Monthly Archive for 5月, 2016

ハワイの魚「バターフィッシュの味噌漬け」

■2016年5月29日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

福岡に住んでいたとき、柳橋市場に毎日通い、新鮮な魚・野菜を買って食べていた私は、ハワイに移住して近くのスーパーマーケットに行き、新鮮な魚を売っていない!とショックを受けました。切り身の魚、パックされた魚、どれを見ても、買って料理しよう!と言う気持ちになれず、悲しかった…30年以上昔の話です。
少しずつハワイの生活に慣れてきて、玉城マーケット、チャイナタウンの魚屋さん他で新鮮な魚が手に入る事を知りましたが、柳橋で見ていた魚と種類が違うので、どう調理したらいいのか?またまたカルチャーショック!そんな時、レストランで食べて、大好きになったのが味噌バターフィッシュ。
バターフィッシュは マナガツオの仲間で、風味はギンダラに似ている魚です。初めて食べた時、広島の母が沢山作って、東京まで持ってきてくれたさわらの味噌漬けを思い出して、涙が出るほど感動しました。それからは、バターフィッシュを買って来て、自分で味噌床を作り漬けています。その後?まぐろ、かつお、あじ、もい(白身の魚で昔はロイヤルファミリーしか食べられなかった魚)他沢山の新鮮な魚に出会いました!
でも私の中では、柳橋市場の魚が一番!

《バターフィッシュの味噌漬け》
バターフィッシュ(好みのお魚) 1LB  450g
味噌 2/3LB  300g
みりん 2TBS  大さじ2杯
日本酒 2TBS  大さじ2杯
*みそが辛口の場合 、砂糖を少々加えてもOKです

作り方
1. バターフィッシュをスライスして、塩(分量外)を振り、しばらく置いておきます。
2. 味噌床の材料を良く混ぜます。
3. バターフィッシュから出た水分を、ペーパータオルで丁寧にふき取り、タッパーウエアに半量の②を敷き詰め、ガーゼをのせ、バターフィッシュを並べ、さらにガーゼをかぶせ、残りの味噌をのせ、蓋をして冷蔵庫に入れます。

*浅漬けは次の日に。しっかりした味が好きなら、2~3日後に焼いてお召し上がり下さい。

    

「アドボ」

■2016年5月22日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

先日、主人の高校の同窓会(Class Reunion)に出席しました。基本的に夫婦同伴!のこの同窓会、卒業して57年目!!!真珠湾攻撃のあった年に生まれたクラスメイトと家族合わせて110人が集まりました。この高校はWahiawaという、オアフ島の真ん中にあり、サトウキビ畑で働いていた日本、中国、フィリピンからの移民の子供達、ハワイアン、そして近くにあるアメリカ軍の子供達が通っていたユニークな高校で、昔話を聞いていると興味深い話しが沢山あり6時から10時までの時間が足りないくらいでした。
高校の時に私はあなたが好きでした!とかの告白があって皆で大笑いしたり、誰かがウクレレ弾いて歌いだすと何人も前に出てフラを踊ったり、皆高校生のようでした。
今回も一番盛り上がったのは、クラスメートの奥様、ハワイの有名なシンガーメルビンリーさんのショー(もちろんノーギャラ!)彼女が即興で歌ってくれた歌にサトウキビ畑で働くお母さんが作る、各国の料理を皆でシェアして食べて私達は育った!と言う歌があり、歌詞の中に煮しめ。一緒に食べよう!と料理名が中国語だったら、中国語で一緒に食べよう!フィリピン語で一緒に食べよう!と歌ったのが、お袋の味アドボ。今日はとても簡単なアドボの作り方を…

《ポークアドボ》
材料(4人分)
豚バラ肉     1LB 450g
玉ねぎのみじん切り   ¼個分
にんにくのみじん切り  1~2かけ分
しょうゆ     2TBS 大さじ2杯
酢       1TBS 大さじ1杯
砂糖 1TBS 大さじ1杯
粒黒コショー ½tsp 小さじ1/2杯
ベイリーフ 1枚
サラダオイル 1TBS 大さじ1杯

