s_小笹スターハウス3

福岡・残してほしいビル会議

作家・能町みね子をして「狂気の福岡案内本」と言わしめたリトルプレス「福岡ついで観光」。この回では、その編集者・西村依莉さんをお迎えして、福岡の残したいビルについて語りました。

 

西村「博多の方は(いいビルが)多いですよね。天神はもうダメなんだろうなって気持ち。でも天神ビルは中の人がすごく大事に手入れしながら使ってますって言ってたから、この人達なら大丈夫と思ったんですけど。天神より博多の方がオフィス街だからいいビルがいっぱい残ってるのかな?って思うんですよ。それこそ、コウサンビルって知ってます?普通のビルに円筒がくっついていて、中入ったらすごいかっこいい螺旋階段だったんですよ!そこの螺旋階段は残したほうがいい!」

 

松尾「おお~…中央区役所の向かいの下に、ウエストとか喫茶店が入ってるビルも残してほしいよね。角が郵便局で、郵便局の並びがエントランスになってて。そこがすごくいい。ホテルか?っていうラウンジがあって。古いんじゃないかな?あと、小笹団地とか。」

 

西村「スターハウスがあるところですよね。」

 

マネー「スターハウスって何ですか?」

 

松尾「普通は四角に立てるところを、陽のあたりを考えて三方向に出っ張ってる星の形に作った団地だよね。」

 

西村「それが今、全国的に減ってて、貴重で。団地マニアの間ではスターハウスがある団地が鬼アツなんですよ。小笹団地は結構、残ってて。そこで撮影していたら、お住まいの方に怒られて。」

 

松尾「多いのかもしれないですね。マニアの方が。団地はガバメント物件だから、建築家が実験的なものをぶっこみやすいらしくて。小笹団地もその類らしいね。」

 

マネー「へ~」

 

s_小笹スターハウス2


s_小笹スターハウス1


s_小笹A地区B地区配置図




こちらはスターハウスじゃございませんが、素敵な螺旋階段。


s_小笹B地区メイン住棟(スターハウスし_ゃない)

photo by yoriyori291

s_IMG_0219

前下りボブは至高の髪型だろ!! by 松尾モータース

マネー「実は、花澤香菜の『Blue Avenue』はSwing Out Siterも楽曲提供していて。」

 

渡辺「まじで!?いやさあ、Swing Out Siterってみんなちゃんと聞いてないやろ!って思うんよ。『Break Out』と「La-La (Means I Love You)」くらいしか知られてなくて。ベスト盤がブックオフにゴミのように置いてあるんよ!」

 

マネー「3年に1回くらいのペースで出てる気がしますもんね、ベスト盤(笑)」

 

渡辺「2ndとかいいアルバムなんですよ。でも(参加したのが)WORKSHYじゃないところが面白いよね。」

*WORKSHY…Swing Out Siterと同じ頃に活躍した、イギリスの男女二人組ポップユニット。FMラジオの困ったらコレかけとけ!の定番。

 

松尾「ほら、WORKSHYは大人向けだから!」

 

渡辺「WORKSHYの女の子は、中森明菜と同じ髪型しとったもんな~前下がりボブ。あれがダメなんよ。」

 

松尾「あれは至高の髪型じゃないですか!」

 

マネー「あ~~お母さんの髪型って感じがしますね、確かに。」

 

渡辺「やっぱ至高の髪型は、THE SUNDAYSのポニーテールだよ。」

*THE SUNDAYS…THE SMITHSから影響を受けているイギリスのバンド。ボーカルのハリエット・ウィーラーはタヌキ顔美人のバンド部門最高峰。

 

マネー「こっちは、30代の若いお母さんの髪型ですね。」

 

松尾「ボブは前髪がひらひら動くんですよ!ひらひら動くもの見ちゃうじゃないですか!」

 

マネー「猫じゃないんだから(笑)」

uwano

『ウワノソラ ’67』の’67が意味するものとは?

