藤井隆ニューアルバム『Coffee Bar Cowboy』のサウンドを作ったオ・ト・コ

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-TSU82_kagayakuhikariwohanatu-thumb-1000xauto-18186

マネー「藤井隆さんが久々にアルバムをリリースしまして。」

 

渡辺「私が好きだった乙葉ちゃんの心をつかんだ男ですよ。」

 

マネー「最近は音楽活動も再開していたんですが、アルバムが、NONA REEVESのキーボードサポートで松尾さんの友達でもある冨田さんが編曲を一手に手がけていまして。」

 

松尾「あら、そうなの(白々しく)冨田さんは、出身は岐阜で、就職かなんかで福岡に来て、福岡にいついてたんだよね。で、福岡でデザイン関係の仕事をやってる傍ら、デートオブバーズとかの関連のスタジオに出入りしていて。その時、西通りにスタジオSTAFFが楽器屋兼スタジオとしてあって、僕が在籍してた時代のインスタントシトロンは、そこで練習してたのね。そしたら、そこに店員として冨田さんがいて、どうやら冨田さんがキーボーディストらしいということで、手伝ってもらってたのね。そこからのご縁。冨田さんは、竹之内カルテットやデートオブバーズともつながりが深くて…」

注)いろいろキーワードが出すぎて注釈書くのもめんどくさいから、ご自分で調べてくださいね!(この記事とかも参考になるよ!)

 

渡辺「じゃあ、藤原さん(あの!女性シンガー・藤原さくらの父であり竹之内カルテットのベース)も知り合い?」

 

松尾「もちろんもちろん、スモール・サークル・オブ・フレンズの初期のトラックも作ってて、気づいたら東京で音楽制作を始めてて、YUKIやGLAY、宇多田ヒカルと仕事してた~って感じだね。」

 

マネー「今、引っ張りだこですもんね。そんな冨田さんがガッツリ、トラック作ってるんで、超かっこいいですよ、このアルバム。」

 

渡辺「リアルタイムでハウスを聞いていた人の音だよね。そうじゃないとこの空気感出ない。ニュー・オーダー大好きだったんだろうな」

 

松尾「冨田さんの経歴で言うとFPMのお手伝いもしてたし、最近はオリジナルラブのバンドのメンバーとしても参加してるし、ほんと、いい仕事をする方ですよ!」

 

マネー「そういえば、この前のNegiccoの『光のシュプール』も冨田さん入ってましたよね!冒頭の鍵盤とか…」

 

松尾「あれは冨田印だよねぇ~冨田さんの鍵盤の音はすぐわかるのよ!異常にキラキラしてる!」

Share This Story

音楽

You May Also Like