← トップページに戻る

09月16日放送

町のお噂~九州鶏すき学会~

食欲の秋ですね。

そこで、今回はなにやら、美味しい企てをしているグループがあるというので

その活動に参加してきました。

その名も 《九州鶏すき学会》  

140916-01

古賀市をはじめ、宗像・糟屋などでは、すきやきといえば 「鶏肉」

そんな「鶏すき」文化を広めていこう、後世に伝えていこうと、昨年12月に

立ち上げられたものです。

メンバーは農家の中野晃さんを学長とし、加工所、食品関係の方々など

総勢20名。

140916-02

月に1度の会合では、各地の「鶏すき」を食べ比べ、究極のレシピ作りを

進めています。

さて、この日の活動は、 古賀市役所前 「鶏家」さんで行われました。

140916-03

もちろん、この鶏家さんにも鶏すきメニューはありますが、

今日は、レシピ作りのための試食会です。

テーブルには、 分量をきっちり計った 「おしょうゆ・さとう」がたっぷり用意され、

モモ・ムネ・モツ・レバーなど鶏まるごと1羽分の部位が・・・。

140916-04

まず、鍋に砂糖をひき、その上に鶏肉をのせます。

140916-05

砂糖の量には驚きますが、鶏からでる脂や野菜からでる水分で

いい具合に味が整うから大丈夫、と料理担当の舩越美治代さん。

140916-06

とりすきのいいところは、夏には夏の、冬には冬のお野菜がたっぷりとれるところ

だそうですが、きゃべつ・ごぼう・水イモの茎・小松菜・なす・・・などなど

我が家では、すきやきの野菜としては、なじみの薄いお野菜が多くてびっくりしました。

140916-07

仕上がった鶏すきは確かに美味しくて、いくらでも入ります。

若い世代は作れない人が多くなったということで、 レシピや割り下をつくるなどしてとりすきを普及しようというみなさん。

なにより、自分たちが楽しむことが、 この活動の継続につながる、と実に楽しそうに語っていらっしゃいました。

11/16に行われる 「まつり古賀」では、究極の鶏すきのお披露目をし、

みんなでその楽しさを分ち合う予定だとか。

皆さんもお出かけになりませんか。

ちなみに、古賀市の逸品・K-1グランプリで賞をとった鶏家さんの鶏すきセットは、

店舗でも購入できます。

140916-08

1600円 (税別)

 

《問い合わせ先》

九州鶏すき学会  事務局

092-942-1346