Monthly Archive for 4月, 2017

《昆布茶》

■2017年4月2日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
はるみさんは昆布茶好きですか?
私は大好きで飲むだけでなく、料理の調味料としてパスタ料理の下味や
即席漬けほか、良く使います。
名前に”茶”という文字が入っているので、お茶が混ぜてある、
と思っている方も多いようですが、
普通は昆布を乾燥させて、粉にしたり、細く切ったものです。
商品としてお茶を加えたり、梅干・あられを加えたものもあります。
ハワイでKOMBUCHAと呼ばれるのは紅茶きのこで、
昆布茶ではありません。
肉や加工食品を沢山食べ、身体が酸性になりやすい今日この頃ですが、
昆布を食べる事によって、
健康な弱アルカリ性の身体を作る助けになります。

今日は昆布茶を使った、即席漬けを紹介します。

《きゅうりの昆布茶・漬け》
材料(4人分)
きゅうり    4本
昆布茶     1TBS     大さじ1杯
レモンの絞り汁 1TBS     大さじ1杯
砂糖      1tsp     小さじ1杯
塩       1tsp     小さじ1杯

作り方

1. きゅうりのヘタをとり、縦半分に切り、乱切りにします。
2. 昆布茶・レモンの絞り汁・砂糖・塩を良く混ぜ、
ジップロックに入れ、きゅうりを加えて全体を軽くもみ、
冷蔵庫で冷やします。
*レモンの代わりに、ゆず・すだちなどを使うと美味しいです。
*即席漬けなので、あまり長く置くと水気が出ておいしくありません。
お早めにお召し上がり下さい。

《ドライフルーツバー》

■2017年3月26日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
ラジオのクッキングショーを聞いてくださっている方から、
質問を頂きました。
シリアルとコーンフレークは同じものですか?
はるみさんどう思われますか?
CEREALは穀物(小麦・大麦・米・とうもろこし)を加工して、
そのまま食べられるようにしたもので、長期保存に適した食べものです。
ミルク・ヨーグルトと一緒にすぐ食べられるものと、
火を通す必要のあるもの(オートミールなど…)に分けられます。
答えは、コーンフレークはとうもろこしを原料に作られたシリアルです。
私の大好きなグラノラもシリアルで、麦・玄米・とうもろこしなどと、
ドライフルーツ・ココナツ・ナッツ・ハチミツ・シロップなどを
加工して作られたものです。

今日はシリアルを使ったお菓子をご紹介します。

材料
コーンフレーク     2oz 50g
マシュマロ       3oz    75g
バター         2TBS  大さじ2杯
お好みのドライフルーツ レーズン・アプリコット・バナナ・クランベリー他

作り方
1. 型にクッキングシートを敷いておきます。
2. フライパンにバターを入れて、弱火にかけ、マシュマロを入れて、
溶けたら、コーンフレークと好みのドライフルーツを加えます。
手早く混ぜ、型に入れ、手早く表面を平らにして型に押し付けます。
3. そのまま冷まして、好みの大きさに切って出来上がりです。

*コーンフレークを好みのシリアルに変えたり、生地にハチミツを加えたり、
チョコチップを加えたり、ナッツをくわえたり自分流のバーを作ってください。
*型に流して押し付ける時、火傷しないように気をつけてください。

《香味タレ》

■2017年3月19日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
先週、酢の種類についてお話しました。今日はその働きの中の、
カルシュウムの吸収アップ、についてもう少し詳しくお話したいと思います。
酢には素材のカルシュウムを引き出し、
体内での吸収を助ける働きがあります。
小あじの南蛮漬け、貝のスープ、味噌汁に少量の酢を加えるとカルシュウム、
マグネシュウムの吸収がアップするそうです。
例えばアサリのスープ4人分に酢を小さじ2杯(2tsp)加えて煮ると、
アサリの殻からカルシュウムが溶け出し、
カルシュウムの量が約1.4倍になるという研究結果も出ています。
今日は酢を使ったタレをご紹介します。
魚のから揚げにとても良く合います、お好みのお魚を使って、
ぜひお試し下さい。

材料
酢    6TBS  大さじ6杯
しょうゆ 6TBS  大さじ6杯
砂糖   3TBS  大さじ3杯
ごま油  3TBS  大さじ3杯
水    3TBS  大さじ3杯

