TOP < 個別記事

第25回 宗像市の田熊・石畑遺跡の謎
2015年3月22日

3月22日放送

宗像市のJR東郷駅の近く、交通量の大変激しいところにこの遺跡はあります。
この遺跡は弥生時代中期前半頃の遺跡で、ここからは銅剣・銅矛・銅戈が大量に出土し古代史ファンの注目を集めています。
何故ならこの遺跡の時代は、魏志倭人伝に登場する邪馬台国時代の国々と同時代または少し前の時代の遺跡ではないかとみられているからです。
しかも、出土した銅剣・銅矛・銅戈といったものはこれらの国々の王墓から出土しているものだからです。
ここでは、一つの墓から多いので銅剣が四つ、銅戈が一つという墓もあるのです。
宗像国ともいえる国があったのでは、という専門家もいます。
この遺跡の横には川が流れていて、遺跡には港の跡らしきものがありますし、その港から荷物をあげて保存する空間、そしてその空間を警護するように周りをぐるっと囲んだ環濠があるのです。
ここから出土した銅剣・銅矛・銅戈は現在「海の道むなかた館」で展示してありますから遺跡を見学した後は、ぜひこちらものぞいてみて下さい。
(津川洋二)

umi_rep

ふくつ灯明まつり
福津市の市制10周年を記念して行われる「ふくつ灯明まつり」。宮地嶽神社から海まで真っすぐ伸びる1.5kmの参道に紙製の灯明が並びます。
さらに周辺の会場では、灯明を並べてウミガメやふくろう、お祝いのクラッカーなどを描きだす地上絵も作られます。
その数20000個!やんわりと暮れていく春の夕暮れの中で、最初はぼんやりと、そしてだんだんきらめきだす灯明の美しさは格別だそう。
ぜひ、早めに出かけて長時間楽しみましょう。「海と灯明のコラボレーションが絶妙」と、福津市広報秘書課長の吉田雅子さん。
3月28日(土)18時から20時30分まで開催です。雨天順延。

放送内容を聞く(MP3)

トップ