にぎわい続く!上田城跡

昨年の大河ドラマの影響はまだまだ続いているようで、真田昌幸公が真田家の本拠地として築いた上田城の城跡もにぎわっております。
南北櫓とその間にある櫓門の前には、赤い備えの武将がっ!あれは大河以前から上田城で活躍されている、「信州上田おもてなし武将隊」の真田幸村(信繁)さまです~。
日替わりで真田十勇士の一人を従えておられますが、取材に行った日は根津甚八さまでございました。
ばばっ!と鉄扇を広げて、太鼓を叩いて一緒に記念撮影もしてくださいます。
テンション上がる~。記念撮影のお心持について伺うと「皆々様の思い出のひとつとなるゆえ、今、写真機…高機能端末機、スマホ…というのにおさまるゆえ、大切な素敵な思い出となるよう、我ら常日頃戦っておりまする」と、おっしゃってました。
そう、戦ってらっしゃるんですよ。土日は演舞がお披露目されているそうです。「我ら、歌って踊れる武将隊ゆえ。
EXILEより踊れるぞ(笑)。甲冑着けておるからな。大河の堺さんより重いんだぞ。堺さんは14kg、私のは20kgだからな。
刀も1kgあるぞ」と、幸村さま。次は演舞を拝見しとうございます。
大河以降も盛り上がりが続いているとおっしゃる幸村さま。
でも「平日は、平日の夕方は上田城が貸切状態に近くなる。去年の真田ブームのおかげで土日は人が多いが、平日は落ち着く。
われら、平日はたっぷりもてなすゆえ」と、教えてくださいました。
ほかにも「秋の上田城はいいぞ~」とか「また来年来てね~」とか、押さえのコメントにも抜かりはございません。
「16万の上田を背負っておるゆえ。リピーターという奴か?それは増やさねばならん」とのお気持ちもつぶやいてました。
171007-001 171007-002
また、上田城跡公園内の旧市民会館内では「特別企画展 400年の時を経て“蘇る上田城”」が行われています。
最新のVR(バーチャルリアリティ)映像で、戦国時代の上田城の様子を体験できるおもしろさ!半円形+αのスクリーンに囲まれて、足元にも映像が投影されて、ちょとクラッとするくらいの迫力です。
また、会場には真田一族…特に昌幸とうさんと息子二人=信之と信繁(幸村)を中心にした…に関する資料や甲冑、銃なども展示されています。
楽しいのが、いくつか「撮影OK」の展示があること。真田三代(幸隆・昌幸。信繁)の甲冑はレプリカといえどワクワクしますよ~。
あと、大河ドラマで昌幸=草刈正雄さんが着用した衣装も!もふもふしてました。
171007-003 171007-004
てつはうは、抱えられたりもしちゃいます。
171007-005
資料を見てるなか、案内してくださっている上田市観光課課長補佐の山嵜敦子さんがおもしろいことを教えてくれました。
「展示する歴史資料を作成する場合、合戦の布陣の様子を図にする時には、普通、自陣は青色で表現するんです。
青=セーフティカラーなので、味方は青。で、実際にそういう図を作って展示してたんです。
でも反対する声が出てきたんです『なんで赤じゃないの?』って。上田の人は、赤い色だと『ああ、うちの色ね』って気持ちになるんですよ。
不思議ですけど」と。おおおおお!おそるべし、真田魂!
さらにそんな真田魂にあふれた案件がもうひとつ!真田信之(おにいちゃん)の後、仙石氏以降も代々上田藩主の館跡に建てられているのが、県立の上田高校。
藩主館の門も堀もそのまま継承されていて驚きのたたずまいなのですが、それ以上に驚きなのが、校歌!2番の歌詞に♪関(くわん)八州の精鋭を ここに挫(くじ)きし英雄の 義心(こころ)のあとは今もなお…♪と、ここで徳川の大軍を退けた真田一族のことが歌われているのです。いやはや…すごい。
案内してくれた山嵜さんも上田高校の卒業生。校歌を歌ってくれました。
171007-006 171007-007

□ 信州上田観光協会 → 
http://www.ueda-cb.gr.jp/
□ 上田市観光課 →
http://www.city.ueda.nagano.jp/kankojoho/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

0 Responses to “にぎわい続く!上田城跡”


Comments are currently closed.