしいかさ増しダイエットレシピ』

(柴田書店)は、1,365円(税込)で発売中です。


来週もお楽しみに。

 

 

 

 

寄せ胡瓜・・・<7月21日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、

ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を

生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。
今回のテーマは、"かさ増しダイエットレシピ"です。
一般的なダイエットは、少ない量で野菜を摂取することが中心。

この番組で紹介するのは、カロリーが低くておなかいっぱい

食べられるもので、脂肪と脂質を減らして、それを感じさせない

ように、野菜、キノコ、海藻類でかさ増しして、体に必要な繊維質や

ビタミン、ミネラルを取り入れます。

7月21日のお料理は・・・、『寄せ胡瓜』

 

では、〈寄せ胡瓜〉の作り方です。

※2人分(1人分55キロカロリー)

■用意するもの

・キュウリ(小口から薄切り) 200グラム

※およそ2本

・シイタケ           60グラム

※大きければ1個、小さければ4個

・ワカメ(戻したもの)     40グラム

・塩               8グラム

・レタス(千切り)       30グラム

※2枚程度

<寒天を溶かした液体を作るのに必要なもの>

・酢              大さじ4

・淡口醤油           大さじ2

・みりん            大さじ2

・寒天の粉末           4グラム

・出汁             大さじ6

 

※出汁の作り方

ポットのお湯500ccをボールに移し替え、

温度を70度~80度にし、かつおぶし5グラム強と

4センチくらいのだしこんぶを1分間入れるだけ。
■作り方

1)寒天を溶かした液体を作る。

・出汁、酢、淡口醤油、味醂、寒天の粉末、を合わせて火にかける。

・軽く煮て、粗熱をとる。
2)キュウリを塩もみして、10分間置く。

・しんなりしたら水の中で塩気がうっすら残るまでもんで絞る。
3)シイタケは石突きを取って網焼きにして、千切りにする。
4)戻したワカメは2センチに切る。
5)2)3)4)を寒天の液体と混ぜる。
6)5)を流し缶に入れて、冷やして固める。

※流し缶がなければ、ボールでも茶碗でもOK。
7)固まったら、切り分け、レタスと盛り合わせる。

■野崎さんからのワンポイント・アドバイス

寒天液をひと煮立ちさせると酢の嫌な感じがなくなります。

夏場は寒天を使うと溶けません。
■お味見くにまる

緑の組み合わせがなんともキレイで、清涼感たっぷりの一品。

食卓が爽やかになります。

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

くどくないので、夏にさっぱり食べられます!
旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、創業、天正年間の

ヒガシマル醤油がお勧めです。
◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で

10名様に、淡口醤油を使った料理本『淡口しょうゆ

ほんのり、うれしい。』「国産大豆・小麦を使用した

ヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml」

1本をセットでプレゼントしております。
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。
あて先は

〒814-8585 RKBラジオ

ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係

 

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、

ぜひご応募下さい!

野崎さんからのお知らせ


野崎 洋光(著)『野崎さんの おいしいかさ増しダイエットレシピ』

(柴田書店)は、1,365円(税込)で発売中です。


来週もお楽しみに。

 

 

 

トマトとニラのダイエット卵焼き・・・<7月14日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、

ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を

生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。
今回のテーマは、"かさ増しダイエットレシピ"です。
一般的なダイエットは、少ない量で野菜を摂取することが中心。

この番組でご紹介するのは、カロリーが低くておなかいっぱい

食べられるもので、脂肪と脂質を減らして、それを感じさせない

ように、野菜、キノコ、海藻類でかさ増しして、体に必要な

繊維質やビタミン、ミネラルを取り入れます。
7月14日のお料理は・・・、『トマトとニラのダイエット卵焼き』

では、トマトとニラのダイエット卵焼きの作り方です。

※2人分(1人分74キロカロリー)
■用意するもの

<基礎となる卵液>

・卵           1個

・麩(粉末)       5グラム

※フードプロセッサーで粉末状に粉砕

・水           大さじ1

・淡口醤油        小さじ1/2
<具>

・トマト(さいのめ切り)30グラム

※普通の大きさなら1/4個くらい

・ニラ(ざく切り)    5グラム

・サラダ油        小さじ1

・淡口醤油        適量

・大根おろし       適量

■作り方

1)ダイエット卵液を作る。

・卵、粉末にした麩、水、淡口醤油を合わせる。

2)1)に、トマト、ニラを混ぜ合わせる。

3)フライパンにサラダ油をひいて熱し、2)を注ぎ入れる。

4)おいしそうな音がして、こんがり焼き色がついたら、

向こう側からくるくると巻いて形を整える。

※うまく巻けないときは、スクランブルエッグ風にし、

ラップを敷いて巻き簾で巻けばよい。
5)切り分けて、皿にもる。

ほどよく汁気をきった大根おろしを添えて、淡口醤油をたらす。

■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
卵焼きは砂糖を入れないので、カロリーを抑えることができます。

