TOP < 個別記事

10回目は神社の伝承から神功皇后の足跡を探っていくシリーズの4回目です。
2017年12月9日

「神功皇后伝承を歩く」の著者、綾杉るなさんにお話を伺っています。
今回は遠賀郡岡垣町の高倉神社から伺います。
ここは岡湊神社の本宮といわれるところです。高倉神社はかつて八剣神社と呼ばれていたそうです。
何でも天智天皇の治世の頃、新羅の僧道尭による草薙の剣盗難事件が起こり、道尭が捕まったときの剣の保管先がここで、この時剣のコピーをここで作らせ境内に別殿を作らせ本物と合わせて8振りの剣を治めたという話が伝えられて
いるそうです。
綾杉さんの話しは芦屋町の神武天皇社、埴生神社、鏡山大神社まで。

kodaifukuokareport

世界遺産構成資産のひとつ、福津市の新原奴山古墳群を楽しむ方法の一つが「ふくつ古墳馬車」!ばんえい競馬OBの馬=オーロくんが、10人乗りの馬車をひいてくれます。
高い位置から歩く速度で見る古墳は新鮮です。
馬車を運営している「むなかた乗馬クラブ」馬車部・増田美佐子さんのガイドも楽しい!冬は幌を閉じてあったか運行。
「ぱかぱか動くビニールハウスみたいですよ~」と、増田さんが笑います。

171209-002 171209-003
放送内容を聴く(MP3)

トップ