作り方
1. 蓋つきの鍋にサラダオイルを入れ、みじん切りのにんにく、玉ねぎを加えて火にかけ、香りが出てきたら、大きめに切った豚肉を加えてしっかり炒めます。
2. 調味料、粒黒コショー、ベイリーフを加えて蓋をし、弱火で30分クックします。

*アドボは日本の肉じゃがのようなおふくろの味です。作り方、食材、調味料は家庭によって違います。フィッシュソースを使って味付ける方法もありますが、今日紹介したのは一番シンプルで簡単な方法です。白ご飯と一緒にお召し上がり下さい。
*マッシュポテトを山形等に盛り、パセリを刺して、星形に抜いて火を通したニンジン、べルペッパー、パプリカやしいたけなどをオーナメントとして飾り、中央に鶏胸肉の塩蒸しを盛った上からソースをかけたアレンジで、七面鳥の代わりにクリスマスにもどうぞ。

   

にがり「豆腐」

■2016年5月15日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

海水からとれる、塩化マグネシウムを主成分とする食品添加物で、豆乳を固めて豆腐にする凝固剤として知られています。海水から塩を取る時に残る液体で、苦味があります。手軽にスーパーで手に入り、買ったけどほとんど使っていない方もいるのでは?私もハワイ島の深層水から作られたにがり、美味しい塩、お水を頂き、大切に大切に使っていましたが、にがりはなかなか使い切れませんでした。
でも絞りたての豆乳が手に入った時にふと思いたち作ってみて、感動…茶碗蒸しの器を使った、おしゃれな豆腐の作り方を紹介します。

《豆腐》
無調整豆乳     2/5CIJp    1 0 0 C C
にがり       2CC

作り方
1.茶碗蒸しの器に豆乳を入れて、にがりを加え、静かにかき混ぜます。
2.サランラップを軽くかけて、約1分半(マイクロウェーブオーブンによっては、1分ぐらいで出来る事もあります!)加熱し、そのまま3~4分置き、取り出します。
3.めんつゆをかけたり、刻んだ梅、ねぎ、しょうが、鰹節などお好みの薬味で お召し上がり下さい。

     

「タピオカ」

■2016年5月8日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

キャッサバの根茎からとれるでんぷんで、食用に、又工業の原材料として多く使われています。大きな特徴は、小麦粉に含まれるグルテンがなく、たんぱく質もほとんどありません。ライスヌードルや冷凍うどんの材料として、麺類、お菓子のモチモチとした食感を出すために重要な役割をします。
タピオカを球状にしたものをタピオカパールと呼び、デザート、飲み物、かき氷に使われ、中国、タイ、ベトナム、フィリピンのデザートに多く登場します。
ハワイでも台湾スタイルのティールームがありますし、あらゆる所で、メロン味のシェイクの中に大粒のタピオカが入ったものや、ミルクティーの中に入ったものなどが売られています。飲茶を食べに行くと、マンゴープリンと並んで人気があるのが、ココナツミルクの中にたっぷり入ったタピオカ…いつもどちらにしようか?悩んでしまいます。タイ料理のデザート、温かいココナッツミルクの中にタピオカが入ったものに、冷たいバニラアイスクリームを混ぜて食べる…お腹がいっぱいでも、別腹に入ってしまいますね!
スーパーで乾燥タピオカを見つけたら、一度自分で戻して、デザート作ってみませんか?今日はタピオカの戻し方をご紹介します。

作り方(戻し方)
1.一晩たっぷりの水につけておきます。
2.次の日水を捨てて、鍋に水を入れ、沈むので 気をつけながら火にかけ、沸騰するまではやさしく、時々かき混ぜます。
3.浮いてきたら、好みの固さまで茄でて、ザルにあげて、流水で冷まします。

  