渡辺「これは…あのウワノソラなの!?」

 

 

マネー「そうですよ。奈良でやってるっていうヤングソウルな名曲を連発しまくってる、ウワノソラの別ユニットです。もともと、3人なのが2人でやってるんですよね。」

 

松尾「めちゃくちゃいい!」

 

マネー「ウワノソラは、流線形の瀧口さんと話した時に、『かなりあっぷるぱいをライバル視してるみたい』って言ってたじゃないですか。しかし、今回、ライバル視してるのは、マイクロスターなんじゃないかと思って。」

 

 

松尾「きたね!マイクロスターの時代が!フィル・スペクター、大瀧詠一な部分もあるけど、PVを見るとイギリスのフィル・スペクター~オールディーズリスペクトのバンドたち…ウィザードとか。グラムが入ってる感じも見受けられるなぁ。PVの撮り方も、イギリスがグラム・ロックだった時代っぽいじゃない。」

 

渡辺「’67といえば、オールディーズが終わって、サイケデリックに入るくらいの年代じゃない?67がキーワードなら、レコードは67年~69年のものが高いのよ。ビートバンドがこのままじゃイカン!と工夫しだした時代なのよ。」

 

松尾「サージェント・ペパーズとかに影響を受けた時代ね。」

 

マネー「なにはともあれ、若い才能でこれをやってるのはすごいですよ。『Portrait in Rock ’n’ Roll』が6月10日に発売になりますので。」

 

渡辺「とにかく買うしかないよ!他の曲が気になりまくるから!」

 

松尾「こりゃ、2015年は、ついにポップスが復権するな!マイクロスターも浮かばれるよ!」

20150422-00000104-natalien-000-view

星野みちる『腰抜け男子にアイラビュー』と『サンシャイン日本海』

マネー「星野みちるさんが新曲『腰抜け男子にアイラビュー』をリリースしまして。」

 

松尾「今までにない生音重視でいて、疾走感のある曲ですね。」

 

渡辺「ピチカートの『スウィート・ソウル・レビュー』も近いよね。」

 

松尾「Negiccoの『サンシャイン日本海』の影響は大きいよね。田島貴男がガールポップに参入した影響は、ここにも出てると思う。バニラビーンズは昔からこういう路線だったけど、改めて、そっちの路線にも光が当たるんじゃないか?と思わせる曲だね。」

 

マネー「僕らが作ったMI6の『レッツゴーメイジイサン』は『サンシャイン日本海』の影響下にあった曲じゃないですか。一部では有名な話ですけど(笑)」

*Especia福岡公演の時に、たまたま見に来ていたライターの南波一海氏にマネー&松尾がMI6を渡し、楽曲の経緯を説明したところ、タワレコ嶺脇社長とのUSTREAM番組で紹介していただき、『サンシャイン日本海』からの影響も公のもととなった。

 

松尾「アイドルポップスは打ち込みだったりEDMだったりがほとんどの中に『サンシャイン日本海』が放り込まれてきたからね。あれを直接的なヒントととらえた人は多いはず。」

 

マネー「VIVID SOUNDの星野みちるちゃん担当の韮澤さんにMI6渡したじゃないですか。そのあと、個人的にやりとりする中で、この曲を聞かせてもらって。『僕ら(楽曲で)往復書簡してるみたいじゃないですか?』って聞いてみたんですよ。そしたら『あはははは』って笑っていらしてね。」

 

松尾「もしかしたら~もしかしてだね~(笑)」

 

マネー「カップリングのみちるさん作の楽曲もいいんですよね。」

 

渡辺「ブルース・ブラザーズ、コミットメンツ…リズムアンドブルースだね。80sのシンガーもこういう曲をご用意してるんだけど、ここまでシンプルなままなのはなかったよ。」

 

松尾「だからやっぱり、『俺達の世代の竹内まりや』ってのは言い得て妙なんだよね。」

*凡人会議内で星野みちるさんを紹介する時にわかりやすいキーワードはないのか?という話になったときに出たのが『俺たちの世代の竹内まりや』。ちなみにikkubaruの『インドネシアの山下達郎』も凡人会議が言いだしたとか、どうとか。

 

渡辺「不思議なピーチパイだよねぇ~」

 

マネー「みちるさんは、作曲能力がグングン上がってますよね。」

 

星野みちるさんは6月に福岡で凡人会議協力のイベント2公演への出演が決定!詳しくはこちら→ http://thesmithsisourhero.wix.com/newtown

スクリーンショット 2015-05-29 0.37.35

花澤香菜でCITY POP IS DEAD!!

