今日のテーマ

今日の内容

LIVE CAMERA

RKB A-スタジオ

A-Studioは公開スタジオです。生放送中はRKB放送会館のロビーより見学できます

RKBラジオ

  • RKBラジオ >
  • RKB65周年記念ラジオドラマ
    『奪われた手紙~福岡民間検閲局』

RKB65周年記念ラジオドラマ
『奪われた手紙~福岡民間検閲局』

放送時間
8月15日(月) よる7時45分~8時45分

番組情報

「奪われた手紙~福岡民間検閲局」
福岡市の劇団「ギンギラ太陽’S」と「ショーマンシップ」の戦後70年プロジェクト企画
舞台「奪われた手紙~福岡民間検閲局」をラジオドラマ化します。

▼8月15日(月)放送音声を聞くことができます!



ご感想をお寄せください
メール: tokuban@rkbr.jp
ハガキ:
〒814-8585
RKBラジオ「奪われた手紙」


内容

「人の手紙を奪う。それが僕の仕事だった」
終戦直後から1949年まで福岡市博多区に設置された福岡民間検閲局。
(全国には3ヶ所に支局があった。東京、大阪、そして福岡)
そこには、本・新聞・ラジオ、そして個人の手紙までが集められ検閲にかけられた。
占領軍に不都合なものや共産主義に傾倒する手紙などがあれば、処分されていた。
その手紙を英訳し占領軍に報告していたのは・・・同じ日本人だった。
80年、90年、100年と「戦後」であり続けるために、何をすべきか・・・

スタッフ

脚本:大塚ムネト
演出:大塚ムネト・仲谷一志
監修:生田晃二
出演:井上京介、上田裕子 他 劇団ショーマンシップ劇団員