《キャベツときゅうりの変わり漬け》

■2016年10月23日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

 

ハワイのスーパーマーケットに行くと、

日本の漬物とはちょっと変わった、

ローカルの漬物を沢山目にします。

 

日本からハワイに移民してきた人々が、

ああでもない、こうでもないと、

ふるさとを思いながら、手に入る材料で作られたのでしょう。

黄色いたくあんは日本のものとはまったく作り方が違い、

はじめて食べた時はびっくりしました。

キャベツときゅうりの漬物や、からし菜の漬物がありますが、

材料を見ると化学調味料や食紅など入っているものがあったので、

今度は私がふるさとを思いながら、きゅうりを加えて作ってみました。

 

キャベツは葉がしっかりして、切った時、葉の隙間がなく、

持ったときに重さを感じるものを選んでください。

ビタミンCを多く含み、カリウム、カルシウム、

食物繊維も含まれています。

外側のみどりの濃い葉には、カロテンも含まれています。

一度に食べきれない時は、丸のままではがしながら使い、

残ったものは、

サランラッツプでしっかり包んで冷蔵庫の野菜室で保存します。

 

今日は、キャベツを使った漬物をご紹介します。

材料(4人分)

キャベツ         1/2玉

きゅうり          2本

赤唐辛子         2~4本

しょうがのスライス    4枚

にんにくのスライス    4枚

日本酒          1/2カップ

水2.5カップ

塩            小さじ2杯

 

作り方

1.赤唐辛子の種を取り、鍋に入れて日本酒、水、塩を

入れて煮立てて冷まして置きます。

2.キャベツは芯を取り、ざく切り、きゅうりはすりこ木でたたいて、

食べやすい大きさに切ります。

3.ボウルにキャベツときゅうりを入れて塩大さじ1杯をふり、

軽く揉んで20分おいておき、水気を絞って①に入れて混ぜます。

 

 

0 Responses to “《キャベツときゅうりの変わり漬け》”


Comments are currently closed.