TOP < 個別記事

第26回 宗像・沖ノ島と関連遺産群・世界遺産登録登録への道
2015年3月29日
150329-1

今回が最終回です。世界遺産登録への道として、宗像市の世界遺産登録室・室長の岩佐芳弘さんと
福津市の福津市総合政策部・世界遺産登録推進室・室長の青木正吾さんのお二人に世界遺産登録にはどういう手続きがいるのか、
登録にはどんなことが必要なのかなどを伺いました。
今年は他に3つのライバルがいます。
一つは北海道・北東北の縄文遺跡群、この中には遮光器土偶で知られる亀ケ丘石器時代遺跡や三内丸山遺跡というものが入っています。
二つ目は百舌鳥・古市古墳群、ここにある仁徳陵古墳は日本最大で、エジプトのピラミッド、中国の秦の始皇帝稜とともに世界三大墳墓に数えられるものです。
三つ目が佐渡鉱山遺跡群です。これらのライバルに勝ち抜いていって世界遺産登録へとなるのです。
そんな世界遺産のお話を伺っています。
(津川洋二)

umi_rep
道の駅むなかた
この春の最新情報を、山崎宏幸館長に伺ってきました。
まずは「米酢」の発売。宗像産のお米を使って、大川の庄分酢さんに仕込んでもらったこだわりのお酢。
さらに、道の駅むなかたで販売しているお寿司のすし飯に、この米酢を使ってもらう計画もあるのだそう。
これって、すごい!また、「黒酢のいいのも少しだけ作ってもらう」と館長がにんまり。予定は4~5月。待ち遠しいですね。
もうひとつは、敷地内にアンテナショップを構えている『正助ふるさと村』とのコラボレーション「たこやき」!正助ふるさと村で作ったお米の米粉でたこ焼きを作っちゃうそうです。
しかも、タコは地元漁師さんの獲ったタコ。店頭に「今日のタコは○○さんのタコ」と表記予定だそう。こんなの見たことも聞いたこともないです
。早ければゴールデンウィークにはデビューの見込み。
3月から、天神から宗像大社・道の駅むなかたを結ぶ特急バス『むなかた号』も運行を開始して、より便利さがアップしてます。

放送内容を聞く(MP3)

トップ