マネー「花澤香菜のニューアルバムがリリースされまして。シングルがStadio Apartmentとかやくしまるえつこの提供曲で、今までの路線のファンとしては、もうやらないのかな~って残念だったんですが、3rdアルバム『Blue Avenue』が発表されまして。2ndの立役者・北川勝利に、北薗みなみも入ってたりして。2ndをうわまわる名盤だったんですよ。特にこの2人による「Nobody Knows」はいい曲!」

 

渡辺「いいね~良き渋谷系だね。」

 

松尾「いや~このアルバムでシティポップは終わりました!アルマゲドンです!」

 

マネー「エアロスミスですか(笑)」

 

渡辺「これこそインスタントシトロンの音の完成系だよね。こういうシャープな演奏の源流はアシッドジャズ。インコグニート、ブランニューヘビーズに、フォーク的な要素も入ってるからマザーアースとかさ。」

*インスタントシトロンは、90年代初頭、福岡で結成され、メジャーデビューしたユニット。玄人筋からは、今でもその作品に賞賛が絶えない。凡人会議・松尾はメジャーデビュー直前までベーシストとして在籍したオリジナルメンバー。

 

松尾「グルーブ系のポップスは今後出にくいですよ。こういうのがでちゃうと。」

 

マネー「いわゆるJ-RARE GROOVEですか。逆に、このアルバムが突破口でオーバーグラウンドにこういう音が出てくるかも。Exileとか。」

 

渡辺「Exileはないと思うけど、浜崎あゆみがこんな音になったら全然ありだよ!」

 

マネー「浜崎あゆみの方がないでしょ(笑)」

 

松尾「まあ今後、こういう音をやろうとしている人には敷居が高くなったね。心折れちゃうよ。中途半端な人たちは淘汰されて、シティポップにインスパイアされたけど、全く違うものになったような人たちアンダーグラウンドで現れてくるかもね。ピストルズを見たジョイディビジョンみたいにね。」

マネー「公言している影響とアウトプットが全く違うものになっているという(笑)」

 

松尾「なんにせよ、シティポップといわれるものは、一旦ここで終わったね。シティポップイズデッド。」

 

マネー「2015年4月25日に松尾モータースがシティポップイズデッドを宣言しました!これは拡散して欲しいっすね!」

P1000085 (640x640)

福岡を代表する狂気の異次元空間・サンセルコ!!

作家・能町みね子をして「狂気の福岡案内本」と言わしめたリトルプレス「福岡ついで観光」。この会では、その編集者・西村依莉さんをお迎えして、福岡随一の狂気を秘めた空間・サンセルコについて語っていただきました。

 

マネー「前にこの番組でもサンセルコ特集をしたことがありまして。あの異空間については、凡人会議もひとくさりあるんですが、福岡ついで観光でもサンセルコ取り上げていますよね。なぜ興味を?」

 

西村「福岡に引っ越してくる前から(西村さんは高知出身)、よく車で通ってて。なにこの建物!?ってなってたんですよ。福岡ってキャナルシティみたいな建物のイメージなんですけど、そこにおいてサンセルコを残している、そのセンス!そして、向かいの電気ビルのおしゃれさ!モスクワかと思いましたよ。」

 

松尾「あの福岡の富と権力が全て集まってる電気ビルね!」

 

西村「KGBみたいな(笑)」

 

松尾「福岡のクレムリンと呼ばれている(笑)」

 

渡辺「あれって隣、ニューオータニでしょ?あれって一緒に作ったのかな?」

 

