《豚肉とキムチの炒め物》

■2017年2月5日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
豚肉には体の健康に欠かせない栄養素が沢山含まれています。
その中でも注目をしたいのは、ビタミンB1です。
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える時に必要な栄養素で、
欠乏すると、疲れやすくなったり、イライラしたりします。

脂肪分の多いイメージのためか? 太るから食べない!
と言う声も聞きますが、
肥満防止に役立ち、ダイエットには効果的なビタミンです。
たんぱく質も豊富で、筋肉、皮膚、爪、髪の毛に欠かせない栄養素です。

今日は豚肉を使った ”豚肉とキムチの炒め物” をご紹介します。

材料(4人分)
豚もも薄切り      1/2LB   230g
卵           4個
白菜キムチ       2/3LB   300g
にら          1/2わ
ごま油         2tsp   小さじ2杯
しょうゆ        2tsp   小さじ2杯

作り方
1.豚肉、白菜キムチを食べやすい大きさに切ります。
にらも白菜の幅に合わせて切っておきます。
2.フライパンを熱し、ごま油を入れて、豚肉を炒めます。
豚肉に火が通り色が変わったら、キムチを加えさらに炒めます。
しょうゆを加え全体に味をいきわたらせます。
3.➁のフライパンにとき卵を加え、火を強火にして手早くかき混ぜます。
にらを加え、卵がソフトスクランブルのようになったら、出来上がりです。

《牡蠣の土手鍋》

《牡蠣の土手鍋》
■2017年1月29日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
毎朝、ハワイでみる日本のニュース!
雪が積もっている映像をみると、
こんな時、皆さん何を食べられるのだろう?と思います。

オープニングではるみさんがミルフィーユ鍋のお話をされましたが、
私は土鍋に豚肉の薄切りと白菜を交互に並べ、
日本酒を1/2CUPふりかけ、蓋をして弱火でコトコト煮込みます。
白菜の水分と日本酒、そして豚肉の旨みが出て、
ポン酢・もみじおろしを添えて食べると最高です。

冬は鍋が体が暖まり、美味しいですね!
冬と言えば”牡蠣”OYSTERは岩から掻き落とすから、
かきと言われるようになった、と言う説もあるそうです。
低脂肪高たんぱくの食品で、栄養素がバランスよく含まれていることから
”海のミルク”と呼ばれています。

今日は“牡蠣の土手鍋”をご紹介します。

*牡蠣の土手鍋*
材料(4人分)
牡蠣      1LB      450g
焼き豆腐    1丁
白ねぎ     4本
白味噌     1/2LB      200~225g
赤味噌     3TBS     大さじ3杯
みりん     4TBS     大さじ4杯
鰹だし汁    4/5CUP     1カップ
卵       4個

作り方
1.牡蠣はざるに入れて、塩水の中で振り洗いします。
2.豆腐は一口大、白ねぎは斜め切りにします。
3.白味噌、赤味噌をボールに入れ、みりんを加えてよく混ぜます。
4.すき焼き鍋の周りに③の味噌を塗りつけ、真ん中に、牡蠣、豆腐、
白ねぎを盛り付けます。
5.真ん中に出汁をいれ、火にかけます。
6。牡蠣のふちがちじみ、ふくらんできたら溶き卵につけていただきます。
*周りの味噌が溶けてきますが、出汁が足らなくなったら加えてください。

《ひじきと厚揚げの煮物》

■2017年1月22日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
ひなびた味で、安くて、しかも栄養分がある。。。
皆さんはどんな食品を想像されるでしょうか?
いくつかありますが、今日は”ひじき”を取り上げたいと思います。

私が子供の頃は、ひじきの煮物は家庭のお惣菜として
欠かせないものでした。
選ぶ時は、太さがそろい、黒くて、つやのあるものを
選んでください。
戻し方は、水洗いし、たっぷりの水につけます。
つける時間は、茹でる時間との兼ね合いで変ってきます。
2~3分つけたら、6~7分茹で、
20分つけたものは2~3分ゆでます。

今日は”ひじきと厚揚げの煮物”wっをご紹介します。

材料(4人分)
ひじき干したもの      2.5oz 60g
厚揚げ(大)       1丁
煮出し汁         1&2/5CUP 3CUP
サラダオイル       4TBS   大さじ4杯
砂糖           10TBS 大さじ10杯
しょうゆ          1/2CUP  1カップ+大さじ2杯

作り方
1.厚揚げは食べやすい大きさに切り、熱湯をかけて油抜きをしておきます。
2.戻してゆでたひじきをざるに上げ、みずをきっておきます。
3.鍋にサラダオイルを熱し、ひじきを入れてよく炒め、
厚揚げ、出汁を加えて砂糖を加え、4~5分煮たらしょうゆを加え、
落し蓋をして、弱火で煮汁が1/2になるまで煮含めます。
*途中で2~3回かき混ぜてください。
*ご飯に混ぜて”ひじきご飯”にしても美味しいです。

《お餅~芋餅》

■2017年1月15日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
お正月、お餅沢山食べましたか?餅はもち米を蒸して、
ついたものだと思っていましたが、
ハワイに移住してそうではない”MOCHI”に沢山出会いました。

もち粉を使い、オーブンで焼いた”MOCHI” 
代表的な”バター餅”は今、太平洋を渡り、
ハワイの人が大好きな”乳団子”が生まれた広島県庄原の
お菓子屋さんで作られ、売られているそうです。

ハワイに移住してきた人が、日本で食べた”乳団子”を
ハワイで作って売りたいと、この店を訪ね、
その店のオーナーが快くレシピ、作り方を教えてあげた!

この話を聞いたとき、何故か?幸せな気持ちになりました。
福岡に行くと”XXX餅”を必ず買って帰ります。
きな粉に黒蜜をかけるあの瞬間!
ハワイから一緒に行ったフラグループのメンバーも
大好きになりました。

大宰府天満宮に行くと必ず食べる”梅が枝餅”お店で食べる焼きたては、
最高ですね!
今日はお餅を使った、”芋餅”を紹介します。

*芋餅*
材料(4人分)
さつまいも       2/3LB 300g
餅            4個
砂糖          2TBS   大さじ2杯
きな粉         適宜
あんこ         8個に丸めておく

作り方
1.さつまいもの皮を厚めにむいて、水につけて
あく抜きをします。
2.水気をきり、耐熱ボールに入れ、ラップをかけて、
竹串がスーッと通るまで、マイクロウエーブオーブン(電子レンジ)で
クックします。
3.さつまいもが柔らかくなったら、水をくぐらせた餅をのせ、
1~2分、餅がぷーっとふくらむまでクックし、
水でぬらしたすりこ木で手早くつきます。
4.きな粉と砂糖を混ぜたものをバットに広げ、⑶を入れて、
手早く8つに分けます。
5.餡をくるんで丸め、残ったきな粉をかけて出来上がりです。
*やけどをしないように気をつけて丸めて下さい。
*あんこの量はお好みで…

《ごぼう》

■2017年1月8日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
きんぴら、天ぷら、茹でてサラダ、煮物、酢の物、
と大活躍のごぼうですが、世界中で食べられているかと言うと、
そうでもなく、韓国、台湾、中国、
そして日本以外ではほとんど食べないそうです。
美味しいのにもったいないですね!
日本では江戸時代から食べられていたとのこと、
初めて食べた人はどういうきっかけで食べ始めたのか?
外国の人が思うように、木だと思わなかったのか?
タイムスリップして聞いてみたい、気もします。

ごぼうには、食物繊維が沢山含まれていることは有名ですね。
ごぼうを調理する時、切って水にさらす、
アクを取ってから味付けすると私も習いました。

最近では、
・ごぼうを水につけると抗酸化作用のある成分が、
水に流れ出すので、皮はむかず、たわしで洗うだけ。
・水にさらさない。
・大きく切る。
と書いた調理本も多く出て来ました。

ごぼうを食べない国でも、ハーブとして、
漢方薬として使われているそうです。
今日はごぼうのから揚げをご紹介します。
おつまみ、おやつとして、そのまま食べても、
かけうどんにのせても美味しいですよ!

*ごぼうのからあげ*
材料(4人分)
ごぼう       1~2本
片栗粉       適宜
揚げ油

作り方
1.ごぼうはたわしで洗って、斜めに薄切りにします。
2.水で洗って、ペーパータオルで水気をきれいにふき取り、
片栗粉を薄くまぶします。
3.揚げ油を中温に熱し、鍋の1/3ぐらい、ごぼうを入れて、
パリッとあげます。
*おつまみとして食べる時は、塩をふったり、
海苔のふりかけをふってもおいしいです。
*うどんに入れる時は、食べる直前に入れてください。

《うどん》

■2017年1月1日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
1980年代、ハワイではあまり美味しいうどん玉が手に入りませんでした。
レストランで食べても、美味しい。。。と思える店があまりなくて、
子供の頃良く食べた広島のうどん、
大人になってよく食べた博多のうどんが懐かしく、
昔書いた手紙や日記には、美味しいうどんが食べたい。。。と
良く書いたような気がします。
その後、私と同じように移住してこられた方が、麺工場を始められ、
美味しい麺が手に入るようになり、
日系スーパーで美味しい冷凍麺が手に入るようになりました。
手に入らなかった頃は、自分で手打ちうどんを作っていました。

今日は、“手打ちうどん”の作り方をご紹介します。

*手打ちうどん*
材料
小麦粉       3CUP          3カップ
水         2/3~3/5CUP    2/3~3/5カップ
塩         2TBS           大さじ2杯
山芋をおろしたもの    2oz          50g

作り方
1 小麦粉をふるいにかけてボールに入れます。
2 水、塩、山芋を混ぜて①に少しずつ入れ、
耳たぶの固さになるまでよくねります。
3 濡れふきんに包み、30分ねかせます。
4 打ち粉をしたテーブルの上で麺棒を使ってのばし、
きって出来上がりです。

*たっぷり沸かした熱湯で茹で、釜揚げ、かけうどん、冷やしうどん、
煮込みうどんにしてお召し上がり下さい。

《煮干しのうどんだし》

■2016年12月25日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
もうすぐお正月。
お正月の食材で欠かせないのが、煮干しですね!
皆さんは、煮干しをどのように使われますか?
煮干しとは、カタクチイワシを干した小さなイワシの事です。
黄色っぽい物は、油焼けしていて美味しくありません。
自然の色で艶のあるものを選んでください。
煮干しは、生臭いと敬遠する方もいるようですが、
頭とハラワタを取り、正しい方法で出汁を取ってください。
水出しと煮出しの方法があります。
昆布と同じく、水から加えて、煮立てないのがコツです。

煮干しを使ったうどんだし

材料(4人分)
水     150cc
頭とハラワタを取ったいりこ
だし昆布
花かつお  一つかみ
干し椎茸  2枚
醤油    1/5cup  1/4カップ
みりん   1/5cup  1/4カップ

作り方
①分量の水に、だし昆布、煮干し、花かつお、
干し椎茸を入れて、半日置いておきます。
②火にかけ、沸騰させないように、しばらく煮て、
ざるでこします。
③ナベに醤油、みりん、日本酒を加え、
沸騰させてアルコールを飛ばしだし汁と合わせて出来上がりです。
※味をみてから、砂糖を少々加えても…。

《チキンパスタ》

■2016年12月18日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
昔、母と一緒に頂き物の生牡蠣を料理していた時、
大根おろしを作って! と言われ、
作りながら牡蠣と大根おろしの酢の物を作るんだな!
と思いました。
しかし母は、ボールに牡蠣と大根おろしを入れ、
牡蠣を洗い始めました。
どうして? と聞いたら、
牡蠣の汚れが取れるから…との事。
先日、テレビで広島の牡蠣料理を紹介していて、
ふと昔の事思い出し、母は誰におしえてもらったんだろう?
との疑問が涌きました。
3日後に出た答えは、おばあちゃんの知恵!
私が母から習ったおばあちゃんの知恵を皆さんに
紹介できたら、幸せです。

今日は、ブロッコリーとマッシュルームの入った
チキンパスタのお料理です。

材料(4人分)
スパゲッティ   4人分
ブロッコリー   1株
マッシュルーム  10個
鶏のもも肉    1/2LB. 225g
バター      2TBS.  大さじ2杯
白ワイン     2/5cup 1/2カップ
生クリーム    4/5cup 1カップ
サラダ油
塩、コショー

作り方
①ブロッコリーは、切る前に塩水につけておき、
中の汚れをきれいにして一口に切り、茹で、氷水に取ります。
②鶏肉は一口大、マッシュルームは厚めに切ります。
③スパゲッティの箱の表示の茹で時間より、少し短めに茹でます。
④フライパンにバターとサラダ油を入れて、
鶏肉とマッシュルームを炒めます。
次に白ワインを入れ、アルコールを飛ばし、スパゲッティの茹で汁を
お玉一杯加え、一煮立ちしたら生クリーム、ブロッコリーを加えます。
最後に、塩、コショーをふり、スパゲッティを加えて
全体を混ぜたら出来上がりです。

《ワカモレ》

■2016年12月11日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
メキシコ料理を食べに行くとサルサソースの横に緑色のソース、
ワカモレがついてきます。
ワカモレもサルサの一種で、アボカドの量が多いのが特徴です。
サルサと同じくトマト、玉ねぎ、ライムやレモンの絞り汁、
塩、コリアンダーで作りますが、
すりつぶしたアボカドの量が多いので、みどり色に仕上がります。
チップスにつけて食べるだけでなく、
肉料理のつけあわせとしてもよく使われます。

今日は”ワカモレ”の作り方をご紹介します、

材料(4人分)
アボカド(大)                    1個
トマト  (中)                    1個
にんにく                       1かけ
ライム又はレモンの絞り汁           大さじ1杯
コリアンダー(香菜)                適宜’

作り方
1.トマトと玉ねぎはみじん切りにします。香菜も小さく切ります。
2.アボカドを半分に切り、種を取り、スプーンでくりぬき、
ボールに入れてつぶします。
3.ライム又はレモンの絞り汁を加えて混ぜ、
残りの材料を加えて出来上がりです。
*玉ねぎの辛味が強い時は、水にさらしてください。
*ワカモレの割合は、アボカド2に対し、トマトは1の割合で作ります。

《ライスペーパー》

■2016年12月4日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

番組の中でも何回かお話しましたが、

私はベトナム、タイ料理が大好きです。

レストランに行き、必ずオーダーする料理に、

生春巻き(サマーロール)があります。

生春巻きの皮、ライスペーパーはお米を砕いてミルク状にし、

布の上に丸く広げて、蒸し、乾燥させたものです。

最近は日本でも簡単に手に入るそうですが、私が日本にいた頃は、

見た事も、食べた事も、買った事もありませんでした。

生春巻きを作るために買ってきて、使い切れずに残っていませんか?

ライスペーパーは生春巻き以外にも、

油で揚げる春巻き(スプリングロール)ピザの皮、クレープの代わり、

お好み焼きの皮の代わりに使えます。

湿らせたライスペーパーにあんことイチゴを巻いて、イチゴ大福!!

のようなデザートを作っている人もいました、アイデアですね!

今日はライスペーパーを使った”フォーもどき”の作り方をご紹介します。

 

材料(4人分)

ライスペーパー                  4枚

牛肉しゃぶしゃぶ用               1/2LB         225g

玉ねぎ薄切り                   1/2個分

香菜

にんにく                       1かけ

青ねぎの小口切り                 適宜

ナンプラー                      4TBS        大さじ4杯

ビーフブロス又はチキンブロス         4&4/5CUP     6カップ

塩・コショー

 

作り方

①鍋にスープを入れて火にかけ、沸騰したらしゃぶしゃぶ用の牛肉を

広げながら入れ、あくを取り、玉ねぎの薄切りを加え、

ナンプラー、塩、コショーで味付けします。

②ライスペーパーを戻して細く切ったもの、

又は乾燥したものを手で割りながらスープに加え、

香菜、青ねぎを加えて出来上がりです*お好みでもやしを加えてください。

《焼酎》 “サーモンのみそ焼き”が焼酎に合った

■2016年11月27日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

福岡で聞いてくださっているリスナーの皆さんは、

ハワイのさつまいもで作られた、

ハワイ産のいも焼酎があるのをご存知ですか?

名前は”波花”といいます。

鹿児島で修行されたご主人と、奥様が作られていて、

春と秋の2回、3000本ずつ瓶詰されます。

お酒の飲めない私が、ハワイのお土産として日本に持っていくと、

お酒の飲める、味のわかる、友人は最初びっくりし、

皆口をそろえて美味しい…と言ってくれます。

先日、ワイキキのコンドミニアムに滞在中の友人に、

この焼酎と一緒に持って行った、

”サーモンのみそ焼き”が焼酎に合った!!

と褒めてもらったので、紹介します。

 

材料(4人分)

生さけ           4枚

しいたけ          4枚

えのき           4枚

玉ねぎ(厚めの輪切り)4枚

*合わせソース*

マヨネーズ        4TBS      大さじ4杯

白味噌          2TBS      大さじ2杯

砂糖            1TBS      大さじ1杯

 

レモンの輪切り      4枚

バター            少々

 

作り方

①しいたけは石つきを取り、千切り、えのきたけは根元を切り、

半分に切ってばらしておきます。

②アルミホイルを広げ、バターを薄く塗り、玉ねぎの輪切り、

サーモン、えのき、しいたけをのせ、合わせソースをかけて、

茶巾のように四方を集め、口を絞って閉じます。

③オーブンで蒸し焼きにし、サーモンに火が通ったら出来上がりです。

口を開いて、レモンをそえてお召しが利下さい。

*パーティーの時は、半身のフィレをそのまま使うと豪華です。

④*青ねぎなど、青みを添えるときれいです。

《オイスターソース》

■2016年11月20日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ハワイのスーパーマーケットには、必ずオリエンタルコーナーがあります。

例えば日本食のコーナーには、

日本の調味料、乾物、缶詰、インスタントラーメンがあり、

中国、韓国、タイ、ベトナムのコーナーも同じように物がそろっていますので、

見るだけでも、楽しいです。

中国料理の紹介をする時に良く出てくる調味料に”オイスターソース”があります。

その名のごとく、牡蠣から作られた調味料です。

牡蠣を塩茹でにし、茹で汁を濃縮したものに、調味料を加えて作りますが、

メーカーによって、味は違います。

炒め物、煮物などに多く使いますが、一本使い切るのは、

なかなか難しいと言う声を良く聞きます。

ご家庭に必ず1本ある、ウスターソースを思い出してください。

野菜炒め、焼きそばなどを作るときに、使いますね!

同じように考えると、一本使い切るのも簡単です。

カレーライスの隠し味として使うと、カレーが美味しくなる。。。

これは皆さん良くご存知だと思います。

野菜炒め、チンジャオロースなど

炒め物に使う時の合わせ調味料の割合は(4人分で)

 

オイスターソース        2TBS      大さじ2杯

砂糖                2TBS     大さじ2杯

酢                  2TBS     大さじ2杯

日本酒               2TBS     大さじ2杯

しょうゆ               2~4TBS     大さじ2~4杯

です。

好みのお野菜、肉、シーフードなど、彩り良く炒めて、

この調味料で味付けします。

 

このほか、ハンバーグの生地に混ぜ込んだり、

ゆでたお野菜にかけたり、

応用してカビの生える前に、使い切ってくださいね。

ただし、多く入れすぎないようにしてください。

 

 

 

《から揚げ》

■2016年11月13日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

先月、RKBハワイ祭りに参加させていただいた帰り、

打ち合わせのため、羽田で2泊しました。

ランチを選ぼうとメニューを見ていたら、

”ザンギ”と言う文字が目に飛び込んできて、

次に頭の中で”ザンギ”ってなんだろう?と言う疑問が…

 

打ち合わせをさせていただいた方に、”ザンギ”て何でしょう?と聞いたら、

即答で「鶏のから揚げ」と教えていただきました。

皆さんコンサートで全国廻られるので、詳しい!

北海道で鶏や魚介類のから揚げの事を”ザンギ”と呼ぶのですね!

良くみると、メニューに英語でフライドチキンと書いてありました。

 

今日は先週ご紹介した青ねぎソースと相性の良い、

鶏肉のザンギをご紹介します。

 

*ザンギ*

材料(4人分)

とりもも肉     1LB            450g

しょうゆ      1TBS           大さじ1杯

日本酒      1TBS           大さじ1杯

砂糖        1tsp            小さじ1杯

小麦粉       3TBS          大さじ3杯

片栗粉       3TBS           大さじ3杯

卵          1個

揚げ油

 

 

作り方

1.  とりもも肉を一口大に切り、しょうゆ、日本酒、砂糖をよくもみこみ、

30分ぐらい味をなじませます。

2.  ①に小麦粉、片栗粉、とき卵を加えて、良く混ぜます。

3.  中温の油で、きつね色の色がつくまで、あまり触らないで、

揚げて、油をよくきります。

*熱々に先週ご紹介した”青ねぎソース”をかけてお召し上がり下さい。

 

 

《青ねぎ》

■2016年11月6日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

福岡に、私の大好きな広島風お好み焼きの店があります。

福岡に帰ると、必ずリクエストして、はるみさんに連れて行ってもらいます。

ここの名物に焼きあがったお好み焼きに、

山盛りの青ねぎの小口切りを載せた、”ねぎ焼き”があります。

始めてみた方はびっくり!して目を丸くされますが、

美味しいお好み焼きが、いっそう美味しくなるのです。

 

小さい頃、私は青ねぎが苦手でした。毎朝母が作ってくれる味噌汁の中にも、

牡蠣、なまこの酢の物の中にも、時には卵焼きの中にも青ねぎが入っていて、

青ねぎが入っていなかったら。。。心の中でさけんだこともありました。

19歳の時、大好きな人との初デートでお蕎麦屋さんに行き、

苦手だった日本そばと青ねぎの美味しさを知り、

その日から大好物になりました。

今考えると、どうして?初デートがお蕎麦屋さんだったんだろう?

と思いますが。

青ねぎにはビタミンA,C,カルシウム、アリシンという

においのもとが含まれています。

このアリシンはビタミンB1の吸収を助けてくれます。

また、血行を良くし、疲労の原因となる乳酸を分解してくれるので

疲労回復に効果的です。

 

今日は青ねぎを使った、鶏肉や豚肉、魚のから揚げに良く合う、

ねぎのソースをご紹介します。

 

*青ねぎソース*

 

材料

青ねぎの小口切り        青ねぎ4~5本

にんにくのみじん切り      1かけ分

しょうがのみじん切り      薄切り2~3枚分

しょうゆ            3TBS         大さじ3杯

酢               3TBS         大さじ3杯

砂糖              1tsp         小さじ’1杯

ごま油             1tsp         小さじ1杯

 

 

作り方

材料を全部合わせ、揚げたての鶏肉・豚肉・魚の上からかけます。

*福岡の万能ねぎ10本ぐらいを小口切り、または斜め切りにして使うと、

お料理の仕上がりがとてもおしゃれになりますよ!

もって帰れるものなら持って帰りたい”万能ねぎ”

 

 

 

《なすの南蛮漬け》

■2016年10月30日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

はるみさんがハワイにこられた時に、

KCCファーマーズマーケットに一緒に行きましたね。

生産者から採れたての、新鮮な野菜や果物、パン、ハチミツ、

あわびなど届くので、ローカルの人、観光客の人で

今でも大変にぎわっています。

KCCだけではなく、ワイキキ、ウォ-ドほか、

あちこちで開催されています。

 

先日、美味しいナスが手に入ったので、

久しぶりに《なすの南蛮漬け》を作りました。

なすは90%水分で、ビタミン類は多く含まれませんが、

食物繊維はセロリやキャベツより多く含まれています。

選ぶ時はつやと張りがあり、切り口のみずみずしいものを

選んでください。

 

美味しい秋茄子が出ていると思います、ぜひお試し下さい。

 

材料(4人分)

なす          4本

赤唐辛子        1/2本

*漬け汁*

だし汁         1/3カップ

しょうゆ        大さじ3杯

寿司酢         大さじ2杯

ごま油         少々

揚げ油

 

 

作り方

 

1.  赤唐辛子はヘタと種を取りのぞき、はさみで輪切りにします。

2.  バットの中にだし汁、しょうゆ、寿司酢、ごま油を入れて良く混ぜます。

3.  なすはヘタをとり、ピーラーで皮を縞模様になるようにむき、

縦半分に切ります。

(長ければ半分に切ってください)

4.  ③を水につけてあく抜きをし、ざるにあげて、

ペーパータオルで水気をしっかりふき取ります。

5.  フライパンに1cm位油を入れて、中温に熱し、

なすをきつね色になるまで揚げます。

6.  揚げたなすを②のバットに入れて、赤唐辛子を散らして出来上がりです。

 

 

 

《キャベツときゅうりの変わり漬け》

■2016年10月23日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

 

ハワイのスーパーマーケットに行くと、

日本の漬物とはちょっと変わった、

ローカルの漬物を沢山目にします。

 

日本からハワイに移民してきた人々が、

ああでもない、こうでもないと、

ふるさとを思いながら、手に入る材料で作られたのでしょう。

黄色いたくあんは日本のものとはまったく作り方が違い、

はじめて食べた時はびっくりしました。

キャベツときゅうりの漬物や、からし菜の漬物がありますが、

材料を見ると化学調味料や食紅など入っているものがあったので、

今度は私がふるさとを思いながら、きゅうりを加えて作ってみました。

 

キャベツは葉がしっかりして、切った時、葉の隙間がなく、

持ったときに重さを感じるものを選んでください。

ビタミンCを多く含み、カリウム、カルシウム、

食物繊維も含まれています。

外側のみどりの濃い葉には、カロテンも含まれています。

一度に食べきれない時は、丸のままではがしながら使い、

残ったものは、

サランラッツプでしっかり包んで冷蔵庫の野菜室で保存します。

 

今日は、キャベツを使った漬物をご紹介します。

材料(4人分)

キャベツ         1/2玉

きゅうり          2本

赤唐辛子         2~4本

しょうがのスライス    4枚

にんにくのスライス    4枚

日本酒          1/2カップ

水2.5カップ

塩            小さじ2杯

 

作り方

1.赤唐辛子の種を取り、鍋に入れて日本酒、水、塩を

入れて煮立てて冷まして置きます。

2.キャベツは芯を取り、ざく切り、きゅうりはすりこ木でたたいて、

食べやすい大きさに切ります。

3.ボウルにキャベツときゅうりを入れて塩大さじ1杯をふり、

軽く揉んで20分おいておき、水気を絞って①に入れて混ぜます。

 

 

《手作りがんもどき》

■2016年10月16日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

私の母のお墓は、広島県の神石高原町にあります。

630年続いたお寺に行くには新幹線で広島県の三原駅に行き、

そこから車で1時間半のドライブです。

1時間半のドライブを私はいつも楽しみにしています。

何故かと言うと、その季節に行かないと出会えない、

美味しい果物、きのこ他が味わえるからです。

 

今回は、ぶどうの美味しい季節だったので、いろいろな種類のぶどう、

鮎、きのこをいただきました。

そして、必ず立ち寄るお豆腐やさんで買った”がんもどき”の美味しかった事!

広島カープが優勝した次の日だったので、とても安く、

沢山買って、ハワイに持って帰りたかったです。

 

でもハワイの美味しいお豆腐を買って、思い出しながら作ってみました!

上手に出来たのでご紹介します。

 

*手作りがんもどき*

材料(4人分)

(木綿豆腐の重さはメーカーによって、地方によって違います。

このレシピの2丁は約600gです)

木綿豆腐         2丁

にんじんみじん切り    3TBS            大さじ3杯

きくらげ(大)        3~4枚

大和芋または山芋     3oz                                   75g

卵白             1個分

片栗粉           1TBS             大さじ1杯

小麦粉           1TBS             大さじ1杯

塩              少々

茹で銀杏または茹で枝豆           16粒

片栗粉

揚げ油

 

作り方

1.豆腐はしっかり水切りをします。

2.きくらげは水で戻しみじん切りにします。

3.すり鉢で大和芋をすりおろし、豆腐を入れてさらにすり混ぜ、

ほぐした卵白、片栗粉、小麦粉、塩、を入れ良く混ぜ、

にんじんときくらげのみじん切りを加え、混ぜます。

4.③を16個の平らで丸い形にし、銀杏、

又は枝豆に薄く片栗粉をまぶしたものを真ん中にのせ、

少し押し込んで、中温の油できつね色になるまで揚げて、

油をきります。

*出来たてに大根おろしをのせて、醤油をかけてお召し上がり下さい。

 

 

 

 

《韓国風海苔巻き》

■2016年10月9日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ハワイには韓国系のスーパーマーケットがあります。

店の中に入ると、ハワイにいる事を忘れてしまい、時間を忘れてしまう私ですが、

食材、調理器具、化粧品、日用品、行く度に新しい発見をしています。

中にフードコートがあり、韓国の家庭料理を手軽に味わう事ができます。

テイクアウトのコーナーもあり、

その中でも人気があるのが、”韓国風海苔巻きです。

日本の海苔巻きとはちょっと違った美味しさを発見する事間違いなし、

一度韓国風の海苔巻きも作ってみてください。

 

*韓国風海苔巻き*

材料(4人分)

米         2合

塩         1tsp          小さじ1杯

砂糖       1tsp~1TBS

小さじ1杯から大さじ1杯、お好みで調節してください

ごま油      1TBS          大さじ1杯

煎りしろ胡麻  1TBS          大さじ1杯

卵         3個

にんじん     4oz                             100g

きゅうり      1本

ほうれん草    1/2わ

牛薄切り又はひき肉    1/3LB    150g

しょうゆ      1.5TBS        大さじ1.5杯

砂糖        1.5TBS        大さじ1.5杯

たくあん      2oz                           50g

焼き海苔     4枚

煎りしろ胡麻   適宜

塩・サラダオイル・ごま油

 

作り方

 

1.  お米は普通に炊き、炊き立てに塩・砂糖・ごま油・煎りしろ胡麻を

混ぜて置きます。

2.  卵は塩少々を加え(好みで砂糖を加えても)厚めに焼き、

棒状に切ります。

3.  にんじんは千切りにし、ごま油でいためて、塩少々ふっておきます。

4.  きゅうりは縦8つ割りにし、塩少々ふっておきます。

5.  ほうれん草は茹でて、水気をしっかり絞り、塩・ごま油を少々で

味付けします。

6.  牛肉薄切り又はひき肉を炒め、しょうゆと砂糖で味付けします。

7.  たくあんも棒状に切ります。

8.  巻きすにのりを広げ、ご飯の1/4量を平らに広げてのせ、

具を1/4量ずつのせのり巻きにします。

9.  海苔の表面にはけで薄くごま油を塗り、白ごまをふって出来上がりです。

 

 

 

《カレー》

■2016年10月2日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

カレーが大好きで、週に一度はカレーを食べる!といる人もいると聞きます。

カレーの風味は不思議と食欲を刺激してくれますね!

カレーはいろいろな種類の香辛料を使って味付けをするインド料理のことですが、

東南アジアにも沢山のカレー料理があります。

日本には明治時代に入ってきたそうですが、

今では日本の家庭料理の代表になりました。

日本のカレーと言えば”カレーライス”ですが、

カレーライスだけにするにはもったいないほど、

世界中にはカレー味の料理があります。

今日はその中の一つ、”カレーミート”の作り方をご紹介します。

この”カレーミート”は色々な料理に応用できますので、

ぜひお試し下さい。

 

*カレーミート*

材料(4人分)

牛肉ひき肉          2/3LB             300g

玉ねぎみじん切り      1個分

にんじん            1本

トマト(大)           1個

カレー粉            1TBS           大さじ1杯

市販のカレールー      2皿分

ローリエ            1枚

チキンブイヨンキューブ   1個

塩・コショー・サラダオイル

*あればチャツネ 2TBS(大さじ2杯)

 

 

作り方

1.  にんじんは洗って、すりおろします。

2.  トマトは湯むきをし、半分に切り、種を取り、ざく切りにします。

3.  フライパンにサラダオイルを熱し、玉ねぎを入れて、透明になるまで炒め、

ひき肉を加えて、火が通るまで、ほぐしながら炒めます。

4.  ③のフライパンに、にんじんとトマトを加え、ひと煮たちしたら、

火からおろして、カレー粉と刻んだカレールーを加えて混ぜます。

5.  中火にかけ、チキンブイヨンキューブをつぶしたもの。

ローリエ、塩1tsp(小さじ1杯)コショー、水4/5CUP(1カップ)を加え、

時々混ぜながら約10分煮詰めて出来上がりです。

 

*ご飯にのせたり、ピタにはさんだり、春巻きの皮に包んであげたり(サモサ)、

冷凍パイシートに包んで焼いたり(ミートパイ)色々応用できます。

 

 

 

 

 

《ドライトマト》

■2016年9月25日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

以前この番組でトマトの栄養価がいかに高いか?

と言うお話をしましたが、

トマトを乾燥させると栄養価がさらにあがると言われています。

もともと夏場に採れたトマトを、

冬場にも食べられるように作られた保存食ですが、

ドライトマトを加えることにより味に深みが出るので、

色々な料理に使われるようになりました。

 

乾燥させる事により、栄養価も高くなり、

旨みも増えます。

ドライトマトは、トマトに塩を振り

天日干しをして作りますが、

家庭でオーブンを使って、簡単に作る事が出来ますので、

トマトが安く手に入った時は、ぜひ一度作ってみてください。

今日はミニトマトを使って、簡単に作れる

ドライトマトをご紹介します。

 

 

*ドライトマト*

ミニトマト          適宜(保存がききます)

塩              少々

クッキングシート

 

作り方

1.  ミニトマトはヘタを取らずに洗い、ざるにあげ、

ペーパータオルで水気をふき取り、ヘタをとり、ヘタを下にして、

横半分に切ります。

2.  天板にクッキングシートを敷き、切り口を上にして

ミニトマトを並べます。

3.  上から塩少々を振り、摂氏120度(250度)のオーブンで

まず20分焼き、表面の水分をペーパータオルでふき取り、

オーブンに戻して20分、もう一度表面の水分をふき取り、20分、

合計1時間焼きます。

大きさによりもう少し長くかかる事もありますが、

触ってみて乾燥していれば出来上がりです。

 

*保存方法は、ジップロックに入れて冷凍したり、

熱湯消毒したビンにドライトマトを入れ、

上からオリーブオイルを注いで、蓋をして保存します。

*オリーブオイルの中に、にんにく、バジル、ローズマリー、

赤唐辛子など一緒に入れても…

*使い方はピザの具にしたり、パスタの具、

刻んでミートソースに加えたり、モッチェラチーズと一緒に

グリるチーズサンドイッチを作っても美味しいです。

《サルサソース》

■2016年9月18日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ハワイでは、ハワイ料理はもちろん、

日本、中国、韓国、タイ、ベトナム、

インド、フランス料理ほか、

世界各国の料理を食べる事ができますが、

ハワイに移住してきた30年前、

近所にあったメキシコ料理の店で食べた、

サルサソースが美味しかった事は

昨日の事のように覚えています。

 

お店のマスターの手つくりのサルサソース、

それまでスーパーマーケットで買ったものを

食べていたので、

その美味しさに驚いたと同時に、

いつかこの味が再現できたらいいなあ。。。

と思っていました。

かなり近い味が再現できたので、

今日は皆さんにサルサソースの作り方をご紹介します。

 

*サルサソース*

トマト(大)             1個

玉ねぎのみじん切り         1/4個分

ビーマンのみじん切り        1/2個分

にんにく おろしたもの       1かけ分

レモンの絞り汁          2tsp    小さじ2杯

チャイニーズパセリ          適量

ケチャップ             1TBS     大さじ1杯

塩・コショー             少々

タバスコ               適量

 

作り方

1.  ボールの中に材料を全部入れて良く混ぜ、

しばらく置いておきます。

*アボカド、セロリ、きゅうりなど混ぜても美味しいです。

*そのままチップにのせて食べても美味しいですが、

グリルした魚、とんかつ、チキンカツに添えても…

*チャイニーズパセリ(バクチー)は好き嫌いがあるので、

混ぜないで、添えても…

 

《マンゴー》

■2016年9月11日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ> ハワイで住宅街を運転していると、 あちこちで大きなマンゴーの木を見ます。   常夏の島ハワイですが、 マンゴーの季節になると夏が来た! と感じるのは私だけかもしれませんが、 夏になると知り合いからマンゴーのおすそ分けがあり、 そのまま食べたり、マンゴーブレッド、 マンゴープリンを作って楽しみます。   ハワイのフラダンサーと東京に行き、 デパ地下を案内した時、 箱に入ったマンゴーの値段を見て全員、目が点になり、 その後は撮影会になりました!   マンゴーをお金を出して買うの? こんなに高いの? と皆んなが信じられない様子でした。   最近はハワイのスーパーマーケット、 ファーマーズマーケットで買っている人を 沢山見かけますが、 私が移住してきた30年前は、 マンゴは買うものではありませんでした。   *マンゴープリン* 完熟マンゴーの実をピュレ状にしたもの    1CUP    1&1/4カップ 生クリーム                2/5CUP      1/2カップ エバミルク                4/5CUP      1カップ 砂糖                 2~3TBS    大さじ2~3杯 粉ゼラチン               1/2TBS     大さじ1/2杯   作り方 1.  鍋に生クリーム、エバミルク、砂糖を加えて火にかけ、 弱火で沸騰させないように、混ぜながら暖めます。 2.  ①に粉ゼラチンを振りいれ、良く混ぜながら、 沸騰させないように、ゼラチンを溶かします。 3.  ピュレ状のマンゴーを加えて良く混ぜ、 器に流し入れます。(大きな型でも、一人ずつの型でもOKです) 4.  荒熱を取り、冷蔵庫で固めて出来上がりです。   *上にマンゴーをのせ、ミントの葉を添えたり、 エバミルクをかけたりお好みの方法でお召し上がり下さい。

《生姜》

■2016年9月4日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

日本では、料理の薬味、下味として使われる事の多い生姜ですが、

外国ではハーブや漢方薬、湿布剤として使われて来ました。

昔、臨海学校で冷えた身体を温めるのに、

生姜湯を飲んでいませんでしたか?

飲むと体がぽかぽか温かくなったのを覚えています。

現在、色々研究されて、冷え性、膝や腰の痛み、

食欲不振などの様々な悩みに生姜パワーが取り上げられていますので、

皆さんも良くご存知だと思います。

私はホームメイドの生姜シロップを作り、

氷水、炭酸で割って飲んでいます。

 

今日は”生姜シロップ”の作り方をご紹介します。

 

*生姜シロップ*

生姜(皮をむき薄切り)     1/3LB       150g

砂糖                2/3LB       300g

水                   1CUP       250cc

レモンの絞り汁          2TBS       大さじ2杯

ハチミツ                 1TBS       大さじ1杯

 

作り方

1.  鍋に砂糖と水を加えてひと煮たちさせ、砂糖を完全にとかします。

2.  ①に生姜の薄切りを加えて、沸騰したら弱火にしてことこと30分煮ます

3.  レモンの絞り汁、ハチミツを加え、ハチミツがとけたら、そのまま冷まし、

保存容器に移します。

 

*生姜シロップは炭酸で割る、氷水、お湯で割る飲み方のほかに、パンケーキ、

ヨーグルトにかける、焼酎で割る、魚の煮付けに調味料として加える…使い方があります。

*アメリカで砂糖、と言えば日本のグラニュー糖ですが、ブラウンシュガーで作ってもOKです。

 

《チキンマヨ》

■2016年8月28日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

暑い夏は、お料理するのがおっくうになりませんか?

そんな時、いかに簡単に、短い時間で美味しいおかずが作れるか?

そればかり考えてしまいます。

皆さんは、私の紹介した《麺つゆ寒》覚えてくださっていますか?

麺つゆを寒天で固めて、アレンジする方法をご紹介しましたが、

あの時紹介した麺つゆ、寒天で固めない、そのまま使える麺つゆを使うと

美味しい一品が、簡単に作れます。

 

まず、おさらいを

みりんをお鍋に入れて沸騰させ、しょうゆ、

昆布とかつお節で作った出汁を合わせました.

 

今日はこの麺つゆとマヨネーズで作る、

チキンマヨをご紹介します。

 

 

材料(4人分)

とりもも肉        1LB         450g

ブロッコリー       適宜

麺つゆストレート    1/5CUP       1/4カップ

マヨネーズ        5TBS        大さじ5杯

水             5TBS        大さじ5杯

サラダオイル         1TBS

 

 

 

作り方

1.鶏肉、ブロッコリーは食べやすい大きさに切ります。

2.ブロッコリーはサッと茹でておきます。

3.マヨネーズを水でのばし、麺つゆと合わせておきます。

4.フライパンにサラダオイルを熱し、鶏肉をしっかり炒めて、火が通ったら、

ブロッコリーを加え、合わせておいた麺つゆを加えて全体に味が

いきわたるように混ぜながらいためます。

5.味見をし、必要なら、塩コショーで味を整えます。

 

*好みの野菜を使ったり、鶏肉を海老、貝柱などに代えてもOKです。

《ゼラチン》コーヒーゼリー

■2016年8月21日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

暑い夏、冷たい、のど越し良い食べものが食べたい…

前回は寒天のお話をしましが、今日はゼラチンのお話をしたいと思います。

寒天の材料は海藻でしたが、

ゼラチンの材料は豚などの動物性コラーゲンを精製して作られます。

寒天はしっかり固まりますが、ゼラチンはプルプル固まりますので、

のど越しも格別ですね!

