TOP < 個別記事

26回目はシーズン3最終回になります。
2018年3月31日

最終回は昨年世界遺産に登録された「神宿る島・宗像沖の島と関連遺産群」のある二つの市の市長の登場です。
宗像市の谷井博美市長と福津市の原崎智仁市長です。
両市長とも昨年7月にポーランドで行われた会議には心中穏やかでない参加だったそうです。
というのは5月にイコモスから資産8件のうち4件は世界遺産と認められないという勧告が出たからです。
しかし、結果的には7月の世界遺産委員会では8件全て世界遺産に登録との逆転の決定で二人は胸をなでおろしたといいます。
今後世界遺産をどう守っていくか、これからの方針を語っていただきました。

180331-004 180331-005

kodaifukuokareport
世界遺産のガイダンス施設としての役割も持つ「海の道むなかた館」。
この春から大型映像施設が登場しました。
中央の展示室に作られた大型スクリーンで体感する沖ノ島の映像は、すごい迫力!7月の登録一周年のタイミングで、4K映像も完成する予定だとか。
最初からある3D映像と今年から導入されたVR映像、そしてこの大型映像、それぞれの特性を活かして人々の世界遺産への理解を進め、保存につなげていくのだとか。
宗像市世界遺産登録推進室室長の徳永淳さんにお話しを聞きました。
世界遺産登録推進室は、4月から世界遺産課になるそうです。

180331-002 180331-003
放送内容を聴く(MP3)

トップ