TOP < 個別記事

20回目は神社から探る神功皇后の足跡シリーズ
2018年2月17日

「神功皇后伝承を歩く」の著者、綾杉るなさんに話を伺っています。
下関の豊浦宮を出発香椎宮をめざした陸路編です。
今回は鞍手町の古物(ふるもの)神社から歩いています。
古物は降るものに通じ、この神社には剣が天から降ってきたという伝承が残っています。
この古物神社には「太宰官内誌」を書いた伊藤常足の屋敷が当時のまま保存されているそうです。
そして、近くにあるのが神崎(こうざき)神社。鞍手町には神功皇后が通過して休んだところが後に神社になったところが多いということ。ここもそうです。
その先、宮若市の春日神社には神功皇后のこんな話が残っています。
神功皇后三韓出兵の際、皇后の馬の鞍をかけた楠の木がよく茂って暗かったが、その木が倒れて明るくなったことからその地が鞍出といわれるようになったと。
それが鞍手の名前の由来になったという話が伝わっているそうです。

kodaifukuokareport

魚へんに春と書いて「サワラ」。
産卵のために陸地に近づくので春に姿が見られやすいことからついた名前だそうで、脂がのっておいしいのは11月~3月。
芦屋の漁師さん達は、鰆を一本釣りして高鮮度処理をするので、その味は格別。
また、夏場に獲れる小ぶりの鰆=サゴシを使って、芦屋町商工会では、特産品を開発するプロジェクトを行っています。
レンジでチンするだけの鰆の味噌漬けや、自衛隊芦屋基地とコラボレーションした鰆とヤリイカ(どちらも芦屋の特産品)のカレー「琥珀の空」など、ハイレベルなおいしさです。
また、2月24・25日には「第2回福岡ご当地さわらサミット」も開催されます。
サミット実行委員長で漁師の中西智昭さんと、芦屋町商工会地域振興係長の吉岡誠治さんにお話を伺いました

180217-002 180217-003

放送内容を聴く(MP3)

トップ