この特徴を生かして、和菓子には寒天、洋菓子には

ゼラチンを使う事が多いように思います。

もう一つの大きな特徴は、

寒天は一度固まると、温度の違いでは溶けませんが、

ゼラチンはある温度に達するととけてしまいますので、

持ち寄りのパーティーなどでは、

寒天を使ったデザートが活躍します。

 

今日はゼラチンを使った簡単に作れる

《コーヒーゼリー》をご紹介します。

 

材料

水            2&2/5CUP       3カップ

インスタントコーヒー   2TBS                      大さじ2杯

ゼラチン         1TBS         大さじ1杯

水            4TBS         大さじ4杯

砂糖           8~10TBS     大さじ8~10杯

牛乳、エバミルク、豆乳、アーモンドミルク      適宜

 

 

作り方

1、小さな器に水4TBSを入れ、ゼラチンを振りいれ、ふやかして置きます。

2.鍋にお湯を沸かし、煮立ったら弱火にして、インスタントコーヒーと

砂糖を入れ、良く混ぜ火を止めます。

3.ふやかしておいたゼラチンを②に加え、良く混ぜて、人肌ぐらいまで

冷めたら、ボールに入れて、冷めたら、冷蔵庫で冷やし固めます。

 

*一人分ずつ、カップで固めても。全部固めて、フォークで荒くつぶしても、

楽しいです。

 

4.牛乳など好みのミルクを注いで出来上がりです。

*お砂糖の量は好みで調節してください、バニラアイスクリームを添えても

美味しいです。

 

寒天・麺つゆ寒

■2016年8月14日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

暑い夏、食欲が落ちると食べたくなるのが、

冷たくて、のど越しの良い寒天、ゼラチンを使った食べ物ではないでしょうか?

今日はその中から、寒天を取り上げてみたいと思います。

寒天は、てんぐさ類の海藻から作られますが、

作られる種類によって、てんぐさ100%、てんぐさとおごのりを混ぜる、

おごのりがほとんど、と材料が変ってきます。

 

てんぐさを煮とかして固めたものがところてんです。

このところてんを乾燥させたものが、寒天です。

 

海藻から作られる寒天は食物繊維がたっぷり含まれていますので、

便秘を予防し、整腸作用があり、生活’習慣病の予防に’なると

言われていますので、デザートだけでなく、

色々なお料理に使ってください。

 

今日は寒天を使った《麺つゆ寒》をご紹介します。

材料

*めんつゆストレートタイプ*

しょうゆ      1/5CUP        1/4カップ

みりん       1/5CUP        1/4カップ

だし        2&4/5CUP     3&1/4カップ

(昆布とかつお節でとったもの)

粉寒天       1TBS        大さじ1杯

 

作り方

1.鍋にみりんを入れて火にかけ、沸騰したら火を止めて、しょうゆとだしを

加えて混ぜ、粉寒天を振りいれて、火にかけ、混ぜながら煮ます。

2.煮立ってきたら、弱火にして、2~3分さらにかき混ぜながら煮溶かし、

流し型に入れて固めます。

 

使い方

*フォークで崩して、ガラスの器に盛り付けた、ソーメンに他の具と一緒に

盛り付けたり、冷奴にのせたり、角切りにして大根おろしにのせたりします。

 

 

 

 

 

 

カレー風味の”チャーハン”

■2016年8月7日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

スタミナのつく食材と言って、

誰もが思い浮かべるのが”にんにく”ですね!

日本にいた時、焼肉食べたり、

イタリアン食べたりした後、人に会うと、

すみません!にんにくにおいませんか?

と申し訳ない気持ちになっていました。

ハワイに移住して、マンションのエレベーターの中で

にんにくの匂いをぷんぷんさせていた、私たち家族、

そこに知り合いが乗ってきたので。

ごめんなさい、にんにく臭くて…といった時の彼の言葉!

今でも忘れません…

美味しいにおいなのに、どうして?謝るの?

古代エジプトでは薬として使われていたにんにく、

中国、イタリア、韓国、フランス料理に欠かせない食材です。

糖質の分解を促す働きが有名です。

ビタミンB1を豊富に含む豚肉をにんにくと一緒に食べると

ビタミンB1が吸収されやすくなります。

今日はにんにくと豚肉を使ったカレー風味の

”チャーハン”をご紹介します。

 

 

材料《4人分)

豚肉の薄切り      1/4LB      100g

にんにくみじん切り   ひとかけ分

玉ねぎのみじん切り   1/4個分

枝豆むき身(冷凍)   1/5CUP     50g

ご飯           茶碗4杯分

サラダオイル      4TBS      大さじ4杯

カレー粉        1TBS      大さじ1杯

塩・コショー少々

 

 

作り方

1.豚肉は小さく切ります。

2.フライパンにサラダオイルを加え、

にんにくのみじん切りを加えて火にかけ、

香りが出てきたら、豚肉、玉ねぎの順番に炒めます。

3.カレー粉を加えて全体を混ぜ、ご飯を加えて炒めます。

4.味見をし、塩・コショーで味を整え、枝豆を加えて

軽く炒めて出来上がりです、

 

*豚肉の薄切りをチャーシュウに代えても…

*残ったら、おにぎりにしてラップで包み冷凍し、

食べる時は電子レンジで解凍して食べてください。

 

アボカドと海老のソーメン

■2016年7月31日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

暑い夏、炎天下の運動や仕事で体力を消耗し、水分が足りなくなったり、

眠れなかったり、栄養不足になったりして起こる症状を”夏バテ”と言います。

 

夏に起こる体の不調、だるい、食欲がない、疲れやすい、

原因は沢山ありますが、一番大きい原因は食事の摂りかたではないでしょうか?

冷たいものばかり飲んだり食べたり、当然、栄養も偏ってきます。

暑くてお料理をするのが嫌!と

インスタント食品ばかり食べたり、食事を抜いたり…。

 

今日は夏バテに効く食材のお話をしたいと思います。

夏バテに効く食材?

と聞かれて思いつくのは、豚肉、レバー、うなぎ、にら、

にんにく、ごま、なっとう、卵…

冷たいものでサッとランチを済ませたいときも、

これらの夏バテに効く食材を組み合わせて食べればよいのです。

 

麺類が大好きな私が良くやるのは、冷やしそーめん+冷蔵庫にあるもの

いろいろトッピングです。

先週は少な目のゆでたソーメンに、納豆、オクラ、

博多からお土産にいただいたみょうが、温泉卵をトッピングして、

めんつゆをかけていただきました。

 

夕食にソーメンのリクエストがきた時は、豚肉の冷しゃぶ、キムチ、

きゅうりの千切り、オクラ、プチトマトをそれぞれ別の器に盛り付け、

自分の好きな組み合わせで食べれるように

”お好み冷やしソーメン”パーティー”スタイルにしました。

 

食欲のないときでも、不思議と食べれるのが麺類ですね!

今日は胡麻タレで食べる、”アボカドと海老のソーメンをご紹介します。

 

材料(4人分)

ゆでたソーメン        4人分

アボカド            1/2個

茹で海老(大)         5尾

レモンの絞り汁       少々

 

*胡麻タレ* 合わせて冷やしておきます。

チキンブロス      2/5CUP          2/5カップ

しょうゆ             4TBS            大さじ4杯

酢                 4TBS           大さじ4杯

砂糖               2TBS            大さじ2杯

ピーナツバター       2TBS            大さじ2杯

白練り胡麻          2TBS            大さじ2杯

マヨネーズ           1TBS            大さじ1杯

ごま油(又はラー油)   1TBS             大さじ1杯

 

作り方

1.海老を好みの大きさに切ります。

2.アボカドを海老の大きさに合せてきり、レモンの絞り汁をふりかけます。

3.器に冷たく冷やしたソーメンを盛り、アボカドと海老を盛り付け、

食べる前に胡麻タレをかけていただきます。

*レタス、トマト、きゅうり、玉ねぎのスライスなども良く合います。

 

ピスタチオ

■2016年7月24日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

スーパーフードの一つ、ピスタチオについてお話します。

 

カリウム、鉄などのミネラル、ビタミンB1、ビタミンK、 ビタミンE、B

カロチン、食物繊維、リノール酸が多く含まれ

”ナッツの女王”といわれるピスタチオ、

大きな特徴のカリウムが多く含まれている。。。

カリウムは塩分を体外に排出し、高血圧を予防したり、

筋肉の収縮を正常に保つ役割をするので、不足すると足がつったりします。

 

運動前にピスタチオを食べたり、おつまみにピスタチオを食べるのは、

理にかなっています。

ビールを飲みすぎるとカリウムが尿と一緒に体外に排出されるので、

ビールを飲まれる方にはお勧めです。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きをしますし、鉄は貧血を防ぎます。

 

ただし!!!気をつけなければいけないのは、

ピスタチオ100gのカロリーは、 なんと615キロカロリー、

食べ過ぎに注意しましょう。

スーパーフードと言えども、それだけ食べるといいのではなく、

日ごろからバランスの取れた食事を取り、

その中に上手にスーパーフードを取り入れることが大切です。

 

自分に合った、スーパーフードを見つける事も大切です。

 

私自身も、アルツハイマー予防になると雑誌で読み、

毎日、3ヶ月、スーパーフードを取り入れ、

定期健診でコレステロール値が上がり、

お医者様からしかられた事があります。

日ごろから、薬でコレステロール値をコントロールしている私の身体には、

合わなかったのです。

 

今日はとっても簡単、ピスタチオトーストをご紹介します。

用意するのはピスタチオ(皮と薄皮を取り、みじん切りにしたもの)

バター、ハチミツだけです。

バターを室温で柔らかくし、 刻んだピスタチオ、ハチミツを混ぜ、

オーブントースターで焼き色がつくまで焼くだけ!!!

時間があるときは、柔らかくしたバター、ハチミツ、

ピスタチオをフードプロセッサーでクリーム状にして、

ピスタチオバターを作っておいてもいいですね!!!

スーパーフード

■2016年7月17日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

最近、テレビ、ラジオ、雑誌などで ”スーパーフード”と言う言葉を

耳にしたり、目にしたりしますが、スーパーフードを簡単に説明すると、

栄養素をバランスよく含む、健康のために良い自然食品の事です。

 

人間は年とともに老化していきます。

体の細胞を金属にたとえると錆びが発生し、

この錆が溜まると老化、病気の原因になります。

この働きを止めてくれるのが抗酸化力です。

抗酸化力に優れた、スーパーフードを毎日の食生活に取り入れ、

体内で作れない栄養素を補いましょう。。。

 

この番組の中でもいくつか紹介しましたが、アサイ、ココナッツ、チアシード、

カカオ、キヌア、ケール、アーモンド、グリーンティー、ピスタチオほか

沢山のスーパーフードの中から、今日は“カカオ”を取り上げたいと思います。

 

”カカオ”はギリシャ語で神の食べものと言う意味だそうですが、

食物繊維、カルシュウム、鉄分、ポリフェノールが含まれており、

ポリフェノールには、抗酸化作用があり、

ストレスを緩和させる働きがあります。

 

カカオ豆の果皮を取り、発酵させたものが、

ココア、チョコレートの原料となります。

 

ストレスは万病の元、イライラしたり、疲れたときに

暖かいココアを飲むと落ち着くのは、意味があるのですね。

今日はココアを使った、昔懐かしい、蒸しパンをご紹介します。

名前は蒸しパンですが、カップケーキのような仕上がりです。

 

*蒸しパン*

材料

ココア        5TBS       大さじ5杯

砂糖         3TBS       大さじ3杯

ホットケーキミックス 1/3LB       150g

とき卵        1個分

牛乳         10TBS      大さじ10杯

溶かしバター     1TBS       大さじ1杯

 

 

作り方

1.ココア、ホットケーキミックスをふるいにかけます。

2.ボールにとき卵、砂糖、牛乳を入れてよく混ぜ、

ふるいにかけたココア、ホットケーキミックスを加えて混ぜます。

ムラなく混ざったら、溶かしバターを加えて混ぜ、

型にカップを敷き、8分目まで生地を流し入れます。

3.中火の蒸し器で13~15分蒸し、竹串を刺して、何もついてこなければ、

出来上がりです。

 

*強火で蒸すと表面が割れます。

*ホットケーキミックスを使わずに、小麦粉とベーキングパウダーで作る

方法もあります。

*ココアの量はお好みで調節してください。

ニラ

■2016年7月10日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ねぎの仲間で一年中食べる事のできるニラ、

独特のにおいがあるので、好き嫌いが分かれますが、

食べると新陳代謝を活発にし、血行がよくなると言われている緑黄色野菜です。

 

調理法も色々あり、日本料理、中華料理、韓国料理ほか、多く使われます。

栄養価が高く、スタミナ料理の食材としてよく登場しますが、

私の大好きな、博多もつなべには山盛りのニラが使われます。

 

今日は疲労回復に効くといわれているニラを使った

ニラのチヂミを紹介します。

材料(4人分)ニラ    1束

豚肉薄切り        1/3LB   150g

玉ねぎ薄切り       1/2個分

中華スープのもと     1tsp 小さじ1杯

小麦粉          4/5CUP  1カップ

卵            2個

水            10TBS  大さじ10杯

ごま油・ポン酢・コチジャン・ラー油

作り方

1.ボールに水、卵、中華スープのもとを入れ、良く混ぜ、

小麦粉を加えて、ダマが無くなるまで良く混ぜて、

しばらく生地を寝かせます。

2.豚肉、ニラを食べやすい長さに切ります。

3.生地の中に、豚肉、ニラ、玉ねぎを加えて混ぜ、4等分します。

4.フライパンにサラダオイルを熱し、③を両面がきつね色に

なるまで焼きます。

5.お好みのタレでお召し上がり下さい。

*タコ・イカ・牡蠣・にんじん・キムチなど加えても美味しいです。

バーベキュー

■2016年7月3日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

アメリカでは、よくバーベキューパーティーを開きます。庭やガレージに、

家族友人が集まり開かれるバーベキューパーティー、

マカロニサラダ、散らし寿司、焼きそば、鶏のから揚げ、煮しめなど、

和風、中華、韓国そしてアメリカ料理がテーブルいっぱいに並び、

そばではお父さんがグリルの上で、沢山のお肉を焼いてくれます。

 

先日、私も友人に招かれてでかけました。

そこで固いお肉をどうやって?柔らかくし、美味しく食べるか?

の話で盛り上がりました。

 

参加者は16名でしたが

*コーラに漬ける

*ヨーグルトに漬ける

*酢を揉み込む

*玉ねぎのすりおろしに漬ける

*塩麹に漬ける

*ハチミツを塗る

*パイナップル、りんご、キーウイ梨に漬ける

等、沢山の方法や失敗談で話しに花が咲きました。

 

コーラに漬けた人は、そのまま焼いてしまい、甘くて不評だったそうです。

漬け過ぎで柔らかくなりすぎ、美味しくなかった、と言う人もいました。

どの方法も、時間を守り、味の濃いものにつけたときは、洗い流して調理すると、

固いお肉、安いお肉も美味しく食べる事ができますね!

 

今日は玉ねぎを使った、バーベキューを紹介します。

材料(4人分)豚肉トンカツ用       4枚

玉ねぎすりおろし           1/2個分

お好みの市販バーベキューソース    4TBS 大さじ4杯

バーベキューソース          適宜

作り方

1.トンカツ用の豚肉を肉たたきでたたいて広げて置きます。

2.ジップロックに玉ねぎとバーベキューソースを入れ、

①の豚肉を入れてもみ、冷蔵庫で1時間漬け込みます。

3.ペーパータオルで軽く拭き、グリルで焼き、

お好みのバーベキューソースを添えて出来上がりです。

コーンフレーク

■2016年6月26日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

アメリカの子供達が、学校に行く前にミルクをかけて食べる”コーンフレーク”

水で練ったコーンミールを加熱、圧縮して形を整えたものです。

色々な味付けをしたもの、ナッツやドライフルーツ、マシュマロを加えたものなど、

色々あります。

そのまま食べる事の多い”コーンフレーク”ですが、最近ではパフェに入っていたり、

揚げ物の衣に使われたり、レシピも沢山紹介されています。

病人食として作り始められた当初は、小麦粉が使われていたそうですが、

後にとうもろこしの粉が使われるようになりました。

今日はアメリカのお母さんが良く作る、コーンフレークを使ったお菓子を

ご紹介します。

マシュマロを使ってまとめる方法と、チョコレートを使って

まとめる方法があります。

 

材料A

コーンフレーク                 2oz      50g

プレーンマシュマロ               3oz      75g

バター                     2TBS  大さじ2杯

 

材料B

コーンフレーク          1oz     15g

ミルクチョコレート(板)     1/3LB 150g

 

作り方A

1、バットにオーブンシートを敷きます。

2.ノンスチックのフライパンにバターを溶かし、マシュマロを加え溶け

はじめたら、火からおろし、コーンフレークを加えて、からめ、

①に広げていれ、やけどしないように、平らにします。

3.固まったら切ります。

*コーンフレークを加えるとき、ドライフルーツ(レーズン、アプリコット

ほか)を加えても美味しいです。

 

作り方B

1.耐熱ボールにミルクチョコレートを刻んでいれ、マイクロウェーブ

オーブンで約1分30秒クックし、すぐ取り出し、ゴムベラで混ぜて、

チョコレートがなめらかになったら、コーンフレークを加えてさっくり

混ぜ、型に流します。

2.チョコレートに当たらないように、ラップをかけ、冷蔵庫で

30分固めます。

3.固まったら、型からはずし、切ります。

*コーンフレークを加えるとき、ナッツ、バナナチップスほか美味しいです。

 

ゴーヤ

■2016年6月19日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

苦味成分を含んだ野菜で、栄養価も豊富、ビタミンCはトマトの5倍も含まれて

いることが良く知られています。

前回ご紹介した香草と同じく、好き嫌いのはっきり分かれる、お野菜ですね!

色はきゅうりや、ズッキーニに似ていますが、本当は果実なのに熟す前を、

野菜として食べるうり科の植物です。

にがうり、ハワイではビターメロンと言います。

独特の苦味を味わう野菜ですが、

苦くて、ちょっと…という方は、苦味を和らげる方法が、

いろいろ紹介されていますので、試してみてください。

 

(例)緑の部分を削る、塩もみ、塩もみの後砂糖を少しふる、水にさらす、

サッとゆでる…私は、薄切りにして水にさらして使います。

苦味も楽しんでいます。

今日は沖縄料理、ゴーヤチャンプルを。ハワイの人の大好きな、

スパムでご紹介します。もちろん手に入らない時は、豚肉の薄切りで作ってください。

 

*スパムゴーヤチャンプル*材料(4人分)

 

スパム         1/2缶

*豚肉薄切りの場合   1/3LB  150g

ゴーヤ         1本

木綿豆腐        1丁

卵           2個

日本酒・しょうゆ・出しの素、めんつゆ・塩・コショー・サラダオイル・鰹節

 

作り方

1.ゴーヤは半分に切り、薄切りにして、水にさらします

(このとき、塩もみ、塩水に漬けるなど、お好きな方法で苦味を調節してください)

2.ゴーヤをザルに揚げ、しっかり水をきります。

3.水切りした豆腐おお好みの大きさに切ります。

4.スパムを好みの大きさに切ります。

5.フライパンにサラダオイル少々いれ、豆腐に焼き色を付け、皿に出します。

6.同じフライパンに、サラダオイル少々加え、スパム、ゴーヤを炒め、

豆腐を加え、塩・コショー、調味料で味付けし、とき卵を全体に流し入れ、

かき混ぜ、鰹節をのせて出来上がりです。

 

*調味料について…

調味料は、日本酒、しょうゆ、だけでさっぱりと、

オイスターソースを加えてこってりと…などさまざまです。

めんつゆを使うと簡単です。

スパムには塩分が含まれていますので、味付けの時、塩は使わないでも

大丈夫です。いためるときごま油を使っても美味しいです。

香草

■2016年6月12日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

好きか?嫌いか?はっきり分かれる香草、コリアンダー、日本ではバクチー、

ここハワイでは、チャンツァイ、チャイニーズパセリと呼びます。

ハワイにお見えになるお客様を、タイ料理、ベトナム料理にご案内しようとすると、

グループの中に、バクチーがダメ!と言う方が必ずいらっしゃいます。

「バクチー抜きでオーダーしますよ!」と言うと、「すみません、あのにおいが…」と

申し訳なさそうに言った方もいらっしゃいました。

香草は乾燥されると、独特の香りはほとんど無くなります。

葉も茎も薬味として、タイ料理、ベトナム料理、中華料理、中南米、ポルトガル、

インド料理のレシピには多く使われます。

先日行った、蒸し海老を食べた店では、フィンガーボールの中に入れてありました。

今日は、良く行くベトナム料理の店のお母さんから教えていただいた、

家庭料理をご紹介します。

 

*白身魚の揚げ物*材料(4人分)

白身魚の切り身           4枚

フィシュソース           2TBS 大さじ2杯

水                 1TBS 大さじ1杯

しょうが              ひとかけ

揚げ油

香草

 

作り方

1.白身魚を2~3等分にして、薄く塩を振り、しばらく置いておきます。

2.ペーパータオルで水気を丁寧にふき取り、中温の油で、きつね色に

なるまでしっかりと揚げます。

3.皿に盛り、魚を盛り付け、香草の茎と葉をお好みの長さに切り、

たっぷりのせます。

4、フィシュソースと水を混ぜたものの中にしょうが(おろし汁、又は千切り、

みじん切り)を加えて上からかけて出来上がりです。

 

*トマト、レモン他、彩りを考えて、お野菜をたっぷり添えてください。

 

 

チアシードドリンク

■2016年6月5日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ハワイのスーパーケットに行くと、冷やされた飲み物のコーナーがあります。

その中に不思議な飲み物があった!と友人が滞在先のホテルから写真を

送ってきました。

それはチアシードドリンクで、ジュースの中にチアシードが入って、

チアシードの周りがゼリー状になっているので、飲むと不思議な食感です。

ハリウッドの女優さんがチアシードでダイエットしたとの記事から、

ダイエット食品とのうわさが一人歩きしているようですが、

現代人が不足しやすい栄養素が沢山含まれた食品です。

私はヨーグルト、シリアルに振りかけて食べたり、暖かい、冷たい

飲み物に混ぜて飲んだりしています。

娘は果物と混ぜてスムージーを作り飲んでいます。

ダイエットに効果があるか?

と聞かれたら、ノーコメントですが…。

そして心臓、心、頭の健康に

必要なオメガ3脂肪酸が沢山入っていますので、

チャンスがあったら取り入れてみて下さい。

 

《チアシードドリンク》

お好みのジュース、ミルク、コーヒードリンク、

紅茶ドリンク(暖かいものでも、冷たいものでも…) 3/5Cup150cc

チアシード              1TBS大さじ1杯

 

作り方

1. 加糖ドリンクならそのまま、無糖ならハチミツ、砂糖を加えて

(もちろん甘みはなくても)良く混ぜ、チアシードを加えて、さらに良く混ぜます。

冷たいものは、冷蔵庫で、冷たく冷やします。

 

ハワイの魚「バターフィッシュの味噌漬け」

■2016年5月29日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

福岡に住んでいたとき、柳橋市場に毎日通い、新鮮な魚・野菜を買って食べていた私は、ハワイに移住して近くのスーパーマーケットに行き、新鮮な魚を売っていない!とショックを受けました。切り身の魚、パックされた魚、どれを見ても、買って料理しよう!と言う気持ちになれず、悲しかった…30年以上昔の話です。
少しずつハワイの生活に慣れてきて、玉城マーケット、チャイナタウンの魚屋さん他で新鮮な魚が手に入る事を知りましたが、柳橋で見ていた魚と種類が違うので、どう調理したらいいのか?またまたカルチャーショック!そんな時、レストランで食べて、大好きになったのが味噌バターフィッシュ。
バターフィッシュは マナガツオの仲間で、風味はギンダラに似ている魚です。初めて食べた時、広島の母が沢山作って、東京まで持ってきてくれたさわらの味噌漬けを思い出して、涙が出るほど感動しました。それからは、バターフィッシュを買って来て、自分で味噌床を作り漬けています。その後?まぐろ、かつお、あじ、もい(白身の魚で昔はロイヤルファミリーしか食べられなかった魚)他沢山の新鮮な魚に出会いました!
でも私の中では、柳橋市場の魚が一番!

《バターフィッシュの味噌漬け》
バターフィッシュ(好みのお魚) 1LB  450g
味噌 2/3LB  300g
みりん 2TBS  大さじ2杯
日本酒 2TBS  大さじ2杯
*みそが辛口の場合 、砂糖を少々加えてもOKです

作り方
1. バターフィッシュをスライスして、塩(分量外)を振り、しばらく置いておきます。
2. 味噌床の材料を良く混ぜます。
3. バターフィッシュから出た水分を、ペーパータオルで丁寧にふき取り、タッパーウエアに半量の②を敷き詰め、ガーゼをのせ、バターフィッシュを並べ、さらにガーゼをかぶせ、残りの味噌をのせ、蓋をして冷蔵庫に入れます。

*浅漬けは次の日に。しっかりした味が好きなら、2~3日後に焼いてお召し上がり下さい。

    

「アドボ」

■2016年5月22日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

先日、主人の高校の同窓会(Class Reunion)に出席しました。基本的に夫婦同伴!のこの同窓会、卒業して57年目!!!真珠湾攻撃のあった年に生まれたクラスメイトと家族合わせて110人が集まりました。この高校はWahiawaという、オアフ島の真ん中にあり、サトウキビ畑で働いていた日本、中国、フィリピンからの移民の子供達、ハワイアン、そして近くにあるアメリカ軍の子供達が通っていたユニークな高校で、昔話を聞いていると興味深い話しが沢山あり6時から10時までの時間が足りないくらいでした。
高校の時に私はあなたが好きでした!とかの告白があって皆で大笑いしたり、誰かがウクレレ弾いて歌いだすと何人も前に出てフラを踊ったり、皆高校生のようでした。
今回も一番盛り上がったのは、クラスメートの奥様、ハワイの有名なシンガーメルビンリーさんのショー(もちろんノーギャラ!)彼女が即興で歌ってくれた歌にサトウキビ畑で働くお母さんが作る、各国の料理を皆でシェアして食べて私達は育った!と言う歌があり、歌詞の中に煮しめ。一緒に食べよう!と料理名が中国語だったら、中国語で一緒に食べよう!フィリピン語で一緒に食べよう!と歌ったのが、お袋の味アドボ。今日はとても簡単なアドボの作り方を…

《ポークアドボ》
材料(4人分)
豚バラ肉     1LB 450g
玉ねぎのみじん切り   ¼個分
にんにくのみじん切り  1~2かけ分
しょうゆ     2TBS 大さじ2杯
酢       1TBS 大さじ1杯
砂糖 1TBS 大さじ1杯
粒黒コショー ½tsp 小さじ1/2杯
ベイリーフ 1枚
サラダオイル 1TBS 大さじ1杯

作り方
1. 蓋つきの鍋にサラダオイルを入れ、みじん切りのにんにく、玉ねぎを加えて火にかけ、香りが出てきたら、大きめに切った豚肉を加えてしっかり炒めます。
2. 調味料、粒黒コショー、ベイリーフを加えて蓋をし、弱火で30分クックします。

*アドボは日本の肉じゃがのようなおふくろの味です。作り方、食材、調味料は家庭によって違います。フィッシュソースを使って味付ける方法もありますが、今日紹介したのは一番シンプルで簡単な方法です。白ご飯と一緒にお召し上がり下さい。
*マッシュポテトを山形等に盛り、パセリを刺して、星形に抜いて火を通したニンジン、べルペッパー、パプリカやしいたけなどをオーナメントとして飾り、中央に鶏胸肉の塩蒸しを盛った上からソースをかけたアレンジで、七面鳥の代わりにクリスマスにもどうぞ。

   

にがり「豆腐」

■2016年5月15日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

海水からとれる、塩化マグネシウムを主成分とする食品添加物で、豆乳を固めて豆腐にする凝固剤として知られています。海水から塩を取る時に残る液体で、苦味があります。手軽にスーパーで手に入り、買ったけどほとんど使っていない方もいるのでは?私もハワイ島の深層水から作られたにがり、美味しい塩、お水を頂き、大切に大切に使っていましたが、にがりはなかなか使い切れませんでした。
でも絞りたての豆乳が手に入った時にふと思いたち作ってみて、感動…茶碗蒸しの器を使った、おしゃれな豆腐の作り方を紹介します。

《豆腐》
無調整豆乳     2/5CIJp    1 0 0 C C
にがり       2CC

作り方
1.茶碗蒸しの器に豆乳を入れて、にがりを加え、静かにかき混ぜます。
2.サランラップを軽くかけて、約1分半(マイクロウェーブオーブンによっては、1分ぐらいで出来る事もあります!)加熱し、そのまま3~4分置き、取り出します。
3.めんつゆをかけたり、刻んだ梅、ねぎ、しょうが、鰹節などお好みの薬味で お召し上がり下さい。

     

「タピオカ」

■2016年5月8日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

キャッサバの根茎からとれるでんぷんで、食用に、又工業の原材料として多く使われています。大きな特徴は、小麦粉に含まれるグルテンがなく、たんぱく質もほとんどありません。ライスヌードルや冷凍うどんの材料として、麺類、お菓子のモチモチとした食感を出すために重要な役割をします。
タピオカを球状にしたものをタピオカパールと呼び、デザート、飲み物、かき氷に使われ、中国、タイ、ベトナム、フィリピンのデザートに多く登場します。
ハワイでも台湾スタイルのティールームがありますし、あらゆる所で、メロン味のシェイクの中に大粒のタピオカが入ったものや、ミルクティーの中に入ったものなどが売られています。飲茶を食べに行くと、マンゴープリンと並んで人気があるのが、ココナツミルクの中にたっぷり入ったタピオカ…いつもどちらにしようか?悩んでしまいます。タイ料理のデザート、温かいココナッツミルクの中にタピオカが入ったものに、冷たいバニラアイスクリームを混ぜて食べる…お腹がいっぱいでも、別腹に入ってしまいますね!
スーパーで乾燥タピオカを見つけたら、一度自分で戻して、デザート作ってみませんか?今日はタピオカの戻し方をご紹介します。

作り方(戻し方)
1.一晩たっぷりの水につけておきます。
2.次の日水を捨てて、鍋に水を入れ、沈むので 気をつけながら火にかけ、沸騰するまではやさしく、時々かき混ぜます。
3.浮いてきたら、好みの固さまで茄でて、ザルにあげて、流水で冷まします。

  

パパイア「ソムタムのタレ」

■2016年5月1日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

フルーツでもある、野菜でもある…私も大好きなパパイア、朝、冷たく冷やしたパパイアを半分に切り、種を取って、レモンを絞り、スプーンですくい、口に運ぶ時、幸せを感じるのは私だけでしょうか?フルーツとして食べるパパイアも好きですが、野菜としてお料理に使うのも大好きです。
酵素がたっぷり含まれた、グリーンパパイア。半分に切って種を取り、皮をむき、千切りにして水にさらし、あくを抜き、サラダにしたり、炒め物にしたり…ファーマーズマーケットや、チャイナタウンに行くと、千切りにしたものも売られていて、とても助かります。パパイアに含まれる、たんぱく質分解酵素の働きで、固いお肉が柔らかくなるので、生のパパイアをすりおろした中に、固いお肉を漬け込んでみてください。今日は、私が良く食べる グリーンパパイアのサラダの夕レをご紹介します。千切りのグリーンパパイアとゆでた海老、キューリ、トマトほかお好みのものと合わせると、タイ風サラダ“ソムタム”の出来上がりです。

《ソムタムのタレ》
ナンプラー      2TBS       大さじ2杯
砂糖         1~2TBS    大さじ1~2杯
レモンの絞り汁    2TBS     大さじ2杯
バクチー       適宜
刻みピーナツ     適宜
つぶしたにんにく   1かけ分
生唐辛子又は鷹のつめ 1本

作り方
1.つぶしたにんにく、つぶした生唐辛子、又は種をぬいた赤唐辛子の小口切りと他の材料を良く混ぜ、大きなボールで、他の食材と良く混ぜます。

   

「ハワイアンソルト」

■2016年4月24日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

へワイのお土産にと買っていく人が増えた、“ハワイアンソルト”。ハワイでは昔から料理に使われていました。正式にはアライ、またはアラエアシーソルトと呼ばれ、海底や山奥の洞窟から採れた火山土壌の赤土に長時間熱を加え、海の塩と混ぜて作られた、薄いオレンジ色の天然塩です。
カルシウム・マグネシウム・カリウムなどバランスよく含まれ、栄養素が豊富に含まれており、味はまろやかで、こくや深みがあります。色の着いていない、白いものは見た目が、ざらめにそっくりで、私も砂糖と間違え、これでもか…というほど入れて、煮物を作ろうとした苦い経験がありました。今では懐かしい思い出です。
ハワイの代表的な料理、ポキ・ロミロミサーモン・カルアピッグ・ラウラウなどの料理に欠かせないハワイアンソルトですが、もしお土産にもらったら、和え物に使ったり、お肉料理の下ごしらえに、すり込んでしばらく置いておいたり、色々使ってみてください。まろやかな、深みの有る味をわかっていただけると思います。

バスソルトとして、お風呂に入れて使う友人もいますが、塩分がバスタブにダメージを与える事もあると聞きましたので、使いすぎに気をつけましょう。
昔、ハワイアンソルトで塩漬けした豚肉とキャベツのシンプルなスープを主人の母が作ってくれました、何故か?とても懐かしい味がして、ホームシックになった事があります。あの時、作り方を習っておけばよかった…
いつか、味の再現にチャレンジしてみますね。

   

「ミッパンチャン」

■2016年4月17日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

コリアンレストランで注文をすると、小皿に盛ったおかずが何種類も出てきます。キムチ、じゃがいもの煮物、野菜のナムル、わかめの酢の物など、お料理が来る間の楽しみでもあります。これらの常備菜、常備してあるおかずのことをミッパンチャンと言います。お変わり自由でうれしいです。
そんな常備菜の中でも人気があり、作り方も色々紹介されている、裂きイカと干したらの和え物をご紹介します。全部干したらでも、全部裂きイカでも大丈夫です。

《ミッパンチャン》
材料
干したら           4oz          100g
コチジャン          3TBS        大さじ3杯
キムチ用粉唐辛子       2TBS        大さじ2杯
ごま油            3TBS        大さじ3杯
水あめ            4TBS        大さじ4杯
みりん            2TBS        大さじ2杯
日本酒            2TBS        大さじ2杯
煎りしろ胡麻
水              4~5TBS      大さじ4~5杯

作り方
1.細かく裂いた干したら、裂きイカをボールに入れて、水をかけて手でよく混ぜます。
2.コチジャン、粉唐辛子、ごま油、水あめ、みりん、日本酒を鍋に入れ、混ぜて火にかけ、水あめが溶けたら①を加えて全体にタレを絡ませます。
3.仕上げに白ごまをふります。

*しょうゆ  1TBS(大さじ1杯)加えても…
*水あめの代わりに、ハチミツ、コーンシロップを使ったレシピもあります。

  

「キャセロール」

■2016年4月10日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ポットラックパーティー(料理持ち寄りパーティー)に行くと、必ず1人か2人は持っていくのがキャセロール!キャセロールってなんだかわかりますか?実はフランス語で鍋のことですが、調べると、肉を野菜や調味料と一緒に煮込んだ料理…と出てきます。この料理の特徴は、調理に使った耐熱容器のままテーブルに出すというところです。
アメリカの有名な缶詰スープの会社が、自社のクリームタイプのスープをホワイトソース代わりに使い、肉、野菜、鶏肉、魚、パスタ、米そしてチーズと混ぜ、オーブンで焼くというレシピを提案しました。同じ頃、耐熱容器が大量生産され始めたのと伴い、この調理法が広まりました。と言う事で、中に入れる食材で色々キャセロールが作れますが、今日はその中でも簡単な野菜のキャセロールをご紹介します。

《キャセロール》
材料(4人分)
じゃがいも            4個
玉ねぎの薄切り          1個分
ベルペッパー(ピーマン)輪切り  1個分
トマトの輪切り          1個分
ヘビークリーム(生クリーム)   3/5CUP       150cc
バター              7TBS        大さじ7杯
塩・コショー           少々
溶けるチーズ           3/5CUP       3/4カップ

作り方
1.分量のバターで玉ねぎを炒めます。
2.じゃがいもは洗ってラップをかけ、マイクロウエーブオーブンで竹串がスーッと通るまでクックし、皮をむいて厚めの輪切りにします。
3.天板に薄く油を塗り、野菜を彩り良く並べます、溶けるチーズをふります。
4.生クリームに塩・コショーを混ぜ、④の上にかけます。
5.350度(摂氏180度)のオーブンで20~25分焼いて出来上がりです。 

*バターの量を減らして玉ねぎを炒め、生クリームの代わりに、クリームタイプのスープ(クリームオブマッシュルームなど…)使っても…この場合は、塩・コショーは使いません。

   

「ケールチップス」

■2016年4月3日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

(※昨年4月にもご紹介しましたが、たいへん好評のため、内容をリメイクして放送しました。)

日本では青汁の材料としてよく知られているケールですがアメリカのマーケットの野菜売り場に行くと、フレッシュなものが山積みされ、売られています。スーパーマーケットにご案内したお客様から、どうやって食べるの?と良く聞かれます。ケールはキャベツの仲間です、キャベツは葉が丸まっています(結球)が、ケールは広がっています(不結球)。一年中栽培され、栄養価の非常に高い緑黄野菜です。
食べ方は、生、ゆでる、炒める・・・キャベツと同じで、食物繊維を沢山含んでいますので、ぜひ使ってみてください。りんごやバナナ他の野菜と一緒に生のケールで作るスムージー、野菜炒め、ロールキャベツならぬ、ロールケール。私が今一番好きな食べ方は、大きめに切って、サッと茹で、玉ねぎ、きのこ色々と一緒に炒め、ポン酢で食べる・・・ステーキやハンバーグを作ったとき、付け合せに、山盛り作ります。ポン酢だけでなく、ソースにも、ケチャップにも合います。ケールの健康効果については色々発表されていますが、”緑黄色野菜の王様”と言われるだけあり、ハリウッドの俳優、スーパーモデル達が食生活に多く取り入れてます。
良く行くカフェのメニューにも ”ケールサラダ”があります。苦味があるので、生ではちょっと…と言う人もいますが、加熱すると甘みも出ますし、苦味も気にならなくなりますので、毎日の生活にどんどん取り入れてください。
今日はアメリカで沢山商品化されている 《ケールチップス》の作り方を紹介します。

《ケールチップス》
材料
ケール
オリーブオイル
ガーリックソルト
パルメザンチーズ他

作り方
1.ケールを良く洗い、水気をしっかり取り、芯の部分を取り、大きめにちぎります。
2.大き目のボールにオリーブオイルを入れ①を入れて全体を混ぜます。
3.好みのシースニングを全体にふりかけます
4.天板にクッキングシートを敷いて、③を広げ、350度(摂氏170度)のオーブンで約10分様子を見ながら焼きます。

*カレー粉を少し加えると、子供も喜んで食べます。

   

「コリアンバーベキュープレート」(漬けタレ)

■2016年3月27日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ハワイに行ったら食べたいもの・・・リピーターの人に聞くと、必ず出てくる答え、 バーベキューかルビープレート!
お皿にアイスクリームスクープですくったご飯が2盛り、マカロニサラダや何種類も有る野菜料理(ナムル・キムチ・きんぴら・じゃがいもの煮物)・卵焼き・豆腐など沢山ある中から、好きなものを自分で選び、待っていると、焼きたてのカルビがのって出てくる!!
主人の従兄妹の家族が来ると、着いた日、帰る前の日に必ずリクエストが入ります。一人分頼むと食べきれず、最近は5人で3人分オーダーするようになりました。
カルビはアバラ骨についた肉、骨付きばら肉です。スーパーマーケットに行くと、薄切りから、厚切りまで色々売られています。
家族そろってバーべキューするときは、沢山買って、前の日にタレをよくもみ込み、漬け込んで置きます。
このタレを、今日はご紹介したいと思います。

《コリアンバーベキューの漬けタレ》
しょうゆ            3TBS      大さじ3杯
砂糖              3TBS      大さじ3杯
ごま油             1TBS      大さじ1杯
日本酒             1TBS      大さじ1杯
煎り白胡麻           1TBS      大さじ1杯
ねぎみじん切り         3TBS      大さじ3杯
おろしにんにく         1~2かけ
りんご、又はなしのすりおろし  1TBS      大さじ1杯

作り方
1. 材料を全部合わせます。

*辛いのがお好きな方は、しょうゆをコチジャンにかえてもOKです。

   

「アサイボウル」

■2016年3月20日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ハワイに行ったら必ず食べたいもの・・・アンケートで必ず上位に入るのがアサイボウルです。最近では、アサイボウルだけの人気投票も行われています。
アサイはブラジルのアマゾン原産のヤシ科の植物で、その果実はブルーベリーに良く似ていますが、ブルーベリー、ラズベリーなどとは違う種類です。
アサイには、ポリフェノール、が沢山含まれており、鉄分、カルシウム、食物繊維も豊富です。味はほとんどありませんので、色々組み合わせて、お好みのアレンジをすることが出来ます。
最近、アサイボウルと並んで人気が出てきているのが、ピタヤボウル。ピタヤはドラゴンフルーツの事で、ピタヤボウルには、レッドドラゴンフルーツが使われます。ピタヤも健康と美容に良い成分がたっぷり含まれており、アサイより、甘みがあり、色もきれいなので、こちらを好む人もいます。
今日は、アサイボウルの作り方をご紹介します。

《アサイボウル》
冷凍のアサイ     1LB         450g
バナナ        4本
牛乳         1&3/5CUP      2カップ
はちみつ
シリアル・グラノラ・好みのフレッシュフルーツ
(イチゴ・ブルーベリー・ラズベリー・キーウイ)

作り方
1.バナナ2本と牛乳をミキサーにかけ、冷凍アサイを少しずつ入れて、スムーズになったら4等分して器に入れます
2.輪切りにしたバナナ、好みのフルーツ、シリアル、グラノラをトッピングし、ハチミツをかけて出来上がりです。