パパイア「ソムタムのタレ」

■2016年5月1日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

フルーツでもある、野菜でもある…私も大好きなパパイア、朝、冷たく冷やしたパパイアを半分に切り、種を取って、レモンを絞り、スプーンですくい、口に運ぶ時、幸せを感じるのは私だけでしょうか?フルーツとして食べるパパイアも好きですが、野菜としてお料理に使うのも大好きです。
酵素がたっぷり含まれた、グリーンパパイア。半分に切って種を取り、皮をむき、千切りにして水にさらし、あくを抜き、サラダにしたり、炒め物にしたり…ファーマーズマーケットや、チャイナタウンに行くと、千切りにしたものも売られていて、とても助かります。パパイアに含まれる、たんぱく質分解酵素の働きで、固いお肉が柔らかくなるので、生のパパイアをすりおろした中に、固いお肉を漬け込んでみてください。今日は、私が良く食べる グリーンパパイアのサラダの夕レをご紹介します。千切りのグリーンパパイアとゆでた海老、キューリ、トマトほかお好みのものと合わせると、タイ風サラダ“ソムタム”の出来上がりです。

《ソムタムのタレ》
ナンプラー      2TBS       大さじ2杯
砂糖         1~2TBS    大さじ1~2杯
レモンの絞り汁    2TBS     大さじ2杯
バクチー       適宜
刻みピーナツ     適宜
つぶしたにんにく   1かけ分
生唐辛子又は鷹のつめ 1本

作り方
1.つぶしたにんにく、つぶした生唐辛子、又は種をぬいた赤唐辛子の小口切りと他の材料を良く混ぜ、大きなボールで、他の食材と良く混ぜます。

   

「ハワイアンソルト」

■2016年4月24日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

へワイのお土産にと買っていく人が増えた、“ハワイアンソルト”。ハワイでは昔から料理に使われていました。正式にはアライ、またはアラエアシーソルトと呼ばれ、海底や山奥の洞窟から採れた火山土壌の赤土に長時間熱を加え、海の塩と混ぜて作られた、薄いオレンジ色の天然塩です。
カルシウム・マグネシウム・カリウムなどバランスよく含まれ、栄養素が豊富に含まれており、味はまろやかで、こくや深みがあります。色の着いていない、白いものは見た目が、ざらめにそっくりで、私も砂糖と間違え、これでもか…というほど入れて、煮物を作ろうとした苦い経験がありました。今では懐かしい思い出です。
ハワイの代表的な料理、ポキ・ロミロミサーモン・カルアピッグ・ラウラウなどの料理に欠かせないハワイアンソルトですが、もしお土産にもらったら、和え物に使ったり、お肉料理の下ごしらえに、すり込んでしばらく置いておいたり、色々使ってみてください。まろやかな、深みの有る味をわかっていただけると思います。

バスソルトとして、お風呂に入れて使う友人もいますが、塩分がバスタブにダメージを与える事もあると聞きましたので、使いすぎに気をつけましょう。
昔、ハワイアンソルトで塩漬けした豚肉とキャベツのシンプルなスープを主人の母が作ってくれました、何故か?とても懐かしい味がして、ホームシックになった事があります。あの時、作り方を習っておけばよかった…
いつか、味の再現にチャレンジしてみますね。

   

「ミッパンチャン」

■2016年4月17日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

コリアンレストランで注文をすると、小皿に盛ったおかずが何種類も出てきます。キムチ、じゃがいもの煮物、野菜のナムル、わかめの酢の物など、お料理が来る間の楽しみでもあります。これらの常備菜、常備してあるおかずのことをミッパンチャンと言います。お変わり自由でうれしいです。
そんな常備菜の中でも人気があり、作り方も色々紹介されている、裂きイカと干したらの和え物をご紹介します。全部干したらでも、全部裂きイカでも大丈夫です。

《ミッパンチャン》
材料
干したら           4oz          100g
コチジャン          3TBS        大さじ3杯
キムチ用粉唐辛子       2TBS        大さじ2杯
ごま油            3TBS        大さじ3杯
水あめ            4TBS        大さじ4杯
みりん            2TBS        大さじ2杯
日本酒            2TBS        大さじ2杯
煎りしろ胡麻
水              4~5TBS      大さじ4~5杯

