RKBラジオトップページ

明日への一言

2016年6月19日(日) 「お父さん」

お父さんの存在を最も示すものは やはり
後ろ姿のような気がする お父さんの背中は
広くて頼もしい 少しばかり哀愁が漂っているのも
何と無く渋みを感ずる 平静を装ってはいるが
本音は男は辛いよだ 一所懸命に頑張っている
お父さんに 温かいエールを送ろう

家庭におけるお父さんの立つ瀬は もっぱら
お母さんの言動に支えられている
お母さんがお父さんに一目置けば 子どもは自然に
敬意を抱く 不足はあるだろうが
太っ腹でフォーローして欲しい
お母さんの助けがあるからこそ 大黒柱は成り立つ

2016年6月12日(日) 「ラジオ」

まだテレビが存在していなかった一昔前の時代
あの頃はラジオが主体の暮しだった
ラジオから流れてくるヒーロー達の肉声に
胸が躍ったものだ 青春時代の深夜放送も
思い出深い 人の感性は 何よりも耳によって
培われる ラジオと仲良く付き合いながら
元気に明日を迎えよう

ラジオの長所は多々あるが 聞いている内に
想像力が高まり 思考の幅が拡がるのが何より
ラジオは何時も 身近に寄り添う心の友だ
寂しい時や悲しい時は ラジオに耳を傾けたい
共感を覚える内に 少しは気分も晴れるだろう

2016年6月5日(日) 「追憶に浸る」

人生には現在があり未来があり そして過去がある
肝要なのは今日に力を尽くすだが
過去も疎かにしてはならぬ 只し縋るのではなく
励みや奮起に活用すべきだ 何れにせよ
己が歩いて来た道ならば尊重したい
一人追憶に浸りながら 本来の自分を取り戻そう

人生は長いようで短く 短いようで長いもの
振り返れば節々には 忘れられぬ歌が必ずある
偶には懐かしの曲に耳を傾けて
過ぎ去りし日々に思いを馳せたい
追憶に浸る内に 心身の疲弊も随分解消されるはず
気力が蘇ったら 背筋を伸ばして立ち上がろう

2016年5月29日(日)  「歌の力」

くさくさした気分を変えたいなら
思い出の歌に手を借りよう しばし耳を傾ければ
固まった胸の内も 次第に和らぎ解れてくる
揺れる心が静まれば 自ずから落着きも取り戻す
人生において歌がもたらす効力は 極めて大きい

若さを保つ秘訣は多々あるが 歌が及ぼす
影響は絶大だ 日々の暮しの中に歌があれば
気分は若やぎ身体の動きも軽くなる
つまらぬことは気に病まずに 好きな曲を
口遊みながら 己の仕事に精を出そう
心の憂さは 知らぬ間に歌が晴らしてくれる

2016年5月22日(日) 「親心」

親が何時も心に留めているのは 子どもの幸せに他ならぬ
その心情は 男親も女親も何等変わりはない
格別なことは望まぬ ごく普通で十分だ
息災で安穏無事に暮らしていれば
何も言うことはない 親思う心にまさる親心

親が子へ注ぐ愛情は広くて深いが 息子と嫁では
微妙に違いが生ずる 特に父親は娘には弱くて甘い
同性でないだけに よく分からぬことばかり
思いは強いものの 表し方が下手で何時も空回り
不器用者の心中を察して 少しだけ寄り添ってやろう

2016年5月15日(日)「年を取る」

人間年を食う毎に 段々とこだわりが減ってくる。
気楽に考えれば 浮世はどうでもいいことばかり
頭がいいの器量がどうのも
今となっては遙か昔の思い出話に過ぎぬ
大切なのは 年を重ねた末の持ち味だ
洒脱で面白い 快活な年寄であろう

少年時代は 時の流れがとても遅く感じたものだ
ゆるゆると進み行く刻みを 持て余していたあの時期
漠然たる不安や悩みを抱えて
さ迷っていた青い日々が懐かしい
懊悩を繰り返した後に今日がある
人が生きる意味を 少しだけ知り得ただけでも
善しとしよう

2016年5月8日 「教養」

一人の人間として 真っ当な社会生活を営むには
それに相応する教養を身に付けておきたい
基本は常に疑問を抱いて考える
 すなわち問いを立てるのだ その為には
過去の歴史を知らねばならぬ 人間に限らず
企業や組織にも寿命がある 繰り返しの中で
起る本質を 自分なりに探求しよう

教養人としての条件は 足を知ること
そして何故?と考える力を有することだ
既成の概念に囚われず 自分なりの見識を
持つことに努めたい どんな時代でも
如何なる状況にあっても ちゃんと通用する
物の考え方と 心の在り方を会得しよう

2016年5月1日(日)当たり前のありがたさ

当たり前に対しての思惑は人それぞれだが

共通点は 何時も通りという点だ

可もなし不可もなし 穏やかに一日が始まり

何事もなく終る 同じことの繰返しであっても

是程ありがたいことはない

この上なく普通であることに 心から感謝しよう

 

満足することの意味を知るのは 簡単なようで難しい

だが心を静めて黙考すれば 大切なものに気付くはずだ

生きていく上で最もありがたいのは

当たり前と思っている日常に極まる

目の前にある幸せを受け止めて

与えられた今日に精を出そう

2016年4月24日(日) 幸せの原点

真の幸せは 当たり前と思っている中にこそある

そのことを決して忘れぬことだ

日々の暮しが平穏無事に過ぎる位 ありがたいことはない

平々凡々たる生活が どれ程恵まれているかを

しっかりと感じ取ろう

大切なものは 自分の周りに一杯ある

 

朝健やかに目が覚めて 夜安らかに床に就く

温かい食事に冷たい水 心地よい風呂に

朗らかな団欒 絵に書いたような幸せは

普段の生活の中にある 当たり前と感じていること全てに

心から感謝したい 何の変哲もない日常にこそ

幸せの原点がある

2016年4月17日(日)自分を励ます

人は誰しも生きていれば 辛いことや苦しいことは当然ある

時には折れて傷つくこともあるはずだ

それでも遣られてばかりでは 承服できぬし腹が立つ

一寸の虫にも五分の魂

自分を励まして 怯むことなく立ち向かえ

 

己の気持ちに正直に生きることは

簡単なようで意外に難しい 下手をすると

誤解を招くし角が立つ だからといって

ごまかすのは真っ平御免だ 何とか心の均衡を保ちつつ

自分を励まして 可能な限り信念を貫こう

ご注文・お問い合わせ

NPO博多の風 出版事業部
〒812-0027
福岡県福岡市博多区下川端町8-16-302
TEL&FAX(092)263-7188
mail: info@hakatanokaze.jp
▼公式サイトはこちら
▼「明日への一言」 取扱書店・販売店
ジュンク堂本店、丸善博多駅ビル
紀伊國屋福岡本店、BOOKSあんとく荒尾店
紀伊國屋ゆめタウン博多店
紀伊國屋久留米店、積分館書店新天町本店
福岡金文堂本店、フタバ書店テラ東福岡店
福岡金文堂大橋店、インキューブ
RKBストアほか

パーソナリティ

大庭宗一(おおば そういち)
1950年10月19日生まれ
てんびん座 O型
・エッセイスト
・NPO「博多の風」理事長
・博多祇園山笠 土居流 下土居町 総代
・博多警察署 少年指導委員
▼メールお待ちしています。

アーカイブ

  • ▼過去の「明日への一言」はこちらから