*バナナを輪切りにして冷凍したもの、冷凍のフルーツをつかってもOKです。
*牛乳を豆乳、アーモンドミルクで作る人もいます。

    

--- お知らせ ---

2016年1月3日~3月13日の放送では、<ペコのいきいきハワイアンライフ>はお休みさせていただきました。

    

「ハーブオイル」

■2015年12月27日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

イタリア料理、スペイン料理、ギリシャ料理、トルコ料理、そしてフランス料理にと大活躍のオリーブオイル。フランスパンにつけて食べたり、炒め物、ドレッシング、ソースに使いますが、これからのシーズン、手作りのハーブオイルを作っておくと、大活躍します。

《ハーブオイル》
材料
オリーブオイル      4/5CUP       1カップ
ミント・パセリ・バジル・ローズマリー・オレガノほかお好みのハーブ4~5種類
にんにく           1かけ
塩           1tsp       小さじ1杯

作り方
1.ふたつきの容器にオリーブオイル、他の材料を入れる
2.ハーブがオイルに浸っている状態を保つ!
3.常温で2週間を目安に使い切ってください。

*魚に切り目を入れて塩・コショー、白ワインを少々振り、ハーブオイルをハーブごと上にかけ、ラップをして冷蔵庫でしばらくマリネして、オーブンで焼いたり、切り身ならフライパンで焼いたりします。
*鶏肉や豚肉も同じように。。。
*付け合せの野菜にもハーブオイル、バルサミコをふってください

      

牛乳・乳製品「チーズクリームコロッケ」

■2015年12月20日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

カルシウムの宝庫として注目を浴びる、牛乳・乳製品ですが、昔、ダイエットの本の影響で、牛乳は飲んだほうがいいのか?悪いのか?と話題になった事もありました。牛乳や乳製品のカルシウムは、体内の吸収率およそ50%とトップです。そのままで摂取できると言う利点がありますし、料理の材料として使えば、風味をよくする、なめらかな口当たりに仕上げる、と幅広く活躍します。
牛乳、乳製品を摂らないと、カルシウムはあきらかに摂取不足になりますし、1日の摂取量600mgを他の食品から摂るのはたいへんです。カルシウムの効果的な摂取を考え、牛乳や乳製品の料理のレパートリーを増やしましょう。

《チーズクリームコロッケ》
材料(4人分)
カニの身をほぐしたもの       3OZ      75g
玉ねぎのみじん切り         1/2個分
バター              3TBS      大さじ3杯
白ワイン             2TBS      大さじ2杯
小麦粉              4TBS      大さじ4杯
牛乳               2/5CUP     1/2カップ
塩・コショー            少々
溶けるチーズ(1cm角)     4OZ      100g
*ピザ用のチーズを使っても大丈夫です。

とき卵              1個分
小麦粉
パン粉
揚げ油

作り方
1.フライパンにバターを入れて弱火にかけ、玉ねぎが透き通るまで炒めて、カニの身を加え、ワインを加えて水気がなくなるまで炒めます。
2.小麦粉を加え、弱火で2分炒め、牛乳を少しずつ加えてとろみがついたら、塩・コショーで味を付け、チーズを加えて混ぜたら、バットに広げて、ラップをかけ、冷蔵庫で冷まします。
3.8つに分け、丸めて、小麦粉・溶き卵・パン粉の順につけ、中温の油できつね色に揚げて、出来上がりです。

    

塩「鶏胸肉の塩蒸し」

■2015年12月13日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

料理の基本は、火加減、水加減、塩加減で決まると言われます。味の決め手は?もちろん塩です。
塩は私達の身体を健康に維持していくために必要、不可欠なものです。塩分を摂らないと、身体をつくっている細胞のバランスが崩れてしまいます。しかし、摂りすぎはよくありません
塩分の摂取量が決められている病気の方は別として、健康な人はバランス良く塩分を摂りましょう。

《鶏胸肉の塩蒸し》
材料(4人分)
鶏胸肉(皮付き、骨なし)   2/3LB    300g
塩             1tsp

作り方
1.鶏胸肉の皮のほうに、フォークで何箇所か穴を開けます。
2.皮の方を少し多めに、塩を両面にすり込みます。
3.フライパンを熱して、皮の方を下にして入れ、皮にきつね色の焼き色を付けます。
4.耐熱の皿に③の皮目を下にして並べ、蒸気のしっかり上がった蒸し器に入れ、弱火で15分蒸します。
5.皿にラップをかけて、そのまま冷まします。
6.鶏肉を取り出し、そぎぎりにして盛り皿に盛り付け、皿に残った汁を上からかけます。

*グリーン、赤などの好みの野菜を付け合せに…サッと焼いたしいたけも良くあいます。
*マッシュポテトを山形等に盛り、パセリを刺して、星形に抜いて火を通したニンジン、べルペッパー、パプリカやしいたけなどをオーナメントとして飾り、中央に鶏胸肉の塩蒸しを盛った上からソースをかけたアレンジで、七面鳥の代わりにクリスマスにもどうぞ。

        

あずき「ぜんざい」

■2015年12月6日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

縄文時代から食べられていた”あずき”、原産はアジア東部で、日本には中国から伝わってきたと言われています。
昔はお母さんの手づくりおやつの材料や、祝い事に多く使われていましたが、最近では家庭で使われる事が少なくなってきました。
アジアからの移民の多い、ここハワイではあずきを使ったデザートを良く食べますし、作ります。
あずき、ココナッツミルク、もち粉を使ったお餅は、大変喜ばれます。レストランのビュッフェ(バイキング)のデザートにぜんざいが出たり、甘く煮たアズキの入ったシェーブアイス、カキ氷は大変ポピュラーです。
今日はハワイでこの番組を聞いてくださっている方からのリクエスト、ぜんざいをご紹介します。

《ぜんざい》
材料(4人分)
あずき    7oz   150g
砂糖     1/3LB     150g
塩      1つまみ

作り方
1.ボールにあずきを入れて水洗いし、2~3回水を替えながら、浮いてくるあずき、傷んだあずきを取り除き、ザルにあげて水をきります。
2.①のあずきを鍋に入れ、3&1/5CUP(4カップ)の水を入れて、一晩置きます。
3.鍋ごと火にかけ、沸騰してきたら5分間煮て、ザルにあげます
4.③のあずきを鍋に入れ、新しく水を3&1/5CUP(4カップ)入れて火にかけ、沸騰してきたら、中火にして、20~30分、アクをとりながら、茹でます。常にあずきが茹で汁の下にあるように、水を足しながら茹でます。
5.あずきを指で挟んで、簡単につぶれたら、弱火にして、砂糖と塩を加え、かき混ぜながら5分煮ます。
6.お湯を4/5CUP(1カップ)加え、一煮立ちしたら出来上がりです。

*お湯を加える前に、泡立て器で半分つぶすと、田舎しるこになります。

    

減塩食品と低塩食品「焼きなすのポン酢和え」

■2015年11月29日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

以前、濃口(こいくち)しょうゆと淡口(薄口:うすくち)しょうゆのお話をした時にも少し触れましたが健康ブームの現代で、良く耳にするのが、塩と砂糖の摂りすぎについてです。私達の食生活に欠かせない、みそやしょうゆには多くの塩分が含まれていますが最近、みそやしょうゆ、梅干や塩ざけなど、塩分を抑えた食品も多く出回っています。よく間違えるのが、うす塩しょうゆは減塩しょうゆか低塩しょうゆか、わかりますか?答えは低塩しょうゆです。 
では、減塩しょうゆと低塩しょうゆ、どちらが塩分が少ないのでしょうか?答えは減塩しょうゆ!!普通の濃口しょうゆの半分以下の塩分です。 
低塩しょうゆは塩分を2割以上カットしたものですが、最近では「うす塩」「あさ塩」「あま塩」などとも表示されています。
今日は塩分控えめの《焼きなすのポン酢和え》をご紹介します。

《焼きなすのポン酢和え》
材料(4人分)
なす        4本
ポン酢       1TBS         大さじ1杯
削りかつお

作り方
1. なすに竹串で何箇所か穴を開けます。
2. 直火で皮が真っ黒になるまで焼いて氷水につけ、すぐ取り出して、皮をむきます。
3. ためやすい大きさに切り、ボールに入れ、ポン酢をかけて、軽く混ぜます。
4. 盛り皿にもり、上にボールに残ったポン酢をかけ、削りかつおをのせて出来上がりです。

絹ごし豆腐と木綿豆腐「絹ごし豆腐ドーナッツ」

■2015年11月22日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ここハワイにも60年以上続いたお豆腐やさんがあり、日本料理だけでなく、中華、韓国タイ料理に沢山使われています。その中でも良く使われるのが、絹ごし豆腐と、木綿豆腐ですが、皆さんはその違いをご存知ですか?ラジオのクッキングショーの中で、リスナーさんに問いかけた所、絹ごし豆腐は絹で漉して、木綿豆腐は木綿で漉すのでは?と答えが返ってきました。
本当にそうでしょうか? 答えは「NO」です。
食べた時の舌触りを、絹と木綿にたとえて、この名前がつきました。
製造過程で、穴の開いていない型に濃い目の豆乳を流して固めたのが絹ごし豆腐、穴のたくさん開いた型に布を敷いて流し入れ、重石を載せて固めたのが
木綿豆腐です。今日は”絹ごし豆腐ドーナッツ”をご紹介します。

《絹ごし豆腐ドーナッツ》
材料(4人分)
絹ごし豆腐           1/4丁
とき卵             1個分
牛乳              2TBS         大さじ2杯
溶かしバター          2TBS         大さじ2杯
ホットケーキミックス      8oz          230g
揚げ油

飾り用
アイシング      粉砂糖  5TBS         大さじ5杯
           卵白   1/2TBS        大さじ1/2杯
溶かしたチョコレート
粉砂糖

作り方
1.ボールに絹ごし豆腐、とき卵、牛乳、溶かしバターを入れて、なめらかになるまで良く混ぜ、ホットケーキミックスを加え、全体を良く混ぜます。
2.中温に熱した油で、きつね色になるまで揚げ、竹串をさして何もついてこなかったら、中まで火が通っています。
3.お好みのトッピングで仕上げます。

*クリスマスには真っ白のアイシングに赤、緑のアラザンを飾るとかわいいです。

        

新しい年を迎える。。。「ポトフ」

■2015年11月15日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ついこの前まで、猛暑の話をしていたのに、気がついたら2016年がすぐそこに…
KZOOラジオでクッキングショーを担当させていただいて、30年!!年末が近くなると「ラストミニッツ ショッピング(ドタン場買いより、計画を立ててお買い物しましょう」と言ってきたような気がします。品物のよしあしができばえに影響する黒豆などは早めに買いましょう。
ショッピングリストを作るとき ①調味料 ②乾物 ③根菜 ④葉ものにわけ、後は保存の事を考えて計画的にお買い物してください。
昔、福岡に住んでいたとき、お姑さんが新鮮なぶりを買って、塩ぶりを作り、かつお菜を買い、干ししいたけを戻し、と手際よくお正月の用意をされていました。博多のごりょんさん(奥さん)に早くなりたいと、一生懸命だった頃が懐かしいです。
今日は年末年始の忙しい時のお助け料理「ポトフ」をご紹介します。

《ポトフ》
材料(4人分)
鶏もも肉骨付き      2本
キャベツ         半個
玉ねぎ          1個
にんじん         2本
セロリ          2本
ベーコン         2枚
ウインナーソーセージ   4本
ベイリーフ        1枚
チキンブイヨンキューブ  1個
塩・コショー

作り方
1.鶏肉は半分にぶつ切りにします。
2.キャベツは芯をつけたまま4つに切ります
3.玉ねぎは皮をむいて、芯をつけたまま4つに切ります。
4.にんじんは皮をむいて半分に切ります。
5.セロリは筋をとり半分に切ります。
6.ベーコンは半分に切ります。
7.ウインナーソーセージは2箇所切り目を入れます。
8.ベーコンとウインナーに熱湯をかけて脂抜きをします。
9.鍋に5&4/5CUP(6カップ)の水、鶏肉、玉ねぎ、塩、ベイリーフ、ブイヨンキューブを入れて火にかけ、沸騰してきたらアクを丁寧に取り除き、にんじんを加えて10分煮込みます。
10.キャベツ、セロリ、ベーコンを加えて20分コトコト煮込みます。
11.最後にウインナーソーセージを加えて、味見をし、塩・コショーで味を整えます。
12.ベイリーフを取り出し、各自の皿に盛り付けます。

     

フィッシュソース「揚げ魚のなます添え」

■2015年11月8日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

以前もお話しましたが、ハワイのスーパーマーケットに行くと、オリエンタルのコーナーがあり、日本の調味料はもちろん、中国、韓国、東南アジアと、あらゆる国の食材、調味料が手に入ります。その中でも、よく使われているのが、フィッシュソースです。
フィシュソースは日本のしょっつる、タイのナンプラー、ベトナムのニョクマムと同じく、小魚を塩漬けし、発酵させ、液体となった上澄みですが、味と香りはそれぞれの国で違います。ナンプラーは魚のにおいが軽めなので、私達には使いやすい調味料ですね!
今日はナンプラーを使った「揚げ魚のなます添え」をご紹介します。
おせち料理に加えても喜ばれると思います。

《揚げ魚のなます添え》
材料(4人分)
さば、あじ、ぶり他切り身にしたもの  1LB      450g

下味
しょうゆ        1TBS     大さじ1杯
日本酒         1TBS     大さじ1杯

塩・コショー      少々
小麦粉         3TBS     大さじ3杯
片栗粉         3TBS     大さじ3杯
揚げ油

大根の千切り(マッチの軸ぐらい)    1CUP     1カップ
にんじんの千切り(大根と同じサイズ)  1CUP     1カップ

なますタレ
 ナンプラー        9TBS    大さじ9杯
 レモンの絞り汁      6TBS    大さじ6杯
 水            6TBS    大さじ6杯
 砂糖           3TBS    大さじ3杯

赤唐辛子(種をぬいたもの小口切り)    少々

チャイニーズパセリ(パクチー)      たっぷり

作り方
1.魚の切り身は食べやすい大きさに切り、下味をふり、よくもみこんで30分冷蔵庫に入れておきます。
2.大根とにんじんの千切りに軽く塩を振り、よくもみこみ、しんなりしたら、水気を絞り、なますタレの中に入れて、全体を混ぜ、赤唐辛子を混ぜます。
3.①の汁気をペーパータオルでふき取り、小麦粉と片栗粉を混ぜたものをまぶし、中温の油できつね色になりまで、揚げます。
4.皿にチャイニーズパセリ(パクチー)をちぎったものをのせ、揚げた魚を盛り付け、上に②のなますをのせて出来上がりです。

     

寒天とゼラチンについて「ミルクプリン」

■2015年11月1日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

寒天もゼラチンも液体を固める働きがあります、食感などの違いは別として、何が違うかご存知ですか?
一番大きな違いは、材料が植物性か動物性かと言う事です。
寒天は海藻を煮て、漉し、固めて干ししたもの、ゼラチンは動物、主に豚の骨などから取り出したコラーゲンに熱を加え抽出したものです。
和菓子に寒天、洋菓子にゼラチンと言う方もいらっしゃいますが、それぞれの特徴を覚えて、上手に使ってください。
前回は寒天を使ったコーヒーゼリーのような、コーヒー寒天をご紹介しました。
ゼラチンの栄養素はたんぱく質で、骨や皮膚を構成する大切な栄養素です。
今日は「ミルクプリン」を紹介します。

《ミルクプリン》
材料(4人分)
牛乳               1Cup       1&1/4カップ
生クリーム、又はハーフ&ハーフ  1/5Cup       1/4カップ
粉ゼラチン            1tsp      5g
お湯               3TBS       大さじ3杯
砂糖               4~5TBS     大さじ4~5杯 

作り方
1.分量のお湯の中に、ゼラチンを振り入れてふやかしておきます。
2.鍋に牛乳を入れ火にかけ、砂糖を加え、砂糖が溶けたら、ふやかしておいたゼラチンを加えて溶かします。
3.生クリーム、又はハーフ&ハーフを加えて良く混ぜ、カップに流し入れます。4.冷蔵庫で固めて出来上がりです。

*ゆるゆるのプリンなので、カップのまま、スプーンでお召し上がり下さい。お好みのフルーツをそえても…
*ハーフ&ハーフ:牛乳と生クリームを同量混ぜたもので、アメリカのスーパーマーケットのミルク売り場にあります。
*生クリームは液体のもの(泡立ててないもの)を使います。

    

コーヒーの香りについて「コーヒー寒天」

■2015年10月25日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

コーヒーには独特の香りがあります。コーヒーをたてている時、コーヒーを飲んでいる時に広がる香りは、生の豆にはなく、豆を乾燥させて焙煎したコーヒーからしか出てきません。コーヒーの香り成分は500種類以上あり、豆を焙煎する時間、温度でかなり変わってきます。
コーヒーの香りの代表的なものは、カラメルの香りです。コーヒーの糖分が焙煎する時の加熱により変化したものです。
プリンのカラメルソースを思い出してください。最初透明だったものが、加熱する事により薄茶になり、だんだん色が濃くなり、香りも変化します。
今日は「コーヒー寒天」を紹介します。

《コーヒー寒天》
材料(4人分)
コーヒー        4/5Cup       2カップ
粉寒天         1/2tsp      小さじ1/2杯
砂糖          4TBS       大さじ4杯
エバミルク、生クリーム、ハーフ&ハーフ     適宜

作り方
1.鍋にコーヒー、砂糖を入れて、粉寒天を振りいれ、火にかけ、寒天が溶けたら一度漉して、四等分し、グラスに注ぎいれます。
2.冷めたら、冷蔵庫で冷やし固めます。
3.上にお好みのミルクを注ぎ出来上がりです。

*コーヒーの代わりに水とインスタントコーヒーでも。
*バニラアイスクリームを添えても美味しいです。

     

麹について「塩麹もち粉チキン」

■2015年10月18日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

塩麹、しょうゆ麹が流行りました…レストランのメニューにも、塩麹焼き…とかあり、びっくりした事もあります。
昔から日本の食生活には切っても切れない調味料、しょうゆ、みそなどにも使われる麹、どんなものかご存知ですか?
米、麦、大豆などに麹菌(コウジカビ)を繁殖させたもので、麹菌から分泌される酵素は、でんぷんをブドウ糖に分解したり、たんぱく質をアミノ酸やペプチドに分解し
日本酒やみそ、漬物の発酵を助けて、甘みや旨みを出します。
でんぷんを糖化する力の強いものは、日本酒の醸造に、たんぱく質を分解する力の強いものはみそや、しょうゆの醸造に利用され、繁殖に使ったものによって、米麹、麦麹、豆麹、また、用途により酒麹、みそ麹と呼ばれます。

《塩麹もち粉チキン》
材料(4人分)
鶏もも肉(骨なし)    1LB       450g
塩麹           3TBS       大さじ3杯
おろしにんにく      1かけ分
おろししょうが      1かけ分
しょうゆ         1TBS       大さじ1杯
たまご          1個
もち粉          6TBS       大さじ6杯
揚げ油

作り方
1.鶏肉を食べやすい大きさに切ります。
2.ボールの中に鶏肉、塩麹、おろしにんにく、おろししょうが、しょうゆ、とき卵、もち粉を入れてよく混ぜます。
3.②にラップをかけて、30分置いておきます。
4.中温より少し低めに熱した揚げ油で、きつね色になるまで揚げて出来上がりです。

*もち粉がないときは、片栗粉と小麦粉を3TBS(大さじ3杯)ずつ混ぜてお使い下さい。

  

手抜き?料理「サーモンのホイル焼き」

■2015年10月11日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

忙しい時、時間がないとき、料理に時間はかけられませんね?手抜き料理だから…と申し訳なさそうな声を良く聞きます、手抜き料理はいけないのでしょうか?
私の大好きな料理研究家が昔、対談でこんな事を言われました。
忙しければ料理の手は抜かざるをえませんが、これは心を抜く事ではありません、料理を簡略化すると言う意味です!!
だから、美味しくないといけません、と…
この言葉を聞いたとき、肩の荷が軽くなった、と言うか、目からうろこがおちました。
当時、私も共働きでしたから、それからと言うもの、いかに簡単に、美味しく料理を作るか?を毎日考えて来ました。
PEKOの楽々クッキング…というタイトルをつけたのもその頃です。その場の状況に応じて、どうしたら美味しく作れるか、食べられるかを工夫することは本当に大切な事です。
今日は簡単なのに、手抜き料理だと思えない「サーモンのホイル焼き」をご紹介します

《サーモンのホイル焼き》
材料(4人分)
サーモンの切り身     4切れ
玉ねぎ、厚切り輪切り   4枚
しいたけの千切り     4枚分
えのき又はしめじ     食べやすい大きさに切りひとつかみ
塩・コショー
溶けるチーズ       8TBS       大さじ8杯

マヨネーズ        4TBS       大さじ4杯
ケチャップ        4TBS       大さじ4杯
(マヨネーズとケチャップは良く混ぜておきます)
レモンスライス
*アルミ箔

作り方
1.サーモンの骨をぬいて、塩・コショーします。
2.アルミ箔に玉ねぎ、サーモン、きのこ類を順番にのせて、マヨネーズとケチャップを混ぜたものをのせ、溶けるチーズをのせて、包みます。
3.オーブンを400度(摂氏200度)に熱し、18分焼きます。
4.包み口を開いて、さらに2分焼き、きつね色の焼き色を付けます。

*ベルペッパー(ピーマン)パプリカの千切りを加えると、彩がよくなります。

     

しょうゆ「関西風うどんだし」

■2015年10月4日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

食生活が欧米化されてきても、家庭で一番多く使われる調味料は西洋料理の塩・コショーに匹敵する、しょうゆではないでしょうか?製法と品質の違いで濃口(こいくち)しょうゆ、淡口(薄口:うすくち)しょうゆ、溜まりしょうゆほか、沢山の種類がありますね!
淡口しょうゆは色がつくのをなるべく少なくするように製造されたもので、製造中に食塩を多くして、原料の熟成をゆるやかにしたり、大豆の蒸し具合を控えめにしたりして造られます。淡口しょうゆのほうが食塩が多く、エキス分は少なくなっています。色が薄く、くせがないので、調理する時材料の持ち味を生かすことができます。

《関西風うどんだし》
材料(4人分)
出汁(鰹節、昆布、あご、いりこほかお好みのものをお使い下さい)
4Cup     5カップ
淡口しょうゆ      2/5Cup    ½カップ
みりん          2TBS     大さじ2杯

作り方
1.鍋にだしを煮立てて、淡口しょうゆ、みりんを加えて煮立ったら出来上がりです。

*寄せ鍋の煮汁に、雑炊に、お雑煮にお使い下さい。中の食材の色が引き立ちます。
*年越しそばにも使えます。

    

ブルーベリー「スムージー」

■2015年9月27日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

子供の頃、アメリカの童話の中、映画の中に出てくるブルーベリーという名前に憧れました!食べてみたい…どんな味なんだろう?と想像は膨らむばかりでした。
ハワイに住むようになり、スーパーマーケットでフレッシュなブルーベリーを見つけ、子供の頃を思い出したのが、昨日の事のようです。あれから数え切れない程、作りました、ブルーベリーを使ったデザート。
ブルーベリーには、ポリフェノール成分が豊富に含まれており、青紫色の天然色素 アントシアニンは抗菌力に優れています。
忙しい朝、冷凍ブルーベリーを使ったスムージーはいかがでしょうか?

《ブルーベリースムージー》
材料(4人分)
冷凍ブルーベリー      4oz    100g
牛乳             1/2Cup  250cc
プレーンヨーグルト     2/5Cup  100cc
バナナ(小)         1本
ハチミツ又は砂糖      2TBS   大さじ2杯

作り方
1.冷凍ブルーベリー、牛乳、ヨーグルト、バナナ、ハチミツをミキサーに入れ、スムースになったら、止めてグラスに注ぎます。

     

卵「プリン」

■2015年9月20日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

卵かけご飯、すき焼きの生卵・・・本当に美味しいですね!日本の皆さんが本当にうらやましいのですが、ここハワイでは、地元の養鶏場の卵しか、生で食べられません。スーパーで普通に売られている卵は、加熱調理専用です。
卵は栄養価が高く、高質な動物性たんぱく質の食材です。ビタミンC、食物繊維は含まれていませんが、そのほかの栄養素はバランスよく含まれていますので、他の食材と合せて、上手に使ってください。
今日は卵を使ったデザート「プリン」をご紹介します。

《プリン》
材料(4人分)
卵黄       4個分
牛乳       2&2/5CUP      3カップ
生クリーム    2/5CUP        1/2カップ
さとう      8~10TBS      大さじ8~10杯
粉ゼラチン    1&1/2TBS      大さじ1&1/2杯
水        3TBS         大さじ3杯
バニラエッセンス 少々
カラメルソース
 さとう     3TBS        大さじ3杯
 水       1tsp       小さじ1杯
 熱湯      2TBS        大さじ2杯

作り方
1.水に粉ゼラチンを振りいれて、ふやかしておきます。
2.卵黄とさとうは良く混ぜて、生クリームを加え、さらに良く混ぜます。
3.鍋に牛乳を入れて火にかけ、沸騰寸前に火を止め、ふやかしたゼラチンを加え、良く混ぜます。
4.③に②、バニラエッセンスを加えてさらに良く混ぜ、一度漉します。
5.④を型に流し(4等分でも、大きな型に全部でもOKです)荒熱が取れたら、サランラップでカバーをして、冷蔵庫で一晩冷やし固めます。
6.小鍋にカラメルソースの材料のさとうと水を入れ、弱火にかけ、ふつふつと泡が出てきて、その泡が茶色になったら、熱湯を加えます。
7.型から取り出したプリンに、カラメルソースをかけて、出来上がりです。

*冷蔵庫に入れる前に、しっかりラップでカバーしないと、冷蔵庫の臭いがプリンに移りますので、気をつけてください。

    

フリーズドライ「切り干し大根の煮物」

■2015年9月13日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

皆さんは、フリーズドライはどうして開発されたかご存知ですか?
最初は抗生物質、ワクチンなどの医療薬品の保存方法として開発されたそうです。後に、1gでも軽いほうが良かった宇宙食にも利用されたそうです。
原料を切ったり、調理したあと、高い真空の中で時間をかけて乾燥させます。
熱を使って水分を飛ばし乾燥させるのと違って、栄養や香りがあまりそこなわれません。
日本では、昭和43年即席味噌汁が作られ、後に大根おろし、とろろ、ほうれん草、納豆など、次々と商品化され、現在はおふくろの味、おせち料理ほか、沢山の商品が出回っています。
今日は、ハワイに来て初めてフリーズドライの切干大根の煮物を食べた時の感動を思い出したので「切り干し大根の煮物」をご紹介します。

《切り干し大根の煮物》
材料(4人分)
切り干し大根      2oz 50g
油揚げの千切り     1枚分
にんじんの千切り    ひとつかみ
しいたけの千切り    4枚分
しょうゆ        3TBS        大さじ3杯
みりん         2TBS        大さじ2杯
さとう         1TBS        大さじ1杯
日本酒         1TBS        大さじ1杯
だし汁         2CUP        2&1/2カップ
ごま油、又はサラダオイル 1TBS       大さじ1杯

作り方
1.切り干し大根を軽く水洗いし、水につけて戻します。柔らかくなったら、水をしっかり絞って、食べやすい大きさに切ります。
2.鍋にごま油又はサラダオイルを熱し、切り干し大根を炒めます、次に、にんじん、油揚げ、しいたけを加えて、さらに炒めます。
3.②にだし汁を加え、一煮立ちしたら調味料を加え、時々かき混ぜながら、弱火で煮汁がほとんどなくなるまで、煮て出来上がり

*辛いのがお好きな方は、切り干し大根を炒める時に、ヘタと種を取り除いた鷹のつめ、赤唐辛子をお使い下さい。

    

オクラの話「味噌漬け」

■2015年9月6日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

我が家では昔から食べていたので、調べてみるまで日本の野菜と思っていましたが、日本で全国的に食べられるようになったのは、昭和50年ごろ!とのこと。
アメリカにも、西アフリカからの奴隷が移住した時に、入ってきたそうです。エジプトでは紀元前に栽培されていたそうです。
オクラを日本で始めて食べた人、レシピを作ってくれた人に感謝します。
オクラにはカロテン、食物繊維、「ねばねば」成分が豊富に含まれています。この「ねばねば」の正体は、ペクチンという食物繊維や、ムチンという糖たんぱく質などで、たんぱく質の吸収を助け、整腸作用があります。
表面の産毛がしっかり生えているものが新鮮です。あまり大きいものは固いので気をつけてください。生、サッと茹でて和え物、酢の物、炒め物、煮込み料理、天ぷらほか、世界中で食べられているオクラ、今日は味噌漬けを紹介します。

《オクラの味噌漬け》
*材料*
オクラ          8本
みそ           2/3LB       300g
さとう          5TBS       大さじ5杯
みりん          3TBS       大さじ3杯
塩            少々

作り方
1.オクラはヘタを薄くそぎ、塩少々でもんで、水洗いし、ペーパータオルで水気をしっかりふき取ります。
2.みそ、さとう、みりんを良く混ぜ、①のオクラに塗りつけ,ジップロックに入れて空気を抜き、冷蔵庫で一晩漬け込みます。
3.次の日、周りのみそを手で丁寧にそぎ取り、水洗いして、出来上がりです。

*合せみそは2~3回使えます。
*次の日が美味しいので、食べる分だけつけてください…

    

きゅうりについて「きゅうりのナンプラー漬け」

■2015年8月30日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

きょうも、一年中手に入る夏野菜?のお話です。
サラダ、炒め物、漬物、酢の物ほか大活躍のきゅうりですが、きゅうりの約96%は水分なので、ビタミン、他の栄養素はあまり含まれていませんが、カリウムを多く含んでいるので、利尿作用、熱を下げる作用があります。暑い夏、体がむくんだり、だるかったり…熱っぽかったりする時に、これらを解消する助けになりますので、ぜひ取り入れてください。すりおろしたり、みじん切りにしたり、輪切りにしてパックに使う方もいらっしゃいます。ひんやりして、肌も引き締まると言われていますが、使った後、しっかり洗い流さないと、しみの原因になるそうですので、気をつけてくださいね!今日は《きゅうりのナンプラー漬け》をご紹介します。

《きゅうりのナンプラー漬け》
*材料*
きゅうり(中)       4本
鷹のつめ(赤唐辛子)    1~2本
漬け汁
 ナンプラー(フィッシュソース)   3TBS     大さじ3杯
 水                 4/5CUP    1カップ
 日本酒               2TBS     大さじ2杯
 さとう               1~2tsp  小さじ1~2杯
 
塩                  少々

作り方
1.きゅうりは塩少々を振って板ずりをし、水洗いをしてペーパータオルで水気をふき取ります。両端を切り落とし、半分にして、軽くたたいたり、蛇腹に切ったりします。
2.鷹のつめはへたと種を取り半分におります。漬け汁の材料を合わせて、ジップロックに入れ、空気を抜いて、一晩冷蔵庫で漬け込みます。

*どんなお料理にも合いますので、お試し下さい。
*2日以内にお召し上がり下さい、あまり長くつけると、水っぽくなり、美味しくなくなります。
*新鮮な赤や緑のチリ、唐辛子が手に入ったら、輪切りにして一緒につけても美味しいですが、辛さがずいぶん違いますので、調節してください。

      

マンゴーについて「マンゴースムージー」

■2015年8月23日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ハワイにはマンゴーの木が沢山あります。マンゴーはビタミンA、成人病予防に効果のあるベータカロチン・ビタミンC、葉酸が沢山含まれています。青いうちはビタミンCの含有量が多く、熟してくるとベータカロチンが増してきます。消化を助ける酵素も含まれています。しかし、漆と同じくかぶれたり、痒くなったりする人もいますので気をつけて下さい。

《マンゴースムージー》
材料(4人分)
マンゴーの皮を剥き一口大に切って冷凍したもの
又は市販の冷凍マンゴー  8オンス   200g
プレーンヨーグルト      4/5cup   200cc
牛乳               4/5cup   200cc
ハチミツ又は砂糖      3TBS     大さじ3杯

作り方
1.材料全てをミキサーにかけます。

*あらかじめ冷凍してあるので、氷は不要です。

     

ワカメについて「ワカメのスープ」

■2015年8月16日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ハワイの和食レストランに行くと、まず、ご飯・ワカメと豆腐のみそ汁、漬物が出てきますので、びっくりされた方も多いのではないでしょうか?韓国レストランに行くと牛肉とワカメのスープが出てきます。韓国では女性が妊娠したり、出産するとワカメスープを沢山食べる習慣があるそうです。ワカメの栄養素の中で注目されているのは食物繊維セルロースと同じく食物繊維アルギン酸が含まれていると言うことです。カロリーも少なく満腹感もあり、食物中の塩分を体外に排出する働きもあります。みそ汁の具にワカメ、理にかなっていますね。

《ワカメのスープ》
材料(4人分)
乾燥刻みワカメ     4TBS   大さじ4杯
牛バラ肉        1/2LB    230g

下味
醤油          1TBS   大さじ1杯
にんにくのすりおろし  少々
塩・胡椒
ネギの小口切り     少々
ダシ汁         3 1/5cup 800cc

塩           1TSP   小さじ1杯
ごま油         少々
白煎りゴマ       少々

作り方
1.牛肉は小さく切り、下味を揉み込みます。
2.ワカメは水で戻し、しっかり絞って水気を取ります。
3.鍋にだし汁を入れて火に掛け、沸騰したら①の牛肉を入れて、中火でアクを取りながら煮て、火が通ったらワカメ、塩、ゴマ油を加えて味見をします。
4.③に青ネギを加え、ボールに入れ、白ゴマを振って出来上がりです。

   

豆腐について「冷凍豆腐のもち粉揚げ物」

■2015年8月9日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

豆腐は体のもとを作るたんぱく質、エネルギー源となる脂質、骨や歯を作るカルシウム、動脈硬化を予防するリノール酸、腸の働きを整えるオリゴ酸、女性ホルモンの働きを助けるイソフラボン、そして、サポニン・レンチンなどの栄養素が含まれています。低カロリー、安い、1年中どこでも買えると主婦の強い味方です。そのまま食べたり、みそ汁の具・鍋物の具に使われる事が多い豆腐ですが、今日はちょっと意外な調理法をご紹介したいと思います。

《冷凍豆腐のもち粉揚げ物》
材料(4人分)
冷凍豆腐を冷蔵庫で自然解凍したもの   2丁
もち粉          10TBS
(上新粉、片栗粉などでも)                   
揚げ油

漬け汁
醤油          3TBS   大さじ3杯
みりん         3TBS   大さじ3杯
おろし生姜       1かけ分
おろしニンニク     1かけ分

作り方
1.豆腐は大きめに切り、一晩冷凍させ、その後冷蔵室で自然解凍します。
2.少し水気を切ってから、あらかじめ準備した漬け汁と合わせます。
3.汁気を切ってから、もち粉をまぶして、油でカラッと揚げます。

*冷めてもおいしいので弁当のおかずにも。

     

バナナの栄養バランス「バナナパンケーキ」

■2015年8月2日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ハワイには沢山のバナナの木があります。チャイナタウンの市場、ファーマーズマーケットにもいろいろな種類のバナナが売り出されていますので、ご覧になった方も多いと思います。ちなみに私はアップルバナナが大好きです。
バナナはカロリーが多いから太るので食べない!と若い女性が言われたのを聞いて、びっくりしました。
昔はとても高価で病気のお見舞いに持って行きましたね!だから、栄養が沢山、カロリーが高い、太る、と誤解されているのかもしれません。
バナナのカロリーは1本食べても、お茶碗1/2杯のご飯や、食パン1/2枚と同じぐらいのカロリーですし、食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富な、栄養バランスの取れた食べものです。血液や筋肉を作るエネルギーの基となるたんぱく質があり、また免疫機能を健全に保ち、むくみの予防や筋肉機能の調整をするマグネシウムはキウイの3個分含まれていますので、ぜひ食生活に取り入れてくださいね!

《バナナパンケーキ》
材料(4人分)
バナナ        2本
卵          2個
牛乳         5/2CUP       1/2カップ
小麦粉        4/5CUP       1カップ
ベーキングパウダー  1tsp       小さじ1杯
サラダオイル

作り方
1.小麦粉とベーキングパウダーをふるいにかけておきます。
2.ボールにバナナを入れて、荒くつぶし、とき卵、牛乳を加えて混ぜます。
3.②に①を入れて、練らないように全体を混ぜます。
4.フライパンにサラダオイルをひいて、中温の油で③の生地を両面きつね色になるまで焼いて出来上がりです。

*メープルシロップ、ハチミツ、粉砂糖を振ってお召し上がり下さい。
*バナナは少し固めを使うと、歯ごたえも楽しめます
*熟したバナナを使うと、モッチリしたパンケーキになります。

    

野菜の中に含まれるビタミン「野菜たっぷりカレー」

■2015年7月26日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

野菜にはたくさんビタミンが含まれています。でも、忘れてはいけないのは、先週もお話したように収穫前のビタミンの量と、収穫後のビタミンの量は大きく違ってくると言う事、収穫後はビタミンが日ごと減ってくると言う事です。
ビタミンCの場合、室温で保存すると3日で50%ぐらい、1週間で10%ぐらいしかビタミンCが残っていなかった野菜もあるそうです。
ビタミンB1は保存方法で減りますし、ビタミンB2は日光に当たると壊れます。
冷蔵庫で保存するとか、必要な量だけ買って、早く食べ切るのが一番と言えるのではないでしょうか?

《野菜たっぷりカレー》
材料(4人分)
牛肉ひき肉       2/3LB          300g
玉ねぎのみじん切り   1個分
セロリのみじん切り   1本分
ピーマン(ベルペッパー)のみじん切り   1個分
トマト(大)みじん切り  2個分
しょうがのみじん切り   2かけ分
にんにくのみじん切り   2かけ分
カレー粉         2TBS     大さじ2杯
ケチャップ        3TBS     大さじ3杯
ビーフブイヨンキューブ   1個
フィッシュソース(ナンプラー)1TBS    大さじ1杯
バター・サラダオイル    各1TBS   各大さじ1杯
塩・コショー        少々

作り方
1.鍋にバターとサラダオイルを入れて弱火にかけ、にんにくのみじん切りを炒めます。
2.香りが出てきたらしょうが、セロリ、玉ねぎ、ピーマンを玉ねぎが透明になるまで中火で炒めます。
3.①にトマトを加え、さらに炒め、ひき肉を加え、ひき肉の色が変わったら、塩・コショーし、カレー粉、ケチャップ、ブイヨン、フィッシュソース、水2CUP(2&1/2カップ)を加えて、水気が半分になるまで、弱火で煮込みます。

*暖かいご飯にかけて召し上がってください
*半分に切った半熟卵をそえても…
*パンにも良くあいます。

      

トマトのビタミンC「トマトと鶏肉のサラダ」

■2015年7月19日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

トマトのビタミンCはトマトを生で食べる時も、加熱して食べる時も、壊れる事も余りなく、安定しています。
多くの野菜、例えばほうれん草などは、収穫して3日も経つと、ビタミンCが半分以下になると言われています。
トマトジュースは完熟トマトを収穫して、すぐ加工される事が多いので、野菜不足のときは、トマトジュースを飲んだり、料理に使ったりして、一日に必要なビタミンCを摂って下さい。ビタミンAもブロッコリー1個と同じぐらい含まれているそうです。

《トマトと鶏肉のサラダ》
材料(4人分)
トマト(大)  1個
鶏胸肉     1枚
きゅうり    1本
レタス     5枚
玉ねぎ(小)  1/2個
にんじん(小) 1本
香草      2~3本
しその葉    5枚
フレッシュミント 少々

ドレッシング
  レモンの絞り汁   1個分
  フィッシュソース   2TBS   大さじ2杯
  さとう       少々
  サラダオイル又はオリーブオイル 1TBS  大さじ1杯
  
刻みピーナッツ   2~3TBS   大さじ2~3杯
(好みで赤唐辛子)

作り方
1.鶏胸肉は茹でて、茹で汁につけたまま冷まし、手で裂いておきます。
2.トマトは好みの大きさに切り、にんじんは皮をむいて千切りに、きゅうりは皮を所々むいて輪切りに、レタス、香草の茎の部分は刻み歯の部分、しその葉は手でちぎります。
3.ボールの中にドレッシングの材料を入れ、味を見て調整し、水気をきった鶏肉、野菜をあわせて、全体を混ぜ皿に盛ります。
4.刻みピーナッツを上に振りかけて出来上がりです。

*刻みピーナッツを少量のサラダオイルできつね色になるまで炒めて使うと香ばしさが増します。
*赤唐辛子は好みで…

    

手に入りやすい魚「サーモンの味噌マヨ焼き」

■2015年7月12日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

一年中手に入りやすい魚の代表はサーモンではないでしょうか?ここハワイにもアラスカから、立派なサーモンが入ってきます。ハワイで大流行の回転寿司でも、生、揚げ物、焼き物でサーモンが大活躍しています。
先週魚を食べて健康に…とお話しましたが、サーモンの脂には、血栓症、動脈硬化を予防する働きもあり、含まれているたんぱく質は吸収も良く、ビタミンも含まれているので、ぜひ食べていただきたいと思います。
今日はサーモンの焼き物をご紹介します。

《サーモンの味噌マヨ焼き》
材料(4人分)
サーモン切り身(少し厚めに切ったもの) 4枚
マヨネーズ    8TBS       大さじ8杯
みそ       3TBS 大さじ3杯
しょうゆ     1TBS       大さじ1杯
*付け合せの好みの野菜

作り方
1.マヨネーズとみそ、しょうゆを良く混ぜます。
2.オーブンを400度(摂氏200度)にセットします。
3.天板にクッキングシート又はアルミホイルを敷き、サーモンの切り身を並べ、①を塗り、約8~10分(サーモンの厚みで焼き時間は変わってきます)焼き、美味しそうな焼き色がつき、サーモンに火が通ったら、出来上がりです。

     

魚を食べて健康に「あじの焼きびたし」

■2015年7月5日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

魚の下ごしらえが面倒、子供が食べない、においがダメ!と魚を食べない人が多くなってきたと聞きました。もったいないですね!
魚は人間が体を健康に保つために必要な栄養が沢山含まれていて、中には魚からしか摂れない栄養も沢山あります。もう一度、魚を見直してみませんか?
魚には老化を防ぐ、がん予防に効果があると言われるビタミン、そして骨を強くするカルシウムが沢山含まれていることは皆さん良くご存知ですね、そのほか
DHA(脳細胞、神経組織の発育、機能維持に必要な成分)
IPA(血液をサラサラにする働きがある成分)
タウリン(血圧を正常に保ち、肝臓の解毒作用を助ける成分)
を魚を食べる事によって、摂ることができます。魚を食べて健康な体を維持しましょう!

