Monthly Archive for 2月, 2017

《豚肉とキムチの炒め物》

■2017年2月5日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
豚肉には体の健康に欠かせない栄養素が沢山含まれています。
その中でも注目をしたいのは、ビタミンB1です。
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える時に必要な栄養素で、
欠乏すると、疲れやすくなったり、イライラしたりします。

脂肪分の多いイメージのためか? 太るから食べない!
と言う声も聞きますが、
肥満防止に役立ち、ダイエットには効果的なビタミンです。
たんぱく質も豊富で、筋肉、皮膚、爪、髪の毛に欠かせない栄養素です。

今日は豚肉を使った ”豚肉とキムチの炒め物” をご紹介します。

材料(4人分)
豚もも薄切り      1/2LB   230g
卵           4個
白菜キムチ       2/3LB   300g
にら          1/2わ
ごま油         2tsp   小さじ2杯
しょうゆ        2tsp   小さじ2杯

作り方
1.豚肉、白菜キムチを食べやすい大きさに切ります。
にらも白菜の幅に合わせて切っておきます。
2.フライパンを熱し、ごま油を入れて、豚肉を炒めます。
豚肉に火が通り色が変わったら、キムチを加えさらに炒めます。
しょうゆを加え全体に味をいきわたらせます。
3.➁のフライパンにとき卵を加え、火を強火にして手早くかき混ぜます。
にらを加え、卵がソフトスクランブルのようになったら、出来上がりです。

《牡蠣の土手鍋》

《牡蠣の土手鍋》
■2017年1月29日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
毎朝、ハワイでみる日本のニュース!
雪が積もっている映像をみると、
こんな時、皆さん何を食べられるのだろう?と思います。

オープニングではるみさんがミルフィーユ鍋のお話をされましたが、
私は土鍋に豚肉の薄切りと白菜を交互に並べ、
日本酒を1/2CUPふりかけ、蓋をして弱火でコトコト煮込みます。
白菜の水分と日本酒、そして豚肉の旨みが出て、
ポン酢・もみじおろしを添えて食べると最高です。

冬は鍋が体が暖まり、美味しいですね!
冬と言えば”牡蠣”OYSTERは岩から掻き落とすから、
かきと言われるようになった、と言う説もあるそうです。
低脂肪高たんぱくの食品で、栄養素がバランスよく含まれていることから
”海のミルク”と呼ばれています。

今日は“牡蠣の土手鍋”をご紹介します。

*牡蠣の土手鍋*
材料(4人分)
牡蠣      1LB      450g
焼き豆腐    1丁
白ねぎ     4本
白味噌     1/2LB      200~225g
赤味噌     3TBS     大さじ3杯
みりん     4TBS     大さじ4杯
鰹だし汁    4/5CUP     1カップ
卵       4個

作り方
1.牡蠣はざるに入れて、塩水の中で振り洗いします。
2.豆腐は一口大、白ねぎは斜め切りにします。
3.白味噌、赤味噌をボールに入れ、みりんを加えてよく混ぜます。
4.すき焼き鍋の周りに③の味噌を塗りつけ、真ん中に、牡蠣、豆腐、
白ねぎを盛り付けます。
5.真ん中に出汁をいれ、火にかけます。
6。牡蠣のふちがちじみ、ふくらんできたら溶き卵につけていただきます。
*周りの味噌が溶けてきますが、出汁が足らなくなったら加えてください。

《ひじきと厚揚げの煮物》

■2017年1月22日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
ひなびた味で、安くて、しかも栄養分がある。。。
皆さんはどんな食品を想像されるでしょうか?
いくつかありますが、今日は”ひじき”を取り上げたいと思います。

私が子供の頃は、ひじきの煮物は家庭のお惣菜として
欠かせないものでした。
選ぶ時は、太さがそろい、黒くて、つやのあるものを
選んでください。
戻し方は、水洗いし、たっぷりの水につけます。
つける時間は、茹でる時間との兼ね合いで変ってきます。
2~3分つけたら、6~7分茹で、
20分つけたものは2~3分ゆでます。

今日は”ひじきと厚揚げの煮物”wっをご紹介します。

材料(4人分)
ひじき干したもの      2.5oz 60g
厚揚げ(大)       1丁
煮出し汁         1&2/5CUP 3CUP
サラダオイル       4TBS   大さじ4杯
砂糖           10TBS 大さじ10杯
しょうゆ          1/2CUP  1カップ+大さじ2杯

作り方
1.厚揚げは食べやすい大きさに切り、熱湯をかけて油抜きをしておきます。
2.戻してゆでたひじきをざるに上げ、みずをきっておきます。
3.鍋にサラダオイルを熱し、ひじきを入れてよく炒め、
厚揚げ、出汁を加えて砂糖を加え、4~5分煮たらしょうゆを加え、
落し蓋をして、弱火で煮汁が1/2になるまで煮含めます。
*途中で2~3回かき混ぜてください。
*ご飯に混ぜて”ひじきご飯”にしても美味しいです。

《お餅~芋餅》

■2017年1月15日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
お正月、お餅沢山食べましたか?餅はもち米を蒸して、
ついたものだと思っていましたが、
ハワイに移住してそうではない”MOCHI”に沢山出会いました。

もち粉を使い、オーブンで焼いた”MOCHI” 
代表的な”バター餅”は今、太平洋を渡り、
ハワイの人が大好きな”乳団子”が生まれた広島県庄原の
お菓子屋さんで作られ、売られているそうです。

ハワイに移住してきた人が、日本で食べた”乳団子”を
ハワイで作って売りたいと、この店を訪ね、
その店のオーナーが快くレシピ、作り方を教えてあげた!

この話を聞いたとき、何故か?幸せな気持ちになりました。
福岡に行くと”XXX餅”を必ず買って帰ります。
きな粉に黒蜜をかけるあの瞬間!
ハワイから一緒に行ったフラグループのメンバーも
大好きになりました。

大宰府天満宮に行くと必ず食べる”梅が枝餅”お店で食べる焼きたては、
最高ですね!
今日はお餅を使った、”芋餅”を紹介します。

*芋餅*
材料(4人分)
さつまいも       2/3LB 300g
餅            4個
砂糖          2TBS   大さじ2杯
きな粉         適宜
あんこ         8個に丸めておく

作り方
1.さつまいもの皮を厚めにむいて、水につけて
あく抜きをします。
2.水気をきり、耐熱ボールに入れ、ラップをかけて、
竹串がスーッと通るまで、マイクロウエーブオーブン(電子レンジ)で
クックします。
3.さつまいもが柔らかくなったら、水をくぐらせた餅をのせ、
1~2分、餅がぷーっとふくらむまでクックし、
水でぬらしたすりこ木で手早くつきます。
4.きな粉と砂糖を混ぜたものをバットに広げ、⑶を入れて、
手早く8つに分けます。
5.餡をくるんで丸め、残ったきな粉をかけて出来上がりです。
*やけどをしないように気をつけて丸めて下さい。
*あんこの量はお好みで…