RKBラジオトップページ

毎週土曜日 17時20分~17時35分

RKBのアナウンサーのリレーによる朗読番組です。 テーマ性のある作品を朗読というスタイルでとりあげラジオを通して、 じっくりと本と向き合う時間を提供します。
「流木のいえ」

【作品】
絵かきと流木の交流から生まれる 月夜のファンタジー
「流木のいえ」石川えりこ

 

【あらすじ】
海のそばにくらす絵かきは、海岸に流れ着いた流木を拾っては、
たいせつにかかえて、家につれてかえります。

絵かきは、流木についている泥や砂をていねいに、ていねいに取り除きます。

きれいになった流木たちは、自分たちのかつての姿を、
しずかに、絵かきに語り始めるのでした。
それは青い馬、オオカミ、トナカイ、じゃんけんするこどもたち・・・。

流木たちが語る、それぞれのおいたち、冒険、そして大切な思い出を、
絵かきは優しくきいてやるのでした。

 

【作者プロフィール】
作者の石川えりこさんは、1955年、福岡県嘉麻市に生まれました。
九州造形短大デザイン科卒業後、広告代理店のデザイナーを経て、
フリーのイラストレーターとして活躍。
現在は横浜市在住です。
「ボタ山であそんだころ」(福音館書店)で
第46回 講談社 出版文化賞絵本賞を受賞。
この作品は、ブラチスラバ世界絵本原画展に出展されました。
主な作品として
「あひる」(くもん出版)、
「てんきのいい日はつくしとり」「ことしのセーター」(福音館書店)
「また おこられてん」(童心社)などがあります。

 
【放送日】3月25日(土)、4月1日(土)

 

【朗読】田中 みずき

 

170325hondana1

170325hondana2