減塩食品と低塩食品「焼きなすのポン酢和え」

■2015年11月29日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

以前、濃口(こいくち)しょうゆと淡口(薄口:うすくち)しょうゆのお話をした時にも少し触れましたが健康ブームの現代で、良く耳にするのが、塩と砂糖の摂りすぎについてです。私達の食生活に欠かせない、みそやしょうゆには多くの塩分が含まれていますが最近、みそやしょうゆ、梅干や塩ざけなど、塩分を抑えた食品も多く出回っています。よく間違えるのが、うす塩しょうゆは減塩しょうゆか低塩しょうゆか、わかりますか?答えは低塩しょうゆです。 
では、減塩しょうゆと低塩しょうゆ、どちらが塩分が少ないのでしょうか?答えは減塩しょうゆ!!普通の濃口しょうゆの半分以下の塩分です。 
低塩しょうゆは塩分を2割以上カットしたものですが、最近では「うす塩」「あさ塩」「あま塩」などとも表示されています。
今日は塩分控えめの《焼きなすのポン酢和え》をご紹介します。

《焼きなすのポン酢和え》
材料(4人分)
なす        4本
ポン酢       1TBS         大さじ1杯
削りかつお

作り方
1. なすに竹串で何箇所か穴を開けます。
2. 直火で皮が真っ黒になるまで焼いて氷水につけ、すぐ取り出して、皮をむきます。
3. ためやすい大きさに切り、ボールに入れ、ポン酢をかけて、軽く混ぜます。
4. 盛り皿にもり、上にボールに残ったポン酢をかけ、削りかつおをのせて出来上がりです。

0 Responses to “減塩食品と低塩食品「焼きなすのポン酢和え」”


Comments are currently closed.