Monthly Archive for 10月, 2016

《キャベツときゅうりの変わり漬け》

■2016年10月23日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

 

ハワイのスーパーマーケットに行くと、

日本の漬物とはちょっと変わった、

ローカルの漬物を沢山目にします。

 

日本からハワイに移民してきた人々が、

ああでもない、こうでもないと、

ふるさとを思いながら、手に入る材料で作られたのでしょう。

黄色いたくあんは日本のものとはまったく作り方が違い、

はじめて食べた時はびっくりしました。

キャベツときゅうりの漬物や、からし菜の漬物がありますが、

材料を見ると化学調味料や食紅など入っているものがあったので、

今度は私がふるさとを思いながら、きゅうりを加えて作ってみました。

 

キャベツは葉がしっかりして、切った時、葉の隙間がなく、

持ったときに重さを感じるものを選んでください。

ビタミンCを多く含み、カリウム、カルシウム、

食物繊維も含まれています。

外側のみどりの濃い葉には、カロテンも含まれています。

一度に食べきれない時は、丸のままではがしながら使い、

残ったものは、

サランラッツプでしっかり包んで冷蔵庫の野菜室で保存します。

 

今日は、キャベツを使った漬物をご紹介します。

材料(4人分)

キャベツ         1/2玉

きゅうり          2本

赤唐辛子         2~4本

しょうがのスライス    4枚

にんにくのスライス    4枚

日本酒          1/2カップ

水2.5カップ

塩            小さじ2杯

 

作り方

1.赤唐辛子の種を取り、鍋に入れて日本酒、水、塩を

入れて煮立てて冷まして置きます。

2.キャベツは芯を取り、ざく切り、きゅうりはすりこ木でたたいて、

食べやすい大きさに切ります。

3.ボウルにキャベツときゅうりを入れて塩大さじ1杯をふり、

軽く揉んで20分おいておき、水気を絞って①に入れて混ぜます。

 

 

《手作りがんもどき》

■2016年10月16日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

私の母のお墓は、広島県の神石高原町にあります。

630年続いたお寺に行くには新幹線で広島県の三原駅に行き、

そこから車で1時間半のドライブです。

1時間半のドライブを私はいつも楽しみにしています。

何故かと言うと、その季節に行かないと出会えない、

美味しい果物、きのこ他が味わえるからです。

 

今回は、ぶどうの美味しい季節だったので、いろいろな種類のぶどう、

鮎、きのこをいただきました。

そして、必ず立ち寄るお豆腐やさんで買った”がんもどき”の美味しかった事!

広島カープが優勝した次の日だったので、とても安く、

沢山買って、ハワイに持って帰りたかったです。

 

でもハワイの美味しいお豆腐を買って、思い出しながら作ってみました!

上手に出来たのでご紹介します。

 

*手作りがんもどき*

材料(4人分)

(木綿豆腐の重さはメーカーによって、地方によって違います。

このレシピの2丁は約600gです)

木綿豆腐         2丁

にんじんみじん切り    3TBS            大さじ3杯

きくらげ(大)        3~4枚

大和芋または山芋     3oz                                   75g

卵白             1個分

片栗粉           1TBS             大さじ1杯

小麦粉           1TBS             大さじ1杯

塩              少々

茹で銀杏または茹で枝豆           16粒

片栗粉

揚げ油

 

作り方

1.豆腐はしっかり水切りをします。

2.きくらげは水で戻しみじん切りにします。

3.すり鉢で大和芋をすりおろし、豆腐を入れてさらにすり混ぜ、

ほぐした卵白、片栗粉、小麦粉、塩、を入れ良く混ぜ、

にんじんときくらげのみじん切りを加え、混ぜます。

4.③を16個の平らで丸い形にし、銀杏、

又は枝豆に薄く片栗粉をまぶしたものを真ん中にのせ、

少し押し込んで、中温の油できつね色になるまで揚げて、

油をきります。

*出来たてに大根おろしをのせて、醤油をかけてお召し上がり下さい。

 

 

 

 

《韓国風海苔巻き》

■2016年10月9日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ハワイには韓国系のスーパーマーケットがあります。

