上高地で山岳リゾート!

涼しさ、景色の美しさ、水や空気のきらめき…。標高1500mの上高地での避暑ポイントを挙げるときりがない感じです。
五千尺ホテル総支配人の田中寿穂さんも「“高原”とよばれる山岳リゾート地の中でも上高地は特別」と、おっしゃいます。
そのポイントは、上高地の真ん中を流れる清流・梓川だと教えてくれました。「山岳リゾート地で真ん中に川が流れてる立地条件って、なかなかないんです。
特に上高地みたいに目の前に川が流れているのは。で、この梓川の水温が年じゅう6℃。夏はその上を通った空気が自然のクーラーになって温度を下げるんです。
真夏、8月でも河童橋の上に10分もいれば寒いですからね」と。真夏でも上高地の朝晩は18℃くらいの気温。
日中は30℃になるけれど、日陰に入ると体感で5℃くらい下がるそうです。湿気もなくさらさらした空気が心地いいんだそうですよ。
160806-001 160806-002
そして、夜は涼しさだけでなく、驚きの現象も見られるそう。「夜になると、気温差が大きくなるので、5分おきくらいにもやが出て、晴れて、出て、晴れて…。
神秘的な時間が過ごせます。これは夜しか出てこない。これはすごいですよ」と、田中さん。あああ、やっぱり上高地には泊まらなきゃもったいない!夜は満天の星空が楽しめますし!狙い目は22時以降。
上高地の街灯は、条例で22時消灯と決められています。目に入る明かりが少なくなってからがいいんです。
さらに美しい星を狙うなら、0時過ぎてから。各宿の部屋からの明かりの漏れがなくなって、より星空が見やすくなります。
また、雨が降っても大丈夫。今年の6月、けっこうな雨降りの中、散策をしましたが、全然イヤじゃないんです。
雨の降り方が、軽やかで、真っ直ぐ降り落ちてくる感じで、ポンチョと傘で万全の態勢。
田中さんも「雨の上高地のほうがきれい、実は。葉っぱとかのホコリが全部落とされて。さらに梓川も濁りませんから。
しかも雨上がりの上高地は最高ですからねえ。雲がばーーっと上に上がっていくところの神秘さは、ほんとに神様が降りた地。
神降地→上高地のいわれは、そこからきてるんだなあって、感じますよ」と、おっしゃってました。
どんなお天気でも、すばらしい景色を見せてくれる上高地。ぜひ、ぜひ、お出かけください。
160806-003 160806-004

□ 上高地 → 
http://www.kamikochi.or.jp/

□ 五千尺ホテル → 
http://www.gosenjaku.co.jp/

□ 新まつもと物語 → 
http://youkoso.city.matsumoto.nagano.jp/

□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

0 Responses to “上高地で山岳リゾート!”


Comments are currently closed.