《あじの焼きびたし》
材料(4人分)
あじ          4尾(小さければ8尾)
塩           少々
しょうがの薄切り    2~3枚
タレ
 日本酒        1/2Cup
 しょうゆ       1/2Cup
 水          1/4Cup
*好みでピーマン、パプリカなど…

作り方
1.小鍋に日本酒を入れて火にかけ、沸騰させアルコールを飛ばして、しょうゆ、水を加え、しょうがの薄切りを加えてタレを作ります。
2.あじは薄く塩を振って、グリル又は焼き網で焼きます。
3.焼きあがったあじをタレに浸して出来上がりです。

*好みでタレの中に梅干を入れても美味しいです。
*日本酒をみりんに変えると、甘辛になります。
*ピーマン、パプリカの軸と種を取って大きめに切り、焼いてタレをくぐらせ、一緒に盛り付けると、見た目もきれいです。

      

移民②「牛肉のレタス包み」

■2015年6月28日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

前回もお話しましたが、ハワイには、日本からだけではなく、中国、ポルトガル、ドイツ、ノルウェー、スコットランド、プエルトリコからも多くの人たちが移住して来ました。現在は韓国、ベトナム、タイ、インド他から増え続けています。その為、この小さな島で世界中の本場の味を楽しむ事ができます。チャイニーズレストランに行くと多くの人が注文しているメニューの一つに、“豚ひき肉のレタス包み”があります。
今日は牛肉を使ったレシピでご紹介しますが、もちろん、豚ひき肉を使って作られても美味しいです。

《牛肉のレタス包み》
材料(4人分)
牛肉薄切り           2/3LB      300g
(下味)
 砂糖             1tsp    小さじ1杯
 片栗粉            2tsp    小さじ2杯
 日本酒            2TBS     大さじ2杯
 水              3TBS     大さじ3杯
 しょうゆ           2tsp    小さじ2杯
 サラダオイル         2tsp    小さじ2杯
レタス又はサラダ菜
キューリ
トマト
 (ソース)
  オイスターソース      2TBS     大さじ2杯
 しょうゆ           1tsp    小さじ1杯
 片栗粉            1tsp    小さじ1杯
 さとう            1tsp    小さじ1杯
 ごま油            1tsp    小さじ1杯
 コショー           少々
 水              2TBS      大さじ2杯

作り方
1.牛肉は食べやすい長さに切り、下味の材料合わせた中に入れ、手でよくもみこみます。
2.レタスはヘタをとり、一枚ずつはがして、氷水につけ、水気をペーパータオルでしっかりふき取ります。
3.きゅうりは太目の千切り、トマトは薄切りにして置きます。
4.ソースの材料を良く合せておきます。
5.フライパンにサラダオイル(分量外)を入れ、火にかけ、すぐに(油がまだ熱くならないうち)①の牛肉を入れて箸でさばきながら炒めていきます。牛肉の色が変わったら、合せておいたソースを加え、一煮立ちしたら出来上がりです。
6.皿にそれぞれきれいに盛りつけ、レタスで牛肉、きゅうり、トマトを巻いて食べます。

*豚のひき肉、みじん切りのしいたけ、たけのこを同じように炒めても美味しいです。

                   

移民①「いきなり団子」

■2015年6月21日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

1868年以降、サトウキビ畑、製糖工場で働くために、日本からハワイに沢山の人が移住しました。山口、広島、熊本、福岡の方が多かったそうです。方言、郷土料理ほか、今でも使われているもの、食べられているものが沢山あります。そんな私達の先輩が作り始め、子や孫に伝わり今でも良く目にするデザート、熊本の“いきなり団子”を今日はご紹介します。

《いきなり団子》
材料(4人分)
さつまいも         1本
*皮をむき8枚にスライスして水につけておく
小麦粉           4/5CUP      1カップ
塩             1tsp     小さじ1杯
お湯            1/2CUP      2/3カップ
餡             適宜
きな粉+砂糖        適宜

作り方
1. ボールに小麦粉を入れ、お湯に塩を加えたものを加えながら、箸で混ぜ、まとまってきたら、箸で8等分します。
2. さつまいもの水気をペーパータオルでふき取り、餡を好みの量塗ります。
3. サランラップに①の1/8量の生地を広げ、餡を塗ったほうを下にして生地の上にのせます。
4. ラップの4つの角を合わせ、絞りながら生地をさつまいも全体にいきわたらせ、輪ゴムで口をしっかり止めます。
5. 鍋にお湯を沸かし、④を入れて、さつまいもに火が通るまで茹でて出来上がりです。
6. お好みで、きな粉をかけて食べても美味しいです。

*茹でる、蒸す、揚げる…と家庭によってレシピが色々あります。
*紫芋で作ってもきれいです。

           

ニンジン「キャロットカップケーキ」

■2015年6月14日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ビタミンA、カロテン、カリウム、食物繊維が沢山含まれているニンジン。一年中手に入り、色もきれいなので、和食、洋食、中華料理他に沢山使われます。さらに、カロテンは火を通したほうが吸収がよくなるのでどんな調理法にも応用できます。生のニンジンは大好物!火の通ったニンジンは大の苦手の私が、今日ご紹介するのはニンジンを使ったデザート、キャロットカップケーキです。

《キャロットカップケーキ》
材料(4人分)
ニンジン        1/3LB       150g
卵           1個
ハチミツ        5~7TBS     大さじ5~7杯
小麦粉         1/3LB       150g
ベーキングソーダ    1tsp      小さじ1杯
(重曹)
レーズン        適宜
バター         適宜
塩           少々

作り方
1. ニンジンを洗いすりおろし(鬼おろしで荒くしてもOKです)水気を軽く絞ります。
2. レーズンはぬるま湯で洗い、大きいときはきざみます。
3. ボールに卵とハチミツを入れ、良く混ぜます。
4. ③の中に①のニンジンと塩少々加え、さらに混ぜます。
5. 小麦粉とベーキングソーダをふるいにかけ、④のボールに加え、練らないように、木じゃくしで切るように混ぜます。
6. ⑤に②のレーズンを加え、軽く混ぜて、型に流し、350度、摂氏170度のオーブンで15分から20分、竹串をさして何もついてこなくなるまで焼いて出来上がりです。

          

トマトが赤くなると医者が青くなる?「丸ごとトマトのサラダ」

■2015年6月7日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

トマトが赤くなると、医者が青くなると言うことわざが欧米にあります。トマトが赤く熟す頃、沢山食べると健康体になり、病院に行かなくてもよい、お医者様が儲からないと言う意味があるそうです。
体に溜まると、生活習慣病になると言われている“活性酸素”を赤いトマトに含まれる“リコピン”が取り除いてくれるからとか。今日はハワイのレストランのメニューにもある、丸ごとトマトのサラダの作り方を紹介します。

《丸ごとトマトのサラダ》
材料(4人分)
赤いトマト(大)       1個
塩・コショー         少々
砂糖             少々
(ドレッシング)
 生クリーム         3TBS      大さじ3杯
 マヨネーズ         2TBS      大さじ2杯
 オリーブオイル       1TBS      大さじ1杯
レモンの絞り汁       ¼個分

作り方
1. トマトは芯の部分を取り除き、4等分します。一切れずつ、包丁で2~3箇所切り込みを入れ、砂糖、塩、コショー少々ふり、冷蔵庫で冷やしておきます。
2. ボールに生クリームをいれ、泡立て器でとろみがつくまで良く混ぜ、残りの材料を入れて混ぜます。
3. 皿にドレッシングを敷き、①のトマトを元の丸い形に整え、盛り付けます。
4. 彩りに、パセリ、キュウリ他添えてください。

           

お肉のカロリーカット「アドボ」

■2015年5月31日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

肉を茹でたり煮たりすると、アクと一緒に脂肪が沢山出てきます。調理しながら、浮いてくる脂をアクと一緒にすくって捨てます。その後、冷まして冷蔵庫に入れて冷やし、脂を固めて取り除くと、カロリーを約4割ダウンできると言われています。蒸す方法も全体を時間をかけて加熱するので、内部の脂肪を取り除くのに効果的です。
ハワイの代表的な肉料理“カルアピッグ(豚の丸焼き)”“ラウラウ(豚肉、鶏肉、魚の蒸した物)”も理にかなっています。
今日はハワイでよく作られるフィリッピンの家庭料理 “アドボ”をご紹介します。日本の肉じゃがのようなおふくろの味で、家庭によって味付けも、作り方もさまざまです。
《アドボ》
材料(4人分)
豚肉の塊       1LB       450g
鶏手羽元       8本~12本
じゃがいも      4個
玉ねぎ        1個
にんにく       1かけ
ベイリーフ      1枚
黒コショー
しょうゆ       1/4CUP       ¼カップ
酢          1/2CUP       ½カップ
水          1/4CUP       ¼カップ
ブラウンシュガー   5~7TBS     大さじ5~7杯
ナンプラー      2TBS     大さじ2杯
作り方
1. 大きな鍋にお湯を沸かし、沸騰したら大きめに切った豚肉、鶏手羽元を入れて、一煮立ちさせ、ザルに揚げて水気を切り、冷まします。
2. じゃがいもは皮をむいて大きめに切り、たまねぎは半分に切ってスライスします。
3. 鍋に皮をむいてつぶしたにんにく、ベイリーフ、黒コショー、しょうゆ、酢、ブラウンシュガー、ナンプラーを入れ、①②を加え、全体を混ぜて、30分から1時間置いておきます。
4. ③を火にかけ、分量の水を加え、浮いてくるアクを取りながら、弱火でコトコト煮汁が半分以下になるまで煮ます。

*砂糖を使わず、蜂蜜、みりんを使う家庭もあります。
*豚肉だけ、鶏骨付き肉のぶつ切り、レバーなどでも
 美味しく作れます。
*お好みでしょうがのぶつ切りを加えても…

          

ココナッツオイルとマカデミアナッツオイル「チキンイエローカレー」

■2015年5月24日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

日本からのお客様をお土産ショッピングにご案内しました。
3組続けて「バージンココナッツオイルを買いたいのですが…」と言われ、お話を聞くと、今日本では大ブームとの事。料理に使ってもよし、お肌にも、髪の毛にもいい、どこかで聞いた事があるような…
思い出しました!マカデミアナッツも確か同じように、お料理に、お肌に、髪の毛に良かったはず、どこが違うのだろう?
ハワイでは昔から、どちらのオイルも、料理に使ったり、お肌に塗ったり、髪を洗う時に使われていますが、そんなにブームになっていません。調べてみて、理由がわかりました!
マカデミアナッツオイルは、オリーブオイルより優れているとの研究がハワイでされましたが、ココナッツオイルは消化吸収が早く、体に蓄積されにくく、すでについている体脂肪も燃焼させてくれる…
早速私も買いました!!
悪玉コレステロールを減らしてくれる、マカデミアナッツオイルも、捨てがたい!!!
今日はココナッツオイルを使って作る、チキンイエローカレーを紹介します。

《チキンイエローカレー》

材料(4人分)
鶏もも肉       1/2LB          230g
しょうがのみじん切り   1かけ分
にんにくのみじん切り   1かけ分
玉ねぎ          ½個
にんじん         ½本
なす           1本
水            4/5Cup        1カップ
ココナッツオイル     2TBS         大さじ2杯
塩            少々
カレー粉         1TBS         大さじ1杯
ココナッツミルク     4/5Cup         1カップ
ナンプラー        1&1/2TBS       大さじ1杯半

作り方
1.玉ねぎは皮をむき大きめに切り、なすは洗ってヘタをとり、斜め切りにします。にんじんもなすと同じぐらいの大きさに切ります。
2.鶏肉は一口大に切ります。
3.鍋にココナッツオイルを入れ、しょうが、にんにくを加えて火にかけ、香りが出てきたら、カレー粉を入れてよく混ぜ、鶏肉をきつね色になるまで炒め、残りの野菜を加えてさらに炒めます。
4.③にココナッツミルクを入れ、一煮立ちしたら、水を加え、ナンプラー、塩で味を整え、にんじんに火が通ったら出来上がりです。

*味見をして、ナンプラー、カレー粉を加えて味を調節してください。
*隠し味に砂糖を少々加えても…

            

ハワイ料理「ロミロミサーモン」

■2015年5月17日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ハワイのローカルフードをハワイ料理と言います。ポリネシア料理と同じようなものが多いので、ポリネシア民族の移民と共にハワイに渡ってきたと言う説もあります。
今では沢山の国の移民が伝えたものも、ハワイ料理と呼ばれています。
作り方もほとんど変わらず伝えられている料理の代表的なものは、
*カルアピッグ(豚の丸焼き)
*ポイ(タロイモを蒸してつぶしたもの)
*ラウラウ(豚肉、鶏肉、魚をタロイモの葉で包み、さらにティーリーフで包んで蒸したもの
*ポケ(生のまぐろやかつおを角切りにし、海藻、青ねぎ、胡麻、しょうゆなどであえた物)
*ピピカウラ(牛肉の干し物)
*ハウピア(ココナツミルクで作るデザート)
*ロミロミサーモン(生鮭を塩でしめて、小さく切り、マウイオニオン、トマト、青ねぎなどと一緒に混ぜ、ハワイアンソルトで味付けしたもの)
などがあります。
ルアウショーに行くと、豚の丸焼きを見せてくれたり、ポイを食べさせてくれたりしますので、一度は行って頂きたいと思います。
今日はスモークサーモンを使って簡単にできるロミロミサーモンの作り方をご紹介します。

《ロミロミサーモン》
材料(4人分)
スモークサーモン(厚切り)      2/3LB   300g
玉ねぎ(みじん切り)         ½個分
青ねぎ(小口切り)           1/4Cup  ¼カップ
トマト大き目のみじん切り        1個分
ハワイアンソルト(なければ自然塩)   少々

作り方
ボールに材料を全部いれ、製氷皿の氷を1個加え、塩少々振って、全体をロミロミ(もみもみ)します。

*良く冷やしてお召し上がり下さい。
*お好みで、ベルペッパー(ピーマン)きゅうりのみじん切りを加えても。
*オリーブオイルを少々加えるレシピもあります。
*レモンカップに入れると、彩りも鮮やかです。

          

成人病の予防はできる「豚肉の味噌煮」

■2015年5月10日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

歳を取ったのだから、成人病になるのは仕方ない!と思っていませんか?
栄養のバランスの良い食事を摂る事で、成人病の予防ができる、改善ができると言われています。
そこで思い出していただきたいのが、ま・ご・は・や・さ・し・い
という言葉です。栄養のバランスのよい食事とは、一日に摂らなければいけない栄養素である、体作りに使われるたんぱく質、エネルギーになる糖質、脂質(脂肪)、代謝をスムースにするミネラル、ビタミンを含んだ食事を摂ることです。
沖縄では“滋養”という言葉が良く使われるそうです。沖縄出身の方に教えていただいた、豚肉の味噌煮をご紹介します。

《豚肉の味噌煮》
材料(4人分)
豚三枚肉塊          1LB        450g
出汁昆布           5インチ      10cm
焼き豆腐           1丁
白菜又は青菜         10oz       250g
大根             1LB        450g
出汁             3&1/5Cup     4カップ
味噌             1/4LB        110g
日本酒            2TBS       大さじ2杯
砂糖             少々
しょうゆ           1tsp      小さじ1杯
作り方
1.たっぷりのお湯を沸かし、豚肉を塊のまま入れて2~3分茹で、ザルにあげます。豚肉は水洗いし、空の鍋に入れ、水を豚肉がかぶるまでいれ、火にかけて、沸騰してきたらあくを丁寧に取り除き、弱火でコトコト1時間煮て、箸がすーっと通るようになったら、火から下ろし、そのまま冷まします。
2.上に固まった油は取り除きます。豚肉を取り出し、大きめに切ります。茹で汁は捨てないように…
3.昆布ははさみで大きめに切り、水につけて戻します。
4.大根は皮をむいて大きめに切ります。
5.白菜又は青菜は洗って大きめに切ります。
6.焼き豆腐は豚肉の大きさに合わせて切っておきます。
7.鍋に豚肉の茹で汁、出汁、昆布の戻し汁を合わせて6&2/5CUP(8カップ)にしたものを入れて、豚肉、大根、昆布を入れ、味噌の半量、日本酒、砂糖、しょうゆを加え、落し蓋をして、弱火でコトコト、大根が柔らかくなるまで煮ます。
8.大根が柔らかくなったら、焼き豆腐、白菜又は青菜を加え、残りの味噌を出汁でといて、加え、白菜が煮えたら出来上がりです。

      

バランスの取れた食事は美味しくない?「鶏のから揚げ」

■2015年5月3日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

バランスの取れた食事は美味しくない…という方がいるようです。
そうでしょうか? 考えすぎて、食べる事を楽しんでいないからではないでしょうか?栄養素ばかりを考えるなら、一日に必要な栄養素が含まれたドリンクを飲めばよい、という事になりますが、それでは、食べる事を楽しめませんね!
忙しくても、時間がなくても、ちょっとした工夫で、バランスの取れた、美味しい食事を楽しく食べたいと思います。体重や体調と相談しながら、バランスの良いものを食べたいものです。
そのためには、子供のうちから、食べる事は楽しいよ!とおしえてあげましょう。

《鶏のから揚げ》
材料(4人分)
鶏胸肉          2/3LB      300g
下味
日本酒          1tsp    小さじ1杯
しょうゆ         1tsp    小さじ1杯
片栗粉          1tsp    小さじ1杯
塩            少々
卵            1個
片栗粉          適宜
揚げ油          適宜
作り方
1.鶏肉を一口大に切り、ボールに入れ、日本酒、しょうゆ、片栗粉、塩を加え、手でよくもみこみ、ジップロックに移して2~3時間冷蔵庫に入れておきます。
2.①をボールに入れ、とき卵を加えて手でよく混ぜ、片栗粉を薄くまぶして、中温の油で揚げます。

*生野菜と一緒にこのまま食べても美味しいのですが、たっぷりの大根おろしを鍋に入れ、めんつゆを加えて一煮立ちさせ、から揚げを入れて、味を絡めても美味しいです。
*千切りのにんじん、しいたけ、絹さやを加えると、彩りも良くなります。

     

カルシウム「ブロッコリーグラタン」

■2015年4月26日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

人間の体のカルシウムは99%骨にあります。残りの1%は体液や細胞の中にありますが、この1%がとても大切で、足りなくなると、骨を溶かして補うそうです。骨を溶かさないように、しっかりカルシウムを摂りましょう!今日はカルシウムが沢山取れるレシピ、ブロッコリーグラタンをご紹介します。

材料(4人分)
ブロッコリー(大)    1/2個
マッシュルーム(大)   5個
スライスハム       4枚
溶けるチーズ       5TBS      大さじ5杯
卵            2個
生クリーム        4/5CUP     1カップ
牛乳           5TBS      大さじ5杯
塩・コショー       少々

作り方
1.ブロッコリーは食べやすい大きさに切り、サッと茹でます。
2.マッシュルームは薄切りにします。
3.ロースハムは短冊に切ります。
4.耐熱容器に薄くバター又はサラダオイル(分量外)を塗り、ブロッコリー、マッシュルーム、スライスハムをバランスよく入れます
5.生クリーム、牛乳、卵を良く混ぜ、塩・コショーし、④の上から流し入れ、溶けるチーズを散らし、400度(摂氏200度)のオーブンで約20分焼いて出来上がりです。

*シンプルな一品ですが、肉・魚料理の付け合せに…

           

ま・ご・は・や・さ・し・い「五目豆」

■2015年4月19日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

皆さんは、ま・ご・は・や・さ・し・い、という言葉を聞かれた事がありますか?
これは、体に良い食材の頭文字を集めたものです。
ま・・・豆、豆製品
ご・・・胡麻、ナッツ類
は・・・わかめ、他海藻
や・・・野菜
さ・・・魚介類
し・・・しいたけ、他きのこ類
い・・・いも類
これらをバランスよく摂れば、体によいとの事、食材のお買い物に行かれたら、この言葉を思い出してくださいね!
今日は、五目豆のレシピをご紹介します。

材料(4人分)
大豆        10oz 250g
にんじん      1/2本
干ししいたけ    4枚
こんにゃく     1/2枚
ごぼう       1/2本

出汁        2&2/5CUP    3カップ
しょうゆ      5TBS       大さじ5杯
さとう       2TBS       大さじ2杯
みりん       3TBS       大さじ3杯

作り方
1.大豆は軽く水洗いし、たっぷりの水につけて一晩戻し、ふっくらしたら、ざるに揚げて水気をきります。
2.にんじん、戻した干ししいたけ、こんにゃく、ごぼうを、大豆の大きさに合わせて、角切りにします。
3.こんにゃくは、鍋に入れて、乾煎りします。
4.鍋に出汁、さとう、しょうゆ、みりんを入れ、①の大豆を入れて火にかけ、煮立ってきたら弱火にして、あくを丁寧にとりながら、蓋をして、大豆が煮えるまで、コトコト(煮汁が少なくなったらお水を足して)煮て出来上がりです。
5.煮汁につけたまま、一晩置くと、より美味しくなります。

*一晩水につけた大豆を、最初に茹でてから煮る方法、大豆の水に缶を使う方法もあります。

      

豆腐ドーナツ

■2015年4月12日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

前々回(3月29日)放送の「ハワイほろほろガイド」でも話題にしましたが、ハワイには美味しいお豆腐やさんがあり、人種を問わず、沢山の人がそのまま食べたり、お料理に使ったりしています。最近ポットラックパーティー(持ち寄りパーティー)に行くとお豆腐を使ったデザートを持ってくる方もいて、ラジオのクッキングショー、デモンストレーションなどで、お豆腐をつかったレシピを紹介している私としては、うれしい限りです。
昔からお豆腐を沢山食べていた所は、長寿の方が多いといわれています。良質たんぱく質を多く含み、古くからある健康食品の代表のお豆腐を使ったデザート、豆腐ドーナツをご紹介します。

材料(4人分)
絹ごし豆腐        ¼丁       1/3丁
とき卵          1個分
牛乳           2TBS      大さじ2杯
溶かしバター       2TBS      大さじ2杯
ホットケーキミックス   8oz      230g
揚げ油 
粉砂糖・アイシング他

作り方
1. ボールに絹ごし豆腐、とき卵、牛乳、溶かしバターを加えて良く混ぜます。
2. ①の中にホットケーキミックスを加えて混ぜます。生地がゆるいときはホットケーキミックスを、固い時は牛乳を加えて調節します。
3. 中温に熱した油の中に、スプーン2本を使って、又は小さめのアイスクリームスクープで落とし、きつね色になるまで揚げます。
4. 冷めてから、茶漉しで粉砂糖を振りかけたり、粉砂糖をレモンの絞り汁、又は牛乳で緩めたものを上からかけて出来上がりです。
*生地の中には砂糖が入っていませんので、溶かしたチョコレートをデップしても良いでしょう。

                

ケールチップ

■2015年4月5日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

ハワイの町を歩くと、必ず目に入るのがコーヒー専門店とジュース専門店、私も一日に一度はコーヒーショップに行きます。最近気がついたのですが、アサイボールと並んで人気があるのが、緑色の飲み物…
KALE(ケイル)を使った、ジュースやスムージーです。スーパーマーケットの野菜売り場に山のように積まれています、皆さん、ご覧になった事ありますか? 日本では青汁の材料として有名だと聞きました。
ハワイではスムージー、ジュースでも飲みますが、チップを作って食べたり、サラダを作ったり、スープを作ったり、お料理にも使います。
栄養素も食物繊維も沢山含まれていますので、生活習慣病の予防、改善、老化予防に効果的だといわれています。
サラダにも使いますが、少し癖があるので、コツを知り、レタスと言うより、キャベツと同じように使うと良いでしょう。
今日は簡単にできる ケールチップの作り方をご紹介します。

材料(4人分)
ケイル          4枚
オリーブオイル      1TBS      大さじ1杯
コショー         少々
ガーリックパウダー    少々
塩            少々

作り方
1.オーブンを350度(摂氏175度)にセットし、スタートします。
2.ケイルは水洗いし、茎の部分を切り取り、大きめに切ります、
3.ペーパータオルで水気をふき取ります。
4.大き目のボールに、オリーブオイル・コショー・ガーリックパウダー・塩を加えて、泡立て器でよく混ぜ、ケイルを加え、手で混ぜます。
5.天板にクッキングシートを敷き、④のケイルを広げてのせ、15分ぐらい、水分が完全に抜けるまで焼きます。

*スーパーマーケットに行くと、売っていますが、手作りすると、塩分他、調節できるので、お好みの味に仕上げる事ができます。

    

ゆで豚ソーメン<3月29日>

■3月29日■

《ゆで豚ソーメン》

材料(4人分)

豚ロース塊           2LB 900g

長ねぎ           2~3本

しょうが         1かけ

茅乃舎だしで取った出汁 4CUP     5カップ

日本酒               3TBS  大さじ3杯

生しいたけ         4枚(大きければ2枚)

とき卵               1個分

茹でたソーメン        4人分

 

作り方

 1.深めの鍋に出汁、ねぎ、しょうがのぶつ切り、日本酒を入れて煮立たせ、豚肉の塊を入れて、再度沸騰したら、弱火にして、あくを取りながら1時間コトコト煮ます。(豚肉が大きすぎたら半分に切って煮て下さい)1時間煮たら、煮汁につけたまま、冷やします。

2.豚肉を取り出し、煮汁を漉します。煮汁を計量カップで計り、2&2/5CUP(日本の計量カップで3カップ)にします。足りなければ、お湯を足します。

3.②を鍋に戻し、火にかけて沸騰したら塩1TSP(小さじ1杯)コショーで味をつけて、しいたけの薄切りを加え、少し火を弱めて、とき卵を流し入れます。

4.器に茹でたてのソーメンを入れ③を上からかけます。

 

*彩に香菜、青ねぎを加えてお召し上がり下さい。

*茹で豚は薄切りにして皿に盛り、からし醤油、ポン酢、ラー油で食べても、ソーメンと一緒に食べても美味しいです

*薄味の温かいソーメンです。お好みで③に醤油を加えても美味しいです。

 

ブロッコリーとじゃがいものキャセロール<3月22日>

■3月22日■

《ブロッコリーとじゃがいものキャセロール》

材料(4人分)

じゃがいも        1LB 450g

ブロッコリー         1株

ベーコン               4枚

玉ねぎのみじん切り 3TBS 大さじ3杯

マッシュルーム    4個

 

ソース

茅乃舎野菜だし       1袋

お湯            3/5cup

クリームチーズ     1/2LB   225g

とき卵               1個分

小麦粉              1TBS

溶かしバター

お好みの溶けるチーズ 4TBS 大さじ4杯

 

作り方

1.じゃがいもは水洗いし、皮をむいて 1/2インチ角(1㎝)角に切り、茹でます。  茹で上がる前に、房別けしたブロッコリーを加え、色が鮮やかになったら、ザルに上げ水を切ります。

2.マッシュルームは薄切り、ベーコンはマッシュルームに合わせて切り、フライパンで油を使わず炒めます。

3.クリームチーズを室温で戻し、柔らかくなったら、とき卵、小麦粉、野菜だしを加えて良く混ぜます。

4.キャセロールに薄くバターを塗り①②を混ぜて入れ、③のソースを上からかけ、溶けるチーズを散らし、400度(摂氏200度)のオーブンできつね色の焼き色がつくまで焼いて出来上がりです。

 

*あらかじめお湯の中に、茅乃舎野菜だしを加えて、冷めるまで置いて出汁を作っておきます。

 

豚肉と白菜の蒸し物<3月15日>

■3月15日■

《豚肉と白菜の蒸し物》

材料(4人分)

豚肉薄切り         1/2LB           250g

白菜            1/2株

茅乃舎だしでとった出汁   4/5CUP          1カップ

(1カップの熱湯に茅乃舎だし1袋つけておく)

ポン酢

もみじおろし・大根おろし

ラー油

青ねぎの小口切り、他好みの薬味

 

作り方

  1. 白菜は洗って半分の長さに切ります。
  2. 蓋つきの鍋に白菜を敷き、豚肉を重ね、さらに白菜を重ねます。
  3. 茅乃舎だしでとっただしを上からかけ、蓋をしっかりして火にかけます。
  4. 中火にかけ、蒸気が上がってきたら、弱火にして15分から20分、コトコト煮込みます。

 

*白菜を縦に長く切っても…*ポン酢にお好みの薬味を入れてお召し上がり下さい。

*白菜から出た水分と茅乃舎だしだけで煮込む、シンプルですが美味しい一品です。

 

 

ローストチキン<3月8日>

■3月8日■

《ローストチキン》

材料(4人分)

鶏もも肉(骨付き)      4本

茅乃舎野菜だし(中味)    1袋分

にんにくすり下ろし      1~2かけ分

サラダオイル         2TBS       大さじ2杯

塩              2tsp       小さじ2杯

コショー           少々

ベイリーフ(月桂樹の葉)   1枚

 

作り方

  1. サラダオイルに茅乃舎野菜だし中味・にんにくすりおろし・塩・コショーを加えて、スプーンで良く混ぜます。
  2. 鶏もも肉の皮に、フォークで数箇所穴を開けます。
  3. ②の鶏肉に①を手でよくすり込み、ジップロックに入れ、ベイリーフを入れて口を閉め、20分置いておきます。
  4. オーブンを400度(摂氏220度)に熱しておきます。
  5. 天板にアルミフォイルを敷き、③のチキンをオイルごと並べ、約20分焼きます。

 

*付け合せに、茹でたにんじん、じゃがいも、ブロッコリーなど、またレモンを添えてお召し上がり下さい。

 

牛肉と大根の煮物<3月1日>

■3月1日■

《牛肉と大根の煮物》

 

材料(4人分)

牛肉塊           1LB        450g

茅乃舎だしでとった出汁   4cup        5カップ

ねぎ            2本

しょうが          1かけ

大根            2LBS        900g

日本酒           3TBS        大さじ3杯

砂糖            3TBS        大さじ3杯

しょうゆ          3TBS        大さじ3杯

サラダオイル        2TBS        大さじ2杯

 

作り方

  1. 牛肉を大きめの角切りにします。
  2. 鍋に茅乃舎だしでとった出汁を煮立て、①の牛肉、ねぎ、しょうがのぶつ切りを入れて、あくを取りながら、コトコト弱火で1時間煮込みます。
  3. 大根の皮をむき、牛肉の大きさに合わせて、乱切りにします。
  4. フライパンにサラダオイルを熱し、大根の周りが透明になるまで炒めて、②の鍋に加えます。
  5. 日本酒、砂糖、しょうゆを加え、コトコト牛肉がやわらかくなるまで煮ます。
  6. 牛肉がやわらかくなったら、強火にして、煮汁を煮詰めて出来上がりです。

 

マカロニの重ね焼き<2月22日>

■2月22日■

《マカロニの重ね焼き》

材料(4人分)

マカロニ      1/3LB       150g

牛ひき肉      2/3LB       300g

玉ねぎのみじん切り 1個分

しょうがのみじん切り 1かけ分

にんにくのみじん切り 1かけ分

卵          3個

トマトケチャップ   10TBS     大さじ10杯

茅乃舎野菜だし中味  1袋分

バター        4TBS      大さじ4杯

小麦粉        適宜

粉チーズ       少々

サラダオイル     少々

 

作り方

  1. マカロニは15分茹でざるにあげ、水気をしっかりきり、バター2TBS(大さじ2杯)で炒めて、塩・コショーします。
  2. フライパンに2TBS(大さじ2杯)のバターを入れ、みじん切りのしょうが、にんにくを入れて、火にかけます。香りが出てきたら、玉ねぎのみじん切りを炒め、ひき肉を加え、色が変わったら、茅乃舎野菜だしの中味、塩・コショーで味を整えます。
  3. 耐熱皿に薄くサラダオイルを塗り、マカロニの半量を入れて平らにし、小麦粉を薄く振り、②の半量、ケチャップの半量を広げ、残りのマカロニ、小麦粉、②、ケチャップを重ねます。
  4. ③の上にとき卵を流し350度(摂氏180度)のオーブンの上段で、きつね色の焼き色がつくまで焼いて、粉チーズを振って出来上がりです。

 

たい茶漬け<2月15日>

■2月15日■

《たい茶漬け》

材料(4人分)

鯛の刺身      2/3LB        300g

もみのり      適宜

わさび

ご飯        4人分

茅乃舎だしでとった出汁     適宜

煎りしろごま    5TBS       大さじ5杯

しょうゆ      8TBS       大さじ8杯

みりん       4TBS       大さじ4杯

 

作り方

  1. 煎りしろごまを鍋で乾煎りし、まな板の上に出し、包丁で刻みます。
  2. ①としょうゆ、みりんを合せ、鯛の刺身を5分漬けます。
  3. どんぶりにご飯を盛り、鯛をのせ、漬け汁を4等分してかけます。
  4. もみのり、わさびをのせます。
  5. 茅乃舎だしでとった出汁を食べる直前に好みの量かけて出来上がりです。

 

手羽先の煮物<2月8日>

■2月8日■

《手羽先の煮物》

材料(4人分)

ゆでた大豆       1/2CUP   1/2カップ

手羽先         4本

こぶ          1oz 25g

サラダオイル      1TBS    大さじ1杯

しょうが        少々

茅乃舎だしでとった出汁 1&3/5CUP  2カップ

鷹のつめ        少々

日本酒         1TBS    大さじ1杯

酢           1TBS    大さじ1杯

砂糖          2tsp   小さじ2杯

しょうゆ        1TBS    大さじ1杯

ごま油         1tsp   小さじ1杯

 

作り方

  1. 手羽先は先を切ってサッと洗い、ペーパータオルで水気をふき取ります。
  2. こぶははさみで食べやすい大きさに切り、茅乃舎出しでとった出しにつけて、やわらかくなったら、取り出します。
  3. 鍋にサラダオイルを入れ、しょうがの薄切り、鷹のつめ(種を取って、はさみで輪切りにしたもの)少々加え、火にかけ、香りが出たら、しょうが、鷹のつめを取り出し、①の手羽先を炒めます。
  4. こぶを加え、②のだしを加え、日本酒と酢を加えて、こぶがやわらかくなるまで、コトコトと煮ます。
  5. こぶがやわらかくなったら、大豆を加えて、残りの調味料を加えて、煮汁がほとんどなくなったら、出来上がりです。

 

簡単ポタージュ<2月1日>

■2月1日■

《簡単ポタージュ》

材料(4人分)

じゃがいも(中)      3個

玉ねぎ(中)        1個

キャベツ          2~3枚

茅乃舎野菜だしでとった出汁 1&3/5CUP     2カップ

牛乳            1&3/5CUP     2カップ

バター           1TBS        大さじ1杯

パセリ           少々

塩・コショー         少々

 

作り方

  1. じゃがいもと玉ねぎは皮をむいて、薄切りにします。
  2. キャベツは芯も一緒に大きめに手でちぎります。
  3. 鍋に茅乃舎野菜だしでとっただしを入れ、じゃがいも、玉ねぎを加えて火にかけ、5分煮て、キャベツ、塩少々を加えて、野菜が柔らかくなるまで煮ます。
  4. ③をミキサーにかけ、鍋に戻して、牛乳を加え、一煮立ちしたらバターを加え、味を見て、塩・コショーで味を整え、出来上がりです。

 

*ミキサーにかけるとき、噴出さないように、少し冷まし、入れすぎないようにしてください。

*ハンドミキサーをお持ちの方は、ハンドミキサーで…

 

鶏肉の洋風煮込み<1月25日>

■1月25日■

《鶏肉の洋風煮込み》

材料(4人分)

鶏もも肉骨付き       2LB       1kg

塩・コショー         少々

玉ねぎ           2個

マッシュルーム(小)    12個(大きければ4個)

にんにく          1~2かけ

トマトの水煮缶(小)    1缶(缶汁も使う) 225g

赤ワイン          1&3/5CUP     2カップ

茅乃舎野菜だし       2袋(1&1/5CUP・1&1/2カップの

お湯につけておきます)

ベイリーフ          1枚

塩・コショー

サラダオイル

 

作り方

  1. 鶏肉に塩・コショーを振り込みます。
  2. 玉ねぎは大きめにきり、マッシュルームは大きければ半分に切ります。にんにくはみじん切りにします。
  3. フライパンにサラダオイル少々加え、みじん切りのにんにくを加えて火にかけ、香りが出てきたら、鶏肉の皮のほうから入れて、両面にきつね色の焼き色をつけます。
  4. 鍋に赤ワインを入れて火にかけ、一煮立ちしたら、茅乃舎野菜だしでとった出汁、トマトの水煮缶を手でつぶしながら、缶汁ごと入れ、ベイリーフを加え、③の鶏肉を加えて、中火であくを取りながら、煮はじめます。
  5. フライパンにサラダオイルを熱し、玉ねぎとマッシュルームを強火で手早くいため、きつね色の焼き色がついたら、④の鍋に加えます。
  6. 弱火にし、あくを取りながら、鶏肉が骨から簡単に外れるぐらいになるまで、コトコト煮込み、塩・コショーで味を整えて、出来上がりです。

*盛り付ける前に、ベイリーフを忘れず、取り出してくださいね!