作り方
1.細かく裂いた干したら、裂きイカをボールに入れて、水をかけて手でよく混ぜます。
2.コチジャン、粉唐辛子、ごま油、水あめ、みりん、日本酒を鍋に入れ、混ぜて火にかけ、水あめが溶けたら①を加えて全体にタレを絡ませます。
3.仕上げに白ごまをふります。

*しょうゆ  1TBS(大さじ1杯)加えても…
*水あめの代わりに、ハチミツ、コーンシロップを使ったレシピもあります。

  

「キャセロール」

■2016年4月10日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ポットラックパーティー(料理持ち寄りパーティー)に行くと、必ず1人か2人は持っていくのがキャセロール!キャセロールってなんだかわかりますか?実はフランス語で鍋のことですが、調べると、肉を野菜や調味料と一緒に煮込んだ料理…と出てきます。この料理の特徴は、調理に使った耐熱容器のままテーブルに出すというところです。
アメリカの有名な缶詰スープの会社が、自社のクリームタイプのスープをホワイトソース代わりに使い、肉、野菜、鶏肉、魚、パスタ、米そしてチーズと混ぜ、オーブンで焼くというレシピを提案しました。同じ頃、耐熱容器が大量生産され始めたのと伴い、この調理法が広まりました。と言う事で、中に入れる食材で色々キャセロールが作れますが、今日はその中でも簡単な野菜のキャセロールをご紹介します。

《キャセロール》
材料(4人分)
じゃがいも            4個
玉ねぎの薄切り          1個分
ベルペッパー(ピーマン)輪切り  1個分
トマトの輪切り          1個分
ヘビークリーム(生クリーム)   3/5CUP       150cc
バター              7TBS        大さじ7杯
塩・コショー           少々
溶けるチーズ           3/5CUP       3/4カップ

作り方
1.分量のバターで玉ねぎを炒めます。
2.じゃがいもは洗ってラップをかけ、マイクロウエーブオーブンで竹串がスーッと通るまでクックし、皮をむいて厚めの輪切りにします。
3.天板に薄く油を塗り、野菜を彩り良く並べます、溶けるチーズをふります。
4.生クリームに塩・コショーを混ぜ、④の上にかけます。
5.350度(摂氏180度)のオーブンで20~25分焼いて出来上がりです。 

*バターの量を減らして玉ねぎを炒め、生クリームの代わりに、クリームタイプのスープ(クリームオブマッシュルームなど…)使っても…この場合は、塩・コショーは使いません。

   

「ケールチップス」

■2016年4月3日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

(※昨年4月にもご紹介しましたが、たいへん好評のため、内容をリメイクして放送しました。)

日本では青汁の材料としてよく知られているケールですがアメリカのマーケットの野菜売り場に行くと、フレッシュなものが山積みされ、売られています。スーパーマーケットにご案内したお客様から、どうやって食べるの?と良く聞かれます。ケールはキャベツの仲間です、キャベツは葉が丸まっています(結球)が、ケールは広がっています(不結球)。一年中栽培され、栄養価の非常に高い緑黄野菜です。
食べ方は、生、ゆでる、炒める・・・キャベツと同じで、食物繊維を沢山含んでいますので、ぜひ使ってみてください。りんごやバナナ他の野菜と一緒に生のケールで作るスムージー、野菜炒め、ロールキャベツならぬ、ロールケール。私が今一番好きな食べ方は、大きめに切って、サッと茹で、玉ねぎ、きのこ色々と一緒に炒め、ポン酢で食べる・・・ステーキやハンバーグを作ったとき、付け合せに、山盛り作ります。ポン酢だけでなく、ソースにも、ケチャップにも合います。ケールの健康効果については色々発表されていますが、”緑黄色野菜の王様”と言われるだけあり、ハリウッドの俳優、スーパーモデル達が食生活に多く取り入れてます。
良く行くカフェのメニューにも ”ケールサラダ”があります。苦味があるので、生ではちょっと…と言う人もいますが、加熱すると甘みも出ますし、苦味も気にならなくなりますので、毎日の生活にどんどん取り入れてください。
今日はアメリカで沢山商品化されている 《ケールチップス》の作り方を紹介します。