西村「サンセルコの名前の由来は、サンが太陽、セルコは建物でできることの頭文字からとったんですって。Sはショッピング、Eはイート、Lはロッジで隣のニューオータニからきてるんで、たぶん同じ感覚の兄弟じゃないですけど。ニューオータニの地下のサンローゼは、うまいことマダムのおしゃれ感を保っていて。あそこは繋がってますもんね。」

 

渡辺「そうなんだよ!すごいギャップなんだよ。」

 

松尾「サンセルコからニューオータニに入った瞬間にハイエンドなオーディオ屋があったんだけどなぁ。いまあるのかな?」

 

渡辺「普通、ホテルって威厳を保ちたいもんだけど、サンセルコのラフ感はさぁ~ニューオータニに泊まった人は最初に訪れるところが、あれだからね。びっくりするよ。」

 

野村「当時は、大丸や三越みたいなハイソな場所だったんじゃないですか?」

 

松尾「最新型のショッピングモールだったのかもね。2階か3階の奥のシャンデリアがある螺旋階段のところの休憩所は、おしゃれなマンション感があってね。ほんと、サンセルコは人間臭さと当時の最新型な感じが混じり合って不思議な場所ですよね。」

s_IMG_0166

s_IMG_0165

s_IMG_0167

photo by yoriyori291

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-TSJ93_hizamakuran20150208150259-thumb-1000xauto-12448

ikkubaru JAPAN TOURことNEW TOWN-Night Festival-開催決定!!

先日、冷泉荘にて第1回が開催された音楽のニュースタイルイベント・NEW TOWN。『ニュー』をキーワードに新しい切り口でライブイベントをドロップしていく連続企画なわけですが、6月開催の切り口は『アフター5 新しいすごし方』。サードウェーブ、上質な暮らしなどなど、ライフスタイルに関するニューなキーワードが提示される2015年!凡人会議は夜の暮らしをリブートします。

e207b6_aa45f1adaa1b48bd9a723c5fabcda75c_srb_p_471_665_75_22_0.50_1.20_0.00

 

出演は、インドネシアで受け継がれた山下達郎のDNAことikkubaru。そして俺たちの竹内まりやこと星野みちる。もちろん星野さんのライブには欠かせないサリー久保田(ex.les5-4-3-2-1、ファントムギフト)さんもVJで登場!そして、凡人会議からは絶賛成長中!Nakakohが出演!上質な夜のすごし方をアナタに!

詳細・ご予約 → http://thesmithsisourhero.wix.com/newtown

DSC_0169

博多ポートタワーの謎

渡辺「前、番組で、なんで今の場所に福岡タワーとドームを建てたんだって話しになったじゃない。それで、そのことを友達と話してたら、飛行場から15km圏内に一定以上、高い建物が建てられないんだって。それでじゃないかって。」

福岡タワーとヤフオクドームは福岡の中心地からバスで15分以上直通の電車はなく最寄りの地下鉄駅から徒歩20分はかかるという、観光地としては、ありえないくらい不便な土地に存在する。

 

松尾「それで、中心地から離れた、この辺が開発されたっていう説があるんだね。」

 

マネー「タワーといえば、福岡にはもうひとつあるじゃないっすか。博多ポートタワー。あれがかなり謎なタワーなんですが、今回は、博多ポートタワーについて『福岡ついで観光』という本を編集されました西村さんにお話を聞きたくてお呼びしております。」

 

松尾「博多ポートタワーのあるベイサイドプレイスも綺麗になろうとして20数年経ちますが…」

 

渡辺「ベイサイドプレイスだ!っていって再開発されて流行ってた頃に行ってたよ。あのころ、ドォーモがやたら、今はベイサイドだ!って言っててね。」

*ドォーモ…福岡を代表する深夜番組。若者の最新ファッションや流行りスポットを紹介したり、鎖骨に牛乳を垂らして飲んだりする番組。

 

松尾「その前は築港っていう普通の埠頭だったんだけどね。それが80年代後半。それ以前は博多パラダイスってホールがあったらしく…」

 