糖質制限している方にもお薦めです。
卵液の分量を覚えておけば、玉ねぎと三つ葉、シラスと

長ネギと貝割れ菜、ワカメとタケノコとフキなどの具材で応用もできます。
■お味見くにまる

トマトの紅、ニラの緑が黄色に鮮やか(おみごと!)

ボリュームもあって、淡口醤油が味をまとめています。

さっぱりいただける卵焼き!

なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油が、素材のもつ甘さを生かしてくれます。

もちろん見た目も美しい。

旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、創業、

天正年間のヒガシマル醤油がお勧めです。
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から

毎月抽選で10名様に、淡口醤油を使った料理本

『淡口しょうゆ ほんのり、うれしい。』

「国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆

うすくちしょうゆ500ml」1本をセットでプレゼント

しております。

メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。
あて先は

〒814-8585 RKBラジオ

ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、

ぜひご応募下さい!

野崎さんからのお知らせ
野崎 洋光(著)『野崎さんの おいしいかさ増しダイエットレシピ』

(柴田書店)は、1,365円(税込)で発売中です。


来週もお楽しみに。

 

 

 

キャベツ巻き・・<7月7日>

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、

ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を

生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。
今回のテーマは、"かさ増しダイエットレシピ"です。

一般的なダイエットは、少ない量で野菜を摂取することが中心。

この番組でご紹介するのは、カロリーが低くておなかいっぱい

食べられるもので、脂肪と脂質を減らして、それを感じさせない

ように、野菜、キノコ、海藻類でかさ増しして、体に必要な繊維質

やビタミン、ミネラルを取り入れます。
7月7日のお料理は・・・、『キャベツ巻き』

 

〈キャベツ巻き〉の作り方です。※2人分(1人分37キロカロリー)
■用意するもの

・キャベツ      80グラム

・豚赤身肉(薄切り) 30グラム
※ポイント

少しのお肉をたっぷりの野菜でかさ増ししてボリュームアップ。

肉はできるだけ脂身の少ない赤身肉を選ぶ。
・ニンジン(細切り) 30グラム

・大根(細切り)   30グラム

・戻した昆布(細切り)20グラム

・淡口醤油      20cc

・出汁       300cc
※出汁の作り方

ポットのお湯500ccをボールに移し替え、

温度を70度~80度にし、かつおぶし5グラム強と

4センチくらいのだしこんぶを1分間入れるだけ。

(さらに、先ほど使ったかつおぶしとだしこんぶを

250cc~300ccのお湯に入れて5分おけば、

2番出汁が取れます。)


■作り方

1)キャベツを茹でる。

・大きいもので2枚、小さいものなら4枚くらい。

・茹でたらザルにあげる。
2)ニンジン、大根、細長く切った豚肉はさっと下ゆでする。
3)1)のキャベツを広げ、ニンジン、大根、昆布、豚肉をのせて、

端からくるくると巻く。

・味がしみやすいように横方向に切り目を入れたクッキング

ペーパーで巻き、タコ糸で3か所ほど結ぶ。

 

4)出汁に淡口醤油を加えて味をつけて、3)を弱火で

10分くらい煮る。
5)4)を取り出し、食べやすく切り分ける。

■野崎さんからのワンポイント・アドバイス

肉はフライパンに油をひいて焼くとおいしいが、

カロリーが上がってしまうので、茹でたり蒸したりするのが

オススメ。

キャベツの代わりにレタスでもOK。

お味見くにまる

キャベツと出汁の香りがいいね。

キャベツと巻いているもののエキスがどんどん出てくる。

肉が少なくても不満はありません。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

キャベツの緑、ニンジンの赤、大根の白などの色が

鮮やかに出ます。
旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、創業、

天正年間のヒガシマル醤油がお勧めです。

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で

10名様に、淡口醤油を使った料理本『淡口しょうゆ

ほんのり、うれしい。』「国産大豆・小麦を使用した

ヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml」

1本をセットでプレゼントしております。
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。
あて先は

〒814-8585 RKBラジオ

ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係

 

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、

ぜひご応募下さい!
野崎さんからのお知らせ

ダイエットレシピ』(柴田書店)は、1,365円(税込)で

発売中です。


来週もお楽しみに。