《ケールチップス》
材料
ケール
オリーブオイル
ガーリックソルト
パルメザンチーズ他

作り方
1.ケールを良く洗い、水気をしっかり取り、芯の部分を取り、大きめにちぎります。
2.大き目のボールにオリーブオイルを入れ①を入れて全体を混ぜます。
3.好みのシースニングを全体にふりかけます
4.天板にクッキングシートを敷いて、③を広げ、350度(摂氏170度)のオーブンで約10分様子を見ながら焼きます。

*カレー粉を少し加えると、子供も喜んで食べます。

   

「コリアンバーベキュープレート」(漬けタレ)

■2016年3月27日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ハワイに行ったら食べたいもの・・・リピーターの人に聞くと、必ず出てくる答え、 バーベキューかルビープレート!
お皿にアイスクリームスクープですくったご飯が2盛り、マカロニサラダや何種類も有る野菜料理(ナムル・キムチ・きんぴら・じゃがいもの煮物)・卵焼き・豆腐など沢山ある中から、好きなものを自分で選び、待っていると、焼きたてのカルビがのって出てくる!!
主人の従兄妹の家族が来ると、着いた日、帰る前の日に必ずリクエストが入ります。一人分頼むと食べきれず、最近は5人で3人分オーダーするようになりました。
カルビはアバラ骨についた肉、骨付きばら肉です。スーパーマーケットに行くと、薄切りから、厚切りまで色々売られています。
家族そろってバーべキューするときは、沢山買って、前の日にタレをよくもみ込み、漬け込んで置きます。
このタレを、今日はご紹介したいと思います。

《コリアンバーベキューの漬けタレ》
しょうゆ            3TBS      大さじ3杯
砂糖              3TBS      大さじ3杯
ごま油             1TBS      大さじ1杯
日本酒             1TBS      大さじ1杯
煎り白胡麻           1TBS      大さじ1杯
ねぎみじん切り         3TBS      大さじ3杯
おろしにんにく         1~2かけ
りんご、又はなしのすりおろし  1TBS      大さじ1杯

作り方
1. 材料を全部合わせます。

*辛いのがお好きな方は、しょうゆをコチジャンにかえてもOKです。

   

「アサイボウル」

■2016年3月20日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ハワイに行ったら必ず食べたいもの・・・アンケートで必ず上位に入るのがアサイボウルです。最近では、アサイボウルだけの人気投票も行われています。
アサイはブラジルのアマゾン原産のヤシ科の植物で、その果実はブルーベリーに良く似ていますが、ブルーベリー、ラズベリーなどとは違う種類です。
アサイには、ポリフェノール、が沢山含まれており、鉄分、カルシウム、食物繊維も豊富です。味はほとんどありませんので、色々組み合わせて、お好みのアレンジをすることが出来ます。
最近、アサイボウルと並んで人気が出てきているのが、ピタヤボウル。ピタヤはドラゴンフルーツの事で、ピタヤボウルには、レッドドラゴンフルーツが使われます。ピタヤも健康と美容に良い成分がたっぷり含まれており、アサイより、甘みがあり、色もきれいなので、こちらを好む人もいます。
今日は、アサイボウルの作り方をご紹介します。

《アサイボウル》
冷凍のアサイ     1LB         450g
バナナ        4本
牛乳         1&3/5CUP      2カップ
はちみつ
シリアル・グラノラ・好みのフレッシュフルーツ
(イチゴ・ブルーベリー・ラズベリー・キーウイ)

作り方
1.バナナ2本と牛乳をミキサーにかけ、冷凍アサイを少しずつ入れて、スムーズになったら4等分して器に入れます
2.輪切りにしたバナナ、好みのフルーツ、シリアル、グラノラをトッピングし、ハチミツをかけて出来上がりです。

*バナナを輪切りにして冷凍したもの、冷凍のフルーツをつかってもOKです。
*牛乳を豆乳、アーモンドミルクで作る人もいます。

    

--- お知らせ ---

2016年1月3日~3月13日の放送では、<ペコのいきいきハワイアンライフ>はお休みさせていただきました。