Monthly Archive for 11月, 2012

雑煮 <11月25日>

東京広尾の日本料理の名店「分とく山」の総料理長・野崎洋光さんに、

毎週、淡口醤油を使ったおいしい料理のレシピをご紹介いただくこのコーナー。

今回は「雑煮」をテーマにお送りします。

今日ご紹介するメニューは?

今日は、「沢煮雑煮」の作り方をお教えします。

沢煮雑煮〉2人前

(用意するもの)

・水500cc

・淡口醤油20cc

・昆布 5センチ×5センチ

・焼き餅2個

・豚肉 60グラム

・大根 40グラム

・人参 15グラム

・筍  40グラム

・セロリ40グラム

・牛蒡 40グラム

〈手順〉

①豚肉は1センチに切って、熱湯に入れて霜降りする。

 冷水に取って、水気を切る。

②大根、人参、筍はマッチ棒より太めのせん切りにして、ザルに入れ、

 熱湯の中に入れて10秒ほど霜降りする。

③セロリ、牛蒡もマッチ棒より太目のせん切りにする。
 注:セロリ、牛蒡は霜降りしない。

④鍋に大根、人参、筍、セロリ、牛蒡と水、淡口醤油、昆布を入れて

 火にかける。沸騰したら火を弱め餅を入れて1分煮て仕上げに胡椒をふる。

 

※なぜ淡口醤油が良いのか?

・淡口醤油が野菜、豚肉などの素材の味を生かしてくれる。

旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、創業、天正年間の

ヒガシマル醤油がお勧めです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で10名様に

 淡口醤油を使った料理本『淡口しょうゆ ほんのり、うれしい。』と
「国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml」
1本をセットでプレゼント中です。

メッセージをお書き添えの上、ぜひご応募下さい!

メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。
お葉書でもご応募いただけます。
あて先は
〒814-8585 RKBラジオ 
「ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係」まで

清汁(すまし)雑煮<11月11日>

東京広尾の日本料理の名店「分とく山」の総料理長・野崎洋光さんに、

毎週、淡口醤油を使ったおいしい料理のレシピをご紹介いただくこのコーナー。

今回は「雑煮」をテーマにお送りします。

今日ご紹介するメニューは?

今日は、シンプルなお雑煮の「清汁(すまし)雑煮」の作り方をお教えします。

〈清汁(すまし)雑煮〉(2人前)

(用意するもの)

・煮干し 10グラム

・昆布 7センチ×7センチ

・水 500cc

・淡口醤油 20cc

・酒 20cc

・焼き餅4個

・かまぼこ2分の1個

・椎茸 2個

・三つ葉6本

・ゆず

 

〈手順〉

①ボウルに水500ccを入れて、その中に煮干し10グラム、

昆布7センチ×7センチを浸し、3時間以上置いておく。(前日から浸しておいてもOK)

②椎茸は軸を取る。熱湯の中に1センチ強に切ったかまぼこを入れて、霜降りする。

③水、煮干し、昆布の入った汁を濾す。濾した汁と椎茸、かまぼこを入れて

 火にかける。
 沸騰したら淡口醤油20ccと酒20ccを入れて、さらに焼き餅と4センチに

 切った三つ葉 を入れる。

④器に盛り、柚子を添えたら出来上がり。

※なぜ淡口醤油が良いのか?

・一般的な醤油だと色が濃くて見た目が美しくない。

 淡口醤油だからきれいな色で食欲も増す。

旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、創業、天正年間のヒガシマル醤油が

お勧めです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で10名様に

 淡口醤油を使った料理本『淡口しょうゆ ほんのり、うれしい。』と
「国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml」
1本をセットでプレゼント中です。

メッセージをお書き添えの上、ぜひご応募下さい!

メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。
お葉書でもご応募いただけます。
あて先は
〒814-8585 RKBラジオ 
「ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント」係まで

筑前煮<11月4日>

東京広尾の日本料理の名店「分とく山」の総料理長・野崎洋光さんに、

毎週、淡口醤油を使ったおいしい料理のレシピをご紹介いただくこのコーナー。

今回は「8・1・1で作る煮物」をテーマにお送りします。

今日は、「筑前煮」の作り方をお教えします。

〈筑前煮〉2人前

(用意するもの)

・水 200cc

・淡口醤油 25cc ※水の8分の1 

・味醂   25cc ※水の8分の1 

・昆布 5センチ×5センチ

※今回は具が多いため、汁の量も多め。

・鶏肉 160グラム

・里芋 70グラム

・人参 50グラム

・蓮根 50グラム

・ごぼう 30グラム

・しいたけ 2個

・こんにゃく 60グラム

・絹さや 3枚

〈手順〉

①     具材の下ごしらえ。里芋、人参は乱切り。蓮根は5ミリの厚さに半月切り。

ごぼうは3ミリに斜め切り。しいたけは軸をとる。こんにゃくはスプーンでちぎる。

絹さやは塩ゆでしておく。

②それぞれの大きさに切り分けた野菜を1つのざるにまとめて入れ、

30秒ほど熱湯にくぐらせて上げる。その熱湯で、20グラムくらいに切った

鶏肉を浸し、霜降りをして冷水に取り、水気を切る。

③鍋に霜降りした野菜を入れる。そこに、淡口醤油、水、味醂を合わせたものと

昆布を入れて、落としぶたをして中火で煮る。

④煮汁が半分になったら鶏肉を入れ、煮汁をからませながら煮て仕上げる。

⑤器に盛り付け、絹さやを上に散らしたら出来上がり。

※なぜ淡口醤油が良いのか?

・淡口醤油が鶏肉や野菜の味を生かすため、

 淡口醤油と昆布だけでも簡単に筑前煮を作ることができる。

・味が濃すぎないので、いくらでも食べられる。

旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、

創業、天正年間のヒガシマル醤油がお勧めです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で10名様に

 淡口醤油を使った料理本『淡口しょうゆ ほんのり、うれしい。』と
「国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml」
1本をセットでプレゼント中です。

メッセージをお書き添えの上、ぜひご応募下さい!

メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。
お葉書でもご応募いただけます。
あて先は
〒814-8585 RKBラジオ 
ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係 まで