 

肉じゃが<1月18日>

■1月18日■

《肉じゃが》

材料(4人分)

じゃがいも(中)     4個

玉ねぎ(中)       2個

牛肉薄切り        2/3LB         300g

 

*煮汁A*

茅乃舎だしでとった出汁   1/4CUP       ¼カップ

日本酒           1/4CUP       ¼カップ

砂糖            2TBS       大さじ2杯

しょうゆ          2TBS       大さじ2杯

*煮汁B*

茅乃舎だしでとった出汁   1CUP       1カップ

砂糖            1TBS       大さじ1杯

しょうゆ          1TBS       大さじ1杯

 

作り方

  1. じゃがいもは皮をむいて大きめに切り、水につけます。
  2. たまねぎは半分に切り、幅広に切ります。
  3. 牛肉は一口大に切ります。
  4. 鍋に煮汁Aの材料を煮立て、牛肉を入れ、火が通るまで、混ぜながら煮ます。火が通ったら、牛肉をさらに取り出します。
  5. ④の中に玉ねぎを入れ、同じように混ぜながら煮て、火が通ってきたら、①のじゃがいもの水気をきって加え、煮汁Bを足して、落し蓋をして、中火でじゃがいもに火が通るまで煮て、④の牛肉を鍋に戻し時々上下を返しながら煮ていきます。

 

*途中で味見をし、しょうゆ・砂糖で味を調整してください・

*絹さや・にんじんをサッとゆでたものを添えると、彩がよくなります。

 

まぐろのたたき<1月11日>

■1月11日■

《まぐろのたたき》

材料(4人分)

まぐろ刺し身用      1LB+       500g

塩・コショー        少々

オリーブオイル      1TBS        大さじ1杯

玉ねぎ薄切り       小1個分

オリーブ         10個(小さく刻む)

トマト          中1個分

*ドレッシング*

茅乃舎野菜だし(中味)  1袋分

レモンの絞り汁      2TBS        大さじ2杯

オリーブオイル      2TBS        大さじ2杯

しょうゆ         2tsp       小さじ2杯

塩・コショー        少々

パセリのみじん切り     少々

 

作り方

  1. まぐろに塩・コショーし、手でもみこみます。
  2. フライパンにオリーブオイル(またはサラダオイル)を熱し、①のまぐろのまわりに手早く焼き色を付け、氷水に取り、すぐ取り出して、ペーパータオルで水気をふき取ります。
  3. トマトは湯むきをし、種を取って小さい角切りにします。
  4. ドレッシングの材料を良く混ぜます。
  5. ②のまぐろを薄切りにします。
  6. 盛り皿に薄切り玉ねぎを敷き詰め(飾り用に少し残しておく)まぐろを並べ、上にドレッシングをかけて、トマト、オリーブ、残しておいた玉ねぎ、パセリを散らして出来上がりです。

 

*食べる直前に、全体を混ぜてください。

*アボカドを加えても美味しいです。

 

 

豚肉と大根のスープ<1月4日>

■1月4日■

《豚肉と大根のスープ》

材料(4人分)

豚肉薄切り       ½LB           150g

茅乃舎野菜だしでとった出汁    2CUP    2&1/2カップ

大根(大)       1/3本

ねぎ          1本

しょうが        1かけ

塩・コショー

サラダオイル      1TBS       大さじ1杯

 

*たれ*

しょうゆ         3TBS      大さじ3杯

酢            1TBS      大さじ1杯

ごま油          1TBS      大さじ1杯

豆板醤          1TBS      大さじ1杯

 

作り方

  1. 大根は皮をむき、マッチ棒ぐらいの大きさに切ります。
  2. 豚肉は大根にあわせて太目の千切りにします。
  3. ねぎ半分はみじん切り、残りの半分はざく切りにします。
  4. しょうがの半分はみじん切り、残りはざく切りにします。
  5. 鍋にサラダオイルを加え、ざく切りのねぎ、千切りのしょうがを加えて火にかけ、香りが出てきたら、豚肉、大根の順に炒めます。
  6. ⑤の鍋に茅乃舎野菜だしでとった出しを加えて、あくを取りながら、大根が煮えるまで煮て、塩・コショーで味を整えます。
  7. タレの材料とみじん切りのねぎとしょうがを良く混ぜて、タレを絡めながらいただきます。

 

 

小田巻き蒸し<12月28日>

■12月28日■

《小田巻き蒸し》

材料(4人分)

冷凍うどん     2玉

鶏肉        1/4LB          110g

生しいたけ     2枚

かまぼこ      8枚

三つ葉又は水菜   少々

とき卵       2個

 

*出汁A*

茅乃舎だしでとった出汁    1&3/5CUP   2カップ

薄口しょうゆ         3TBS     大さじ3杯

みりん            1TBS     大さじ1杯

 

*出汁B*

茅乃舎だしでとった出汁     1&1/5CUP  1&1/2カップ

みりん             1tsp     小さじ1杯

薄口しょうゆ          1TBS     大さじ1杯

塩               ½tsp     小さじ1/2杯

 

水溶き片栗粉           大さじ1~2杯

 

作り方

  1. うどんは水で洗い流し、ほぐしておきます。
  2. 鶏肉、しいたけは好みの大きさに切ります。
  3. とき卵に出汁Aを加えて良く混ぜ、一度ざるで漉します。
  4. 一人分の器に①と②を4等分したものを盛り、かまぼこをのせ、③の1/4量を注ぎ、強火の蒸し器で蓋をして、2~3分蒸し、弱火にして10分、串を刺して、澄んだ出汁があがってくるまで、蓋をずらして蒸し上げます。
  5. 出汁Bを鍋に入れて火にかけ、沸騰してきたら、水溶き片栗粉でとろみをつけて、④の上にかけます。
  6. サッと茹でた、三つ葉又は水菜を上にのせて出来上がりです。

 

*ゆずを添えたり、海老、ぎんなん他、茶碗蒸しに入れるお好みの具を加えてください。

*おろししょうが生七味をそえても…

 

 

卵のオーブン焼き<12月21日>

■12月21日■

《卵のオーブン焼き》

材料(4人分)

卵       4個

干ししいたけ  4枚(戻してみじん切り)

鶏のひき肉   1/3LB          150g

にんじんのみじん切り   1TBS     大さじ1杯

絹さやのみじん切り    1TBS     大さじ1杯

茅乃舎だしで取った出汁  ½CUP     ½カップ

サラダオイル       1TBS     大さじ1杯

砂糖           2tsp     小さじ2杯

しょうゆ         1TBS     大さじ1杯

日本酒          1TBS     大さじ1杯

塩            少々

 

作り方

  1. 鍋にサラダオイルを熱して、鶏ひき肉、干ししいたけ、にんじんを入れてよく炒め、砂糖・しょうゆ・日本酒・塩で味付けし、絹さやを加えて火を止め冷まします。
  2. ボールに卵を割りいれ、茅乃舎だし、①を加えよく混ぜます。
  3. 流し箱にサラダオイル(分量外)を薄く塗り、②を流し入れ、

350度(摂氏180度)のオーブンで約20分焼きます。

*切り分けて、レタス・トマトなどを添えて盛り付けしてください。

*アルミカップに薄くサラダオイルを塗り、小分けにして焼いて、お弁当のおかずにしても…

 

 

トマトスープ<12月14日>

■12月14日■

《トマトスープ》

材料(4人分)

トマト水煮缶       1缶

オリーブオイル      2TBS        大さじ2杯

にんにく         1~2かけ

茅乃舎野菜だしで取ったスープ   3&1/5CUP    4カップ

塩・コショー・パセリのみじん切り・粉チーズ       少々

 

作り方

  1. にんにくをみじん切りにします。
  2. 鍋にオリーブオイルを入れ、にんにくのみじん切りを加えて火にかけ、中火で焦がさないようにきつね色になるまで炒めます。
  3. ②の中にトマトの水煮を汁ごと加え、トマトをつぶしながら、炒めます。
  4. 茅乃舎野菜だしでとったスープを加えてしばらく煮立て、味を見て塩・コショーで味を整えます。
  5. スープ皿に盛り付け、粉チーズ・パセリのみじん切りを上にふりかけ出来上がりです。

 

*時間のあるときは、一度冷まし、ミキサーにかけて鍋に戻し、暖めなおして盛り付けると、おもてなしにも…

 

大根鍋<12月7日>

■12月7日■

《大根鍋》

材料(4人分)

鶏肉      ½LB       150g

水菜      1ワ

白ねぎ     2本

大根おろし(軽く水気を絞り) 1&1/3LB  600g

小もち     8個

サラダオイル  2TBS   大さじ2杯

茅乃舎だしで取った出汁   3&1/5CUP  4カップ

みりん      3TBS  大さじ3杯

しょうゆ     3TBS  大さじ3杯

 

作り方

  1. 鶏肉は一口大に切り、水菜、白ねぎは食べやすい長さに切ります。
  2. 鍋に茅乃舎だしでとった出汁を煮立て、鶏肉を入れ、あくをとりながら煮ます。火が通ったらみりん、しょうゆを加えます。
  3. フライパンにサラダオイルを熱して、もちを入れ、両面にきつね色の焼き色がつくまで焼きます。焼き色がついたら、油をしっかり切ります。
  4. ②の鍋に、③のもち、水菜、白ねぎ、大根おろしを加え、煮立ってきたら出来上がりです。

 

牛肉とインゲンの煮物<11月30日>

■11月30日■

《牛肉とインゲンの煮物》

材料(4人分)

牛肉薄切り         ½LB       250g

さやいんげん        1/3LB      150g

玉ねぎ(大)        1個

*煮汁*

茅乃舎だしで取った出汁   4/5Cup     1カップ

砂糖            2TBS      大さじ2杯

みりん           3TBS      大さじ3杯

しょうゆ          5TBS      大さじ5杯

 

作り方

  1. 牛肉は食べやすい長さに切り、玉ねぎは厚めのスライス、いんげんは筋を取って、玉ねぎと同じくらいの長さに切ります。
  2. 鍋に煮汁の材料を合わせて入れ、火にかけ、煮立ってきたら、牛肉を広げながら加え、色が変わったら、いんげん、玉ねぎを加え、あくを取り、弱火にして蓋をし、約10分煮て出来上がりです。

*にんじんを加えたり、卵でとじたり、ご飯に良くあいます。

 

鶏肉のスープカレー<11月23日>

■11月23日■

《鶏肉のスープカレー》

材料(4人分)

鶏もも肉      2枚

カレー粉      2TBS     大さじ2杯

塩         1tsp     小さじ1杯

茅乃舎野菜だし   1袋+熱湯 2&3/5Cup    2カップ

玉ねぎ       1個

キャベツ      4枚

ベルペッパー    1個

にんじん      ½本

バター       3TBS      大さじ3杯

ローリエ      1枚

牛乳        1&2/5Cup  1&1/2カップ

塩・コショー

 

作り方

  1. 鶏肉は一口大に切り、塩とカレー粉をまぶして20分ぐらい味をなじませ、20分たったら、小麦粉をまぶします。
  2. 水の中に、茅乃舎野菜だしの袋をつけておきます。
  3. 玉ねぎはスライス、キャベツは大きめの角切り、にんじんは薄切り、ベルペッパーはヘタと種を取り、キャベツの大きさに合わせて切ります。
  4. フライパンにバターを熱し、①の鶏肉を加え、まわりにきつね色の焼き色を付けます。
  5. ④に野菜を加え、炒め、茅乃舎野菜スープをつけておいた熱湯を加えて、ローリエを入れ、煮立ったらあくを丁寧に取り、中火で5分ぐらい煮ます。
  6. ⑤に牛乳を加え、さらに5分ぐらい煮、味見をして塩・コショーで味を整えて出来上がりです。

 

牛肉のハーブ焼き<11月16日>

■11月16日■

《牛肉のハーブ焼き》

材料(4人分)

牛ステーキ肉         4枚

*マリネオイル*

オリーブオイル        4/5Cup    1カップ

茅乃舎野菜だし(中味)    1袋

ローズマリー         1枝

セージ            1枝

にんにく           1~2かけ

白ワイン           3TBS     大さじ3杯

塩              少々

コショー           少々

 

作り方

  1. 大き目のジップロックにオリーブオイル、茅乃舎野菜だし、手でちぎったロ-ズマリー、セージ、薄切りにしたにんにく、白ワインを入れ、ステーキを入れ空気を抜いて、口を閉じ、冷蔵庫で半日以上、マリネします。
  2. 熱したグリルに、ステーキをのせ、塩・コショーし、好みの焼き加減に焼いて出来上がりです。

 

魚介ソース<11月9日>

■11月9日■

《魚介ソース》

材料(4人分)

貝柱      4個

むき海老    4oz          100g

いか      4oz          100g

マッシュルーム 4個

玉ねぎのみじん切り  ¼cup       ¼カップ

白ワイン     ½cup         ½カップ

水        1cup         1&1/4カップ

茅乃舎野菜だし(中味) 1袋

バター      1TBS         大さじ1杯

小麦粉      1TBS         大さじ1杯

生クリーム    ½cup         ½カップ

塩        1tsp         小さじ1杯

サラダオイル   2TBS         大さじ2杯

 

作り方

  1. バターは室温で戻し、茅乃舎やさいだし、小麦粉を加えて良く練っておきます。
  2. 貝柱、いかをむき海老の大きさに合わせて切ります。
  3. マッシュルームは薄切りにします。
  4. 鍋にサラダオイルを熱し、玉ねぎが透き通るまで炒め、マッシュルームを加え、②の貝柱、いか、海老を軽く炒め、白ワインを加えて、強火にし、アルコールを飛ばしながら、さらにいためます。
  5. 一度火からおろし、①のバター、野菜だし、小麦粉を練ったものを加えて良く混ぜ、水を加え中火にかけます。
  6. ⑤に生クリームを加えて、塩・コショーで味付けして出来上がりです。

 

*塩・コショーで味付けしたオムレツにかけたり、ガーリックトーストに

添えたり、色々応用できます。バターライスにかけて、とけるチーズを

のせてオーブンで焼き色がつくまで焼いても美味しいです。

 

さけご飯<11月2日>

■11月2日■

《さけご飯》

材料(4人分)

米     3cup(炊飯器についているカップ)

茅乃舎だし 1袋

日本酒   3TBS       大さじ3杯

 

ほぐししゃけ ½cup       ½カップ

あさつき   3本

紅しょうがのみじん切り       少々

煎りしろごま 3TBS       大さじ3杯

味付け海苔 又は焼き海苔      適宜

 

作り方

  1. 米を洗って炊飯器の内がまに入れ、茅乃舎だし一袋と酒を加えて、内側の目盛りの3カップの線まで水を加え、30分おいておきます。
  2. 30分経ったら、だしの袋を取り出し、スイッチを入れます。
  3. スイッチが切れたら、ほぐししゃけ、あさつき、紅しょうがを加えきるように混ぜ、ごまを散らします。
  4. ③を器に盛り付け、のりを手でほぐして上にかけます。

 

*ほぐししゃけの塩加減によって、お好みで味付け海苔、焼き海苔を使い分けて下さい。

塩しゃけを焼いて皮をとりほぐして使っても…

 

PEKO風ロコモコ<10月26日>

■10月26日■

《PEKO風ロコモコ》

材料(4人分)

ご飯        どんぶり4杯分

 

ひき肉       1LB                         450g

玉ねぎのみじん切り ½個分

パン粉       3TBS     大さじ3杯

牛乳        3TBS     大さじ3杯

とき卵       1個

塩・コショー    少々

サラダオイル

 

*ソース*

バター        4TBS     大さじ4杯

小麦粉        4TBS     大さじ4杯

ケチャップ      1CUP     4/5カップ

茅乃舎野菜だし中味  1袋分

お湯         2CUP     2&1/2カップ

塩          2tsp    小さじ2杯

ウスターソース    2TBS     大さじ2杯

コショー       少々

目玉焼き        4個分

 

作り方

  1. パン粉に牛乳を入れます。
  2. ボールの中にひき肉、玉ねぎのみじん切り(生のまま、炒めたもの、電子レンジで加熱したもの、お好みで使ってください)溶き卵、①のパン粉と牛乳を合わせたもの、塩・コショーを加え、手でよく練り、4等分します。
  3. フライパンにサラダオイルを熱し、②の両面に焼き色をつけ、弱火にして蒸し焼きにします。
  4. お湯に茅乃舎野菜だしの中味、ケチャップ、ウスターソース、塩・コショーを加えて良く混ぜます。
  5. 鍋に小麦粉を入れて弱火で乾煎りし、小麦粉がサラサラになったら、バターを加え、全体を良く混ぜます。
  6. ④を少しずつ加えて、全体を混ぜながら、とろみがつくまで煮ます。
  7. ボールにごはんをよそい、ハンバーグをのせ、④のソースをかけて、目玉焼きをのせて出来上がりです。

 

*ハンバーグにお豆腐を混ぜた、豆腐ハンバーグにして、ポン酢を茅乃舎出汁で割り、片栗粉の水溶きでとろみをつけたもので作っても美味しいです。和風ロコモコ!!!

 

シーフードソーメン<10月19日>

■10月19日■

《シーフードソーメン》

材料(4人分)

茅乃舎だしで取った出汁   4&1/2CUP      6カップ

大根、にんじんの千切り   適宜

にんにく          1かけ

しょうが          1かけ

鷹のつめ          1本

フィッシュソース      4TBS       大さじ4杯

塩             2~3tsp     小さじ2~3杯

ゆでたソーメン       4人分

 

好みの具

海老・イカ・あさり・ほたてなど

水菜、香菜ほか

 

作り方

  1. 鍋にだし、大根、にんじん、にんにく、しょうが、鷹のつめを加えて火にかけ、野菜が煮えたら、フィシュソース、塩で味付けする。
  2. ①のスープに好みのシーフードを加え、煮ながらあくを取りのぞく。
  3. にんにく、しょうが、鷹のつめを取り出す。
  4. 器にソーメンを1人分ずつ入れ、好みの野菜(もやし、水菜など)を盛り、上から②スープをかけ、香菜をのせて出来上がり。

*フォー麺を使えば、シーフードフォーになります。

*シーフードは、煮過ぎないように…

 

しいたけのチーズ焼き<10月12日>

■10月12日■

《しいたけのチーズ焼き》

材料(4人分)

生しいたけ(大)       8枚

パルメザンチーズ       4TBS      大さじ4杯

茅乃舎野菜だし中味      1袋分

パン粉            4TBS      大さじ4杯

にんにくみじん切り      1かけ分

パセリのみじん切り      1TBS      大さじ1杯

オリーブオイル        3TBS      大さじ3杯

溶かしバター         2TBS      大さじ2杯

塩、コショー         少々

 

作り方

  1. しいたけの石付きを取り、耐熱皿、又は天板に白い部分を上にして並べます。
  2. オリーブオイルを小さなフライパンに入れ、にんにくを入れて中火にかけ、香りが出てきたら溶かしバターとあわせておきます。
  3. ボールにチーズ、茅乃舎野菜だしの中味、パン粉、パセリのみじん切りを入れ、スプーンで混ぜて①のしいたけの上にのせます。
  4. ②のオリーブオイルを③の上にかけ、180度(アメリカのオーブンは350度)でパン粉がきつね色に色つくまで焼いて出来上がりです。

*しいたけをマッシュルーム、トマトに替えても美味しいです

 

炊き込みご飯<10月5日>

■10月5日■

《炊き込みご飯》

材料(炊飯器についているカップ、4カップ分)

米          4Cup       4合

茅乃舎だし      1袋

鶏もも肉       1/2LB       250g

油揚げのみじん切り  ½枚分

にんじんのみじん切り 2TBS     大さじ2杯

しいたけのみじん切り 2枚分

ごぼうのみじん切り  2TBS     大さじ2杯

*水につけてあく抜きをしておきます!

日本酒        2TBS     大さじ2杯

しょうゆ       5TBS     大さじ5杯

みりん        3TBS     大さじ3杯

 

作り方

  1. といだ米を炊飯器の内がまに入れ、4カップの目盛りまで水を入れ、茅乃舎だしを1袋入れて、30分おいておきます。
  2. 鶏肉は小さめに切ります。
  3. ボールに鶏肉、みじん切りの油揚げ、にんじん、しいたけ、ごぼう、日本酒、しょうゆ、みりんを入れて軽く混ぜ、味を含ませておきます。
  4. ①のだしの袋を取り出し、③を漬け汁ごと内釜に入れて、軽く混ぜ、スイッチを入れます。
  5. スイッチが切れたら、軽く混ぜ、少し蒸らして出来上がり。

*しょうゆは薄口にかえても

*ごま油を少し加えて、同じように炊くと。中華のちまき風の味になります。

*鶏肉を豚肉に変えたり、抜いてたけのこなどを加えても…

 

トマトソース<9月28日>

■9月28日■

《トマトソース》

*グリルした鶏肉、いわし、あじ、さんまに良く合います。

材料(4人分)

トマトのみじん切り    2個分

茅乃舎野菜だし(中味)  1袋分

レモンの絞り汁      2TBS   大さじ2杯

オリーブオイル      2TBS   大さじ2杯

塩・コショー       少々

パセリ、又はチャイニーズパセリのみじん切り 適量

 

作り方

  1. 鶏肉、又はお好みの魚を3枚下ろしにしたものに薄く小麦粉をまぶし、中温の油で、きつね色になるまで、こんがりと焼きます。
  2. ボールにトマト・茅乃舎野菜だし・レモンの絞り汁・オリーブオイル・塩・コショーを入れて混ぜ、焼きたての鶏肉又は魚に添えて、出来上がりです。

 

*マウイオニオン・スィートオニオンのみじん切りを加えても…

*好みでにんにくのみじん切りを少々加えても美味しいです。

 

ジンジャーポーク<9月21日>

■9月21日■

《ジンジャーポーク》

材料(4人分)

豚ばら肉(塊)     1&1/3LB     600g

*下茹で用*

日本酒       3TBS       大さじ3杯

ねぎ(味噌汁などで残った白い部分)   少々

しょうがの皮              少々

*煮汁*

茅乃舎だしで取った出汁 1&4/5CUP   2カップ

日本酒         1/2CUP     ½カップ

砂糖          3TBS     大さじ3杯

しょうがの千切り    2OZ      50g

 

作り方

  1. 豚肉は大き目の角切りにします。
  2. 鍋にたっぷりの水、ねぎ、しょうがの皮を入れて火にかけ、煮立ったら豚肉を加えて弱火にして、1時間コトコト煮ます。
  3. ②をザルにあげ、一度水洗いをして、ペーパータオルで水気を取ります。
  4. 鍋に煮汁の材料を合わせ、火にかけ、煮立ったら③の豚肉を加え、落し蓋をして、弱火で30分コトコト煮て出来上がりです。

なすの煮物<9月14日>

■9月14日■

《なすの煮物》

材料(4人分)

長なす         4本

豚ひき肉        1/3LB      150g

白ねぎみじん切り    ¼CUP     ¼カップ

赤唐がらし       1本

にんにくのみじん切り  1かけ分

しょうがのみじん切り  1かけ分

サラダオイル      1TBS     大さじ1杯

*あわせだし*

茅乃舎だしでとった出汁 4/5CUP     1カップ

しょうゆ        2TBS      大さじ2杯

みそ          2TBS      大さじ2杯

オイスターソース    1TBS      大さじ1杯

 

作り方

なすは乱切りにし、赤唐がらしはヘタと種を取り、はさみで小口切りにします。

合わせだしの材料を合せておきます。

鍋にサラダオイルを入れて、にんにく、しょうが、赤唐がらしを加えて火にかけ、香りが出てきたらひき肉を加え、炒めてひき肉の色が変わったらなすを加え、軽くいためます。

③に②を加え、なすに火が通ったら、出来上がりです。

 

*水溶き片栗粉でとろみをつけても…

 

スモークサーモンのマリネ<9月7日>

■9月7日■

《スモークサーモンのマリネ》

材料(4人分)

スモークサーモン       ¼LB     100g

玉ねぎの薄切り        1個分

*マリネ液*

りんご酢           4TBS    大さじ4杯

サラダオイル         4TBS    大さじ4杯

茅乃舎野菜だし中味      1袋分

砂糖             2TBS    大さじ2杯

塩              1tsp    小さじ1杯

コショー           少々

パセリのみじん切り      少々

 

作り方

スモークサーモンは一口大に切ります。

玉ねぎの薄切りが辛い時は、氷水にさらして水気をしっかりきっておきます。

マリネ液の材料をボールに入れ、泡立て器でよく混ぜ、スモークサーモン、玉ねぎを加えて全体を良く混ぜ、ラップをかけ、食べる直前まで冷蔵庫でよく冷やします。

 

*サラダオイルをオリーブオイルにかえてもOKです。

*玉ねぎのスライスを減らし、ピーマンの千切りにしても彩がきれいです。

*このマリネ液はきつね色に揚げた、魚、鶏肉にも合います。

*お好みで、ケッパー、カッテージチーズ、ドライクランベリー、ガーリックパウダーなど加えて、お好みの味に仕上げてください。

 

和風ロールキャベツ<8月31日>

■8月31日■
《和風ロールキャベツ》
材料(4人分)
キャベツの葉(大)      4枚
かんぴょう           適宜
鶏ひき肉            2/3LB     300g
木綿豆腐            ½丁
玉ねぎのみじん切り     ½個分
しいたけのみじん切り    2~3枚分
卵               1個
片栗粉            2TBS    大さじ2杯
しょうゆ            1TBS    大さじ1杯
日本酒            1TBS    大さじ1杯

茅乃舎だしで取った出汁  3&1/4Cup     4カップ
しょうゆ           6TBS       大さじ6杯
みりん            1&1/2TBS     大さじ1杯半
砂糖             1&1/2TBS     大さじ1杯半

作り方
1. キャベツの葉はゆでて、芯の部分をそぎとります。そぎ取った芯はみじん切りにします。
2. 豆腐はペーパータオルに包み、水切りをしておきます。
3. ボールに鶏のひき肉、玉ねぎ、しいたけ、豆腐、キャベツの芯、しょうゆ、日本酒、卵、片栗粉を加え、手でよく混ぜ、4等分し、丸めます。
4. キャベツの葉で③を包み、かんぴょうで結びます。
5. 鍋に茅乃舎だしで取った出汁、しょうゆ・みりん・砂糖加えて煮立て、④を並べ、火を弱めて、落し蓋をし、弱火でコトコト煮込みます。

*お好みで、練からしを添えてお召し上がり下さい。

 

チキンドリア<8月24日>

■8月24日■
《チキンドリア》
材料(4人分)
鶏肉             ½LB         250g
玉ねぎみじん切り     ½個分
マッシュルーム薄切り   4~5個分
炊き立てご飯        4人分
牛乳              1&1/4CUP  1と1/2カップ
ケチャップ          4TBS     大さじ4杯
バター            2TBS     大さじ2杯
サラダオイル        1TBS     大さじ1杯
小麦粉            3TBS     大さじ3杯
茅乃舎野菜だし中味   1袋分
塩・コショー         少々
溶けるチーズ       適宜

作り方
1. 鶏肉は一口大に切ります、
2. フライパンにバターとサラダオイルを入れて火にかけ、鶏肉、玉ねぎ、マッシュルームを炒めます。
3. 火から下ろし、茅乃舎野菜だしの中味、小麦粉を振りいれ、全体を良く混ぜ、牛乳を加えて、全体を良く混ぜます。
4. ③を火にかけ、混ぜながら中火で2~3分煮ます。
5. ご飯をボールに入れ、ケチャップ・塩・コショーを加えて全体を木じゃくしで切るように混ぜ、耐熱皿に入れ、平らにします。
6. ⑤の上に③を流し入れ、溶けるチーズを好みの量を全体にふりかけ、オーブンで上のチーズが溶け、美味しそうなきつね色のこげ色がつくまで焼いて、出来上がりです。

*一人分ずつオーブントースターで焼いても…
*鶏肉の代わりに、ウインナソーセージ、ハム、海老を使ったり、ゆでたブロッコリー、ピーマン、冷凍ミックスベジタブルなど、アレンジできます。

 

きのこの卵とじスープ<8月17日>

■8月17日■
《きのこの卵とじスープ》

材料(4人分)

しいたけ       4枚

えのき        1袋

豚薄切り       4枚

卵          2個

片栗粉の水溶き    片栗粉2tsp+水2TBS(小さじ2杯の片栗粉を水大さじ2杯で溶いたもの)

茅乃舎だしでとった出汁 3&1/4Cup    4カップ

しょうがの絞り汁   少々

塩・コショー      少々

しょうゆ       少々

青ねぎの斜め切り   少々

 

作り方

1.豚肉は千切りに、しいたけは石付きを取って千切りに、えのきはヘタを取って、食べやすい長さに切ります。

2.鍋にだしを入れて火にかけ、沸騰してきたら、豚肉、しいたけ、えのきを加え、豚肉に火が通ったら、塩・コショー・しょうゆで味付けをします。

3.火を少し弱め、全体を混ぜながら、片栗粉の水溶きをまわしいれ、しょうがの絞り汁を加え、とき卵を全体に流し入れ、火を止めます。

 

*だしの味を楽しむ、薄味のスープです!

 

 

※7月20日放送分訂正のお知らせ※

【お詫びとお知らせ】

7月20日放送 インスタント味噌汁のレシピにおいて、

「茅乃舎だし(中味)   12袋分」

となっていましたが、分量を6袋分に訂正させていただきます。

どうぞ、ご了承ください。

 

 

かぼちゃのカレー<8月10日>

■8月10日■

《かぼちゃのカレー》

材料(4人分)

かぼちゃ       1LB     450g

牛ひき肉       ½LB      250g

玉ねぎのみじん切り  ½個分

にんにくのみじん切り 1かけ分

しょうがのみじん切り 1かけ分

茅乃舎野菜だし(中味)1袋分

カレー粉       1&1/2TBS  大さじ1杯半

小麦粉        2TBS    大さじ2杯

お湯         2&1/2Cup  3カップ

ケチャップ      2TBS    大さじ2杯

ウスターソース    1TBS    大さじ1杯

サラダオイル     2TBS    大さじ2杯

塩・コショー      少々

 

作り方

1.かぼちゃの種とワタを取り除き、マイクロウエーブオーブン(電子レンジ)のHighで3~4分Cookします。

2.①のかぼちゃの皮をところどころ、むき、一口大に切ります。

3.茅乃舎野菜だしの中味、カレー粉、小麦粉を良く混ぜておきます。

4.鍋にサラダオイルを入れて、玉ねぎ、にんにく、しょうがのみじん切りを加えて、火にかけます。香りが出てきたら、軽くいためて、ひき肉を加えます。

5.ひき肉の色が変わり、火が通ったら火からおろし、③をふりかけ、全体をよく混ぜてから、お湯を加えて全体を良く混ぜ、火にかけます。

 

 

なすの揚げ煮<8月3日>

■8月3日■

《なすの揚げ煮》

材料(4人分)

なす      2/3LB      300g

揚げ油

茅乃舎だしで取った出汁       4/5CUP    1カップ

しょうゆ              2TBS   大さじ2杯

みりん               2TBS   大さじ2杯

 

作り方

1.なすはヘタをとり、大き目の(小ぶりのなすなら、縦に切込みを入れて丸のままでも)乱切りにし、中温の油で揚げます。

2.鍋に出汁を入れて火にかけ、沸騰したら、みりん・しょうゆを加え、ひと煮立ちさせ、①のなすを加えて落し蓋をし、さらに煮ます。

 

*器に盛り、上にいり白ごま・赤唐辛子の種をぬいて輪切りにしたもの・青ねぎの千切りなど添えるときれいです。

 

 

バーベキュー用牛肉下ごしらえ<7月27日>

■7月27日■
《バーベキュー用牛肉下ごしらえ》

材料(4人分)

牛もも肉塊      1LB    450g

*下味*

茅乃舎野菜だし中味   1袋分

玉ねぎ薄切り      ¼個

にんじん薄切り     ½本

セロリ薄切り      ¼本

にんにく薄切り     1かけ

しょうがの薄切り    1かけ

パセリの茎       少々

ベイリーフ(月桂樹の葉)1枚

日本酒         ½CUP       ½カップ

サラダオイル      ½CUP       ½カップ

 

作り方

1.大き目のボールに下味の材料を全部入れます。

2.牛肉の塊(ステーキ肉でも)を4枚にスライスし、①の中に入れ、よく揉み、ジップロックに入れて、2時間以上漬け込みます。

3.焼く時に、塩・コショーを振り、好みの焼き加減に焼いて、出来上がりです。

 

*グリルで焼いても、フライパンで焼いても…

 

 

インスタント味噌汁<7月20日>

■7月20日■
《インスタント味噌汁》

材料

味噌          10TBS    大さじ10杯

茅乃舎だし(中味)   12袋分

青ねぎのみじん切り   適量

日本酒         1TBS      大さじ1杯

サラダオイル      少々

 

作り方

1.ボールの中に味噌・茅乃舎だしの中味・青ねぎのみじん切り・日本酒を入れて、良く練ります。

2.アルミフォイルにサラダオイルを薄く塗り、①の味噌を広げ、長方形に整えます。

3.へらで10等分の切込みを入れます。(板チョコの切れ目のように…)

4.オーブントースター、又はオーブンのブロイルで表面にうっすらきつね色の焼き色がつくまで焼きます。

5.冷めたら、1つずつラップに包みます。

 

*食べ方*

汁椀の中に好みの具(わかめ・天かす・豆腐)をいれ、冷凍しておいた味噌、1個を入れて、上から熱湯をかけて、良く混ぜて、出来上がりです。

焼きナスの残り、天ぷらの残りなどを入れても美味しいです。

お好みの味噌で作ってください!

 

 

 

クイックトマトスパゲティ<7月13日>

■7月13日■
《クイックトマトスパゲティ》

材料(4人分)

スパゲティ乾麺        4人分

ハム・ベーコン・ウインナーソーセージなどお好みのもの

マッシュルーム        8個

玉ねぎ            ½個

サラダオイル        2TBS   大さじ2杯

*スープ*

茅乃舎野菜だし中味      1袋分

トマトジュース        4/5CUP   1カップ

塩              1tsp   小さじ1杯

トマトケチャップ       2/5CUP    ½カップ

トマトジュース        2/5CUP    ½カップ

 

作り方

1.  ハム・ベーコン・ウインナーソーセージは好みの大きさに切ります。

2.  マッシュうルームはスライス、玉ねぎも薄切りにします。

3.  深めのフライパンを熱し、ハム・ベーコン・ウインナーを入れて炒め、玉ねぎ、マッシュルームも軽く炒めます。

4.  ③の中にスープの材料、野菜だし中味、トマトジュース、塩を加えて一煮立ちさせ、スパゲティ乾麺を折って入れ、軽く混ぜ、蓋をして5~6分煮ます。

5.  ④の中にトマトケチャップ、トマトジュースを加え、木べらで混ぜながら、さらに5分煮ていきます。

6.  煮汁がほとんどなくなり、麺に火が通ったら、出来上がりです。

 

 

肉味噌ソーメン<7月6日>

■7月6日■(※過去放送分からのリクエストメニュー)

《肉味噌ソーメン》

材料(4人分)

豚ひき肉              2/3LB            300g

しいたけみじん切り         3枚分

ねぎの小口切り           1本分

しょうがのみじん切り        ひとかけ分

にんにくのみじん切り        ひとかけ分

茅乃舎だし             1袋

水                 2/3CUP             3/4CUP+1TBS

砂糖                 3TBS             大さじ3杯

日本酒               2TBS            大さじ2杯

しょうゆ              2TBS            大さじ2杯

赤味噌               3TBS            大さじ3杯

茹でたソーメン            4人分

サラダオイル             1TBS           大さじ1杯

作り方

1.茅乃舎だしを見ずにしばらく漬けておき、火にかけて沸騰させ、袋を取り出します。

2.①の中に砂糖、日本酒、しょうゆ、赤味噌を加えてよく混ぜます。

3.サラダオイルをフライパンに入れ、ねぎ、しょうが、にんにくを加えて火にかけ、香りがたってきたら、豚肉、しいたけを加えて炒めます。

4.③の中に②を加え中火でとろみがつくまで煮詰めます。

5.皿にレタスを敷き、ソーメンをのせ、上に④のソースをかけて出来上がりです。

 

 

カリフラワーのグラタン<6月29日>

■6月29日■ (※過去放送分からのリクエストメニュー)

《カリフラワーのグラタン》
材料(4人分)

カリフラワー           1個

鶏もも肉              1/2LB          200~230g

玉ねぎ(大)           1/2個

マッシュルーム          6~8個

*ソース*

バター               3TBS           大さじ3杯

小麦粉              3TBS           大さじ3杯

カレー粉             1TBS           大さじ1杯

茅乃舎野菜だし(中身)      1袋

牛乳                2&1/2CUP         3CUP

とけるチーズ

塩・コショー

作り方

1.玉ねぎをみじん切りにして、一口大に切った鶏肉、薄切りのマッシュルームと一緒に、バターで炒め、塩・コショーし、ふたをして蒸し焼きにします。

2.①の鍋を火から下ろし、小麦粉・茅乃舎野菜だしの中身、カレー粉を振り入れます。

3.②の中に牛乳を少しずつ加えながら混ぜ、弱火にかけ、とろみが出るまで煮ます。

4.カリフラワーは食べやすい大きさに切り、茹でておきます。

5.グラタン皿に薄くバター(分量外)を塗り、カリフラワーを入れ、③のソースをかけ、とけるチーズをのせて、チーズがとけきつね色の焼き色がつくまでオーブンで焼
きます。

*小さなアルミカップで作って、お弁当のおかずにも…

 

メンチカツ<6月22日>

■6月22日■
《メンチカツ》

材料(4人分)

合いびき肉       2/3LB    300g

玉ねぎみじん切り    ½個分

茅乃舎野菜だし中味   1袋分

パン粉         4/5cup   1カップ

卵           1個

牛乳          2TBS    大さじ2杯

ケチャップ       2TBS    大さじ2杯

塩・コショー      少々

小麦粉・とき卵・パン粉・揚げ油

 

作り方

1.ボールの中に、合いびき肉、玉ねぎのみじん切り、茅乃舎野菜だしなかみ、パン粉、卵、牛乳、ケチャップ、塩・コショーを加えて、手で粘りが出るまで混ぜます。

2.①を8等分して形を整え、小麦粉・とき卵・パン粉をつけます。

3.中温の油できつね色に揚げます。

4.お皿にキャベツの千切り、レタス、トマトなどを盛り付け、揚げたてのメンチカツを盛り付けて、出来上がりです。

 

*ソースは市販のとんかつソース、ウスターソースとケチャップを混ぜたもの、マヨネーズとケチャップを混ぜたものを粒マスタードと添えると、おしゃれです。

 

 

油揚げの煮物<6月15日>

■6月15日■

《油揚げの煮物》

材料

長方形の油揚げ       20枚

茅乃舎だしでとった出汁   1&1/2CUP    2カップ

砂糖            ½CUP      ½カップ

しょうゆ          ½CUP      ½カップ

みりん           ½CUP      ½カップ

 

作り方

1.油揚げは真ん中から半分に切り、袋状に開いて、ザルに並べ、熱湯をかけて油抜きをします。

2.鍋に出汁、砂糖、しょうゆ、みりんを加え、油揚げを加えて落し蓋をのせ、煮汁がほとんどなくなるまでコトコト煮て、煮汁につけたまま、冷まします。

 

*完全に冷めてから、バットに並べ、冷凍して、ジップロックに移しておくと1ヶ月は持ちます。

*室温で戻して、きつねうどん、きつねどんぶり、いなり寿司、卵とじなどに使います。

 

 

クレソンサラダ<6月8日>

■6月8日■《クレソンサラダ》

材料(4人分)

クレソン         2束

ベーコン         4枚

*ドレッシング*

茅乃舎野菜だし(中味)   1袋分

酢             3TBS    大さじ3杯

オリーブオイル       1TBS    大さじ1杯

マヨネーズ         1TBS    大さじ1杯

塩・粗引き黒コショー

 

作り方

1.ベーコンを千切りにし、カリカリなるまで炒めて、ペーパータオルののせておきます。

2.クレソンはきれいに洗って、食べやすい長さに切り、水気をしっかりきっておきます。

3.大きめのボールの中に茅乃舎野菜だしの中味とマヨネーズを入れて、小さめの泡たて器でよく混ぜ、オリーブオイル、酢、塩。コショーを混ぜます。味を見て、足りなければ、調節してください。

4.③のボールにベーコン、クレソンを加えて、全体を混ぜ合わせ出来上がりです。

 

*肉料理、魚料理によくあいます。

 

 

白身魚の煮付け<6月1日>

■6月1日■

《白身魚の煮付け》

材料(4人分)

白身魚の切り身       4切れ

木綿豆腐          1丁

しょうが          1かけ

梅干            1個

茅乃舎だしで取った出汁   1CUP         1&1/4カップ

日本酒           1/2CUP         ½カップ

みりん           1/4CUP         ¼カップ

しょうゆ          1/4CUP         ¼カップ

 

作り方

1. 魚の切り身はさつと水洗いし、ペーパータオルで水気をしっかりふき取っておきます。

2. 豆腐は厚めに切っておきます、しょうがは薄切りにします。

3. 鍋に出汁、日本酒、みりん、しょうゆ、しょうが、梅干を加え火にかけ、沸騰したら①の切り身を入れ、切り身の表面が白くなったら、中火にし、豆腐を加え、軽い落し蓋をして、時々煮汁をかけながら、10分位煮ます。

4. 器に魚、豆腐を盛り付け、上から煮汁をかけて出来上がりです。

 

*三つ葉、香草ほか、添えてください。

 

 

ポークピカタ<5月25日>

■5月25日■

《ポークピカタ》

材料(4人分)

豚肉薄切り          2/3LB    300g

卵              2個

粉チーズ           2TBS    大さじ2杯

茅乃舎野菜だし(中味)    1袋

バター            2TBS    大さじ2杯

塩・コショー         少々

小麦粉            適宜

 

作り方

1.豚肉に塩・コショーを振り、小麦粉を薄くまぶしておきます。

2.ボールに卵を割りいれ、粉チーズ、茅乃舎野菜だしの中味を加えて良く混ぜます。

3.フライパン、又はホットプレートにバターを溶かし、弱火で②をくぐらせた豚肉を。きつね色になるまで、こんがり焼きます。

 

*ケチャップ、又はケチャップとウスターソースを半々に混ぜたものを添えて、お召し上がりください・

*キャベツの千切り、プチトマト、きゅうりなどを盛り付けに使うと、見た目もきれいです。

*フライパン、又はホットプレートにのせる時、手で形を整えながらのせて焼いてください。

 

 

手羽先の炒め物<5月18日>

■5月18日■
《手羽先の炒め物》

材料(4人分)

鶏手羽             10本~12本

れんこん            2/3LB       300g

茅乃舎だしで取った出汁     1&1/2CUP    2カップ

サラダオイル          2TBS      大さじ2杯

酢               4TBS      大さじ4杯

しょうゆ            4TBS      大さじ4杯

砂糖              4TBS      大さじ4杯

 

作り方

1.手羽は各関節で切り離し、包丁で1箇所切り込みを入れます。

2.れんこんは厚めの輪切り、又は半月切りにし、水につけてあくをぬいておきます。

3.鍋にサラダオイルを熱し、①の手羽を加え、全体に焼き色を付け、皿に取り出します。

4.同じ鍋に、水気をしっかり切ったれんこんを入れ、炒めます。

5.④の鍋に、③の手羽を戻し、酢を加え、強火で手早く炒め、出汁、しょうゆ、砂糖を加えて、中火にし、上下を返しながら、煮汁がほとんどなくなるまで、煮詰めて出来上がりです。

 

 

ベーコンとじゃがいもの煮物<5月11日>

■5月11日■

《ベーコンとじゃがいもの煮物》

材料(4人分)

ベーコン           8枚

じゃがいも          4個

玉ねぎ            1個

溶けるチーズ         4TBS      大さじ4杯

にんにくのみじん切り     1かけ分

茅乃舎野菜だし(中味)    1袋分

牛乳             1CUP      1カップ

水              2CUP      2&1/4カップ

塩・コショー

 

作り方

  1. ベーコンは千切り、玉ねぎは薄切りに、じゃがいもは皮をむいて厚めの輪切りにします。
  2. 鍋にたまねぎの薄切り、ベーコン、にんにく、じゃがいもを入れ、茅乃舎野菜だしの中味を振りいれ、牛乳、水を加えて火にかけ、沸騰したらあくを取り、蓋をし、弱火で30分煮込みます。
  3. ②の溶けるチーズをのせ、蓋をしてチーズが溶けたら出来上がりです。

 

 

鶏の煮こごり<5月4日>

■5月4日■

《鶏の煮こごり》

材料(4人分)

鶏の骨付き肉       2LB     900g

日本酒          ½CUP

茅乃舎だしで取った出汁  4CUP     5カップ

青ねぎの小口切り     1/2CUP

大根おろし

もみじおろし

柚子胡椒

酢じょうゆ又はポン酢

 

作り方

  1. 鶏肉はぶつ切りにして熱湯をサッとかけ、水洗いしてきれいにします。
  2. 鍋に①と日本酒、茅乃舎だしを加えて火にかけ、沸騰してきたらあくを丁寧に取りながら、弱火で1時間、コトコト煮ます。
  3. 1時間経ったら、煮汁ごと深めのバットに流し入れ、冷めたら冷蔵庫に入れ、固まるまで冷やします。
  4. 深めの鉢に③をすくいながら入れ、上に青ねぎの小口切り、大根おろし(又はもみじおろし)をのせ、酢じょうゆ又はポン酢をつけながらいただきます。

