TOP < 個別記事

3回目は神功皇后の登場です。
2017年10月21日

神功皇后の足跡については、シーズン1とシーズン2で「神功皇后の謎を解く」の著者、河村哲夫さんに話を聞いています。
シーズン1とシーズン2では香椎宮を拠点に朝倉へ羽白熊鷲を退治に行き、そして糸島半島、宗像と回って香椎宮へ戻り、朝鮮出兵のところまで話を伺いました。
今回は壱岐、対馬を経て朝鮮半島の金海へ渡り新羅へ出兵するところからです。
中国吉林省に広開土王の碑というのがあります。
碑文には高句麗の建国伝説などが書いてあるのですが、これに倭国が391年に侵攻したとあります。
河村さんの話ではどうもこの記述は神功皇后の出兵と符合するのではないかとみておられるようです。
そして、神功皇后は新羅出兵に成功して、帰りは対馬、壱岐経由で戻ってこられるのですが、壱岐から出発した船団は嵐にあい、一部は長崎の方へ流され、神功皇后一行の船も志賀の島方面へ流されたりするのです。

kodaifukuokareport
ふくつ観光協会が実施しているバスツアーがすごいんです。
その名も「まるっと福津満喫バスツアー」!世界文化遺産の新原奴山古墳群はもちろん、津屋崎千軒の街並みや漁港、宮地嶽神社も訪れます。
ランチはおいしいお魚!直売所の『あんずの里』にも立ち寄り、津屋崎名物のお土産付で、大満足。
しかも2980円。これは参加すべし!です。
案内して下さったボランティアガイドの上坂洋子さんのお話もすごく楽しかった~。
詳しくは、ふくつ観光協会へ。 ⇒ http://fukutsukankou.com/

171021-002 171021-003

171021-004 171021-005

放送内容を聴く(MP3)

トップ