TOP < 個別記事

26回目、シーズン2の最終回は二人の市長が登場します。
2017年3月25日

世界遺産登録が決定するのは今年7月です。そこで今週は世界遺産登録をめざす宗像市と福津市の市長が登場します。
登録をめざす資産は(1)沖ノ島(2)小屋島(3)みかどばしら(4)天狗岩
(5)沖津宮遙拝所(6)中津宮(7)辺津宮(8)新原・奴山古墳群の8つです。
この内の7つが宗像市にあり、新原・奴山古墳が福津市にあります。
宗像市の谷井市長と福津市の原崎市長にはこれまでの活動をふりかえってお話を伺うと共に、決定後のプランも合わせて伺います。
古代の福岡を歩く、次回からのシーズン3をお楽しみに!

kodaifukuokareport
九州国立博物館には「きゅーはく女子考古部」なる部活動があります。
顧問が考古担当研究員という豪華さ。古墳めぐりや古代食作り、土器や楽器も作ったり…。
マネージャーを務める企画課の西島亜木子さん、鮫島由佳さん、平山絵理子さんもすっかりハマって古代人…。
来年度=3期生も募集するそうです。詳しくは4月になって、九博のホームページをご覧ください。
放送内容を聴く(MP3)

トップ