《ごぼう》

■2017年1月8日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
きんぴら、天ぷら、茹でてサラダ、煮物、酢の物、
と大活躍のごぼうですが、世界中で食べられているかと言うと、
そうでもなく、韓国、台湾、中国、
そして日本以外ではほとんど食べないそうです。
美味しいのにもったいないですね!
日本では江戸時代から食べられていたとのこと、
初めて食べた人はどういうきっかけで食べ始めたのか?
外国の人が思うように、木だと思わなかったのか?
タイムスリップして聞いてみたい、気もします。

ごぼうには、食物繊維が沢山含まれていることは有名ですね。
ごぼうを調理する時、切って水にさらす、
アクを取ってから味付けすると私も習いました。

最近では、
・ごぼうを水につけると抗酸化作用のある成分が、
水に流れ出すので、皮はむかず、たわしで洗うだけ。
・水にさらさない。
・大きく切る。
と書いた調理本も多く出て来ました。

ごぼうを食べない国でも、ハーブとして、
漢方薬として使われているそうです。
今日はごぼうのから揚げをご紹介します。
おつまみ、おやつとして、そのまま食べても、
かけうどんにのせても美味しいですよ!

*ごぼうのからあげ*
材料(4人分)
ごぼう       1~2本
片栗粉       適宜
揚げ油

作り方
1.ごぼうはたわしで洗って、斜めに薄切りにします。
2.水で洗って、ペーパータオルで水気をきれいにふき取り、
片栗粉を薄くまぶします。
3.揚げ油を中温に熱し、鍋の1/3ぐらい、ごぼうを入れて、
パリッとあげます。
*おつまみとして食べる時は、塩をふったり、
海苔のふりかけをふってもおいしいです。
*うどんに入れる時は、食べる直前に入れてください。