店の中に入ると、ハワイにいる事を忘れてしまい、時間を忘れてしまう私ですが、

食材、調理器具、化粧品、日用品、行く度に新しい発見をしています。

中にフードコートがあり、韓国の家庭料理を手軽に味わう事ができます。

テイクアウトのコーナーもあり、

その中でも人気があるのが、”韓国風海苔巻きです。

日本の海苔巻きとはちょっと違った美味しさを発見する事間違いなし、

一度韓国風の海苔巻きも作ってみてください。

 

*韓国風海苔巻き*

材料(4人分)

米         2合

塩         1tsp          小さじ1杯

砂糖       1tsp~1TBS

小さじ1杯から大さじ1杯、お好みで調節してください

ごま油      1TBS          大さじ1杯

煎りしろ胡麻  1TBS          大さじ1杯

卵         3個

にんじん     4oz                             100g

きゅうり      1本

ほうれん草    1/2わ

牛薄切り又はひき肉    1/3LB    150g

しょうゆ      1.5TBS        大さじ1.5杯

砂糖        1.5TBS        大さじ1.5杯

たくあん      2oz                           50g

焼き海苔     4枚

煎りしろ胡麻   適宜

塩・サラダオイル・ごま油

 

作り方

 

1.  お米は普通に炊き、炊き立てに塩・砂糖・ごま油・煎りしろ胡麻を

混ぜて置きます。

2.  卵は塩少々を加え(好みで砂糖を加えても)厚めに焼き、

棒状に切ります。

3.  にんじんは千切りにし、ごま油でいためて、塩少々ふっておきます。

4.  きゅうりは縦8つ割りにし、塩少々ふっておきます。

5.  ほうれん草は茹でて、水気をしっかり絞り、塩・ごま油を少々で

味付けします。

6.  牛肉薄切り又はひき肉を炒め、しょうゆと砂糖で味付けします。

7.  たくあんも棒状に切ります。

8.  巻きすにのりを広げ、ご飯の1/4量を平らに広げてのせ、

具を1/4量ずつのせのり巻きにします。

9.  海苔の表面にはけで薄くごま油を塗り、白ごまをふって出来上がりです。

 

 

 

《カレー》

■2016年10月2日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

カレーが大好きで、週に一度はカレーを食べる!といる人もいると聞きます。

カレーの風味は不思議と食欲を刺激してくれますね!

カレーはいろいろな種類の香辛料を使って味付けをするインド料理のことですが、

東南アジアにも沢山のカレー料理があります。

日本には明治時代に入ってきたそうですが、

今では日本の家庭料理の代表になりました。

日本のカレーと言えば”カレーライス”ですが、

カレーライスだけにするにはもったいないほど、

世界中にはカレー味の料理があります。

今日はその中の一つ、”カレーミート”の作り方をご紹介します。

この”カレーミート”は色々な料理に応用できますので、

ぜひお試し下さい。

 

*カレーミート*

材料(4人分)

牛肉ひき肉          2/3LB             300g

玉ねぎみじん切り      1個分

にんじん            1本

トマト(大)           1個

カレー粉            1TBS           大さじ1杯

市販のカレールー      2皿分

ローリエ            1枚

チキンブイヨンキューブ   1個

塩・コショー・サラダオイル

*あればチャツネ 2TBS(大さじ2杯)

 

 

作り方

1.  にんじんは洗って、すりおろします。

2.  トマトは湯むきをし、半分に切り、種を取り、ざく切りにします。

3.  フライパンにサラダオイルを熱し、玉ねぎを入れて、透明になるまで炒め、

ひき肉を加えて、火が通るまで、ほぐしながら炒めます。

4.  ③のフライパンに、にんじんとトマトを加え、ひと煮たちしたら、

火からおろして、カレー粉と刻んだカレールーを加えて混ぜます。

5.  中火にかけ、チキンブイヨンキューブをつぶしたもの。

ローリエ、塩1tsp(小さじ1杯)コショー、水4/5CUP(1カップ)を加え、

時々混ぜながら約10分煮詰めて出来上がりです。

 

*ご飯にのせたり、ピタにはさんだり、春巻きの皮に包んであげたり(サモサ)、

冷凍パイシートに包んで焼いたり(ミートパイ)色々応用できます。