TOP < 個別記事

17回目も香椎宮を歩きます。
2018年1月27日

180127-001
※写真は兜塚
香椎宮は本殿の裏の方にみどころがたくさんです。
古宮を歩いてその先へ行きますと、思いがけない立派な庭をもったお寺にでます。
報恩寺という鎌倉時代創建の寺です。
栄西は茶の湯を日本に伝え、また臨済宗を伝えました。
博多の町には聖福寺という寺がありますが、これは栄西が立てたもの。
この報恩寺にもう一つあるのが日本で一番古いという菩提樹の木です。
これも栄西がもたらしたものだということですが、今でも6月になると美しい花を咲かせるそうです。
その先にあるのが武内宿禰の不老水。とてもおいしい水です。
この日は香椎浜にある海の中の神社、三島神社から兜塚まで歩きます。

kodaifukuokareport
番組内のお知らせでもおなじみの「ご来福しよう」。
これは、福岡県の魅力を感じていただくための観光キャンペーンなんです。
「神宿る島 宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界遺産登録を機に、福岡県内に数多くある古代遺跡や神社、お寺などパワースポットを巡って『福岡に来ると福が来る』旅を楽しんでほしいと、福岡県全体でお客様をお迎えする心意気なんです。
担当の福岡県商工部観光推進課・近藤智彦さんは「県内の方が県内を周ってもらうのにも役立ててほしい」と、おっしゃいます。
ホームページは古代史編とパワースポット編に分かれて構成されてます。トップページの鈴をクリックすると、おみくじがひけますよ~。
□ ご来福しよう→ https://goraifuku.jp/

180127-002
放送内容を聴く(MP3)

トップ