RKBラジオトップページ

九州情熱人

← トップページに戻る

11月09日放送

最も熱い情熱人振り返り①  
第2回(2013年) 白木 浩二さん(35)

地元・北九州エリアを中心に、地元で作られた野菜にこだわり、自らがマルシェという形で販売し、地元の人にその美味しさを伝えている白木浩二さん。

IMG_2917

最も熱い情熱人に選ばれて…

ラジオを聞いてくれた人がたくさんいて、今は野菜販売のシェアが広がり、街づくりの面でも声がかかるようになった。

と言います。

「地元の野菜しか扱わない。農家さんの新鮮な野菜を届ける」をコンセプトに始めた取り組みは、

仕入れ農家 15ヶ所(北九州市、宗像市、一部直方市、福津市)。

取引先の飲食店 15店以上。

マルシェ  週3回。

と広がりを見せていました。

IMG_2908IMG_2914IMG_2912IMG_2909

北九州の風土にあったものが作られている。

地元の野菜が食べたくても食べられない人に届き、季節にあったものを食べるということで楽しみにしてくれている人が多くなった。

マルシェに訪れるお客さんは、商品の値段を聞かない。パッと選んで清算します。

白木さんへの信頼度はかなり高いと感じます。

一方で、街づくりの取り組みにも積極的に関わるようになりました。

地元の人しか知らないお店や、地元の人が勧めるお店を紹介する門司港レトロの街歩きイベントに関わったりと地元に根ざした活動も広がりました。

まさに、野菜が取り持ってくれたご縁です。

地元の人たちと関わる事によって意識が変わった。

自分が動く事で食に対して意識がよりよくなったりすることができるんだと感じた。

これからの夢は?

野菜中心ではあるものの、これからは野菜だけでなく、食の面からもっと街づくりをしていきたい!

白木さんの情熱はまだまだ衰えていません。