TOP < 個別記事

11回目は筑紫野市の五郎山古墳と筑紫神社を歩きます。
2017年12月16日

171216-001

筑紫野市の五郎山古墳は6世紀末の装飾古墳をもった古墳です。
かつて長崎街道の宿場町、原田宿があった付近の小高い丘の上にあります。
直径32メートル、高さ5~6メートルの円墳です。
現在工事中で中は入ることはできませんが、古墳のすぐ下にある五郎山古墳館に復元してある可動式模型で石室の内部を詳しく知ることができます。
近くにあるのが筑紫神社。例年3月15日に行われる粥占いで知られる神社です。
この付近は昔から交通の要衝として栄えたところで、この神社も旅の安全を祈願する人々で参拝の人が多かったそうです。
筑紫の国のつくしという名前の由来はここからきたそうです。
境内にあるのが10月桜。銀杏の黄色い絨毯をバックに満開の花を咲かせていました。

kodaifukuokareport
道の駅むなかたの冬は、魚がすごい!おいしい!営業部水産・加工品担当の藤井武さんに教わってきました。
冬のベスト3は(1)真鯛、(2)ブリ、(3)フグ。
取り扱いやさばくポイントも知っているとよりおいしくなりますよね。
さらに冬は、「出会えればラッキー」な寒ビラメやキジハタも登場するそうです。

171216-002 171216-003

放送内容を聴く(MP3)

トップ