作り方
*材料を小鍋に入れ火にかけ、ひと煮立ちさせ、砂糖を溶かして冷まします。
*香味*
ねぎ・しょうが・にんにく・大葉・きゅうり・みょうが・チャイニーズパセリほか
お好みの野菜をみじん切りにしてタレと混ぜ、揚げたての魚にかけて出来上がりです。
*鷹の爪を入れてもOKです。

《コールスロー》

■2017年3月12日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
私は酸味のきいた料理が好きで、よく作ります。
穀物から作られる酢、りんご酢、黒酢、ワインビネガー、
ほか色々ありますが、
皆さんはどんな風にして使っていらっしゃいますか?
簡単に言うと、お酒をさらに発酵させて作ります。
アジアでは米、小麦、とうもろこしなどを原料に使い、欧米ではぶどうや、
りんごなどの果実ガ多く使われます。
日本では穀物酢、米酢、玄米酢、が主流でしょうか?
玄米酢は穀物酢に比べるとまろやかです。
りんご酢、ワインビネガーは香りがさわやかで、
洋食やドリンクに良く使われますね!
疲労回復・カルシュウム吸収アップ・食欲増進・
消化吸収アップの働きもしてくれます。
今日はりんご酢を使った《コールスロー》をご紹介します。

材料(4人分)
キャベツ      5枚
にんじんの薄切り  10枚
スイートコーン   1/2缶
マヨネーズ     3TBS     大さじ3杯
りんご酢      3TBS     大さじ3杯
塩・コショー    少々

作り方
1 キャベツとにんじんを千切りにし、塩少々振り、軽くもみ、
しばらく置いておきます。
2 ボールにマヨネーズとりんご酢を入れて、
しっかり水気をきった①とコーンを加えて塩・コショーし、
全体を混ぜて出来上がりです。
*干しぶどう、スライスハムなどを加えても…
*肉料理、鶏のから揚げなどの付け合せにどうぞ…

《ポキボウル》

《ポキボウル・スーパーマーケット》
■2017年3月5日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
ハワイには沢山のスーパーマーケットチェーンがありますが、
最近改装した近くのスーパーマーケットに行くと、
ポキの種類が増えた事に驚かされます。
まぐろ、タコ、枝豆、イミテーションクラブ(カニかま)、
厚揚げ他、毎日バットにきれいに並べられ、
お客さんのオーダーが入るとプラスチックカップに入れて重さを計り、
値段の表示されたステッカーを貼ってくれます。
この売り場の前をランチタイムに通ると、必ず目にするのが、
ポキボウルを手にした人です。
あったかいご飯に、好みのポキをのせて作ってもらうポキボウル…
本当に美味しそうだったので、買って食べてみました。
ほっぺたが落ちました!
今日はその味を再現してみましたので、ご紹介します。

材料(4人分)
ご飯どんぶりに軽く    4杯

まぐろ(刺身用)     1LB   450g
しょうゆ         2/5CUP  100cc
青ねぎの小口切り     1/4CUP  1/3カップ
ごま油          1TBS  大さじ1杯
煎りしろ胡麻       1TBS  大さじ1杯
*お好みで玉ねぎのみじん切り、アボカドを加えても美味しいです。

作り方
1 材料を全部ボールに入れ、良く混ぜます。
2 飯にのせて出来上がりです。     

《チョコレートパンケーキ》

■2017年2月26日日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
カカオ豆は私の大好きなチョコレートやココアの主原料で、
カカオの果実の中にある、種子の事です。
メキシコの神話の中には、神様の食べものとして登場し、
後に学名も神様の食べもの、テオブロマとつけられました。
王様や貴族しか食べられない、貴重な食べものだったそうですが、
今では子供から大人まで、食べたい時に食べられますね!
カカオとココアは同じもの?
植物名がカカオ、食品に加工したものがココアで、カカオの豆を炒って、
皮を取り除き、すりつぶし、カカオバターを取り除き粉にしたものです。
寒い日に、ココアを飲むと、心も体もあったかくなりますね!