*このほか、からしじょうゆ、ゆごしょうを加えたしょうゆ、たっぷりのおろししょうがを加えたおしょうゆでも美味しくいただけます。

 

 

 

豆腐の蒸し物<4月27日>

■4月27日■

《豆腐の蒸し物》

材料(4人分)

木綿豆腐     1丁

鶏のひき肉    1/3LB        150g

しいたけ     4枚

にんじん     少々

茹でた枝豆    少々

卵白       1個分

サラダオイル   少々

茅乃舎だし+水  1&1/4CUP     1&1/2カップ

塩・日本酒・しょうゆ・みりん

水溶き片栗粉    少々

 

作り方

  1. 豆腐は水切りをしっかりしておきます。
  2. しいたけ、にんじんはみじん切りにします。
  3. ボールの中に水切りをした豆腐を手でつぶしながら入れ、ひき肉、にんじん、しいたけ、卵白、しょうゆ、みりん各1TB(大さじ1杯)を加え、良く混ぜます。
  4. ③を4等分にし、サラダオイルを塗った、サランラップにのせ、丸く形を整えます。
  5. 蒸気の上がった蒸し器で④を15分ぐらい蒸します。
  6. 小鍋にだしを入れ、煮立ったら、塩1/2tsp、しょうゆ1tsp、で味をつけ、水溶き片栗少々でとろみをつけます。
  7. 器に蒸しあがった豆腐を入れ、⑥のあんをかけ、枝豆をさやから出したものを飾ります。

 

*豆腐の中には、戻したきくらげほか、好みのものを加えてください。

*枝豆は、青ねぎ、香草、木の芽に替えても・・・

 

 

カチャトーレ<4月20日>

■4月20日■

《カチャトーレ》

材料(4人分)

鶏もも肉         1LB      450g

小麦粉          適宜

ベルペッパー(大)    1個

玉ねぎ          1個

玉ねぎのみじん切り    ½個分

マッシュルーム(大)   4個

サラダオイル       3TBS   大さじ3杯

バター          1TBS   大さじ1杯

白ワイン         ½CUP   ½カップ

ベイリーフ        1枚

トマトの水煮       2CUP   2&1/2カップ

*茅乃舎やさいだし(中味)1袋分

塩・コショー
作り方

  1. 鶏肉は大きめに切り塩・コショーで下味を付け、小麦粉を薄くまぶしておきます。
  2. 野菜は大きめに切ります。
  3. 鍋にバターとサラダオイルを入れ、火にかけ、バターが溶けたら①の鶏肉を入れて、両面にきつね色の焼き色が付くまで焼きます。
  4. 玉ねぎのみじん切り、大きめに切ったものを加え、中火で玉ねぎが透明になるまで、しっかり炒めます。
  5. ④に白ワインを加え、強火にしてアルコールを飛ばします。
  6. トマトの水煮缶を汁ごと(ホールトマトは手でつぶしながら)加え、ベイリーフ、塩、コショーを加え、かき混ぜながら弱火でコトコト煮込みます。マッシュルームを加え、さらに10分煮込みます。
  7. ベルペッパーをサラダオイル(分量外)でサッと炒め、煮あがった⑥に加え、塩・コショーで味を整えて出来上がりです。

 

*ベルペッパー(ピーマン)赤・黄色・緑のものを1/3量ずつ使うと出来上がりの色が、とてもきれいです。

*野菜の旨みを生かすために、にんにくは使っていませんが、お好みで使われてもOKです。

*ご飯にも、パン(ガーリックブレッド)にも良くあいます。

*イタリアの「おふくろの味」です。

 

 

 

 

ほうれん草のカレー<4月13日>

■4月13日■

《ほうれん草のカレー》

材料(4人分)

牛ひき肉        1/3LB      150g

ほうれん草       1わ

玉ねぎ         1個

にんにく        1かけ

しょうが        1かけ

赤唐辛子        1本

ベイリーフ(ローリエ) 1枚

カレー粉        5TBS      大さじ5杯

茅乃舎野菜だし(中味) 1袋分

サラダオイル、又はオリーブオイル

 

作り方

1.
ほうれん草はきれいに洗って、根元を切り、小さく切って、水気を取っておきます。

2.
にんにく、しょうが、玉ねぎをみじん切りにします。

3.
鍋にサラダオイルを入れて、にんにく、しょうがを加え、火にかけ、香りが出てきたら、玉ねぎを加えて炒めます。

4.
③にひき肉、茅乃舎野菜だし、カレー粉を加えてさらに炒め、赤唐辛子、ベイリーフほうれん草を加えて、さらに炒めます。

5.
ほうれん草がしんなりしてきたら、熱湯1CUP(1&1/4カップ)を加え、強火にし、あくをとり、中火で10分煮て出来上がりです。

 

 

鶏団子の煮物<4月6日>

■4月6日■

《鶏団子の煮物》

材料(4人分)

*鶏団子*

鶏ひき肉         1LB       450g

しいたけ         2枚

ねぎみじん切り      1本分

にんじんのみじん切り   4TBS

卵            1個

しょうがのみじん切り   1かけ分

日本酒          2TBS      大さじ2杯

しょうゆ         1TBS      大さじ1杯

塩            少々

片栗粉          1TBS      大さじ1杯

*煮汁*

茅乃舎だし        1袋

水            2&1/2Cup    3カップ

薄口しょうゆ       3TBS      大さじ3杯

日本酒          2TBS      大さじ2杯

みりん          1TBS      大さじ1杯

 

好みの野菜        白菜・水菜・キャベツ・レタスなど…

 

作り方

1.
ボールに鶏団子の材料を入れて、手でよく混ぜます

2.
鍋の中に煮汁の材料を加えて火にかけます。

3.
好みの野菜を食べやすい大きさに切ります。

4.
沸騰した②の鍋に、鶏団子の材料をまとめながら(好みの大きさに…)静かに加え、あくを取りながら煮ていきます。

5.
鶏団子に火が通ったら、野菜を加えて中火で煮ます。

 

*仕上げに茹でた春雨をくわえても美味しいです。

*残ったスープで雑炊も…

*鶏団子の生地は柔らかいので、丁寧に扱ってください。

*好みでごま油を生地に加えても美味しいです。

 

スープパスタ<3月30日>

■3月30日■

《スープパスタ》

材料(4人分)

お好みのショートパスタ    12oz             300g

茅乃舎だし          2&1/2CUP 600cc

豚肉薄切り          1/3LB   150g

白菜             2枚

ねぎ             1本

にんじん           1/2本

しょうが           1かけ

にんにく           1かけ

しいたけ           2枚

サラダオイル         1TBS

塩・コショー

ごま油            少々

 

作り方

  1. 豚肉は千切りにし下味(分量外)日本酒1tsp、しょううゆ1tspをよくもみこんでおきます。
  2. 白菜、にんじん、しょうが、しいたけは千切りに、にんにくはみじん切りにします。
  3. 鍋にサラダオイルを入れて火にかけ、にんにくを加え、香りが出てきたら豚肉て炒めます。
  4. ③に残りの野菜を加え、全体を軽く炒め、茅乃舎だしでとっただしを加え、強火にし、あくを取り、ショートパスタを加え中火にし、パスタに火が通るまで煮ます。
  5. 味見をして塩・コショーで味を整え、ごま油を加えます。

 

たらこのスパゲティ<3月23日>

■3月23日■
《たらこのスパゲティ》

材料(4人分)

スパゲティ           4人分

たらこ(大)          1はら

塩               3TBS 大さじ3杯

茅乃舎野菜だし(中味)     1袋分

バター             2TBS 大さじ2杯

生クリーム           1/4CUP 1/3カップ

コショー            少々

しその葉千切り         4枚分

 

作り方

1.
大きな鍋にお湯を沸かし、沸騰したら塩を入れてスパゲティを茹で始めます。

2.
たらこは切り目をいれ、包丁の背で中身を出します。

3.
フライパンを弱火にかけ、バターを溶かし、たらこ、茅乃舎野菜だし、生クリームを加え、手早く(たらこに火が通らないように…)良く混ぜ、火から下ろします。

4.
茹で上がったスパゲティをザルにあげ、水気をきり、③のフライパンに入れて、全体にソースを絡めます。

5.
皿に盛り。コショー少々ふり、青しその千切りをのせて出来上がりです。

 

*たらこに火が通ると口当たりが悪くなります。

*生クリーム又はヘビークリームをお使いください。

 

 

カクテルソース<3月16日>

■3月16日■

《カクテルソース》

材料

茅乃舎野菜だし中味      1袋分

トマトケチャップ       4TBS  大さじ4杯

ウスターソース        1tsp  小さじ1杯

レモンの絞り汁        1tsp  小さじ1杯

チリペッパー         1tsp  小さじ1杯

 

作り方

*材料を全部まぜます。

使い方

*生牡蠣、茹でた海老に添えて、シュリンプカクテル、茹でた蟹にそえても…

 

*チリペッパーの代わりに、ホースラディシュを使っても美味しいです。

 

 

味噌タレ<3月9日>

■3月9日■
《味噌タレ》

材料

みそ          1TBS   大さじ1杯

茅乃舎だし       1袋

しょうゆ        4TBS   大さじ4杯

さとう          2TBS  大さじ2杯

みりん          2TBS  大さじ2杯

ごま油          1TBS  大さじ1杯

刻み長ネギ        2TBS  大さじ2杯

煎り白ごま        1TBS  大さじ1杯

おろしにんにく      1tsp  小さじ1杯

しょうがの絞り汁     1tsp  小さじ1杯

一味唐辛子        少々

コショー         少々

 

作り方

1.しょうゆとみりんを合わせた中に、茅乃舎だしを入れて、できれば一晩、置いてきます。(時間のない時は中味をそのまま入れてください)

2.ボールにみそ、さとう、ごま油を加え、良く混ぜ、①と残りの材料を良く混ぜ合わせます。

*使い方*

1.牛、豚、鶏肉をこのタレと合わせ、よくもみこみ、フライパン、グリルで焼く。

2.なすを炒め、タレを加えて味付けする。

3.豆腐ステーキのタレに

4.焼きおにぎり

5.生牡蠣をやき、仕上げにタレを加える。

 

 

塩づけ鶏鍋<3月2日>

■3月2日■
《塩づけ鶏鍋》

材料(4人分)

鶏もも肉        2/3LB     300g

塩           1tsp      小さじ1杯

茅乃舎だしで取った出汁           鍋の8分目

豆腐          1丁

白菜(大)       4枚~6枚

しいたけ        8枚

えのきだけ       1袋

※好みの鍋材料

ポン酢

※青ネギの小口切り、もみじおろし

 

作り方

1.   鶏肉に塩を手でしっかりすりこみ、ラップに包んで皿にのせ、上に皿をのせ、冷蔵庫で一晩漬けます。

2.   材料を一口大に切ります。

3.   ①の鶏肉さっと水洗いし、一口大に切ります。

4.   鍋に出汁を入れて煮立て、③の鶏肉を加え、火が通ったら他の材料を加え、ポン酢で食べます。

 

ツナディップ<2月23日>

■2月23日■

《ツナディップ》

材料(4人分)

ツナ缶(大)      1缶

玉ねぎみじん切り    1/2個分

茅乃舎野菜だし中味   1袋分

マヨネーズ       5TBS      大さじ5杯

パセリみじん切り    少々

レモンのしぼり汁    少々

塩・コショー      少々

 

作り方

1.
ツナ缶のオイルまたは水をしっかり切り、ボールに入れ、玉ねぎのみじん切り、茅乃舎野菜だし中味、マヨネーズ、パセリのみじん切り、レモンのしぼり汁、塩・コショーを加えてよく混ぜ出来上がり。

 

*①を全てフードプロセッサーでペースト状にしても・・・

*トーストしたフライパン、食パン、クラッカー、チップ、野菜スティックに付けてお召し上がり下さい。

*お好みでカレー粉少々加えてもおいしいです。

 

 

卵の煮物<2月16日>

■2月16日■
《卵の煮物》

材料(4人分)

卵           8個

油揚げ長方形のもの   4枚~8枚(大きさによって数が変わります)

かんぴょう       8インチ(20cm)8本ます

茅乃舎だし       1袋

(水 2CUP 2&1/2カップにつけてだし汁を取っておきます)

しょうゆ        4TBS      大さじ4杯

みりん         2TBS      大さじ2杯

日本酒         2TBS      大さじ2杯

さとう         1TBS      大さじ1杯

 

作り方

1.
油揚げは長ければ半分に、そうでなければ上のほうを少し切り取り、破らないように、袋にし、ざるに並べて熱湯をかけ、油抜きをしておきます。

2.
かんぴょうはサッと洗います。

3.
油揚げの中に、卵を一個ずつ入れ、口をかんぴょうで縛ります。

4.
鍋にだし汁、しょうゆ、みりん、日本酒、さとうを加え煮立て、③を縛り口を上にして並べて入れます。

5.
煮立ったら、弱火にして10分位煮て出来上がりです。
*卵の硬さは、煮る時間で調整してください

*長くても、12分ぐらいに…

*しいたけ、にんじん、絹さやなどを煮て添えても…

 

 

豚肉の変わり焼き<2月9日>

■2月9日■
《豚肉の変わり焼き》

材料(4人分)

豚肉薄切り        2/3LB       300g

*下味*

日本酒          1TBS       大さじ1杯

しょうゆ         1TBS       大さじ1杯

さとう          1つまみ

サラダオイル       1TBS       大さじ1杯

*ソース*

マヨネーズ        3TBS       大さじ3杯

茅乃舎野菜だし中味    1袋分

しょうゆ         1TBS       大さじ1杯

 

作り方

1.
豚肉をボールに入れ、下味の材料、日本酒、しょうゆ、さとうを加え、手でよくもみこみ、ラップをして30分冷蔵庫に入れておきます。

2.
ソースの材料を良く混ぜておきます。

3.
フライパンにサラダオイルを熱し、豚肉を広げて焼き、色が変わり、火が通ったら、合わせておいたソースを加え、手早く絡めて、全体にソースをいきわたらせます。
*ご飯のおかずに、サンドイッチの具に…

*レタス、サラダ菜と一緒に盛り付け、くるんで食べても…

 

 

茅乃舎風ロミロミサーモン<2月2日>

■2月2日■

《茅乃舎風ロミロミサーモン》

材料(4人分)

刺し身用サーモン            2/3LB   300g

玉ねぎのみじん切り           ¼CUP

トマト(中)              1個

塩                  ½~1tsp 小さじ1/2~杯

茅乃舎野菜だし(中味)         1袋分

レモンの絞り汁             1個分

 

作り方

  1. サーモン、トマトを1/2インチ(1cm)角に切ります。
  2. ボールの中にサーモン、トマト、玉ねぎ、塩、レモンの絞り汁、氷2~3個、茅乃舎野菜だしの中味を入れて、手でもみます。
  3. ラップをかけ、食べる直前まで、冷蔵庫で冷やします。

 

*キューリ、ピーマン、パプリカのみじん切りを加えたり、しょうゆ、オリーブオイル、チャイニーズパセリを加えたりして、アレンジしてください。

 

 

タンドリーシュリンプ<1月26日>

■1月26日■
《タンドリーシュリンプ》

材料(4人分)

えび(大)            12尾

*マリネ液*

プレーンヨーグルト        1/3CUP    ½カップ

茅乃舎野菜だし中味        1袋分

ケチャップ            2TBS    大さじ2杯

レモン汁             2TBS    大さじ2杯

おろしにんにく          1tsp    小さじ1杯

おろししょうが          1tsp    小さじ1杯

玉ねぎのすりおろし        ¼CUP    1/3カップ

カレー粉             1TBS    大さじ1杯

塩・コショー           少々

 

作り方

  1. えびは殻の付いたまま背中を切り開き、背ワタをきれいに取り、水洗いして、ペーパータオルで水気を取ります。
  2. マリネ液の材料を全部合わせ、えびと一緒にジップロックに入れ、一晩冷蔵庫で漬け込みます。
  3. クッキングシートを敷いた天板に並べ、オーブンで、又はバーベキューグリルで焼いて出来上がりです。

*400度(摂氏200度)で約7~8分、えびの大きさで時間はかわります。

*えびは尾頭付きでも、なくても…

 

 

なすの炒め物<1月19日>

■1月19日■
《なすの炒め物》

材料(4人分)

なす(大)       6本

さやインゲン      ½LB       250g

ごま油         5TBS      大さじ5杯

茅乃舎だしでとった出汁 4/5CUP      1カップ

みそ          3TBS      大さじ3杯

日本酒         6TBS      大さじ6杯

さとう         6TBS      大さじ6杯

みりん         6TBS      大さじ6杯

しょうゆ        2TBS      大さじ2杯

 

作り方

  1. なすはヘタをとり、半分に切り、厚めの斜め切りにして水につけあく抜きをし、ザルにあげて、水気をしっかりきります。
  2. さやインゲンは筋を取り、食べやすい長さに切ります。
  3. 鍋にごま油を熱し、なすをよく炒め、さやインゲンを加えてさらに炒めます。
  4. ③に出汁・日本酒・さとう・みりん・しょうゆを加えて、ことこと煮ます。
  5. 煮汁が半分ぐらいになったら、みそを加え、全体を絡めて出来上がりです。

 

*豚肉を加えて作ると、メインのおかずになります。

 

 

野菜のマリネ<1月12日>

■1月12日■

《野菜のマリネ》

材料(4人分)

ズッキーニ        1本

にんじん         1本

セロリ          2本

赤ピーマン        1個

カリフラワー       ½個

小玉ねぎ         8個

マッシュルーム      8個

*マリネ液*

茅乃舎野菜だし     1袋

水           4/5CUP     1カップ

レモンの絞り汁     1個分

オリーブオイル     ½CUP      カップ

ベイリーフ       1枚

鷹のつめ        1本

塩           少々

粒コショー       少々

 

作り方

  1. 野菜の下ごしらえをし、同じぐらいの大きさに切りそろえます。
  2. 硬い野菜から順番にさっと茹で、ザルにあげ、水気をきっておきます。
  3. 鍋にマリネ液の材料、種をぬいた鷹のつめを入れ、5分間煮ます。
  4. ②の野菜を③に入れ、5分煮て冷まし、野菜だしの袋を取り出して、出来上がりです。

 

*肉、魚料理の付け合せに…

 

 

辛子明太そうめん<1月5日>

■1月5日■

《辛子明太ソーメン》

材料(4人分)

そうめん      8束

辛子明太子(大)  1はら

高菜漬け刻んだもの 5TBS    大さじ5杯

*タレ*

みりん      1TBS    大さじ1杯

しょうゆ     1TBS    大さじ1杯

酢        1TBS    大さじ1杯

ごま油      1TBS    大さじ1杯

茅乃舎だし    1袋

 

作り方

  1. そうめんをたっぷりのお湯で、好みのかたさに茹でます。
  2. 明太子は4等分しておきます。
  3. 小鍋にタレの材料を入れ火にかけ、煮立ったら火を止めて、そのまま冷ましておきます。
  4. ボールの中に、そうめん、高菜を入れ、③のタレをかけて全体を混ぜ、器に1/4量盛り付け、上に明太子をのせて出来上がりです。

 

*明太子を納豆に変えても美味しいです。

 

ポテトサラダ<12月29日>

■12月29日■

《ポテトサラダ》

材料(4人分)

じゃがいも       4個

ツナ缶         1缶

ゆで卵         4個

きゅうりのピクルスのみじん切り 1TBS   大さじ1杯

ベーコン薄切り     4枚

レモンのしぼり汁    ½個分

塩・コショー      少々

*ドレッシング*

酢          3TBS       大さじ3杯

塩・コショー     少々

サラダオイル     3TBS       大さじ3杯

茅乃舎野菜だし中味  1袋分

 

作り方

  1. じゃがいもの皮をむいて一口大に切り、水洗いして、茹でます。火が通ったら、ざるにあげ、水気をしっかりきり、レモンの絞り汁、塩・コショー少々をふり、下味を漬けておきます。
  2. ゆで卵は好みの大きさに切り、ツナ缶の水気をきって、ほぐしておきます。
  3. ベーコンは細切りにします。
  4. フライパンにサラダオイルを熱し、ベーコンがカリカリになるまで炒め、酢、塩・コショー、茅乃舎野菜だしの中味を加えて、全体を混ぜ合わせます。
  5. ボールの中に、じゃがいも、ツナ、ピクルスを入れ、上から④をかけて全体を混ぜ合わせ、器に盛ります。
  6. ⑤の上にゆで卵をのせて出来上がりです。

 

*彩にパセリのみじん切りを散らしたり、レタスの上にサラダを盛り付けるときれいです。

 

きのこの和風スープスパゲティ<12月22日>

■12月22日■
《きのこの和風スープスパゲティ》

 

材料(4人分)

スパゲティ               4人分

しめじ、えのき、生しいたけほか、好みのきのこ色々

茅乃舎だしでとった出汁      4CUP    5カップ

塩                1tsp  小さじ1杯

しょうゆ             1TBS    大さじ1杯

にんにくのみじん切り       1かけ分

作り方

  1. しめじは根元を切り取り、手でばらばらにします。
  2. えのきは根元を切り、半分に切り、手でほぐします。
  3. しいたけは軸を切り取り、薄切りにします。
  4. たっぷりのお湯を沸かし、スパゲティを茹で始めます。
  5. 鍋に出汁を入れ火にかけ、沸騰したら塩・しょうゆで味を付け①②③のきのこを加え、にんにくのみじん切りを加えて一煮立ちしたら弱火にします。
  6. 茹で上がったスパゲティをざるにあげ、水気をしっかりきって、⑤の鍋に入れ、出来上がりです。

 

*仕上げに、青ねぎの小口切り、貝割れなど散らし、真ん中に梅干をのせるときれいです。

 

 

 

お好み焼き<12月15日>

■12月15日■

《お好み焼き》

材料(4人分)

キャベツ(大)           ½個

長いものおろしたもの        ½Cup

卵                 2個

茅乃舎だし中身           1袋分

小麦粉               1Cup

揚げ玉               4TBS    大さじ4杯

青ねぎの小口切り          ½Cup

豚肉の薄切り            8枚

サラダオイル

お好み焼きソース

マヨネーズ

紅しょうが

 

作り方

  1. キャベツは大きめのみじん切りにします。
  2. 豚肉は半分に切っておきます。
  3. ボールの中に、長いも、卵、茅乃舎だし中味を入れて泡だて器でよく混ぜ、小麦粉を加えて混ぜ、キャベツ、青ねぎの小口切りを加えて、木じゃくしで全体を良くかき混ぜます。
  4. ホットプレート、フライパンを熱し、サラダオイルを薄く塗り、③の1/4量を広げ、上に豚肉をのせ、焼いていきます。
  5. 焼き色が付いたら、裏返し、豚肉に火が通るまで、しっかり焼きます。
  6. 焼きあがったら、お好み焼きソース、マヨネーズなどのせ、好みで青海苔をふっても美味しいです。

 

*豚肉のほかに、サッと茹でたイカ・タコを加えても…

*紅しょうがは、生地に混ぜても…

 

 

タンドリーチキン<12月8日>

■12月8日■

《タンドリーチキン》

材料(4人分)

骨なし鶏もも肉         1LB     450g

*漬けタレ*

玉ねぎのすりおろし       4TBS   大さじ4杯

しょうがのすりおろし      1かけ分

にんにくのすりおろし      1かけ分

茅乃家野菜だし中味       1袋分

カレー粉            1TBS   大さじ1杯

塩               1tsp     小さじ1杯

プレーンヨーグルト       5TBS   大さじ5杯

トマトケチャップ        3TBS   大さじ3杯

 

作り方

  1. もも肉の皮のほうにフォークで穴を開け、漬けタレの材料を混ぜた中に入れ、手でよくも見込みます。
  2. ジップロックにタレごと入れ、一晩漬け込みます。
  3. タレを手で取り除き、皮目を上にして、弱火のグリルできつね色の焼き色がつくまで焼き、裏返して同じように焼きます。

 

 

 

豚肉と豆腐のどんぶり<12月1日>

■12月1日■
《豚肉と豆腐のどんぶり》

材料(4人分)

ご飯               4人分

豚肉の薄切り           ½LB     200g

豆腐               1丁

卵                5~6個

茅乃家だしで取った濃い目の出し  1/2cup

しょうゆ             6TBS    大さじ6杯

みりん              4TBS    大さじ4杯

さとう              2TBS    大さじ2杯

 

作り方

  1. 豚肉は一口大に切ります。
  2. 鍋にだし、しょうゆ、みりん、さとうを入れて火にかけ、沸騰したら、①の豚肉を加え、火が通ったら、豆腐を手でつぶしながら加えて5分ぐらい煮て、再び煮立ってきたら、とき卵を流しいれ、1~2分煮て、どんぶりに入れたご飯のうえに、1/4量をのせます。

 

*彩に青ねぎ、三つ葉、べにしょうがなどを散らしてください。

*豆腐の水気が出ますので、とき卵を加える前に、必ず味見をしてください。

 

 

豚肉とじゃがいものミルク煮込み<11月24日>

■11月24日■
《豚肉とじゃがいものミルク煮込み》

材料(4人分)

豚薄切り肉       2/3LB       300g

じゃがいも(大)    2個

玉ねぎ         1個

 

牛乳          1&1/4CUP     1&1/2カップ

粉チーズ        5TBS        大さじ5杯

バター         3TBS        大さじ3杯

塩           2tsp       小さじ2杯

コショー        少々

小麦粉         3TBS

茅乃舎野菜だし中味   1袋分

 

作り方

1. 豚肉は食べやすい長さに切っておきます。

2. じゃがいもは皮をむいて厚めの輪切りにします。

3. 玉ねぎは、半分に切り薄切りにします。

4. ボールに小麦粉・茅乃舎野菜だし中味・粉チーズ、塩・コショーを入れ、泡たて器で混ぜながら、牛乳を少しずつ加えていきます。

5. 蓋つきの鍋に、バターを薄く塗り、じゃがいも・玉ねぎ・豚薄切り肉を交互に入れ、最後に残りのバターをのせ、④を加えて蓋をし、強火にかけ、沸騰してきたら、弱火にして、じゃがいもが柔らかくなるまで煮ます。

 

 

白身魚のあんかけ<11月17日>

■11月17日■
《白身魚のあんかけ》

材料(4人分)

白身魚の切り身       4切れ

(塩・日本酒  少々)

*あん*

ごぼうの千切り       1oz            25g

にんじんの千切り      1oz            25g

生しいたけの千切り     4枚分

茅乃舎だしで取った濃い目の出し 1&1/4CUP       1&1/2カップ

しょうゆ          2TBS          大さじ2杯

砂糖            2tsp         小さじ2杯

みりん           2TBS          大さじ2杯

しょうがのしぼり汁     1tsp        小さじ1杯

 

片栗粉・片栗粉の水溶き

揚げ油

 

作り方

魚に塩と日本酒を振り、しばらく置いておき、ペーパータオルで水気を丁寧に拭きとり、片栗粉を薄くつけて、中温の油できつね色になるまで、揚げます。

鍋に出しを煮立て、ごぼう、にんじん、しいたけを加え、野菜に火が通ったら、しょうゆ、砂糖、みりん、しょうがの絞り汁を加えて、一煮立ちしたら、片栗粉の水溶きで、とろみをつけます。

器に①をいれ、上から②をかけて出来上がりです。

 

*三つ葉、絹さやなどをさっと茹でたものを加えると彩りもきれいです。

 

 

揚げもちの味噌汁<11月10日>

■11月10日■
《揚げもちの味噌汁》

材料(4人分)

もち        4個

茅乃舎だしでとった出汁     3&1/4CUP  4カップ

お好みの味噌          4~5TBS  おおさじ4~5杯

青ねぎの小口切り        少々

揚げ油

 
作り方

  1. 中温に熱した油の中にもちをいれ、時々上下を返しながら、ふくれるまで揚げ、油をしっかりきります。
  2. 鍋に出汁を入れ、火にかけて、沸騰してきたら弱火にして味噌を溶かしいれます。
  3. お椀に①のもちをいれ、上から味噌汁を注ぎます。
  4. 青ねぎの小口切りを入れて、出来上がりです。

 

*お出汁の美味しさが楽しめる一品です。

*茅乃舎生七味、あおゆず胡椒を加えても…

 

えびの卵白揚げ<11月3日>

■11月3日■

《えびの卵白揚げ》

材料(4人分)

えび(中)       12尾

(塩・日本酒 少々)

*衣*

小麦粉         3TBS     大さじ3杯

片栗粉         1TBS     大さじ1杯

ベーキングパウダー   ½tsp    小さじ1/2杯

卵白          1個分

茅乃舎野菜だし中味   1袋分

揚げ油

 

作り方

  1. えびは頭と背ワタを取り、しっぽを残して殻をむきます。
  2. ①に。塩と日本酒を振りしばらく置きます。
  3. 小麦粉・片栗粉・ベーキングパウダーは一度ふるいにかけておきます。
  4. ボールに卵白を入れ、軽く泡たて、③と茅乃舎野菜だしを加えて軽く混ぜます。
  5. ②のえびの水分をペーパータオルでふき取り、④の衣をつけて、中温よりやや低めの油で、気長に揚げます。

 

*盛り皿に、キューリ、レタス、トマトなどを盛り付け、あがったえびを盛り付けます。

*レモン、塩、ケチャップ、タバスコなど、お好みの味でお召し上がりください。

 

油揚げのピザ<10月27日>

■10月27日■

《油揚げのピザ》

材料(4人分)

油揚げ(大)     4枚

ケチャップ      4TBS   大さじ4杯

茅乃家野菜だし中味  1袋分

*お好みの具*

ハム・ベーコン・ソーセージ・玉ねぎ・マッシュルーム・ピーマン…

溶けるチーズ、ピザ用チーズ

 

作り方

 

  1. 油揚げの、2辺(三角の油揚げの場合)又は3辺(長方形の油揚げの場合)を切り、油揚げを開きます。
  2. ケチャップと茅乃家野菜だしを良く混ぜ、1/4の量を油揚げに塗ります。
  3. お好みの具をのせ、溶けるチーズをのせて、オーブントースターでチーズが溶けるまで、焼きます。

 

*ケチャップに茅乃家野菜だしを加えた後、大人用にタバスコを加えたり、マヨネーズを加えたりしても、美味しいです。

 

 

 

きのこのかき玉汁<10月20日>

■10月20日■

《きのこのかき玉汁》

材料(4人分)

生しいたけ        4枚

えのきだけ        1袋

シメジ          1袋

卵            2個

茅乃家出しで取っただし  3&1/4Cup  4カップ

塩            少々

片栗粉の水溶き       少々

しょうゆ         1TBS
作り方

  1. きのこ類は石つきを取り、食べやすい大きさにきっておきます。
  2. 卵は割りほぐしておきます。
  3. 鍋にだしを煮立て、きのこ類を加えます。
  4. きのこに火が通ったら、しょうゆを加え、味を見て塩を加えます。
  5. ④が煮立ったら、かき混ぜながら、水溶き片栗を加え、とろみをつけ、とき卵を箸を伝わせながら、まわしいれ、火が通って浮いてきたら、火を止め、出来上がりです。

 

*穴あきお玉にとき卵を入れて、まわしながら入れるときれいにできます。

*春雨の戻したもの、わかめ、お好みの具でお試しください。

*煮立っている中に、手早く、水溶き片栗粉、とき卵を入れないと、出汁がにごります。

 

 

シュリンプカレー<10月13日>

■10月13日■
《シュリンプカレー》

材料(4人分)

海老のむき身(中)      24~32尾

カレー粉         1tsp   小さじ1杯

日本酒          1TBS    大さじ1杯

サラダオイル       2TBS    大さじ2杯

にんにくのみじん切り   1かけ分

玉ねぎのみじん切り(中) 1個分

カレー粉         1TBS    大さじ1杯

茅乃家野菜だしで取っただし  2&1/2Cup  3Cup

トマト          2個

ベルペッパー(ピーマン) 1個

フィッシュソース(ナンプラー)1TBS  大さじ1杯

塩・コショー

 

作り方

 

  1. 海老のむき身にカレー粉1tspと日本酒をかけて、もみ込み。しばらく置いておきます。
  2. 鍋にサラダオイルを入れ、にんにくのみじん切りを加えて、火にかけます。香りが出てきたら①の海老を加え、炒めます。
  3. ②に玉ねぎを加えさらに炒め、玉ねぎが透き通ってきたら、カレー粉1TBSを加え、だしを加えて、弱火にし、煮込みます。
  4. トマトとベルペッパーはへたをとり、食べやすい大きさに切ります。
  5. ③の中にトマトとベルペッパーを加えて、さらに煮ます。
  6. ナンプラーを加えて、味を見て、塩・コショーで味を整えて、出来上がりです。

 

 

 

 

レバーマリネ<10月6日>

■10月6日■
《レバーマリネ》

材料(4人分)

牛レバー      300g    2/3LB

玉ねぎスライス   1/2個分

ピーマン千切り   1/2個分

パプリカ千切り   1/2個分

にんじん千切り   1/2本分

パセリ

レモン

小麦粉

揚げ油

塩・コショー

牛乳         1/4CUP

 

*マリネ液*

酢         4TBS       大さじ4杯

塩         1tsp      小さじ1杯

茅乃舎野菜だし(中味)  1袋分

コショー       少々

サラダオイル     6TBS      大さじ6杯

 

作り方

1.ボールの中に酢・塩・茅乃舎野菜だし・コショーを入れ、よく混ぜ、サラダオイルを少しずつ加えながら混ぜて、マリネ液を作り、千切りの野菜を加えて軽く混ぜます。

2.レバーは水でよく洗い、一口大に切り、分量の牛乳をかけて、しばらく置きます。

3.②のレバーの水気を、ペーパータオルでふき取り、小麦粉を薄くまぶし、中温の油で、きつね色になるまで揚げます。

4.③のレバーを①にいれ、軽く全体を混ぜて、盛り付けます。

5.彩りに、レモンとパセリを添えてください。

 

 

 

鶏鍋<9月29日>

■9月29日■
《鶏鍋》

材料(4人分)

鶏もも肉         1LB    450g

野菜のくず(玉ねぎ、にんじん、セロリ、しょうが)

塩           2tsp  小さじ2杯

豆腐・白菜・しいたけ・えのき・シメジ・春菊・水菜など、鍋料理に使う、好みの野菜   適宜

 

茅乃舎出しでとっただし  4CUP    5CUP

好みの薬味

ポン酢など…
作り方

1.鶏もも肉に塩をすり込み、野菜のくずと一緒にジップロックにいれ、空気を抜いて、閉め、バットにいれ、皿を2枚ぐらい載せて、冷蔵庫で1晩ねかせます。

2.鍋に茅乃舎だしを煮立てます。

3.一晩置いておいた①の野菜を取り除き、サッと、水洗いして一口大に切ります。

4.②の鍋に③の鶏肉をいれ、火が通ったら、好みの野菜、豆腐を煮ながら、ポン酢、好みの野菜でいただきます。

5.中の具を食べ終わったら、だしを味見して、塩・コショーで味を整え、ご飯にかけて食べても、雑炊を作っても美味しいです。
*塩で一晩しめた鶏肉、ぜひ試してみてください、一味違います。

 

 

 

コーンポタージュ<9月22日>

■9月22日■

《コーンポタージュ》

材料(4人分)

スイートコーン       1缶

玉ねぎのスライス      ½個分

サラダオイル        1TBS    大さじ1杯

バター           1TBS    大さじ1杯

茅乃舎野菜だし(中味)   1袋分

水             1&3/5CUP  2CUP

牛乳            3/5CUP    3/4CUP

生米            2TBS    大さじ2杯

塩・コショー        少々

 

作り方

1.鍋にサラダオイルとバターを加え、玉ねぎと生米を透き通るまで、弱火で炒めます。

2.①に茅乃舎野菜だしの中味、水、水切りしたスイートコーンを加えて、中火で、米に火が通るまで煮ます。

3.②を冷まし、ミキサーにかけて、鍋に戻し、牛乳を加え、温まったら、味見をして、塩・コショーで味を整え、できあがりです。

 

*かぼちゃ、にんじんなど、他の野菜でも作れます

*野菜を一口大に切り、電子レンジでCOOK

*塩分を控えめにして、離乳食にも…

 

 

きのこのあんかけそば<9月15日>

■9月15日■

《きのこのあんかけそば》

材料(4人分)

豚肉薄切り      ½LB    250g

しめじ        1パック

生しいたけ      5枚

えのき        1パック

にんじん       1本

チョイサムまたは白菜 適宜

中華蒸し麺      4玉

 

茅乃家だし      4/5Cup   1カップ

オイスターソース   3TBS   大さじ3杯

砂糖         少々

しょうゆ       1TBS   大さじ1杯

コショー       少々

ごま油        少々

片栗粉の水溶き    1TBS   大さじ1杯

サラダオイル
作り方

1. 豚肉は一口大に切ります。

2.きのこ類、チョイサム又は白菜は食べやすい大きさに切ります。

3.にんじんは皮をむいて輪切りにします。

4.フライパンにサラダオイルを熱し、蒸し麺の両面にこんがり焼色をつけて、お皿に取り出します。

5.フライパンにサラダオイルを足して、豚肉、野菜を炒めます。

6.茅乃家だしを加え、沸騰したら、調味料を加え、片栗粉の水溶きでとろみをつけて④の麺の上にかけて出来上がりです。

 

*豚肉、にんじん、白菜、しいたけを千切りにしてもきれいです。

 

 

いわしのサラダ<9月8日>

■9月8日■

《いわしのサラダ》

材料(4人分)

いわし        12匹

赤パプリカ      ½個

玉ねぎ        ½個

セロリ        ½本

キューリ       ½本

小麦粉

揚げ油

レモンの絞り汁    2TBS 大さじ2杯

オリーブオイル    4TBS 大さじ4杯

サラダオイル     2TBS 大さじ2杯

茅乃家野菜だし    1袋

塩・コショー     少々

 

作り方

1. ボールの中にレモンの絞り汁、オリーブオイル、サラダオイル、茅乃舎野菜だし中味、塩・コショーを入れて、泡たて器でよく混ぜます。

2. いわしは、うろこ、内臓、頭を取り、3枚におろし、大きければ、半分に切ります。

3. 赤パプリカ、玉ねぎ、セロリ、キューリは千切りにします。

4. ②のいわしに小麦粉をまぶし、中温の油で、こんがり、きつね色に揚げます。

5. ①ボールの中に③の野菜、④のいわしを入れて、全体を軽く混ぜます。

 

*白い大皿にレタスを敷き、⑤をのせ、レモンを添えると、彩の良い、サラダの出来上がりです。

*ナスの素揚げ、かぼちゃの素揚げ、ミニトマトなど、お好みのお野菜をお使いください。

 

 

オニオンリング<9月1日>

■9月1日■

《オニオンリング》

材料(4人分)

玉ねぎ(中)     2個

茅乃家野菜だし    1袋

小麦粉        8oz               200g

片栗粉        5TBS  大さじ5杯

卵          1個

ビール        1CUP  1&1/4カップ

揚げ油

 

作り方

1.玉ねぎは輪切りにし、バラバラにしておきます。

2.ボールの中に茅乃家野菜だし、小麦粉、片栗粉を入れて全体を良く混ぜ、①の玉ねぎを入れて、全体に粉がいきわたるように、手で混ぜます。

3.玉ねぎを取り出し、ボールの中に卵を加え、泡立て器でよく混ぜ、ビールを入れて、軽く混ぜます。

4.玉ねぎに③の衣をつけて、中温の油でカラッと、きつね色に揚げます。

 

*付け合せに、ビールのおつまみに…

*ハンバーガーに挟んでも美味しいです。

*③の衣を作るとき、ボールの中に小麦粉があまり残っていなかったら、少し(分量外)足してください。

 

 

 

冷やしナス<8月25日>

■8月25日■

《冷やしナス》

材料(4人分)

ナス         4本

茅乃舎だし      1袋

水          1&1/3CUP  2カップ

しょうゆ       2TBS   大さじ2杯

みりん        1TBS   大さじ1杯

 

作り方

1.  分量の水の中にだしの袋を1時間ぐらいつけておき、火にかけて、沸騰したら袋を取り出し、しょうゆとみりんで味付けし、冷たく冷やしておきます。

2.  ナスを焼き網にのせ、まわしながら、皮がこげて、黒くなるまで焼きます。

3.  氷水に②を入れて、手早く皮をむき、ペーパータオルで水気をきります。

4.  ③を食べやすい大きさに切り、①のだしをかけ、食べる直前まで、冷蔵庫でさらに冷やします。

*上にしょうがのおろしたものをのせたり、糸かつおをのせても、美味しいです。

 

 

揚げ卵のおろし煮<8月18日>

■8月18日■

《揚げ卵のおろし煮》

材料(4人分)

卵          4個

大根おろし      4/5CUP    1カップ

青ねぎの斜め切り   少々

茅乃家だしでとった出汁1&3/5CUP  2カップ

しょうゆ       3TBS    大さじ3杯

みりん        3TBS    大さじ3杯

揚げ油

 

作り方

1.卵はおわんに1個ずつ割りいれます。

2.中温の油の中に、①を静かに入れ、卵白をまとめながら、きつね色になるまで揚げます。

3.大根おろしの水気を軽くきります。

4.分量の水につけておいた茅乃家だしを火にかけ、沸騰したら袋を取り出し、みりん、しょうゆを加えます。

5.④が煮立ったら、大根おろしを加え、②の卵を加えて出来上がり。

6.器に入れ、上に青ねぎの斜め切りをのせます。

 

 

スパニッシュステーキ<8月11日>

■8月11日■
《スパニッシュステーキ》

材料(4人分)