西村「ポートタワー周辺は、FBSや市立図書館、回転展望グリルやヘルスセンターがあったらしいですよ。」

 

*元々、博多パラダイス時代は水中翼船、回転展望グリル、パノラマ展望風呂、ジャングル風呂、トルコ風呂、プール、ジェットコースター、ガンコーナー、サーキット場、スナック・バー、レストラン、大演舞場、サテライトスタジオがあり、その目印として博多ポートタワーがあったらしい。

 

松尾「そこから、90年代に入って若者向けに再開発しようとして、人工スキー場を建てたりしてね。スノボが流行った時に。」

 

西村「アルペン全盛時代ですね。」

*広瀬香美が歌うCMソングがバカ売れし、猫も杓子もゲレンデが溶けるほど恋をしたがっていた93年から95年くらいまでの時期。

 

松尾「ベイサイドが一番イケてる時代があったんだけど、いかんせんアクセスが悪かったのよ。車がないといけない。」

 

西村「この辺(百道浜)と一緒ですね~~。私、最近もポートタワーにマメに行ってますよ。」

 

マネー「博多ポートタワーの魅力ってどこなんですか?」

 

西村「エスカレーターが無機質で古くて箱っぽい感じがいいんですよ。あと、東京タワーと同じ人がデザインしてるんですよ。ほかにも別府タワーとかも同じ人のデザインなんですけど、詳しくは博多ポートタワーに看板が掲示されていますので、ぜひ、なくならないように!という思いも込めて、足を運んでみてください。」

IMG_4360

 

DSC_0719

photo by @yoriyori291

書きおこし終了

2c9ec4f1beb0104647c0c5247ec3c7d0_s

俺たちの求める理想の篠崎愛像(selfish)

マネー「篠崎愛のファミリーマートのCMみました?」

 

松尾「あれ最高だよね!篠崎愛って基本グラビアじゃない?かわいいなぁとは思うけど、それ以上のものはなかったのよ。でもさ、CMで動いてしゃべってるじゃない?いいよねぇ~」

 

渡辺「俺もプレイボーイで見たのが10年前だったんだよ。で、その後、モノマネに出たのを見たときに、太い声に気付いて。そのあとに、バラエティで見たときも落ち着いた話ぶりでさ。ロンハーに出ているバカっぽいキャラのグラドルとは違って、インテリジェンスを感じるんよ。」

 

松尾「声のトーンといい、深い思索があるように感じるよね。大人っぽい落ち着きといっても、壇蜜とか橋本まなみ方面じゃなく、ね。」

 

マネー「そうなんすよ!篠崎愛の生誕祭があって。いけないから、YOUTUBEで彼女の動画を漁っていたんだけど。彼女はグラビア以外の、動いて喋っている姿がすごく魅力的ってことに改めて気づいて。」

 

渡辺「俺はそう思ってたよ!真鍋かおりとかみたいなインテリのグラドルとはまた違ったタイプなんよね。」

 

野村「篠崎愛がただただ、焼肉を食う動画があるんですけど、生肉にむかってカワイイ!とかいい匂い!とか言うんですよね。」

 

松尾「80年代なら小劇場にいそうなタイプですね(笑)デカダンと猟奇性を兼ね備えた。」

 

渡辺「壇蜜とかはどくだみ荘的なエロさがあるんだけど、そっちじゃないのよね。」

 

松尾「そうそう。誇張されてはないよね。」

 

野村「つまりポップアイコンですよね。いつの頃かグラドルって身を削ってなんぼって感じになったじゃないですか。そうじゃなくて、一時期の細川ふみえとか緒川たまきのラインにいるんじゃないかと。」

*一時期の細川ふみえ…小西康晴や電気グルーヴプロデュースで楽曲リリースしていた頃のこと。

 

松尾「大塚寧々とかね!実はそっちの方が適正があるのかも。」

 

渡辺「グラビアはグラビアでやってほしいけどね。それを両立させられる人は、今、篠崎愛しかいない!」