Monthly Archive for 2月, 2013

ねぎのつみれ鍋<2月24日>

東京広尾の日本料理の名店「分とく山」の総料理長・野崎洋光さんに、

毎週、淡口醤油を使ったおいしい料理のレシピをご紹介いただくこのコーナー。

今回は「鍋」をテーマにお送りします。

2月24日(日)に紹介するメニューは?

今日は、「ねぎのつみれ鍋」の作り方をお教えします。

〈ねぎのつみれ鍋〉2人前

(用意するもの)

・長ねぎ 200グラム (およそ2本)

・いわし(上身)4枚 200グラム

・水1リットル

・昆布 10センチ×10センチ 1枚

・淡口醤油 20cc(大さじ1強)

・酒 大さじ 1

〈つみれに必要なもの〉

・小麦粉 10グラム

・味噌 20グラム

・長ねぎ みじん切り 2分の1本

〈手順〉

①いわしは薄塩をして15分おく。水洗いして水気をふき、包丁で細かく叩き、小麦粉、

 味噌、みじん切りにした長ネギと合わせて手でこねる。

②つみれにしないほうの長ねぎ200グラムは、ざく切りにして水1リットル、

 昆布とともに鍋に入れて柔らかくなるまで煮る。柔らかくなったら、フードプロセッサーに

 かけてペースト状にする。※フードプロセッサーがない場合は、細かく切る。

③鍋にペースト状になったねぎを戻し入れる。弱火にして、淡口醤油と酒で味をととのえ、

 つみれをスプーンでつみ入れる。つみれに火が通って浮いてから、2分煮たら出来上がり。

 ☆好みで七味唐辛子、こしょう、柚子胡椒を加えてもおいしくなる

 ☆最後に、うどんやそばを入れたり、雑炊にしても良い。

※なぜ淡口醤油が良いのか?

 ・淡口醤油がねぎの素材の味を引き出して、ねぎがうまみのもとになっている。

 旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、創業、天正年間のヒガシマル醤油が

お勧めです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で10名様に

 淡口醤油を使った料理本『淡口しょうゆ ほんのり、うれしい。』と
「国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml」
1本をセットでプレゼント中です。

メッセージをお書き添えの上、ぜひご応募下さい!

メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。
お葉書でもご応募いただけます。
あて先は
〒814-8585 RKBラジオ 
ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係 まで

たらちり鍋<2月10日>

東京広尾の日本料理の名店「分とく山」の総料理長・野崎洋光さんに、

毎週、淡口醤油を使ったおいしい料理のレシピをご紹介いただくこのコーナー。

今回は「鍋」をテーマにお送りします。

2月10日(日)に紹介するメニューは?

今日は、「たらちり鍋」の作り方をお教えします。

〈たらちり鍋〉 ※2人分

(用意するもの)

・たらの切り身 6切れ(各40グラム)

・長ねぎ 2本

・豆腐1丁

・春菊4本

・水1リットル

・昆布 10センチ×10センチ 1枚

〈つけだれに必要なもの〉

・お酢 40cc

・淡口醤油 50cc(大さじ3強)

・みかんの絞り汁 50cc

〈手順〉

①たらは両面に薄く塩をまぶして20分置く。熱湯で霜降りして冷水に取り、
汚れやうろこを落として水気を切る。

②ねぎは5センチに切り、側面に4~5本の切れ目を入れておく。

豆腐は8等分に切り、春菊はさっと湯通しをする。

③つけだれを作る。酢をひと煮立ちさせて、冷ましたら、淡口醤油と

   みかんの絞り汁と合わせる。

④鍋に水1リットルと昆布、たら、ねぎ、豆腐、春菊を入れて火にかける。

   沸騰したら出来上がり。つけだれをつけて食べる。

 ※好みで七味唐辛子や柚子胡椒を加えてもよい。

 

※なぜ淡口醤油が良いのか?

・淡口醤油を使うことで味が濁らない。すっきりした味わいに!

 旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、

創業、天正年間のヒガシマル醤油がお勧めです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で10名様に

 淡口醤油を使った料理本『淡口しょうゆ ほんのり、うれしい。』と
「国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml」
1本をセットでプレゼント中です。

メッセージをお書き添えの上、ぜひご応募下さい!

メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。
お葉書でもご応募いただけます。
あて先は
〒814-8585 RKBラジオ 
ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係 まで

たらこと芽かぶのスパゲッティ<2月3日>

東京広尾の日本料理の名店「分とく山」の総料理長・野崎洋光さんに、

毎週、淡口醤油を使ったおいしい料理のレシピをご紹介いただくこのコーナー。

今回は「パスタ」をテーマにお送りします。

2月3日(日)に紹介するメニューは?

今日は、「たらこと芽かぶのスパゲッティ」の作り方をお教えします。

 

〈たらこと芽かぶのスパゲッティ〉2人前

(用意するもの)

・スパゲッティの麺 2人分

・たらこ 1はら(70~80グラム)

・芽かぶ 1パック

・ピーマン 2個

・オリーブ油 大さじ2

・淡口醤油 少々

・塩 少々

・七味唐辛子 適宜

〈手順〉

①お湯2リットルを沸かし、塩大さじ1とスパゲッティの麺を入れて麺の袋に

書かれた表示時間だけゆでて、水気をきる。ゆで汁は取っておく。

②たらこは、幅2センチに切る。

③ピーマンはへたと種を取り除き、細切りにする。

④フライパンにオリーブ油を入れ、強めの中火で熱し、ピーマンを炒める。

⑤油がなじんだら、スパゲッティのゆで汁1カップと芽かぶを入れて軽く煮て、

たらこを加えて混ぜる。

⑥さらに、スパゲッティのゆで汁を加え、塩と淡口醤油を少々加えあえる。

器に盛って、七味唐辛子を適宜振ったら出来上がり。

 

※なぜ淡口醤油が良いのか?

・淡口醤油だから、見た目が美しい。

・ピーマン、芽かぶ、たらこの味を生かしている。

旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、創業、天正年間のヒガシマル醤油がお勧めです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で10名様に

 淡口醤油を使った料理本『淡口しょうゆ ほんのり、うれしい。』と
「国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml」
1本をセットでプレゼント中です。

メッセージをお書き添えの上、ぜひご応募下さい!

メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。
お葉書でもご応募いただけます。
あて先は
〒814-8585 RKBラジオ 
ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係 まで