牛ひき肉          1LB   450g

玉ねぎみじん切り(中)   1個分

食パン           1枚

牛乳            3TBS  大さじ3杯

卵             1個

粉チーズ          1TBS  大さじ1杯

塩・コショー

*ソース*

トマトケチャップ     2TBS

トマトピューレ      ½CUP

ウスターソース      1TBS  大さじ1杯

バター          1TBS  大さじ1杯

茅乃家野菜だし(中身)  1袋

バター、サラダオイル、パン粉

 
作り方

1.玉ねぎをバター1TBSで炒め、冷まし、パンはちぎって牛乳に浸します。

2.ボールにひき肉、①、粉チーズ 1TBS,卵、塩1tsp、コショー少々をいれ、手で白っぽくなるまで良く混ぜます。

3.小鍋にソースの材料を入れ一煮たちさせます。

4.天板にサラダオイルを薄く塗り、②の種を、四角に形つくり、上を手で押さえ、平らにします。③のトマトソースを上にかけ、粉チーズ、パン粉をふりかけ、350度(180C)のオーブンで20~30分、焼き色がつき、肉に火が通るまで焼いて出来上がりです。

 

*大皿に④を盛り付け、まわりに野菜を彩り良く並べると豪華です。

*にんじん、カリフラワー、ブロッコリー、ミニトマト、など…

 

 

マレーシア風串焼き<8月4日>

■8月4日■

《マレーシア風串焼き》

材料(4人分)

牛肉バター焼き用    2/3LB  300g

鶏胸肉(骨なし)    2/3LB  300g

*漬け汁*

ナンプラー      3TBS 大さじ3杯

水          3TBS 大さじ3杯

砂糖         1tsp 小さじ1杯

*ソース*

茅乃家だし      4TBS 大さじ4杯

ピーナツバター(無糖)5TBS 大さじ5杯

玉ねぎのすりおろし  ¼個分

おろしにんにく    少々

レモンの絞り汁    1TBS 大さじ1杯

砂糖         1tsp 小さじ1杯

塩          少々

赤唐辛子       1本

 

作り方

1.牛肉は縦長に切ります。

2.鶏肉は厚さを均等にして、縦長に切ります。

3.ボールに漬け汁を入れ、①と②を入れてよく混ぜ、1時間漬けておきます。

4.唐辛子はへたと種を取ります。

5.小鍋にだしと砂糖、塩を入れて火にかけ、砂糖が溶けたら火からおろし、残りの材料を加えてソースを作ります。

6.③を竹串に縫うように刺します。

7.オーブン、又はグリルで⑥を焼き、ソースを添えて出来上がりです。

 

*辛いのがお好きな方は、赤唐辛子をみじん切りにして混ぜてもいいのですが、お年寄り、お子様のいらっしゃるご家庭では、入れない、又は、別に用意することをお勧めします。

 

手羽先とじゃがいもの煮物<7月28日>

■7月28日■

《手羽先とじゃがいもの煮物》

材料(4人分)

手羽先          1LB  450g

じゃがいも        1LB  450g

しょうが         1かけ

にんにく         1かけ

ねぎ           1本

 

*  下味*

しょうゆ       5TBS 大さじ5杯

日本酒        1TBS 大さじ1杯

 

*  煮汁*

茅乃家だし      ½CUP

砂糖         2TBS 大さじ2杯

 

揚げ油・サラダオイル・塩 少々

 

作り方

1.手羽先に塩少々ふってよくもみ、ペーパータオルで水気をしっかりふき取ります。

2.①の手羽をジップロックに入れ、下味のしょうゆと日本酒を加え、よくもみ、冷蔵庫に1時間入れておきます。

3.じゃがいもは皮をむき、大きめに切ります。

4.揚げ油を熱し、②の手羽をきつね色に揚げます。

5.鍋にサラダオイルを熱し、しょうが、にんにくねぎのぶつ切りを炒め、②の下味の汁、砂糖、だしを加え、③④を加えて、じゃがいもに火が通るまで煮ます。

 

 

肉団子の煮込み<7月21日>

■7月21日■

《肉団子の煮込み》

材料(4人分)

合いびき肉     1LB   450g

玉ねぎみじん切り  ½個分

食パン       1枚

牛乳        少々

粉チーズ      ¼CUP

卵         1個

にんにく      1かけ

赤ワイン      ¼CUP

茅乃家野菜だし   1袋+水1CUP 水1&1/4カップ

トマトソース(缶) 1CUP     1&1/4カップ

サラダオイル

塩・コショー

 

作り方

1. ボールにひき肉、玉ねぎ、牛乳に浸してつぶした食パン、卵、粉チーズを入れて、手でよく練り、8等分し、丸めます。

2.鍋にサラダオイルを熱し、にんにくのスライスを炒め、香りが出てきたら①の肉団子を入れて、焼き色をつけ、赤ワインを入れて強火にし、アルコールを飛ばし、トマトソース、野菜だしを加えて、弱火で20分ぐらい煮込みます。

3.味を見て、塩・コショーで味をととのえます。

 

 

バーベキュースペアリブ<7月14日>

■7月14日■

《バーベキュースペアリブ》

材料(4人分)

スペアリブ              2LB                1Kg

*ソース*

トマトケチャップ           2TBS            大さじ2杯

茅乃舎野菜だしの中身         1袋分

ウスターソース            2tsp            小さじ2杯

日本酒                 1TBS            大さじ1杯

酢                  2tsp            小さじ2杯

砂糖                 2tsp            小さじ2杯

塩・コショー             少々

作り方

1.スペアリブは5~6分茹でて、ザルにあげて、ペーパータオルで水気をふき取ります。

2.ソースの材料をボールに入れ、よく混ぜておきます。

3.①の②のソースを塗り、網に並べて焼きます。

4.美味しそうなこげ色がつくまで、途中でソースを塗りながら焼いてください。

 

 

 

 

肉味噌ソーメン<7月7日>

■7月7日■

《肉味噌ソーメン》

材料(4人分)

豚ひき肉              2/3LB            300g

しいたけみじん切り         3枚分

ねぎの小口切り           1本分

しょうがのみじん切り        ひとかけ分

にんにくのみじん切り        ひとかけ分

茅乃舎だし             1袋

水                 2/3CUP             3/4CUP+1TBS

砂糖                 3TBS             大さじ3杯

日本酒               2TBS            大さじ2杯

しょうゆ              2TBS            大さじ2杯

赤味噌               3TBS            大さじ3杯

茹でたソーメン            4人分

サラダオイル             1TBS           大さじ1杯

作り方

1.茅乃舎だしを見ずにしばらく漬けておき、火にかけて沸騰させ、袋を取り出します。

2.①の中に砂糖、日本酒、しょうゆ、赤味噌を加えてよく混ぜます。

3.サラダオイルをフライパンに入れ、ねぎ、しょうが、にんにくを加えて火にかけ、香りがたってきたら、豚肉、しいたけを加えて炒めます。

4.③の中に②を加え中火でとろみがつくまで煮詰めます。

5.皿にレタスを敷き、ソーメンをのせ、上に④のソースをかけて出来上がりです。

 

 

 

 

カリフラワーのグラタン<6月30日>

■6月30日■

《カリフラワーのグラタン》
材料(4人分)

カリフラワー           1個

鶏もも肉              1/2LB          200~230g

玉ねぎ(大)           1/2個

マッシュルーム          6~8個

*ソース*

バター               3TBS           大さじ3杯

小麦粉              3TBS           大さじ3杯

カレー粉             1TBS           大さじ1杯

茅乃舎野菜だし(中身)      1袋

牛乳                2&1/2CUP         3CUP

とけるチーズ

塩・コショー

作り方

1.玉ねぎをみじん切りにして、一口大に切った鶏肉、薄切りのマッシュルームと一緒に、バターで炒め、塩・コショーし、ふたをして蒸し焼きにします。

2.①の鍋を火から下ろし、小麦粉・茅乃舎野菜だしの中身、カレー粉を振り入れます。

3.②の中に牛乳を少しずつ加えながら混ぜ、弱火にかけ、とろみが出るまで煮ます。

4.カリフラワーは食べやすい大きさに切り、茹でておきます。

5.グラタン皿に薄くバター(分量外)を塗り、カリフラワーを入れ、③のソースをかけ、とけるチーズをのせて、チーズがとけきつね色の焼き色がつくまでオーブンで焼
きます。

*小さなアルミカップで作って、お弁当のおかずにも…

 

生サケの酢漬け<6月23日>

■6月23日■
《生サケの酢漬け》
材料(4人分)

生サケ      2/3LB       300g

小麦粉

揚げ油

玉ねぎ

にんじん

ベルペッパー(ピーマン)

しいたけ

*漬け汁*

茅乃舎だし            1袋

水               2/5CUP       1/2CUP

酢                3TBS         大さじ3杯

砂糖               1tsp         小さじ1杯

しょうゆ             1tsp         小さじ1杯

塩               1/2tsp       小さじ1/2杯

赤唐辛子             1本

作り方

1.サケは食べやすい大きさに切り、小麦粉を薄くまぶし、中温の油で、こんがり、きつね色になるまで揚げます。

2.野菜は千切りにします。

3.水の中に茅乃舎だしを漬けておき、火にかけて沸騰したら、袋を取り出し、酢、砂糖、しょうゆ、塩、種を取った赤唐辛子を加えます。

4.砂糖が溶けたら、千切りにしておいた野菜のうえにかけ、揚げたての①を加えます。

*生の野菜が苦手な方は、野菜をさっといためた中に漬け汁を加えて使ってもOKです。

*野菜を沢山食べたい時は、漬け汁の量を倍にしてください。

 

 

 

揚げソーメンのあんかけ<6月16日>

■6月16日■

《揚げソーメンのあんかけ》
材料(4人分)
茹でたソーメン          4人分
豚肉の薄切り           1/3LB          150g
生しいたけ            4枚
にんじんの千切り
たけのこ、キャベツ、白菜など、お好みの野菜の千切り      適宜
絹さや、もやし…
きくらげの戻したもの        4枚
*あん*
茅乃舎だし             3&1/2CUP      4CUP
塩                 1&1/3tsp      小さじ1+1/3杯
薄口しょうゆ            2TBS         大さじ2杯
日本酒               1TBS         大さじ1杯

水溶き片栗粉
揚げ油
ごま油

作り方

豚肉は一口大に、野菜は千切りにします。もやしは洗って水気をきっておきます。絹さやは千切りにして、さっと茹でておきます。
ソーメンを4等分して、中温より少し低めの油で、カリッときつね色になるまで揚げて、ペーパータオル又は網にのせ、油をきります。
鍋にごま油少々を加えて火にかけ①を豚肉から炒め、次に火の通りにくい野菜から順番に炒めていきます。
③に茅乃舎だし、塩、薄口しょうゆ、日本酒を加え一煮たちしたら、味見をして、味が薄ければ、塩、薄口しょうゆで調整し、片栗粉の水 溶きでとろみをつけます。
深めの皿に②を入れ、上から④をかけて出来上がりです。
*絹さやは仕上げに散らすときれいです。

 

 

 

 

オクラのフリッター<6月9日>

■6月9日■

《オクラのフリッター》
材料(4人分)
オクラ        1/2LB    200~230g
卵          1個
小麦粉        8TBS    大さじ8杯
水          4~5TBS  大さじ4~5杯
茅乃舎野菜だし(中身)1袋分
サラダオイル     1TBS    大さじ1杯

作り方

1.オクラの先を少しきり、へたを取ります
2.塩水でオクラをすり合わせながら、洗い、ペーパータオルで水気をふき取ります。
3.ボールに小麦粉、茅乃舎野菜だしの中身、水、サラダオイル、塩少々を加えて、よく混ぜます。
4.③に卵黄を加え混ぜます。
5.ボールに卵白をいれ、固く泡立て、④に加え、軽く混ぜ②のオクラにつけて、中温の油で揚げます。

 

 

 

スパゲティナポリタン<6月2日>

■6月2日■

《スパゲティナポリタン》

材料(4人分)
茹でたスパゲティ           4人分
玉ねぎ(中)             1個
マッシュルーム            4個
ピーマン(ベルペッパー)       1個
薄切りハム              8枚
茅乃舎野菜だし(中身)        1袋分
おろしチーズ             2TBS         大さじ2杯
バター                2TBS         大さじ2杯
塩・コショー             少々
ケチャップ              5TBS         大さじ5杯
サラダオイル

作り方

1.茹でたスパゲティにサラダオイル少々を全体に振り、軽く混ぜておきます。
2.玉ねぎ、マッシュルームを薄切りに、ピーマンを千切りに、ハムを短冊切りにします。
3.フライパンを熱し、バターをとかし、玉ねぎをしっかり炒め、ピーマン、マッシュルームを加えて、さらに炒めます。
4.マッシュルームに火が通ったら、ハムを加え、塩・コショー、茅乃舎野菜だしを振りいれ、全体を混ぜ、ケチャップを加えて手早 く混ぜます。
5.仕上げにおろしチーズを振ります。
*上に目玉焼きをのせても…
*喫茶店で食べた?懐かしい味のナポリタンです。

 

 

豚肉とこんにゃくの炒め物<5月26日>

■5月26日■

《豚肉とこんにゃくの炒め物》

材料(4人分)
豚肉の薄切り         1/2LB   250g
こんにゃく          1枚
ピーマン(ベルペッパー)   1個
しょうが           1かけ
茅乃舎だしで取った出汁    4/5Cup  1Cup
片栗粉
サラダオイル

日本酒            2TBS   大さじ2杯
しょうゆ           2TBS   大さじ2杯
砂糖             1TBS   大さじ1杯

作り方

1.豚肉を食べやすい大きさに切り、しょうゆ(分量外)少々ふります。
2.ピーマンは千切りにします。
3.こんにゃくはピーマンにあわせて切り、茹でておきます。
4.鍋にサラダオイルを熱し、しょうがのスライスを炒めて香りを出し、豚肉、ピーマンを炒めます。
5.④にこんにゃくを加えて炒め。出汁、日本酒、しょうゆ、砂糖を加えて煮て、水溶き片栗粉でとろみをつけます。
*好みで、種を取った、赤唐辛子の小口切りを加えても…
*ピーマンを炒めたあと、一度取り出し、豚肉、こんにゃくが煮えた後、加えると、色がきれいに仕上がります。

 

 

タイ風ソーセージ<5月19日>

■5月19日■

《タイ風ソーセージ》

材料(4人分)

豚ひき肉             1LB       450g

刻んだピーナッツ         5TBS      大さじ5杯

にんにくのみじん切り       1かけ分

バクチーみじん切り        2~3本分

卵                1本

茅乃舎やさいだし中身       1袋分

カレー粉             2tsp      小さじ2杯

塩                少々

*たれ*

ナンプラー            3TBS      大さじ3杯

レモン汁             1&1/2TBS   大さじ1杯半

バクチーみじん切り        1本分

作り方

 

  1. ボールの中に、ソーセージの材料を入れて、手で粘りが出るまで混ぜます。
  2. 8等分して、ソーセージの形に整えます(手にサラダオイルをつけて形を作ると早くできます)
  3. オーブンを400度(摂氏200度)で約10~15分焼いて、たれをつけて食べます。

    韓国風フライドチキン<5月12日>

    ■5月12日■

    《韓国風フライドチキン》

    材料(4人分)

    鶏腿肉、手羽など          1LB         450~500g

    キムチの素             2TBS        大さじ2杯

    茅乃舎野菜だし(中身)       1袋

    塩                 少々

    小麦粉                3TBS       大さじ3杯

    片栗粉                3TBS       大さじ3杯

    作り方

     

    1. ボールに鶏肉を入れ、キムチの素、茅乃舎野菜だし、塩を加え、手でよく揉み込み、ジップロックに入れて、空気を抜き、1時間つけておきます。
    2. 小麦粉と片栗粉を混ぜ合わせたものを①にまぶし、中温の油できつね色にあげます。

    タイ風蒸し魚<5月5日>

    ■5月5日■

    《タイ風蒸し魚》

    材料(4人分)

    タイ、アマダイなどの白身魚          1尾

    日本酒                    1/2CUP

    茅乃舎だし                  1袋

    フィッシュソース            2TBS          大さじ2杯

    香草(チャイニーズパセリ)          2~3本

    しょうがの薄切り               1かけ分

    にんにくの薄切り               1かけ分

    作り方

     

    1. 日本酒の中に茅乃舎のだし一袋を漬けておきます。
    2. 魚のうろこをとり、はらわたをきれいにとり、水洗いを丁寧にして、ペーパータオルで水気をふき取り、2~3ヶ所切り込みをいれ、しょうがとにんにくの薄切りをはさみます。
    3. 深めの皿に②の魚をのせ、①の日本酒とフィッシュソースを混ぜたものをかけ、蒸気の上がった蒸し器(強火)で20~30分蒸し上げます。

    4.香草をのせて、出来上がりです。

     

     

     

     

    白身魚のマリネ<4月28日>

    ■4月28日■

    《白身魚のマリネ》
     
    材料(4人分)
    白身魚の切り身                        4枚
    赤・緑・黄色(小)ベルペッパー(ピーマン)の千切り   各1/2個分
    玉ねぎ(小)千切り                      1/2個分
    にんにくの薄切り                      1かけ分
    サラダオイル
    酢                               1/4CUP
    茅乃舎野菜だし                       1袋分
    塩・コショー                          少々
    小麦粉                             少々
      
    作り方

    1. 白身魚を軽く水洗いして、水気をとり、塩・コショーします。
    2. 酢の中に茅乃舎野菜だしを漬けておきます。
    3. サラダオイルを中温に熱し、にんにく、ベルペッパー。玉ねぎを素揚げします。
    4. ②のサラダオイルで、薄く小麦粉をつけた①の魚を、きつね色になるまで、揚げます。
    5. ③のサラダオイルを熱いうちに漉し、冷めたら3/4CUP、ボールに入れます。
    6. ⑤の中に②の酢を加え、よく混ぜ、③の野菜、④の魚を加え、軽く混ぜ、1時間漬け込みます。

     

          

    鶏肉の揚げ物<4月21日>

    ■4月21日■

    《鶏肉の揚げ物》

     材料(4人分)

     とり胸肉又はささみ       2/3LB   300g

    玉ねぎ             1個

    *衣*

    小麦粉             1Cup

    茅乃舎野菜だし中身       1袋分

    卵               2個

    牛乳              1/2Cup

    レモン

    ケチャップ

    小麦粉

    揚げ油

    作り方

    1.鶏肉は食べやすい大きさに、少し細長く切り、塩・コショーしておきます。

    2.ボールに小麦粉と茅乃舎野菜だしの中身を加え、よく混ぜておきます。

    3.卵は別のボールにときほぐします。

    4.玉ねぎはリングに切っておきます。

    5.揚げ油を中温に熱し、①の鶏肉をとき卵につけ、②の粉をつけて、きつね色になるまで揚げます。

    6.残ったとき卵に牛乳を加え、②の粉の残りを加えてよく混ぜます。生地がゆるすぎたら、小麦粉(分量外)を加えて、天ぷらの衣を作ってください。

    7.リングに切った玉ねぎに分量外の小麦粉を薄くまぶし、⑥の衣をつけて、揚げます。

    8.レモン汁、ケチャップ。スィートチリソース、タバスコなどを添えて、お召し上がりください。

    *    白身の魚を使っても、美味しいです。

    *    玉ねぎの代わりに、ズッキーニを使っても美味しいです。

       

    炒め物ソース<4月14日>

    ■4月14日■

    《炒め物ソース》

    材料(4人分)

    茅乃舎だし      1袋
    水          1CUP        1&1/4CUP
    薄口しょうゆ     2TBS        大さじ2杯又は濃い口しょうゆ
    日本酒        2TBS        大さじ2杯
    塩          1tsp        小さじ1杯
    砂糖         1TBS         大さじ1杯
    片栗粉        1TBS         大さじ1杯
    水          1TBS         大さじ1杯

    作り方水の中に茅乃舎だしを1時間以上漬け、一煮立したら、袋を取り出し、しょうゆ、
    日本酒、塩、砂糖を加えてよく混ぜる。好みの食材(豚肉、鶏肉、海老、イカ、キャベツ、にんじん、しいたけ、白菜、もやし、ブロッコリー、たけのこ、玉ねぎなど)炒め、
    ①のソースを加えて、一煮立ちしたら、片栗粉の水溶きでとろみをつけて出来上がり。

    *ソースの中にごま油を加えると、中華風に…
    *水溶きの片栗粉を加えるタイミングは、
     必ずソースが煮立っているところに…
    *手早く混ぜ、ソースが透明になったら、火を止めてください。

    *薄口しょうゆを使うと素材の色がきれいですが、家庭では濃い口しょうゆでも…
    *水切りした、木綿豆腐を野菜と一緒にいためて、同じように作っても美味しいです。

       

    タコライス<4月7日>

    ■4月7日■

    《タコライス》

    材料(4人分)

    牛ひき肉         1LB     450~500g

    トマトの水煮缶      1缶(1LB) 400~500g

    玉ねぎのみじん切り    1個分

    にんにくのみじん切り   1かけ分

    小麦粉          2TBS     大さじ2杯

    茅乃舎野菜スープ(中身) 1袋分

    砂糖           1TBS     大さじ1杯

    ケチャップ        2TBS     大さじ2杯

    ウスターソース      2TBS     大さじ2杯

    しょうゆ         1TBS     大さじ1杯

    タバスコ         少々

    塩・コショー

    サラダオイル       3TBS     大さじ3杯

    ご飯

    レタス

    作り方

    1.フライパンにサラダオイルを入れて、にんにくのみじん切りを加え、火にかけます。

    2.香りが出てきたら、玉ねぎのみじん切りを加え玉ねぎが透き通るまでいためます。

    3.②の中に牛肉を加え、火が通るまで、よく炒めます。

    4.③のフライパンを火からおろし、小麦粉、茅乃舎野菜だしの中身を加えてよく混ぜ、火にかけ、トマトをつぶしながら加え、調味量を加え、煮詰めます。

    5.煮汁が半分になったら、味見をして、塩・コショーで味を調えます。

    6.深皿にご飯を盛り、レタスの千切りをのせ、⑤のソースをかけて出来上がりです。

    *    茅乃舎の野菜だしで、ソースがとてもまろやかになります。

    *    お子様のいらっしゃるご家庭では、タバスコは食べる直前に、好みでふってお召し上がりください。

       

    タイ風鍋<3月31日>

    ■3月31日■

    《タイ風鍋》

    材料(4人分)

    鶏腿肉(骨なし)       2/3LB     300g

    さつまあげ          2枚

    白菜             2~3枚

    もやし            1袋

    豆腐             1丁

    春雨             2oz                       50g

    茅乃舎だし+水        4Cup         5Cup

    塩・コショー

    *たれ*

    ナンプラー          2TBS    大さじ2杯

    レモンの絞り汁        4TBS    大さじ4杯

    酢              4TBS    大さじ4杯

    砂糖             2TBS    大さじ2杯

    にんにくのすりおろし     1かけ分

    作り方

    1.材料を一口大に切ります。

    2.春雨は固めに茹でて、ざるにあげておきます。

    3.茅乃舎だしを水につけておいたものを鍋に入れ、火にかけ、沸騰したらだしを取り出し、塩、コショーで味付けします。(たれを付けて食べるので、薄味で大丈夫です)

    4.たれの材料を合わせておきます。

    5.③の鍋が沸騰したら、鶏肉、さつまあげ、野菜、春雨を煮ながら、各自たれを付けて、お召し上がりください。

    *    白菜以外、お好みの野菜をお使いください。

    *    日本の鍋の材料、海老、豚肉の薄切りなどもよく合います。

        

    韓国風魚の煮物<3月24日>

    ■3月24日■

    《韓国風魚の煮物》

    材料(4人分)

    鯛、たら、あらなどの頭、又はぶつ切り   適宜

    茅乃舎だし                1&1/4CUP  250cc

    しょうゆ                 6TBS    大さじ6杯

    にんにくのすりおろし           1TBS    大さじ1杯

    味噌                   3TBS    大さじ3杯

    粉唐辛子                 2TBS    大さじ2杯

    ごま油                  2TBS    大さじ2杯

    作り方

    1.魚に塩少々振り、水洗いし、ペーパータオルで水気をしっかりふき取ります。

    2.鍋にごま油を熱し、①の魚に焼き色を付け、(だし、しょうゆ、にんにく、味噌、粉唐辛子)をあらかじめ混ぜておいたものを加え、煮立ってきたら、だしをかけながら、10分間煮ます。

      

    ジャーマンポテトオムレツ<3月17日>

    ■3月17日■

    《ジャーマンポテトオムレツ》

     材料(4人分)

    じゃがいも(大)       2個

    玉ねぎ            1/2個

    ベーコン           2枚

    卵              3個

    茅乃舎やさいだし(中身)   1袋

    塩・コショー         少々

    バター            1TBS

    サラダオイル         1TBS

    作り方

    1.じゃがいもは皮をむいて千切りにし、水にさらして、ざるにあげ、水気をきります。

    2.ベーコンは千切り、玉ねぎは薄切りにします。

    3.フライパンにバターとサラダオイルを熱し、ベーコンと玉ねぎを炒め、①のじゃがいもを加えて、じゃがいもがきつね色になるまで炒めます、

    4.卵をときほぐし、茅乃舎野菜だしを加え、塩・コショーをし、よく混ぜ。③の流し入れます。

    5.ふたをして、弱火にし、卵が半熟になるまで、焼きます。

    6.皿に出して出来上がりです。

         

    中華風豆腐スープ<3月10日>

    ■3月10日■

    《中華風豆腐スープ》

    材料(4人分)

    木綿豆腐          1/3丁

    干ししいたけ        2枚

    きくらげ          2枚

    ハム            2枚

    茅乃舎だし         2袋+水    4CUP  1000cc

    酢             2TBS     大さじ2杯

    ごま油           1TBS     大さじ1杯

    日本酒           2TBS     大さじ2杯

    薄口しょうゆ        1TBS     大さじ1杯

    片栗粉           1TBS     大さじ1杯

    水             1TBS     大さじ1杯

    青ねぎの小口切り

    塩・コショー        少々

    作り方

    1.豆腐は割り箸ぐらいの太さに千切りにします。

    2.しいたけ、きくらげは水で戻し、千切りにします。

    3.ハムも千切りにします。

    4.鍋にだしを煮立てて①②③を加え、沸騰したら調味料を加え、味見をし、塩・コショーで味を調え、水溶き片栗粉を加えて混ぜ、一煮立ちしたら、青ねぎを加えます。

    *    辛いのがお好きな方は、仕上げに種を抜いた鷹のつめを小口切りにしたも 

    のを加えたり、ラー油を加えてお召し上がりください。  

           

    ミネストローネ<3月3日>

    ■3月3日■

    《ミネストローネ》

    材料(4人分)

    玉ねぎ       1個

    にんじん      1本

    セロリ       1本

    ベルペッパー(ピーマン)  1個

    にんにくみじん切り 1かけ分

    ベーコン      4枚

    スパゲッティー   2oz              50g

    茅乃舎野菜だし   1袋

    水         3CUP

    白ワイン      1/2CUP

    トマト水煮缶    1LB   450g~500g

    塩・コショー    少々

    サラダオイル

    作り方

    1. 野菜とベーコンを同じぐらいの大きさの角切りにします。
    2. 鍋にサラダオイルを熱し、にんにくを炒め、香りが出てきたら、ベーコン、玉ねぎ、残りの野菜の順に炒めます。
    3. ②の中に茅乃舎野菜だしの中身、水、白ワイン、トマトの水煮缶を水ごと全て(ホールトマトの場合はトマトを手でつぶして加えてください)加え、30分、弱火でコトコト煮込みます。
    4. ③の中に、スパゲティーを手で折りながら加え、さらに7~8分、スパゲティーが煮えるまで煮込み、塩・コショーで味を調えて出来上がりです。

     *好みで粉チーズをふって、お召し上がりください。

       

    煮豚<2月24日>

    ■2月24日■

    《煮豚》

    材料

    豚肉肩ロース塊      1&1/2LB       700g

    塩            少々

    茅乃舎だし        1袋

    水            4CUP

    にんにく         1かけ

    しょうが         1かけ

    青ねぎの白い部分     少々

    梅干           1~2個

    しょうゆ         6TBS         大さじ6杯

    さとう          2TBS~3TBS  大さじ2~3杯

    日本酒          3TBS         大さじ3杯

    サラダオイル       2TBS         大さじ2杯

    作り方

    1. 豚肉はフォークで何箇所か穴を開け、塩少々すり込みます。
    2. フライパンにサラダオイルを熱し、①の豚肉の周りにきつね色の焼き色をつけます。
    3. 鍋に茅乃舎だしと分量の水で取っただしをいれ、しょうが、にんにく、ねぎ、梅干、しょうゆ、さとう、日本酒を加え、火にかけ、煮立ってきたら②の豚肉を入れ、コトコト弱火で、1時間煮込みます。
    4. 途中煮汁が少なくなってきたら、水を加え(2回ぐらい)時々上下をかえしながら煮込みます。
    5. 肉に火が通り、煮汁がほとんどなくなるまで煮ます。
    6. そのまま冷まし、好みの厚さに切ります。

    *    しょうがは皮つきのまま、ぶつ切り、にんにくは包丁でたたいて、加えます。

    *    練からしを添えても美味しいです。

    *    時間があれば、豚肉をタコ糸で巻いて、形を整えて煮てください。

      

    ポットローストポーク<2月17日>

    ■2月17日■

    《ポットローストポーク》

    材料(4人分)

    豚肉肩ロース塊         1&1/2LB    700g

    塩               2tsp     小さじ2杯

    コショー            少々

    玉ねぎ薄切り          1個分

    にんじん薄切り         1本分

    牛乳              2CUP

    茅乃舎野菜だし中身       1袋

    にんにく薄切り         1かけ分

      

    ベーコンの千切り        2枚分

    キャベツの千切り        2CUP

    サラダオイル 

    塩・コショー          少々

    作り方

    1. 豚肉に塩・コショーをすり込み、形を整え、タコ糸で巻いておきます
    2. 鍋にサラダオイルを熱し、①の豚肉に全体に、きつね色の焼き色をつけ、皿に取り出します。
    3. ②の鍋に玉ねぎの薄切り半量!!とにんじん、にんにくの薄切りを加えて炒め、②の豚肉を戻し、牛乳、茅乃舎野菜だしを加えて、弱火で1時間、煮込みます。
    4. ③の豚肉を取り出し、煮汁をこし、塩・コショーで味を調えます。
    5. フライパンにサラダオイルを熱し、ベーコンをしっかり炒め、残りの半量の玉ねぎ、キャベツを加えて炒め、塩・コショーで味を調えます。
    6. 豚肉タコ糸を取り除き、好みの厚さに切ります。
    7. 皿に⑤を敷き、⑥の豚肉を並べ、④のソースをかけて出来上がりです。

      

    カレーうどん<2月10日>

    ■2月10日■

    《カレーうどん》

     材料(4人分)

    牛肉薄切り         1/2LB     200g

    玉ねぎ薄切り        1個分

    干ししいたけ(戻して千切り)4枚分

    カレー粉          2TBS     大さじ2杯

    茅乃舎だし         2袋

    水             6&1/3CUP   8CUP

    さとう           1TBS     大さじ1杯

    日本酒           2TBS     大さじ2杯

    しょうゆ          3TBS     大さじ3杯

    塩             2tsp    小さじ2杯

    ゆでうどん         4玉

    長ネギ斜め切り       2本分

    サラダオイル

    片栗粉

    作り方

     (分量の水に茅乃舎だしを入れてしばらく置き、火にかけてだしを取っておきます)

    1. 牛肉の薄切りは一口大に切ります。
    2. 鍋にサラダオイル1TBS(大さじ1杯)を熱し、牛肉、玉ねぎしいたけを炒め、カレー粉を加えてさらに炒めます。
    3. ②にだしを加えあくをとりながら20分煮込みます。
    4. ③にさとう、日本酒、しょうゆ、塩で味付けし、うどんを入れて煮込みます。*うどんを入れると、とろみが出ますが、たらない時は、片栗粉の水溶きでつけてください)
    5. ④を器に盛り、青ねぎをのせて出来上がりです。

    鶏肉とオクラのスープ<2月3日>

    ■2日3日■ 

    《鶏肉とオクラのスープ》

     材料(4人分)

    鶏腿肉骨付き       1&2/3LB   750g

    塩・コショー       少々

    小麦粉          1TBS     大さじ1杯

    オクラ          2/3LB      300g

    玉ねぎ(中)       1個

    にんにく         1かけ

    トマト(完熟)      2個

    サラダオイル       1TBS     大さじ1杯

    バター          3TBS     大さじ3杯

    茅乃舎野菜スープ     1袋

    水            2&1/2CUP   3CUP

    パプリカ         1/2tsp    小さじ1/2杯

    鷹のつめ         1本

    ベイリーフ(ローリエ)  2枚

     作り方

    1. オクラは塩を振り、まな板の上で転がし、へたを取ります。
    2. 玉ねぎは薄切り、トマトは湯むきをして皮を取り、ざく切りにします。にんにくはみじん切りにします。
    3. 鷹のつめはへたと種を取ります。
    4. 鶏肉はぶつ切りにし、塩・コショーし、小麦粉を振ります。
    5. フライパンにサラダオイルを熱し、④の鶏肉にきつね色の焦げ目をつけます。
    6. ⑤にオクラを加え、さっと炒めます。
    7. 鍋にバターを熱し、にんにく、玉ねぎがきつね色になるまで、炒め、分量の水でとっただし、パプリカ、鷹のつめ、ベイリーフ、トマト、鶏肉、オクラを加え、弱火で30分、煮込みます。
    8. 盛り付ける前に、鷹のつめ、ベイリーフを取り出します。

    南蛮甘酢たれ<1月27日>

    ■1月27日■

    《南蛮甘酢たれ》

    材料(4人分)

    酢       100cc     1/2CUP

    しょうゆ     50cc     1/4CUP

    みりん     100cc     1/4CUP

    砂糖      4TBS       大さじ4杯

    トマトケチャップ1TBS       大さじ1杯

    ウスターソース 1TBS       大さじ1杯

    塩・コショー  少々

    茅乃舎野菜だし中身  1袋分

     作り方

    1.ボールに茅乃舎野菜だしの中身を入れ、ケチャップ。ウスターソースを加えて、よく混ぜ、しょうゆ、みりん、砂糖、酢を加えてよく混ぜます。

    2.玉ねぎ、にんじん、ベルペッパー(ピーマン)しいたけの千切りを用意しておきます。

    3.鶏肉、小魚、魚の切り身に小麦粉、又は片栗粉を薄く振り、から揚げにします。

    4.器にから揚げの、揚げたてを盛り付け、野菜の千切りを彩り良くのせ、上から南蛮甘酢たれをかけます。

    5.一晩置いたほうが、味がよくしみこみます。

    6.辛いのがお好きな方は、赤唐辛子(鷹のつめ)のへたと、種を取り除いたものを加えられても…

    海老のココナッツカレー<1月20日>

    ■1月20日■

    材料(4人分)

    海老       4oz                         100g

    かぼちゃ(小)  1/2個

    玉ねぎのみじん切り(大)1個分

    にんにくのみじん切り  1かけ分

    赤唐辛子        1本

    クミンシード      1tsp  小さじ1杯

    サラダオイル     2TBS   大さじ2杯

    カレー粉        3TBS   大さじ3杯

    ココナッツミルク    1/3CUP

    塩・コショー      少々

    茅乃舎野菜だしでとった濃い目のだし 1CUP

    日本酒

    作り方

    1. 海老は殻と背綿を取り、塩、日本酒を振り、しばらく置きます。
    2. ①の海老を茹でます。大きさにより少し時間は変わりますが、約2分ぐらい茹でてください。
    3. かぼちゃの種を取り、一口大に切ります。
    4. 赤唐辛子はへたと種を取り除き、そのまま、又は小口切りにします。
    5. フライパンにサラダオイルを熱し、クミンシードを炒め、玉ねぎ、にんにく、赤唐辛子、カレー粉を加え、炒めます。
    6. 玉ねぎが透き通ってきたら、③のかぼちゃを加え、茅乃舎だしでとった、濃い目のだし1CUPを加え、弱火でかぼちゃが柔らかくなるまで、煮ます。
    7. ⑥にココナッツミルクを加え、弱火で沸騰させないように、煮ます。
    8. ⑦に②の海老を加えて出来上がりです。

    だししょうゆ<1月13日>

    ■1月13日■

    材料

    茅乃舎だし         1袋

    しょうゆ          1/2CUP

    みりん           3TBS   大さじ3杯

    ごま油           1/3CUP

    作り方

    1.  鍋に茅乃舎だし1袋、しょうゆ、みりん、ごま油を入れて、1時間以上置いておきます。
    2.  ①を火にかけ、沸騰したら、火を止めて、そのまま冷まします。
    3.  だしの袋を取り出し、出来上がりです。

     *  炒め物、焼きそば、和風スパゲティの調味料に…

    *  刺身用のお魚を薄切りにして、カルパッチョ風に…

    *  冷奴にもよく合います。

    油揚げの煮物<1月6日>

    ■1月6日■

    《油揚げの煮物》

    材料

    油揚げ(大)     4枚

    砂糖         1/2CUP

    しょうゆ       1/4CUP

    日本酒        1/4CUP

    茅乃舎だし      1袋

    水          1CUP

     

    作り方

    1. 水に茅乃舎だしを漬けておき、火にかけ、沸騰したら、袋を取り出します。
    2. 油揚げは、たっぷりのお湯で10分間茹で、冷めてから、水気をしっかり絞ります。
    3. ①の中に砂糖、しょうゆ、日本酒を加え、②を入れて、落し蓋をし、弱火で、煮汁がほとんどなくなるまで煮て、火を止め、煮汁に漬けたまま、冷まします。

     

         冷凍しておき、いなり、散らし寿司の具に、きつねうどんの具に、卵でとじて、きつねどんぶりに…

         小さいサイズの油揚げを煮て、半分に切り、中に茹でたそば、又はそうめんを海藻の佃煮(市販品)で和えた物を、ハワイのパーティーでよく見かけます。

     

     

    チキンスパゲティー<12月30日>

    ■12月30日■ 
    《チキンスパゲティー》 ※12月16日放送分のリクエスト=再紹介
    材料(4人分)
    ゆでたスパゲティー          4人分
    鶏もも肉               1/2LB       250g
    マッシュルーム(大)         5個
    玉ねぎのみじん切り(中)        1個分
    にんにくのみじん切り          1かけ分
    バター                 3TBS       大さじ3杯
    小麦粉                 3TBS       大さじ3杯
    トマトジュース+水           2CUP       500cc
    茅乃舎野菜だし中身           1袋分
    パルメザンチーズ
    塩・コショー
    サラダオイル

    作り方

    1. 鶏肉を一口大に切り、サラダオイル少々加えたフライパンで、きつね色に焼き色をつけます。
    2. マッシュルームは厚めにスライスしておきます。
    3. フライパンにバターを熱し、にんにくと玉ねぎをあめ色になるまで良く炒めます。
    4. ③を火からおろし、小麦粉、茅乃舎野菜だしを振り込み、よく混ぜて、トマトジュースと水をあわせたものを加え、①を加え、火にかけ、弱火で10分煮込み、塩、コショーで味をととのえます。
    5. ゆでたスパゲティーを皿に盛り、④をかけ、お好みで、パルメザンチーズをふってください。

    *スパゲティーのゆで方、ゆでる時間はメーカーによって違いますので、パッケージに書いてある、ゆで
     方を参考にしてください。

    肉団子のスープ<12月23日>

    ■12月23日■

    《肉団子のスープ》

    材料(4人分)

    鶏ひき肉        1/2LB     250g

    しょうがの絞り汁    1かけ分

    片栗粉         2TBS     大さじ2杯

    溶き卵         1/2個分

    しいたけのみじん切り  2枚分

    塩           1tsp    小さじ1杯

    しょうゆ        1TBS     大さじ1杯

    日本酒         1TBS     大さじ1杯

    青ねぎの斜め切り    2本分

    きくらげ戻して千切り  3枚分

    茅乃舎だし       2袋

    水           1200cc  6CUP

    薄口しょうゆ      1TBS     大さじ1杯

    日本酒         1TBS     大さじ1杯

    塩・コショー      少々

    作り方

    1. 鍋に水と茅乃舎だしを入れおいておきます。
    2. ボールにひき肉、しいたけのみじん切り、しょうがのしぼり汁、片栗粉、溶き卵、塩、しょうゆ、日本酒を加え、手で粘りが出るまで、練ります。
    3. 鍋をひにかけ、沸騰したらだしの袋を取り出し、②を一口大に丸めながら加え、あくを取りながら、10分間煮ます。
    4. ③の中にきくらげを加え、一煮立ちしたら、薄口しょうゆ、日本酒を加えて、味見をし、塩、コショーで味を調えます。
    5. 青ねぎを散らして、出来上がりです。

     

    *茹でた春雨を入れても、美味しいです。

    チキンスパゲティー<12月16日>

    ■12月16日■ 
    《チキンスパゲティー》
    材料(4人分)
    ゆでたスパゲティー          4人分
    鶏もも肉               1/2LB       250g
    マッシュルーム(大)         5個
    玉ねぎのみじん切り(中)        1個分
    にんにくのみじん切り          1かけ分
    バター                 3TBS       大さじ3杯
    小麦粉                 3TBS       大さじ3杯
    トマトジュース+水           2CUP       500cc
    茅乃舎野菜だし中身           1袋分
    パルメザンチーズ
    塩・コショー
    サラダオイル

