Monthly Archive for 11月, 2016

《から揚げ》

■2016年11月13日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

先月、RKBハワイ祭りに参加させていただいた帰り、

打ち合わせのため、羽田で2泊しました。

ランチを選ぼうとメニューを見ていたら、

”ザンギ”と言う文字が目に飛び込んできて、

次に頭の中で”ザンギ”ってなんだろう?と言う疑問が…

 

打ち合わせをさせていただいた方に、”ザンギ”て何でしょう?と聞いたら、

即答で「鶏のから揚げ」と教えていただきました。

皆さんコンサートで全国廻られるので、詳しい!

北海道で鶏や魚介類のから揚げの事を”ザンギ”と呼ぶのですね!

良くみると、メニューに英語でフライドチキンと書いてありました。

 

今日は先週ご紹介した青ねぎソースと相性の良い、

鶏肉のザンギをご紹介します。

 

*ザンギ*

材料(4人分)

とりもも肉     1LB            450g

しょうゆ      1TBS           大さじ1杯

日本酒      1TBS           大さじ1杯

砂糖        1tsp            小さじ1杯

小麦粉       3TBS          大さじ3杯

片栗粉       3TBS           大さじ3杯

卵          1個

揚げ油

 

 

作り方

1.  とりもも肉を一口大に切り、しょうゆ、日本酒、砂糖をよくもみこみ、

30分ぐらい味をなじませます。

2.  ①に小麦粉、片栗粉、とき卵を加えて、良く混ぜます。

3.  中温の油で、きつね色の色がつくまで、あまり触らないで、

揚げて、油をよくきります。

*熱々に先週ご紹介した”青ねぎソース”をかけてお召し上がり下さい。

 

 

《青ねぎ》

■2016年11月6日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

福岡に、私の大好きな広島風お好み焼きの店があります。

福岡に帰ると、必ずリクエストして、はるみさんに連れて行ってもらいます。

ここの名物に焼きあがったお好み焼きに、

山盛りの青ねぎの小口切りを載せた、”ねぎ焼き”があります。

始めてみた方はびっくり!して目を丸くされますが、

美味しいお好み焼きが、いっそう美味しくなるのです。

 

小さい頃、私は青ねぎが苦手でした。毎朝母が作ってくれる味噌汁の中にも、

牡蠣、なまこの酢の物の中にも、時には卵焼きの中にも青ねぎが入っていて、

青ねぎが入っていなかったら。。。心の中でさけんだこともありました。

19歳の時、大好きな人との初デートでお蕎麦屋さんに行き、

苦手だった日本そばと青ねぎの美味しさを知り、

その日から大好物になりました。

今考えると、どうして?初デートがお蕎麦屋さんだったんだろう?

と思いますが。

青ねぎにはビタミンA,C,カルシウム、アリシンという

においのもとが含まれています。

このアリシンはビタミンB1の吸収を助けてくれます。

また、血行を良くし、疲労の原因となる乳酸を分解してくれるので

疲労回復に効果的です。

 

今日は青ねぎを使った、鶏肉や豚肉、魚のから揚げに良く合う、

ねぎのソースをご紹介します。

 

*青ねぎソース*

 

材料

青ねぎの小口切り        青ねぎ4~5本

にんにくのみじん切り      1かけ分

しょうがのみじん切り      薄切り2~3枚分

しょうゆ            3TBS         大さじ3杯

酢               3TBS         大さじ3杯

砂糖              1tsp         小さじ’1杯

ごま油             1tsp         小さじ1杯

 

 

作り方

材料を全部合わせ、揚げたての鶏肉・豚肉・魚の上からかけます。

*福岡の万能ねぎ10本ぐらいを小口切り、または斜め切りにして使うと、

お料理の仕上がりがとてもおしゃれになりますよ!

もって帰れるものなら持って帰りたい”万能ねぎ”

 

 

 

《なすの南蛮漬け》

■2016年10月30日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

はるみさんがハワイにこられた時に、

KCCファーマーズマーケットに一緒に行きましたね。

生産者から採れたての、新鮮な野菜や果物、パン、ハチミツ、

あわびなど届くので、ローカルの人、観光客の人で

今でも大変にぎわっています。

KCCだけではなく、ワイキキ、ウォ-ドほか、

あちこちで開催されています。

 

先日、美味しいナスが手に入ったので、

久しぶりに《なすの南蛮漬け》を作りました。

なすは90%水分で、ビタミン類は多く含まれませんが、

食物繊維はセロリやキャベツより多く含まれています。

選ぶ時はつやと張りがあり、切り口のみずみずしいものを

選んでください。

 

美味しい秋茄子が出ていると思います、ぜひお試し下さい。

 

材料(4人分)

なす          4本

赤唐辛子        1/2本

*漬け汁*

だし汁         1/3カップ

しょうゆ        大さじ3杯

寿司酢         大さじ2杯

ごま油         少々

揚げ油

 

 

作り方

 

1.  赤唐辛子はヘタと種を取りのぞき、はさみで輪切りにします。

2.  バットの中にだし汁、しょうゆ、寿司酢、ごま油を入れて良く混ぜます。

3.  なすはヘタをとり、ピーラーで皮を縞模様になるようにむき、

縦半分に切ります。

(長ければ半分に切ってください)

4.  ③を水につけてあく抜きをし、ざるにあげて、

ペーパータオルで水気をしっかりふき取ります。

5.  フライパンに1cm位油を入れて、中温に熱し、

なすをきつね色になるまで揚げます。

6.  揚げたなすを②のバットに入れて、赤唐辛子を散らして出来上がりです。