今日はココアを使った、チョコレートパンケーキをご紹介します。

材料
ホットケーキミックス     1/4LB  150g
とかしバター         2TBS  大さじ2杯
卵              1個
牛乳             2/5CUP 1/2カップ
ココア            1TBS  大さじ1杯
砂糖             お好み

作り方
1 ボールに卵と牛乳を入れて、良く混ぜます。
2 ホットケーキミックスとココアをふるいにかけながら、①のボールに加え、
良く混ぜて、とかしバターを加えて良く混ぜます。
3 フライパン又はホットプレートで好みの大きさに焼きます。
*バナナのスライスを流し入れた生地にのせたり、ブルーベリーを散らしたり、
チョコを刻んで生地に混ぜたりして焼いて、皿にのせ、
上からパウダーシュガーをふりかけたり、
ホイップクリームをのせるとおしゃれです。

《カルァピッグ》

■2017年2月19日日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
ハワイの代表的な料理の一つ、カルァピッグ.
豚肉にハワイアンソルトをすり込み、バナナの葉、
ティーリーフで包んで丸焼きにしたものです。
食べられた事はありますか?
そのまま食べても美味しいのですが、キャベツと炒めたり、
溶けるチーズと一緒にグリルサンドイッチを作ると、
BROAK THE MOUTH!
口が壊れる?日本式に言うと、ほっぺたが落ちる!
本当に美味しいです。
現代の住宅事情で、家庭で豚の丸焼きを作る事は不可能ですが、
時間はかかりますが、これを数滴使えばあら不思議!オーブンで焼いても、
スロークッカーでクックしても出来上がりは、
屋外で丸焼きしたような味わいになるのが、リキッドスモークです。

今日はリキッドスモークを使った、カルァピッグを紹介します。

豚肉塊             4LB     1.8KG
ハワイアンソルト又は自然塩   3TBS    大さじ3杯
リキッドスモーク        2TBS    大さじ2杯

作り方
1 オーブンを340度(摂氏170度)にあたためておきます。
2 豚肉の塊に塩をすり込み、リキッドスモークをすり込みます。
3 バナナの葉、ティーリーフで包み、さらに大判のアルミフォイルで
しっかり包みます。
バナナの葉、ティーリーフが手に入らない時は、アルミフォイルだけで
2~3回しっかり包みます。
4 天板に入れ、水を4cm高さまで入れて、オーブンに入れ一時間COOKし、
オーブンの温度を320度(摂氏160度)に下げて
3時間半豚肉が柔らかくなるまでCOOKします。
5 アルミフォイルをとり、豚肉をほぐして出来上がりです。

《もち粉チキン》

■2017年2月12日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
先週は”豚肉”のお話をしましたが、今週は”鶏肉”についてお話します。

鶏肉は、消化、吸収が良く、良質のたんぱく質を含み、
脂肪の多い皮を取り除けば、肉類としては低カロリーです。
また、鶏肉のたんぱく質は良質で、アミノ酸スコアは100、
体に必要な必須アミノ酸がバランスよく含まれています。
若さを保つビタミンEも含まれていますので、
ぜひ食事に取り入れてください。

今日はハワイのローカルフードの代表 ”もち粉チキン”をご紹介します。

材料(4人分)

鶏もも肉骨なしぶつ切り    1&1/5LB    500g
おろししょうが        ひとかけ分
おろしにんにく        ひとかけ分
しょうゆ           3TBS      大さじ3杯
日本酒            1TBS      大さじ1杯
みりん            1TBS      大さじ1杯
とき卵            1個分
もち粉            4TBS      大さじ4杯
小麦粉            1TBS      大さじ1杯
*もち粉がないときは、小麦粉と片栗粉半々で使ってください
揚げ油

作り方
1 プラスチックバッグに材料を全部入れ、手でよくもみ、
口をしっかり閉じて、冷蔵庫で一晩寝かせます。
2 揚げ油を中温に熱し、1/4量ぐらいずつ、からりとしっかり揚げます。
*鶏肉の温度が低いので、一度に沢山入れると、上手に揚がりません。
*1/4量入れ、油を箸でかき混ぜて温度を均一にします。
鶏肉は色がつくまで、あまり触らないようにしましょう。
*下味がついていますので、温度の高い脂に入れると、
周りが早くこげて、中まで火が通りません。
*マカロニサラダを添えて、ハワイ風プレートランチを作ってくださいね!