    作り方

    1. 鶏肉を一口大に切り、サラダオイル少々加えたフライパンで、きつね色に焼き色をつけます。
    2. マッシュルームは厚めにスライスしておきます。
    3. フライパンにバターを熱し、にんにくと玉ねぎをあめ色になるまで良く炒めます。
    4. ③を火からおろし、小麦粉、茅乃舎野菜だしを振り込み、よく混ぜて、トマトジュースと水をあわせたものを加え、①を加え、火にかけ、弱火で10分煮込み、塩、コショーで味をととのえます。
    5. ゆでたスパゲティーを皿に盛り、④をかけ、お好みで、パルメザンチーズをふってください。

    *スパゲティーのゆで方、ゆでる時間はメーカーによって違いますので、パッケージに書いてある、ゆで
     方を参考にしてください。

    肉味噌そば<12月9日>

    ■12月9日■
    《肉味噌そば》
    材料(4人分)
    中華麺         4玉
    豚挽き肉        1/2LB        250g
    青ねぎ(小口切り)   1本分
    しょうがのみじん切り  1かけ分
    にんにくのみじん切り  1かけ分
    赤味噌         4oz 100g
    しょうゆ        2TBS        大さじ2杯
    砂糖          4TBS        大さじ4杯
    日本酒         1TBS        大さじ1杯
    茅乃舎だし+水     1/2CUP
    サラダオイル      3TBS        大さじ3杯
    *きゅうりの千切り
    *もやしのゆでたもの
    *錦糸卵
    *千切り紅しょうが
    作り方

    1.赤味噌、しょうゆ、砂糖、日本酒、濃い目に出した出汁を良く混ぜておきます。

    2.フライパンにサラダオイルを入れ、にんにく、しょうが、青ねぎを入れて、火にかけ、香りが出てきたらひき肉を加えて、よく炒めます。ひき肉に火が通ったら、①を加え、弱火で煮詰めます。

    2.さらに、ゆでた中華麺をのせ、②の肉味噌をのせ、彩り良く具を載せてできあがりです。

    かぼちゃのポタージュ<12月2日>

    ■12月2日■

    《かぼちゃのポタージュ》
    材料(4人分)
    かぼちゃ       1&1/2LB       700g
    玉ねぎの薄切り    1/2個分
    水          4CUP         5CUP
    茅乃舎野菜だし中身  2袋分
    エバミルク       1/2CUP
    バター         3TBS        大さじ3杯
    塩・コショー
    クルトン、クラッカー、パセリのみじん切りなど

    作り方

    1. かぼちゃの種と皮を取り除き、一口大に切ります。
    2. 鍋にバターを熱し、玉ねぎを炒め、透明になってきたら、①のかぼちゃ、水、茅乃舎野菜スープを加え、かぼちゃが柔らかくなるまで煮込みます。
    3. ハンドミキサー、ミキサーまたは裏ごし、野菜の固まりがなくなるまでブレンドします。
    4. 塩、コショー、エバミルクを加えて、味を調え、器に入れ、クルトンまたはクラッカー、パセリのみじん切りを浮かせて、出来上がりです。

    にゅうめんのだし<11月25日>

    ■11月25日■

    《にゅうめんのだし》

    材料

    水      1200cc      6CUP

    茅乃舎だし  2袋

    塩      1tsp        小さじ1杯

    薄口しょうゆ 3TBS         大さじ3杯

    みりん    3TBS         大さじ3杯

    *     梅干

    *     わかめ

    *     海老の天ぷら

    *     しいたけ

    *     かまぼこ

    *     油揚げ簿日もの

    *     ねぎ

    作り方

    1. 水に茅乃舎のだしを入れ、しばらく置き、火にかけて、濃い目のだしをとります。
    2. ①を煮立てて、塩、薄口しょうゆ、みりんを入れて、味付けします。
    3. どんぶりの中に、茹でたそうめんを入れ、②をかけて、お好みの具*をのせて、出来上がりです。

     *     そうめんの代わりに、お餅を使いお雑煮にしても美味しいです。

      

    ソーセージパン<11月18日>

    ■11月18日■
    《ソーセージパン》

    材料(4人分)
    牛乳            4/5CUP
    さとう           1TBS       大さじ1杯
    ドライイースト       2tsp       小さじ2杯
    強力粉           3CUP 
    バター           1TBS       大さじ1杯
    ソーセージ
    カレー粉
    揚げ油

    作り方

    1. 牛乳、さとう、ドライイースト、強力粉、バターをボールに入れ、よく練り、ボールにラップをかけて、2倍になるまで発酵させます。
    2. ①をガス抜きし、8等分し、丸めて伸ばし、カレー粉をふって、ソーセージを巻きます。
    3. 天板にラップを敷き、②を間をあけて並べ、2倍になるまで30分ねかせます。
    4. 中温の油で、気長に揚げます。

    *ソーセージはお好みのものを使ってください、大きいと揚げるのに時間がかかるので、ホットドッグ用、ウインナー
     などが簡単です。ソーセージの大きさに合わせて、生地を等分してください。     

    ポテトパンケーキ<11月11日>

    ■11月11日■

    《ポテトパンケーキ》

    材料(4人分)
    じゃがいも       4個
    卵           2個
    バター         適量
    茅乃舎野菜だし     1袋(中身)

    作り方

    1. じゃがいもは皮をむき、水につけてでんぷんを取り、ミキサーにかけるか、おろし金でおろします。
    2. ①を巻きすの上にのせ、軽く水気を取り、ボールに入れます。
    3. 卵と茅乃舎野菜だしを加えて、よく混ぜます。
    4. バターをひいたフライパンで③の両面をこんがり、きつね色に焼き上げます。

    *ベーコン、ハム、スパム、ソーセージ、目玉焼き、いり卵とあわせて朝食に…
    *小さめに焼いて、ステーキ、ハンバーグ、ビーフシチューに添えても…
    *味の濃いものと合わせることが多いので、生地自体に塩・コショーの味付けはしません…

    韓国冷麺<11月4日>

    ■11月4日■

    《韓国冷麺》
    材料(4人分)
    ソーメン            茹でたもの4人分
    豚肉の薄切り          1/2LB        200g
    ねぎ
    しょうが            1かけ
    茅乃舎だし           2袋
    ゆで卵             2個
    キューリ            1本
    わかめのもどしたもの      1つかみ
    白菜キムチ           1/3LB         150g
    酢               2TBS         大さじ2杯
    薄口しょうゆ          4TBS         大さじ4杯
    作り方

    1. 鍋に水4CUP(日本の軽量カップ5CUP)に茅乃舎だしをいれ、だしを作ります。
    2. この中にねぎ(青ねぎの白い部分)しょうがを加え、沸騰したら、だしの袋を取り出し、豚肉を茹でて、火が通ったらそのまま冷まします。
    3. ②の豚肉を取り出し、食べやすい大きさに切ります。
    4. キューリは千切りに、わかめは食べやすい大きさに、ゆで卵は半分に切っておきます。
    5. ③のスープを漉し、酢と薄口しょうゆを加えます。
    6. どんぶりの中に、茹でたソーメン、豚肉、キューリ、わかめ、キムチ、ゆで卵をのせ、⑤のスープをかけて出来上がりです。

    *お好みで、煎り白ゴマ、からしを添えてください!

    ピリ辛海鮮鍋<10月28日>

    ■10月28日■ 

    《ピリ辛海鮮鍋》 

    材料(4人分) 

    茅乃舎だし      1袋

    水          2CUP     2&1/2CUP

    鯛の切り身、えび、あさり、はまぐりなどお好みのシーフード

    えのきだけ、ねぎ、もやしなどの野菜

    *  たれ*

    しょうゆ    5TBS  大さじ5杯

    コチュジャン  5TBS  大さじ5杯

    日本酒     5TBS  大さじ5杯

    にんにくすりおろし 1TBS 大さじ1杯

    粉唐辛子      1TBS 大さじ1杯

    さとう       1TBS 大さじ1杯

     

    作り方

    1.     水に茅乃舎だしを入れ、火にかけ、沸騰したら取り出す。

    2.     ボールの中にたれの材料を入れ、下ごしらえした魚介類を入れて、よく混ぜ、沸騰した①に入れます。

    3.     あくを取り、魚介類に火が通ったら、野菜を加え、仕上げに青ねぎの斜め切りを加えて出来上がりです。

     

    *  粉唐辛子の量はお好みで調節してください。

    *  お豆腐を加えても美味しいです。

    キャセロール<10月21日>

    ■10月21日■

     《キャセロール》

    材料

    ジャガイモ     4個

    玉ねぎの薄切り(大)1個分

    ベルペッパー輪切り(大)2個分 (ピーマン)

    トマト輪切り(大)2個分

    ヘビークリーム(生クリーム)2/3CUP

    茅乃舎野菜だし中身  1袋分

    バター        7TBS 大さじ7杯

    塩・コショー     少々

    お好みの溶けるチーズ 2/3CUP

     

    作り方

    1.     分量のバターで玉ねぎを炒めます。

    2.     じゃがいもは洗ってラップをかけ、電子レンジで10分COOKし、皮をむいて厚めの輪切りにします。

    3.     天板に薄くバター(分量外)を塗り野菜を彩り良く、斜めに並べます。

    4.     ③の上に溶けるチーズをのせます。

    5.     生クリームと野菜だし、塩・コショーを良く混ぜ、④の上にかけます。

    6.     350度(摂氏180度)のオーブンで20~25分焼いて出来上がりです。

     

     

    ミートソース<10月14日>

    ■10月14日■

    ≪ミートソース》

    材料(4人分)

    牛ひき肉       2/3LB     300g

    玉ねぎのみじん切り  1/2CUP

    にんにくのみじん切り 1かけ分

    しょうがのみじん切り 1かけ分

    にんじんのみじん切り 1/4CUP

    ベルペッパーのみじん切り 1/4CUP(ピーマン)

    バター        4TBS     大さじ4杯

    小麦粉        4TBS     大さじ4杯

    茅乃舎野菜だし中身  1~2袋分

    トマトジュース    400cc   2CUP

    トマトケチャップ   4TBS     大さじ4杯

    ウスターソース    4TBS     大さじ4杯

     

    作り方

    1.     フライパンにバターを熱し、にんにく、しょうが、玉ねぎをしっかり炒め、牛ひき肉を加えてさらに炒めます。

    2.     牛肉の色が変わったら、にんじん、ベルペッパーも加え、火からおろして、小麦粉、茅乃舎野菜だしの中身を加えて、全体をかき混ぜ、トマトジュースを加えて、火にかけます。

    3.     ②にウスターソース、トマトケチャップを加えて煮込み、とろみがついたら、味見をして、足りなければ、塩、コショーで味を調えます。

     

    野菜の揚げ浸し<10月7日>

    ■10月7日■

     《野菜の揚げ浸し》

    材料(4人分)

    *  漬けたれ*

      水       2Cup     2&1/2Cup

      茅乃舎だし   1袋

      みりん     4TBS     大さじ4杯

      薄口しょうゆ  4TBS     大さじ4杯

      鷹のつめ    1本

     

    好みの野菜

      かぼちゃ、ピーマン、アスパラガス、玉ねぎ、さつまいも、

      にんじん、なす、しいたけ他

    作り方

    1.     漬けたれの材料を煮立てておきます。

    2.     鷹のつめは、へたと種を取り、そのまま、または小口きりにして①に加えます。

    3.     好みの野菜を食べやすい大きさに切り、素揚げにし、揚げたてを②の漬け汁に入れていきます。

    4.     2時間ぐらい漬けておきます。

    *揚げないで、素焼きにして漬けても…

     

    中華風茶碗蒸し<8月26日>

    ■8月26日■

    今日は「中華風茶碗蒸し」をご紹介します。

    《中華風茶碗蒸し》

     材料(4人分)

    茅乃舎出汁(水から出したもの)    3カップ  2CUP

    卵                  3個

    海老(頭と殻、背ワタを取ったもの)  450g  1LB

    ごま油                少々

    塩                  小さじ1/2杯 1/2tsp

    薄口しょうゆ             小さじ1杯  1tsp

    みりん                小さじ1杯  1tsp

    コショー               少々

    作り方

    1. 卵はよくときほぐしておきます。
    2. 茅乃舎だしの袋を取り出し、塩・薄口しょうゆ・みりん・コショーで味付けし、①のとき卵と合わせてよく混ぜ、一度こします。
    3. 耐熱のボールの内側にごま油をぬり、②をいれ、海老を加え、蒸気のたった蒸し器に入れ、弱火で20分蒸、竹串をさしてみて、何もついてこなかったら、出来上がりです。

    *きくらげを戻して千切りにしたものや、しいたけを千切りにしたものなど、お好みの具を入れてください。

    *薄味で出しの旨みを生かした、茶碗蒸しです。

    チキンカレー<8月19日>

    ■8月19日■

     今日は「チキンカレー」をご紹介します。

    《チキンカレー》

    材料(4人分)

    鶏もも肉         300g      2/3LB

    じゃがいも        2個

    にんじん         1本

    塩・コショー

    サラダオイル

    *ソース*

     カレー粉        大さじ2杯     2TBS

     茅乃舎野菜だし     1袋

     しょうが        1かけ

     にんにく        1かけ

     バター         大さじ4杯     4TBS

     小麦粉         大さじ4杯     4TBS

     水           5カップ      4CUP

     トマトケチャップ    大さじ2杯     2TBS

     りんごのすりおろし   1/2個分

     塩・コショー

    作り方

    1. じゃがいも、にんじんは皮をむき、小さめの角切りにします。
    2. 玉ねぎ、にんにく、しょうがはみじん切りにします。
    3. 鶏肉はぶつ切りにし、サラダオイルを熱したフライパンで、きつね色になるまで炒め、塩・コショーで味付けします。
    4. 鍋にバターを熱し、玉ねぎ、にんにく、しょうがのみじん切りを、焦がさないように、茶色になるまで炒めます。
    5. ④の鍋を火から下ろし、小麦粉を振りいれ、全体を混ぜたら、茅乃舎野菜出しの袋を破り、中身を振りいれ、カレー粉を加えよく混ぜます。
    6. ⑤を火にかけ、水を少しずつ加え、混ぜたら、ケチャップ、りんごを加え、味を見て、塩・コショーを加え、①と③を加え、弱火で野菜に火が通るまで、焦がさないように、時々かき混ぜながら、煮込みます。

    サラダドレッシング<8月12日>

    ■8月12日■

    今日は「サラダドレッシング」をご紹介します。

    《サラダドレッシング》

    材料

    サラダオイル          1カップ       1CUP

    酢               1/2カップ       1/2CUP

    塩               小さじ1杯      1tsp

    コショー            少々

    茅乃舎野菜だし         1袋

    砂糖              小さじ1杯      1tsp

    作り方

    1. ボールに茅乃舎野菜だしの袋を破り、振りいれ、塩、コショー、砂糖を加え酢少々を加え、よく混ぜます。
    2. 残りの酢を少しずつ加えてよく混ぜ、ビンに入れ、サラダオイルを加えてよく振ります。

     

    *応用*

    1. 作ったドレッシングにしょうがの絞り汁を加えて魚、他のシーフードに…
    2. 作ったドレッシングに鷹のつめ、ローリエを加え、固ゆでにしたブロッコリー、カリフラワーをマリネード
    3. 作ったドレッシングにベルペッパー、玉ねぎ、にんじんの千切りを加え、から揚げした魚をマリネード
    4. 作ったドレッシングにマヨネーズを加え、鶏のから揚げなどに添えて…

    コールスロー<8月5日>

    ■8月5日■

    今日は「コールスロー」をご紹介します。

    ≪コールスロー≫
    材料(4人分)                    
    キャベツのせん切り      8OZ     200g

    ムラサキキャベツのせん切り  2OZ     50g            にんじんのせん切り      1OZ     30g

    ・ドレッシング

    マヨネーズ          1/2カップ
    はちみつ           2TBS    大さじ2杯 

    茅乃舎野菜だし(中身)    1袋 k
    酢              2TBS    大さじ2杯

    玉ねぎのすりおろし      2TBS    大さじ2杯            塩・コショー           少々             少々
    *作り方*

    ①    ボールの中にドレッシングの材料を合わせる

    ②    ①の中にキャベツ ムラサキキャベツ にんじんを加え全体を混ぜ合わ

      *スィートコーンの水気を取り加えると子供が喜ぶ味になります

    まぐろのユッケ<7月29日>

    ■7月29日■

    今日は「まぐろのユッケ」をご紹介いたします。

     ≪まぐろのユッケ≫

    材料(4人分)

    まぐろさしみ用           1/2LB 200g

     

    ・たれ

     しょうゆ              1/4カップ

     みりん               1/4カップ

     ごま油               2TBS  大さじ2杯

     にんにくのすりおろし        1TSP  小さじ1杯

     しょうがのすりおろし        1TSP  小さじ1杯

     いり白ごま             1TBS  大さじ1杯

     赤みそ               1TBS  大さじ1杯

     茅乃舎だし(中身)        1袋

     青ねぎの小口切り          3TBS  大さじ3杯

     卵黄                1個分

     

    作り方

    ①    タレの材料を全部まぜます

    ②    まぐろを小さく切ります

    ③    ①と②をよくまぜます

    ④    ③を器に盛り真ん中をくぼませ卵黄をのせる

    ⑤    食べる直前によく混ぜる

    *ごはんやンドイッチ用の食パンを切りトーストにしたものにのせたり    

     ワンタンやギョウザの皮を油であげたものの上にのせてもおいしいです

    バーベキューチキン<7月22日>

    ■7月22日■

    今日は「バーベキューチキン」をご紹介いたします。

    《バーベキューチキン》
    材料(4人分)
    とりムネ肉(皮付き)    2枚

    ・タレ           
    玉ねぎのすりおろし    1/2カップ 

    にんにくのすりおろし   1TBS     大さじ1杯
    しょうゆ         1/4カップ

    みりん          2TBS     大さじ2杯
    はちみつ         2TBS     大さじ2杯
    茅乃舎野菜だし      1袋分

    かたくり粉

    サラダオイル

    作り方

    ①    鶏肉は皮の部分にフォークで穴をあけ、厚みがある部分は肉たたきでたたき厚みをそろえる

    ②    レの材料を合わせた中に①を入れ、しっかりからめたらZIPロックに入れて冷蔵庫で1時間以上マリネする

    ③    の水気をペーパータオルでとり、全体にかたくり粉をまぶす

    ④    ライパンを中火にかけサラダオイルを熱し皮の方からきつね色になるまで焼く、 裏返し、フタをして蒸し焼きにする

    ⑤火が通ったらタレを加え、強火で全体にからめる

    高菜と豚肉のいためもの<7月15日>

    ■7月15日■

    今日は「高菜と豚肉のいためもの」をご紹介いたします。

    ≪ 高菜と豚肉のいためもの≫

    材料(作りやすい分量)

     高菜                1/4LB    100g

     豚ひき肉              1/3LB    150g

     茅乃舎野菜だし(中身)       1袋分    

     ごま油               2TSP    小さじ2杯

     さとう               2TBS    大さじ2杯

     しょうゆ              1&1/2TBS 大さじ2杯

     

    作り方

    ①    高菜は水につけて塩抜きをし、小さく切ります

    ②    フライパンに ごま油を熱し、豚ひき肉をいれて強火で火が通るまでよく

    炒めます(きつね色になった位が美味しいです)

     ③②の中に①を加えさらに炒めさとう、しょうゆ、 茅乃舎野菜だしを加え炒めます 

     *ごはんに、ラーメンのトッピングに・・又ぎょうざの皮に包んで揚げても

      美味しいです

     *豚ひき肉は安いもの(脂身の多いもの)を使って下さい

    キムチハンバーグ<7月8日>

    ■7月8日■

    今日は「キムチハンバーグ」をご紹介いたします。

    ≪キムチハンバーグ≫

     材料(4人分)

     白菜キムチ       1/2LB         100g

     合いびき肉       2/3LB         300g

     木綿豆腐        1/2丁         

     にんにくのみじん切り  1かけ分

     ねぎ(青ねぎ又は白ねぎ)3TBS          大さじ3杯

        みじん切り又は小口切り

     茅乃舎だし        1袋分

     塩 コショー しょうゆ ごま油 サラダオイル

    作り方

    ①    水切りした豆腐を手でつぶします

    ②    白菜キムチは少し大きめのみじん切りにし、汁気をしぼっておきます

    ③    ボールに合びき肉 豆腐 にんにく ねぎ 塩 コショー ごま油を

    少々を加え、 茅乃舎だしの中身を加えよく練り、4等分または8等分

    にして丸め形を整えます

    ④    フライパンを中火で熱し、サラダオイルをひき、③を並べて焼きます

    きつね色の焼き色がついたら裏返し、ふたをして弱火で蒸焼きにします

      *大根おろし、一味、しょうゆなどで食べます

    ドライカレー<7月1日>

    ■7月1日■

     今日は「ドライカレー」をご紹介いたします。

     ≪ドライカレー≫

     材料(4人分)

      牛または豚ひき肉       1LB         450g

      玉ねぎ            1個

      にんじん           1本

      マッシュルーム        4個

      サラダオイル         

      にんにくのみじん切り     1かけ分

      しょうがのみじん切り     1かけ分

      水              1/2 カップ

      日本酒            1/4 カップ

      茅乃舎野菜だし(中身 )   1袋分

      トマトケチャップ       3TBS        大さじ3杯

      ウスターソース        3TBS        大さじ3杯

      カレー粉           2TBS        大さじ2杯

      塩              1TSP        小さじ1杯

    作り方

    ①    野菜は全てみじん切りにします

    ②    フライパンにサラダオイルを熱し、にんにく、しょうがを炒め

    香りが出たら、玉ねぎを加えてきつね色になるまで炒めます

    ③    ②の中にひき肉を加え、残りの野菜を加え、さらに炒めます

    ④③の中に水と日本酒を加え、煮立ったら茅乃舎野菜だし、トマトケチャップ、

    ウスターソース、カレー粉、塩を加え中火で汁気がなくなるまで煮込みます

     *焦がさないようにするのがコツです

    ローストビーフ<6月24日>

    ■6月24日■

    今日は「ローストビーフ」をご紹介いたします。

    《ローストビーフ》
    材料(4人分)
    牛もも肉塊り                900g~1kg             2LB
    塩・コショー                少々
    にんにくのすりおろし            1かけ分
    サラダオイル
    茅乃舎野菜だし               1袋
    *つけたれ*
    しょうゆ                   1CUP
    日本酒                    1/2CUP
    玉ねぎ薄切り                 1個分
    にんにくのすりおろし             1かけ分
    しょうがのすりおろし             1かけ分
     
    作り方

    1.室温に戻した牛肉の塊りに、塩、コショー、茅乃舎野菜だしの中身、にんにくのすりおろしをすり込みます。    

     2.フライパンにサラダオイルを熱し、①の牛肉の周りに、焼き色を付けます。

      オーブンで15~20分焼きます。

    3.つけだれの材料を合わせた中に④をいれ、半日~1日漬け込みます。

    4.薄切りにして、レタス、トマトなど彩のよい野菜と一緒に盛り付けます。

    クラムチャウダー<4月29日>

    今日ご紹介するレシピは「クラムチャウダー」です!
     
    クラムチャウダー≫
     
    材料(4人分)
    アサリのむきみ         200g             1/2LB
    ベーコン(薄切り)        1枚              1枚
    玉ねぎ              150g              1/3LB
    セロリ               1本               1本
    ジャガイモ            200g              1/2LB
    バター              大さじ2杯            2TBS
    小麦粉              大さじ3杯            3TBS
    茅乃舎野菜だし         1袋                1PACK
    エバミルク            1/2Cup            2/5Cup
    お湯                5Cup              4Cup
    塩・コショー
    サラダオイル           大さじ1杯            1TBS
     
    *作り方
    1. ベーコン、玉ねぎ、ジャガイモ、セロリを同じぐらいの大きさに切ります。
    2. 鍋にバター、サラダオイルを熱し、①を炒め、小麦粉を振り込み、お湯を少しずつ加えて混ぜ、”茅乃舎野菜だし”の袋を破り、中身を振り入れ、ジャガイモが柔らかくなるまで、煮込みます。
    3. ②の中にアサリを加え2~3分煮てから、塩・コショーで味を整え、エバーミルクを加えます。

     
    Pekoより
    お湯の半量を牛乳にすると、コクが出ます。
    アサリの代わりにカキを使ったり、スィートコーンを使っても…
    ニンジン、グリーンピース他お好みのお野菜を加えてくださいね!

    ポテトスープ<4月22日>

    今日ご紹介するレシピは「ポテトスープ」です!

    ≪ポテトスープ≫
     
    材料(4人分)
    じゃがいも(中)    2個
    玉ねぎ         1個
    バター         大さじ2杯             2TBS
    茅乃舎野菜ス―プ   1~2袋             1~2PACK
    お湯           3Cup              2&2/5Cup
    牛乳           2Cup              1&2/3Cup
    塩・コショー
    生クリーム        大さじ3杯            3TBS
    クルトン
    パセリのみじん切り
     
    作り方

    1. じゃがいもは皮をむき、薄切りにして水にさらします。
    2. 玉ねぎは薄切りにします。
    3. バターを溶かした鍋で②を炒め、透明になったら、①の水気をきって加え、さらに炒めます。
    4. ③の中にお湯をいれ”茅乃舎野菜スープの袋を破り、中身を加え、中火で煮込み、じゃがいもが柔らかくなったら、少し冷まし、ミキサーにかけます。
    5. ④を鍋に戻し、牛乳を加え、塩、コショーで味を整えます。
    6. 仕上げに生クリームを加え、上にクルトン、パセリのみじん切りを浮かせます。

     
     
    Pekoより
    *ミキサーにかける時は、冷まして、蓋をするのを忘れないで下さいね!熱いままミキサーにかけると、危ないです!火傷をされないよう気をつけてください

    ロールキャベツ<4月15日>

    今日ご紹介するレシピは、「ロールキャベツ」です!
     
    ≪ロールキャベツ≫
     
    材料(4人分)        日本             ハワイ
    キャベツ(大き目のもの)  8枚             8枚
    合いびき肉          300g            2/3LB
    玉ねぎ             100g            1/4LB
    卵                1個             1個
    小麦粉             大さじ2杯          2TBS
    水                4カップ           3&2/3Cup
    茅の家野菜だし        2袋             2Pack
    ケチャップ           1/2Cup           4/5Cup
    ウスターソース        大さじ2杯           2TBS
    片栗粉             小さじ2杯          2tsp
    塩・コショー           少々             少々
     
    *作り方*
    1. 分量の水に”茅乃舎 野菜だし”をいれ、火にかけ、4~5分煮出して袋を取り出します。
    2. キャベツを丁寧にはがし、茹でておきます。芯の部分が硬い時は少しそぎ落とします。(この部分もみじん切りにして使います)
    3. ボールの中に合いびき肉、玉ねぎのみじん切り、卵、小麦粉、取り出した”茅乃舎野菜だし”の袋を破り中身を入れ、塩・コショーし、よく混ぜて8等分にします。
    4. ②のキャベツで③を包み最後を爪楊枝で止めます。
    5. 鍋に爪楊枝でとめた方を下にし、重ならないように並べ、①のだしを加え、落し蓋をしてコトコト気長に煮込みます。
    6. ⑤のキャベツを深めの皿に盛ります。
    7. 鍋に残っただしにケチャップとウスターソースを加え、味見をして塩・コショーで味を整え、同量の水でといた片栗粉でとろみをつけて、⑥にかけて出来上がりです。

     
    Pekoより
    *盛り付ける時、爪楊枝を抜くのを忘れないで下さい!
    *乾燥スパゲティを折って、爪楊枝の代わりに使うとそのまま食べられますよ!
      

    マグロのポキ<4月8日>

    「もっと気軽に世界人」、第1回の今日ご紹介するレシピは、
    ハワイの定番料理「マグロのポキ」です!
     
    ≪マグロのポキ≫
     
    材料(4人分)
     
    茅の家だし            1袋                1PACK
    水                 1Cup               3/4Cup
    しょうゆ              1/4Cup             1/5Cup
    粉かんてん            小さじ1/2杯           1/2tsp
     
    マグロ刺身用           240g               1/2LB
    玉ねぎのみじん切り       1/4Cup             1/5Cup
    青ねぎの小口切り        大さじ3杯             3TBS
     
    白いりごま・ごま油        少々
     
    *作り方
    1. 鍋に水を入れ、”茅の家だし”を入れ4~5分煮立て、冷ましておきます。
    2. ①にしょうゆを加え、粉かんてんをふりいれ火にかけ、煮立ったら、木じゃくしでかき混ぜながら、中火で2~3分煮ます。
    3. バットに流しいれ、固めます。
    4. 刺身用のマグロを1cm角に切ります。
    5. ボールの中にマグロ、玉ねぎのみじん切り、青ねぎの小口切り、③を小さく角に切ったもの、白ゴマ、ごま油を加え、軽く混ぜ、皿に盛ります。

     
    Pekoより
    ハワイの定番料理のポキは時間が経つと、どうしても水気が出てしまいますが 寒天で固めただし醤油はとけないので、見た目がとてもきれいです。春雨の入ってくるネット(日本ではみかんが入っていたような気もします?)でところてんをつくように絞り出しても…

    ビーフボウル<6月17日>

    ■6月17日

    今日は「ビーフボウル」をご紹介いたします。

    《ビーフボウル》
    材料(4人分)
    牛肉の薄切り                   300g           2/3LB
    玉ねぎ                      1個
    茅の家だし                 1袋+熱湯2CUP          1袋+熱湯1&3/4CUP
    砂糖                    大さじ3杯  3TBS 

    しょうゆ                  大さじ  2杯   2TBS
    薄口しょうゆ                大さじ  2杯   2TBS
    日本酒                   大さじ  3杯           3TBS
    しょうがの絞り汁              小さじ  1杯           1tsp
    ご飯                    4人分
    紅しょうが
     
    作り方

    1.牛肉は食べやすい大きさに切り、玉ねぎは薄切りにします。 

    2.鍋に熱湯と茅乃舎だしで作っただしを2CUP入れ、牛肉、玉ねぎを加えて煮ます。

    牛肉の色が変わったら、砂糖、しょうゆ、薄口しょうゆ、日本酒、しょうがの絞り汁を加え約10分、煮ます。 

    3.必ず味見をして足りなければしょうゆさとうで味を整ます

    パプリカのマリネ<6月10日>

    ■6月10日■

    今日は「パプリカのマリネ」をご紹介いたします。

    《パプリカのマリネ》

    材料(4人分)

    パプリカ(大)赤、黄色               各1個

    玉ねぎ(マウイオニオン、スイートオニオン)     1/2個

    酢                         1/2CUP

    はちみつ                      1/2CUP

    オリーブオイル                   2TBS

    茅乃舎野菜だし                 1袋

    塩、コショー                    少々

    作り方

    ①    パプリカは半分に切り、種を取り、皮目が真っ黒になるまで焼きます。

    ②    皮をむき、食べやすい大きさにきります。玉ねぎを薄切りにし、ボールに入れ、茅乃舎野菜だしを袋から出し、振りいれ、軽く混ぜてしばらくおきます。

    ③    ③の中に、酢、はちみつ、オリーブオイルを加え、②と合わせ、冷蔵庫で冷やします。

    豚肉のスープ<6月3日>

    ■6月3日■

    今日は 豚肉のスープをご紹介します。

    《豚肉のスープ》

    材料(4人分)
    豚肉               100g           1/4LB
    白菜またはキャベツ        2~3枚
    片栗粉              小さじ2杯         2tsp
    青ねぎ              1本
    卵                1個
    水                5CUP            4CUP
    茅乃舎だし            1袋
    片栗粉              大さじ1&1/2杯       1&TBS
    ラー油              少々
    塩・コショー
    日本酒

    薄口しょうゆ

    作り方

    豚肉を千切りにし、塩。コショー、日本酒少々で下味をつけ、片栗粉を混ぜ込みます。

    白菜またはキャベツは千切りにします。

    青ねぎは小口切りにします。

    あらかじめ分量の水で作っておいた出汁を煮立て、①をさばきながら入れ、火が通ったら、白菜またはキャベツの千切りを加えます。

    ④が一煮たちしたら、塩 小さじ2杯(2tsp)日本酒 大さじ1如w)€モ(1 TBS) 酢 大さじ1杯(1TBS) 薄口しょうゆ 小さじ2杯(2tsp)コショー 少々で味付けします。

    片栗粉を同量の水で溶いたものでとろみをつけ、溶き卵を流しいれ、青ねぎを散らします。

    仕上げにラー油を加えます。

    *春雨を戻したもの、たけのこ、しいたけの千切りを加えても美味しいです。

    チャーハン<5月27日>

    ■5月27日■

    今日はチャーハンをご紹介します。

    《チャーハン》
    材料(4人分)
    ごはん       4人分
    かに缶、ハム、チャーシュー、他お好みの具              適宜
    しいたけ                 w)€氈@           3枚
    卵                                3個
    青ねぎ                              2本
    サラダオイル                           大さじ3杯       3TBS
    塩・コショー                           少々
    しょうゆ                             大さじ1杯         1TBS
    日本酒                              大さじ1杯        1TBS
    茅乃舎野菜だし 中身                       1袋分
    !  
    作りかた

    1. かに缶はみをほぐし、軟骨を取り除きます。ほかの具を使う場合は小さくきります。
    2. しいたけはあられ切りにし、青ねぎは小口切りにします。
    3. ボールの中に卵を割りいれ、ほぐし、しょうゆ、日本酒、茅乃舎野菜だしの中身を加え、さらによく混ぜます。
    4. ③の中にご飯を加え、ほぐします。
    5. フライパンにサラダオイルを熱し、しいたけをいため、④を加え、ご飯がぱらぱらになるまで炒めます。
    6. ①と青ねぎを加えさらに炒め、味見をしてから塩・コショーで味を調えます。

     
    *ハム・チャシュー・スパム等塩分がそれぞれ違いますので、必ず味見をしてから、塩・コショーで味を調えてくださいね!!
    *溶き卵の中にカレー粉を加えたり、ごま油を少し加えたり…色々応用できます。

    チャーハン<5月27日>

    ■5月27日■

     チャーハン
    材料(4人分)
    ごはん       4人分
    かに缶、ハム、チャーシュー、他お好みの具              適宜
    しいたけ                 w)€氈@           3枚
    卵                                3個
    青ねぎ                              2本
    サラダオイル                           大さじ3杯       3TBS
    塩・コショー                           少々
    しょうゆ                             大さじ1杯         1TBS
    日本酒                              大さじ1杯        1TBS
    茅乃舎野菜だし 中身                       1袋分
    !  
    作りかた

    1. かに缶はみをほぐし、軟骨を取り除きます。ほかの具を使う場合は小さくきります。
    2. しいたけはあられ切りにし、青ねぎは小口切りにします。
    3. ボールの中に卵を割りいれ、ほぐし、しょうゆ、日本酒、茅乃舎野菜だしの中身を加え、さらによく混ぜます。
    4. ③の中にご飯を加え、ほぐします。
    5. フライパンにサラダオイルを熱し、しいたけをいため、④を加え、ご飯がぱらぱらになるまで炒めます。
    6. ①と青ねぎを加えさらに炒め、味見をしてから塩・コショーで味を調えます。

     
    *ハム・チャシュー・スパム等塩分がそれぞれ違いますので、必ず味見をしてから、塩・コショーで味を調えてくださいね!!
    *溶き卵の中にカレー粉を加えたり、ごま油を少し加えたり…色々応用できます。

    ■5月20日■

    今日は春雨の酢の物をご紹介します。

    《春雨の酢の物》

    材料(4人分)

    春雨                50g          2oz

    ハム                3枚

    きゅうり              1本

    卵                 1個

    *たれ*

     

     しょうゆ             大さじ3杯        3TBS

     酢                大さじ3杯        3TBS

     ごま油              小さじ1/2杯       1/2tsp

     砂糖               大さじ1/2~1杯     1/2~1TBS

     茅乃舎だし中身          1袋分
    作り方

    1. 熱湯5CUP+水1CUOを合わせ、春雨を付けて5~6分おき、食べやすい長さに切っておきます。
    2. 卵を溶き、塩少々を加え、薄焼き卵を焼き、冷めたら千切りにしておきます。
    3. ハムは千切り、きゅうりも千切りにします。
    4. たれの材料を合わせます。
    5. 器に春雨、錦糸卵、ハム、きゅうりを彩り良くもり付け食べる直前に、たれをかけます。

    *春雨はメーカー、または製造された国により、戻す時間、方法が違いますので、パッケージの戻し方を参考にしてください。
    *ゆでたほうが良いものもあります。

    春雨の酢の物<5月20日>

    ■5月20日■

    春雨の酢の物》

    材料(4人分)

    春雨                50g          2oz

    ハム                3枚

    きゅうり              1本

    卵                 1個

    *たれ*

     

     しょうゆ             大さじ3杯        3TBS

     酢                大さじ3杯        3TBS

     ごま油              小さじ1/2杯       1/2tsp

     砂糖               大さじ1/2~1杯     1/2~1TBS

     茅乃舎だし中身          1袋分
    作り方

    1. 熱湯5CUP+水1CUOを合わせ、春雨を付けて5~6分おき、食べやすい長さに切っておきます。
    2. 卵を溶き、塩少々を加え、薄焼き卵を焼き、冷めたら千切りにしておきます。
    3. ハムは千切り、きゅうりも千切りにします。
    4. たれの材料を合わせます。
    5. 器に春雨、錦糸卵、ハム、きゅうりを彩り良くもり付け食べる直前に、たれをかけます。

    *春雨はメーカー、または製造された国により、戻す時間、方法が違いますので、パッケージの戻し方を参考にしてください。
    *ゆでたほうが良いものもあります。

    出し巻き卵<5月13日>

    ■5月13日■

     今日は「出し巻き卵」のご紹介です。

    《出し巻き卵》
    材料(4人分)
    卵             9個
    茅乃舎だし       1PACK         1袋

    塩             1tsp           小さじ1杯
    砂糖           1tsp            小さじ1杯
    薄口しょうゆ       1&1/2tsp       小さじ1&1/2杯
    サラダオイル
     
    作り方

    1. 卵を計量カップの中に割りいれ、解きほぐします。
    2. ①の量を計り、その1/4の量の水を用意し”茅乃舎だし”1袋で出汁をとります。
    3. ②の中に調味料を加え、よく混ぜて①のとき卵とあわせ、さらによく混ぜ、1/2量ずつに分けておきます
    4. 玉子焼き器を熱し、サラダオイルを薄く塗り、③の卵液を少量ずつ焼いては巻き、を繰り返します。
    5. 焼きあがったら、次を焼きます・

     
    *形が悪くても、焼き立てを巻きすで巻き、両端を輪ゴムで留めておくと、きれいになります…
    *ハワイのリスナーさんからのリクエストです。

    出し巻き卵<5月13日>

    ■5月13日■

    《出し巻き卵》
    材料(4人分)
    卵             9個
    茅乃舎だし       1PACK         1袋

    塩             1tsp           小さじ1杯
    砂糖           1tsp            小さじ1杯
    薄口しょうゆ       1&1/2tsp       小さじ1&1/2杯
    サラダオイル
     
    作り方

    1. 卵を計量カップの中に割りいれ、解きほぐします。
    2. ①の量を計り、その1/4の量の水を用意し”茅乃舎だし”1袋で出汁をとります。
    3. ②の中に調味料を加え、よく混ぜて①のとき卵とあわせ、さらによく混ぜ、1/2量ずつに分けておきます
    4. 玉子焼き器を熱し、サラダオイルを薄く塗り、③の卵液を少量ずつ焼いては巻き、を繰り返します。
    5. 焼きあがったら、次を焼きます

     
    *形が悪くても、焼き立てを巻きすで巻き、両端を輪ゴムで留めておくと、

    きれいになります…
    *ハワイのリスナーさんからのリクエストです。

    ポークチョップ<5月6日>

    ■5月6日■

    《ポークチョップ》
    材料(4人分)
    豚肉            4枚
    玉ねぎ           1個  
    生しいたけ         4枚   生マッシュルーム   8個でも…
    ケチャップ         1/4CUP
    ウスターソース      2TBS
    茅乃舎野菜スープ    1PACK            1袋
    水               1/2CUP
    小麦粉
    塩・コショー                         少々
    サラダオイル
    作り方

    1. 豚肉はたたいて、フォークで何箇所か穴を開けて塩・コショーし、小麦粉を薄くまぶします。
    2. 玉ねぎ、しいたけは千切りにします。(マッシュルームの場合は薄切り)
    3. フライパンにサラダオイルを熱し①の豚肉を入れ、両面にきつね色の焼き色をつけ、焼き色がついたら皿に取り出します。

    同じフライパンに、玉ねぎとしいたけの千切りを入れて炒め、ケチャップ・ウスターソース・”茅の家野菜スープ”の袋を破り中身と水を加え、塩・コショーで味を整えます。

    ポークチョップ<5月6日>

    今日は「ポークチョップ」のご紹介です。

    ■5月6日■

    《ポークチョップ》
    材料(4人分)
    豚肉            4枚
    玉ねぎ           1個  
    生しいたけ         4枚   生マッシュルーム   8個でも…
    ケチャップ         1/4CUP
    ウスターソース      2TBS
    茅乃舎野菜スープ    1PACK            1袋
    水               1/2CUP
    小麦粉
    塩・コショー                         少々
    サラダオイル
    作り方

    1. 豚肉はたたいて、フォークで何箇所か穴を開けて塩・コショーし、小麦粉を薄くまぶします。
    2. 玉ねぎ、しいたけは千切りにします。(マッシュルームの場合は薄切り)
    3. フライパンにサラダオイルを熱し①の豚肉を入れ、両面にきつね色の焼き色をつけ、焼き色がついたら皿に取り出します。

    同じフライパンに、玉ねぎとしいたけの千切りを入れて炒め、ケチャップ・ウスターソース・

    ”茅の家野菜スープ”の袋を破り中身と水を加え、塩・コショーで味を整えます。