「キャセロール」

■2016年4月10日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ポットラックパーティー(料理持ち寄りパーティー)に行くと、必ず1人か2人は持っていくのがキャセロール!キャセロールってなんだかわかりますか?実はフランス語で鍋のことですが、調べると、肉を野菜や調味料と一緒に煮込んだ料理…と出てきます。この料理の特徴は、調理に使った耐熱容器のままテーブルに出すというところです。
アメリカの有名な缶詰スープの会社が、自社のクリームタイプのスープをホワイトソース代わりに使い、肉、野菜、鶏肉、魚、パスタ、米そしてチーズと混ぜ、オーブンで焼くというレシピを提案しました。同じ頃、耐熱容器が大量生産され始めたのと伴い、この調理法が広まりました。と言う事で、中に入れる食材で色々キャセロールが作れますが、今日はその中でも簡単な野菜のキャセロールをご紹介します。

《キャセロール》
材料(4人分)
じゃがいも            4個
玉ねぎの薄切り          1個分
ベルペッパー(ピーマン)輪切り  1個分
トマトの輪切り          1個分
ヘビークリーム(生クリーム)   3/5CUP       150cc
バター              7TBS        大さじ7杯
塩・コショー           少々
溶けるチーズ           3/5CUP       3/4カップ

作り方
1.分量のバターで玉ねぎを炒めます。
2.じゃがいもは洗ってラップをかけ、マイクロウエーブオーブンで竹串がスーッと通るまでクックし、皮をむいて厚めの輪切りにします。
3.天板に薄く油を塗り、野菜を彩り良く並べます、溶けるチーズをふります。
4.生クリームに塩・コショーを混ぜ、④の上にかけます。
5.350度(摂氏180度)のオーブンで20~25分焼いて出来上がりです。 

*バターの量を減らして玉ねぎを炒め、生クリームの代わりに、クリームタイプのスープ(クリームオブマッシュルームなど…)使っても…この場合は、塩・コショーは使いません。