岩田屋本店「信州フェア」

8月8日(水)~13日(月)までの6日間、福岡市天神、岩田屋本館7階催事場で、「信州フェア」が開催されます。
8月11日が山の日になったのをきっかけにスタートして、今年で3回目。
「信州フェア」を担当なさっている、㈱岩田屋三越 食品レストラン営業部バイヤーの佐藤克美さんは「暑い日々ですので、まず店内で避暑地を味わっていただきたい。
信州のおいしいものやクラフトを楽しんで涼んでいただければ」と、おっしゃいます。
180804-001
人気の代表格は、鬼無里『いろは堂』のおやき!だそう。蒸したてを即食べるもよし、お土産にするもよし。
ラジオまつりでもおなじみの『いろは堂』。秋まで待てないあなたにオススメしたい。
また、イートインコーナーもあり、今年は戸隠のそば(しかも打ちたて!)と駒ケ根のソースかつ丼が登場します。
かつ丼好きの佐藤さんが熱く語るほどのおいしさだそうですよ~。
注目の企画としては、松本市を代表するホテルのひとつ『ホテルブエナビスタ』の、岩田屋信州フェアのために考案した特製メニュー。
信州オレイン豚を使った酢豚とメンチカツ。メンチカツの隠し味には信州みそを使っているとのこと。
信州に行っても食べられないメニューを天神でいただきましょう。
また、百貨店同士の交流から生まれた企画もあるんです。
岩田屋三越ファームという農業プロジェクトを展開する中で、今、三越の屋上を使って、“天神みつばちプロジェクト”ではちみつを作っているのだそうです。
同じデパートで、はちみつ作りの先輩が、松本市の井上百貨店。
その井上百貨店の“松本みつばちプロジェクト”のはちみつを、物産展で初めて出してもらう事になったそうです。まさに「みつばち交流」。
軽くて華やかな甘さの春採れはちみつ「初恋」。しっかり濃い味わいの夏採れはちみつ「夏うた」。
いずれもおすすめです。これに9月末に発売予定の福岡三越の天神はちみつ、と、そろえたくなりますよね。
180804-002
日替わりイベントや、クラフトもいろいろあって、楽しい6日間になりそうです。

□ 信州フェア → 
http://www.digi-cata.jp/iwataya/honten/2018080801/#page=1
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

0 Responses to “岩田屋本店「信州フェア」”


Comments are currently closed.