TOP < 個別記事

24回目も久留米市を歩きます。
2017年3月11日

170304
※写真は益影の井
久留米市の神功皇后の足跡をたどります。まず、赤司八幡神社にいきました。
神社の参道は西へ向かった長く続いています。鳥居が何本も建ったいますので昔はかなり広い敷地だったことがうかがえます。現在は200メートル四方くらいです。
ご祭神は宗像大社と同じ三女神です。ここには三女神が降臨したという伝承があります。
神殿は伊勢神宮と同じ神明造りです。
そして、神功皇后との関連をいいますと、この辺は日本書紀にいう神功皇后の出生地、蚊田郷といいます。さらに近くの大城小学校に応神天皇出産の際、産湯を使ったという井戸、益影の井もあります。
三女神降臨の伝承と神功皇后出産の地という二つのの伝承をもつ地区にあるのがこの赤司八幡宮です。

kodaifukuokareport
久留米市田主丸町の「巨峰ワイン」。
耳納連山のすそ野に広がる森の中にあって、ぶどう畑や貯蔵庫を見学し、ショップで試飲・お買いもの、そして素晴らしい眺めのレストランで食事も楽しめます。
今年は、花摘みや袋かけ、収穫などワイン作りの体験も考えているという、お客様部部長の川島教朋さん。
実は、日本で初めて巨峰の栽培に成功したのがこの地であることも教えてくれました。

170311-002 170311-003

170311-004 170311-005
放送内容を聴く(MP3)

トップ