コーンフレーク

■2016年6月26日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

アメリカの子供達が、学校に行く前にミルクをかけて食べる”コーンフレーク”

水で練ったコーンミールを加熱、圧縮して形を整えたものです。

色々な味付けをしたもの、ナッツやドライフルーツ、マシュマロを加えたものなど、

色々あります。

そのまま食べる事の多い”コーンフレーク”ですが、最近ではパフェに入っていたり、

揚げ物の衣に使われたり、レシピも沢山紹介されています。

病人食として作り始められた当初は、小麦粉が使われていたそうですが、

後にとうもろこしの粉が使われるようになりました。

今日はアメリカのお母さんが良く作る、コーンフレークを使ったお菓子を

ご紹介します。

マシュマロを使ってまとめる方法と、チョコレートを使って

まとめる方法があります。

 

材料A

コーンフレーク                 2oz      50g

プレーンマシュマロ               3oz      75g

バター                     2TBS  大さじ2杯

 

材料B

コーンフレーク          1oz     15g

ミルクチョコレート(板)     1/3LB 150g

 

作り方A

1、バットにオーブンシートを敷きます。

2.ノンスチックのフライパンにバターを溶かし、マシュマロを加え溶け

はじめたら、火からおろし、コーンフレークを加えて、からめ、

①に広げていれ、やけどしないように、平らにします。

3.固まったら切ります。

*コーンフレークを加えるとき、ドライフルーツ(レーズン、アプリコット

ほか)を加えても美味しいです。

 

作り方B

1.耐熱ボールにミルクチョコレートを刻んでいれ、マイクロウェーブ

オーブンで約1分30秒クックし、すぐ取り出し、ゴムベラで混ぜて、

チョコレートがなめらかになったら、コーンフレークを加えてさっくり

混ぜ、型に流します。

2.チョコレートに当たらないように、ラップをかけ、冷蔵庫で

30分固めます。

3.固まったら、型からはずし、切ります。

*コーンフレークを加えるとき、ナッツ、バナナチップスほか美味しいです。

 

0 Responses to “コーンフレーク”


Comments are currently closed.